月曜日, 6月 17, 2024
POPULARアニメ

【これで完璧】アニメ「ワンピース」シリーズを配信中のサイト7選!

ワンピース ONE PIECE アニメ

“元”エンタメ業界歴10年の、《ハリウッドじゅん》です!

このページでは、

人気アニメ「ONE PIECE」(ワンピース)シリーズが見れる配信サイトをご紹介します。

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
累計部数5億1,000万部突破!世界一のコミックシリーズとしてギネスにも認定されました☆

ワンピース

TVアニメはドコで見れる?
無料で見れる?
全シーズン見たい!

そんなあなたの疑問を、ほぼ全ての人気動画配信サービスを実際に使ってみたエンタメマニアの私が解決!

アニメ「ワンピース」シリーズが見れるオススメ動画配信サイトを、特徴と共に、わかりやすく一覧にまとめました!

いきなり結論からお伝えすると・・・、

結論:「ワンピース」シリーズは…

  • 7つの動画サイトで配信
  • TVerで期間限定の無料配信あり
  • ダントツでU-NEXTがオススメ!

アニメ「ワンピース」シリーズは、U-NEXTやアマプラ、dアニメストア、Huluなど7つの人気動画配信サイトで見れます!

最新話はTVerで期間限定の無料配信中♪(24/1)

TV放送日から1週間限定の無料配信です☆
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん

アニメ「ワンピース」シリーズを好きな時に好きなだけイッキ見したいなら動画配信サービスが一押し☆

なかでもU-NEXTは、映画・ドラマ・アニメ、雑誌・漫画、大人の動画まで楽しめるのでオススメです!! [登録方法はコチラ]

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん





\31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTの詳細 >

アニメ「ワンピース」は7サイトで配信中

実際にほぼ全ての動画サブスクを使ってみた私が厳選!

アニメ「ワンピース」シリーズを見ることができるオススメの人気動画配信サービスをご紹介します。

配信中サイト一覧

※T…TVアニメ、M…劇場版

サイト 配信 特徴
アマプラ
アマプラ
オススメ星
TもMも
全て配信
月額 最安値!
30日間無料
¥492~/月
    公式サイト    

詳細はコチラ

ユーネクスト
U-NEXT
二重丸
T…無料配信
M…有料配信
作品数 No.1
31日間無料
¥2,189/4人
    公式サイト    

詳細はコチラ

Hulu
Huluhulu
二重丸
T…無料配信
M…有料配信
海外ドラマ強い
アイドルに強い
¥1,026/月
    公式サイト    

詳細はコチラ

DMM TV
二重丸
T…無料配信
M…有料配信
作品数 No.2
30日間無料
¥550/月
    公式サイト    

詳細はコチラ

dアニメストア
丸
Tのみ配信
アニメのみ配信
初月無料
¥550/月
    公式サイト    

詳細はコチラ

abema アベマ
ABEMA
丸
Tのみ配信
24時間放送中
14日間無料
¥960/月
    公式サイト    

詳細はコチラ

ネットフリックス
Netflix
丸
Tのみ配信
オリジナル作品
配信数は少なめ
¥790~/月
    公式サイト    

J:COMセット詳細

J:COM NET/J:COM TV
J:COM TV
―――
番外編
Netflixパック
超速ネット
Disney+も
    公式サイト    

詳細はコチラ


スカイパーフェクトTV
スカパー!
―――
番外編
録画できる!
初月無料
1chからOK
    公式サイト    

詳細はコチラ

※24/1時点。価格は税込。NetflixのロゴはNetflix, Inc.の登録商標。Disney+のロゴはDisney and its related entitiesに帰属。

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
動画配信サービスを詳しく比較したい方は下ページへ☆

「ワンピース」を見るならU-NEXT!

 
アニメ「ワンピース」シリーズを見ることができる配信サイトの中でも、一押しはU-NEXTです!

理由は、トータルで考えるとお得すぎるからw

どういうことか?説明します(^^♪

U-NEXTのメリット・デメリット

メリット デメリット
見放題 作品数 No.1
雑誌190誌読み放題
毎月1200ptもらえる
ポイントで漫画購入
大人の動画も見放題
月額が他より高い
ほぼすべての動画サブスクを実際に使ってみて、わかったことがあります。

それは…意外にも、

見たい作品が配信されてないサービスが多い!

VOD選びで一番重要なのは、見放題作品が充実してるかどうかです。

だって、いくら安くても自分の見たい作品が配信されてなければ意味がないですよね?
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん

メリット1

その点、実はU-NEXT、見放題作品数がダントツNo.1!
見放題作品数 比較 グラフ
U-NEXT:31万本以上
● DMM TV:19万本以上
● Hulu:14万本以上
● dアニメ:5,700本以上

※4社とも公式情報より(24/5)その他はGoogle生成AI等を参考

作品数No.1だと見たい作品が、ほぼ見れる♪
作品 U-NEXT アマプラ Hulu

VIVANT
丸
見放題
バツ
配信なし
バツ
配信なし
作品 U-NEXT Netflix ABEMA

フレンズ
丸
見放題
バツ
配信なし
バツ
配信なし
作品 U-NEXT dアニメ DMM

ドリカムLIVE
丸
見放題
バツ
配信なし
バツ
配信なし
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
ちなみにU-NEXTはアニメの配信数も、dアニメとほぼ同じで日本最大級です

メリット2

またU-NEXTでは190誌以上の雑誌が読み放題

私も映画雑誌「SCREEN」やアニメ雑誌「アニメージュ」などを毎号、無料で読んでます♪

※読み放題の雑誌一例↓


月刊アニメージュ

SCREEN

韓流ぴあ

ディズニーファン


東京カレンダー

CanCam

ゲーテ

日経マネー

漫画や小説などは、購入またはポイント交換可♪

ポイントを使えば実質無料で読めちゃいます!

※漫画・書籍一例↓


ONE PIECE

SPYxFAMILY

推しの子

薬屋のひとりごと

メリット3

さらに・・・!

U-NEXTでは毎月1,200ポイントもらえます☆

そのため月額2,189円が、実質的には989円!

しかも4アカウントまで作成可能。家族4人で使えば1人あたり実質約250円で使えます♪

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん





自分の好きな時に、好きなだけイッキ見したいなら動画配信サービスが相性抜群☆

特にU-NEXTは 映画・ドラマ・アニメ、雑誌・漫画、大人の動画まで楽しめてオススメです!
[登録方法はこちら]
\31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTの詳細 >

U-NEXTの5大特典

▼ ユーネクストの特徴一覧表です(24/5現在)
月額料金 税込2,189円/4人
継続特典 毎月1,200ポイントもらえる
(無料期間も600ptプレゼント)
同時視聴 4アカウントまで作成OK
実質1アカウント約250円!
無料期間 31日間
作品数 30万本超!
見放題作品数ダントツNo.1!!
[参考] Amz:1万、Hulu:10万本
コンテンツ 映画・TVドラマ・アニメ・本
◎雑誌 読み放題(190誌以上)
◎漫画・音楽LIVE・スポーツ中継
◎オトナの動画も見放題w
ポイント 漫画・小説・動画と交換できる
1,500ptで映画チケットと交換可
購入特典 最⼤40%ポイント還元
デバイス テレビ / スマホ / PCなどに対応
その他 ダウンロード機能あり
\31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTの詳細 >

「ワンピース」とは?

 
アニメ「ワンピース」シリーズの原作は、1997年から続いている大人気漫画!

作者は、尾田栄一郎(おだ えいいちろう)さんで、週刊少年ジャンプで連載中です。

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
累計部数は5億1,000万部を突破!!

世界一長く続いているコミックシリーズとしてギネス記録にも認定されました!

参考までに累計部数の多い日本の漫画の一例↓

  • ドラえもん(3億部)
  • ゴルゴ13(3億部)
  • 名探偵コナン(2億7,000万部)
  • ドラゴンボール(2億6,000万部)
  • ナルトNARUTO(2億5,000万部)
  • ブラック・ジャック(1億7,600万部)
  • スラムダンク(1億7,000万部)
  • こち亀(1億5,650万部)

漫画単行本は2024/1現在、107巻まで既刊。

1999年にはTVアニメ化もされ現在も放送中です。

原作漫画もU-NEXTで読める!

なお、U-NEXTでは…、

なんと!動画に加えて、漫画やライトノベル(電子書籍)も読めちゃいます♪

毎月もらえる1,200ポイントを使えば、実質無料で購入することも可能!
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん

もちろん、クレジットカードなどで普通に購入することもできます。

U-NEXTは本も充実
無料雑誌
   190誌以上の雑誌が読み放題!

無料マンガ
   毎日!無料漫画が追加される

小説・書籍
   ラノベなどの書籍もポイント交換可
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
U-NEXT会員じゃない方は、小説も漫画も読めるAmebaマンガが一番お得です☆

時期によりキャンペーン内容が変わる可能性もあるためクーポンGetは、お早めに!

Amebaマンガでキャンペーン中!

>> お得すぎるクーポンはコチラ <<

アニメは21期が放送中

TVアニメ「ワンピース」は1999年以降、毎週放送されています。

現在は第21期にあたる「エッグヘッド編」が放送中。

アニメシリーズ一覧は以下のとおりです(^^♪

シーズン名 放送
01 東の海編 1999~
(61話)
02 グランドライン突入編 2001~
(16話)
03 チョッパー登場・冬島編 2001~
(15話)
04 アラバスタ編 2001~
(38話)
05 TVオリジナル 2002~
(13話)
06 空島編 2003~
(52話)
07 脱出!海軍要塞&フォクシー海賊団編 2004~
(33話)
08 ウォーターセブン編 2005~
(35話)
09 エニエス・ロビー編 2006~
(72話)
10 スリラーバーク編 2008~
(45話)
11 シャボンディ諸島編 2008~
(24話)
12 女ヶ島編 2009~
(14話)
13 インペルダウン編 2009~
(37話)
14 マリンフォード 2010~
(58話)
15 魚人島編 2011~
(58話)
16 パンクハザード編 2013~
(50話)
17 ドレスローザ編 2014~
(118話)
18 ゾウ編 2016~
(32話)
19 ホールケーキアイランド編 2017~
(109話)
20 ワノ国編 2019~
(197話)
21 エッグヘッド編 2024~

アニメは原作漫画の何巻まで?

アニメが、原作マンガの何巻の内容なのか対応表を作りました!

アニメ タイトル 漫画
01 東の海(イーストブルー)編 1~12巻
02 グランドライン突入編 オリジナル
03 チョッパー登場・冬島編 オリジナル
04 アラバスタ編 12~24巻
05 TVオリジナル オリジナル
06 空島編 24~32巻
07 脱出!海軍要塞&フォクシー海賊団編 オリジナル
08 ウォーターセブン編 34~39巻
09 エニエス・ロビー編 39~46巻
10 スリラーバーク編 46~50巻
11 シャボンディ諸島編 50~53巻
12 女ヶ島編 53~51巻
13 インペルダウン編 54~56巻
14 マリンフォード 56~61巻
15 魚人島編 61~66巻
16 パンクハザード編 66~70巻
17 ドレスローザ編 71~80巻
18 ゾウ編 80~82巻
19 ホールケーキアイランド編 82~90巻
20 ワノ国編 90~105巻
21 エッグヘッド編 105巻~

劇場版アニメは15作

アニメ「ワンピース」は映画化もされています!

2024/1現在、既に15本が公開されている長寿人気シリーズです♪

タイトル 公開
01 ONE PIECE 2000/03
02 ねじまき島の冒険 2001/03
03 珍獣島のチョッパー王国 2002/03
04 THE MOVIE デッドエンドの冒険 2003/03
05 呪われた聖剣 2004/03
06 THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 2005/03
07 THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵 2006/03
08 エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち 2007/03
09 THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜 2008/03
10 FILM STRONG WORLD 2009/12
11 3D 麦わらチェイス 2011/03
12 FILM Z 2012/12
13 FILM GOLD 2016/07
14 STAMPEDE 2019/08
15 FILM RED 2022/08

制作スタッフ&公式サイト

以下、アニメ「ワンピース」の基本情報です。

シーズン 第1~21期
話数 1090話以上
放送時期 1999/10/20~
原作 尾田栄一郎
製作 フジテレビ、東映アニメーション
放送局 フジテレビ他
放送枠 日曜9時~
音楽 田中公平、浜口史郎
あらすじ

世は大海賊時代ー

歴史上でただ一人〝偉大なる航路(グランドライン)〟を制覇した、〝海賊王〟ゴール・D・ロジャー。

富、名声、力の全てを手に入れたという彼が、処刑直前に放った一言が、世界をゆるがせた。

『おれの財宝か? 欲しけりゃくれてやる
探せ! この世の全てをそこに置いてきた』

その言葉は大きなうねりを生み、多くの猛者たちを海へと駆り立てた。

〝海賊王〟が残した〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟をめぐり、ある者は野望、ある者はロマンを求めて、海賊たちは信念の旗の下に戦い、名を上げていく。

波乱と冒険に満ちたそんな時代に、1人の少年が〝海賊王〟をめざして、大海原へ乗り出したーー!!

(公式サイトより引用編集)

基本情報 公式サイト
公式X(Twitter)
Wikipedia(マンガ)
Wikipedia(アニメ)
YouTubeチャンネル
アニメ TVアニメ「ワンピース」は1999/10~放送開始。
2024/1現在、21期「エッグヘッド編」が放送中。
アニメシリーズ一覧はコチラ
劇場版 映画「ワンピース」は2024/1現在、15作が公開済み。
劇場版シリーズ一覧はコチラ
原作漫画 「ワンピース」の原作漫画は24/1現在、107巻まで既刊
amebaマンガ

声優キャスト

アニメ「ワンピース」のキャストと声優をご紹介します。

田中真弓

 
アニメ「ワンピース」では:
モンキー・D・ルフィ役


代表作
「ワンピース」ルフィ役
「ダッシュ勝平」坂本勝平役
「さすがの猿飛」忍豚役
「うる星やつら」藤波竜之介役
「おそ松くん」チビ太役
「幽☆遊☆白書」コエンマ役
「忍たま乱太郎」摂津のきり丸役
「ドラゴンボールGT」クリリン役
「鉄腕アトム」
「まいっちんぐマチコ先生」
「怪物くん」
「Dr.スランプ アラレちゃん」

中井和哉

 
アニメ「ワンピース」では:
ロロノア・ゾロ役


代表作
「ワンピース」ゾロ役
「機動新世紀ガンダムX」ウィッツ・スー役
「銀魂」土方十四郎役
「戦国BASARA」伊達政宗役
「青の祓魔師」勝呂竜士役
「黒子のバスケ」今吉翔一役
「学園BASARA」伊達政宗役
「転生したらスライムだった件」
「自動販売機に生まれ変わった俺は迷宮を彷徨う」
「邪神ちゃんドロップキック」

岡村明美

 
アニメ「ワンピース」では:
ナミ役


代表作
「ワンピース」ナミ役
「いじわるばあさん」伊知割サナエ役
「たまごっち!」まきこ役
「ふたりはプリキュア Splash Star」
映画「紅の豚」フィオ・ピッコロ役

山口勝平

 
アニメ「ワンピース」では:
ウソップ役


代表作
「ワンピース」ウソップ役
「名探偵コナン」工藤新一、怪盗キッド役
「らんま1/2」早乙女乱馬役
「犬夜叉」犬夜叉役
「DEATH NOTE」L役
「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊」
「ゲゲゲの鬼太郎(第6作)」

平田広明

 
アニメ「ワンピース」では:
サンジ役


代表作
「ワンピース」サンジ役
「金田一少年の事件簿」いつき陽介役
「蒼天航路」諸葛亮役
「宇宙兄弟」南波六太役
「ソードアート・オンライン」クライン役
「青の祓魔師」藤本獅郎(2代目)役
「メイドインアビス 烈日の黄金郷」
「マッシュル」ナレーション

その他のキャスト

 ▶ トニートニー・チョッパー(大谷育江)
 ▶ ニコ・ロビン(山口由里子)
 ▶ フランキー(矢尾一樹)
 ▶ ブルック(チョー)
 ▶ ジンベエ(郷里大輔→宝亀克寿)

各話全タイトル&あらすじ

あらすじには若干のネタバレも含まれていますので、内容を知りたくない方は飛ばして下さいね♪

※ピンクのタイトルをクリック(タップ)すると開閉できます

サバイバルの海 超新星編

東の海(イーストブルー)編

第01話

俺はルフィ!海賊王になる男だ!
海を漂う樽を、豪華客船レディ・メリィ号の水夫が引き上げた…。アニメーション『ワンピース』は海の上から始まる! 樽から飛び出たルフィが、アルビダ海賊団の雑用係コビーに勇気を与え、“スベスベの実”を食べる前のイカついアルビダをぶっ飛ばす!! その隙にMissラブ・ダック号から宝を盗むナミがいた。

第02話

大剣豪現る! 海賊狩りロロノア・ゾロ
海賊狩りの異名をとる賞金稼ぎゾロの噂を耳にしたルフィは、彼が仲間に相応しいか会う為、捕らえられているシェルズタウンにコビーの操船で上陸する。海軍基地の塀にのぼり覗くと、ゾロが磔になっていた。そこへおにぎりを持った少女リカ、続いてこの島の暴君モーガン大佐の息子ヘルメッポが現れる。

第03話

モーガンVSルフィ!謎の美少女は誰??
弾丸を弾き、海賊王になると言ったルフィに心を打たれたゾロが、仲間に! 2人はモーガンを倒し、町だけでなく島の海兵にも自由をもたらす。ルフィとゾロと友情を深めるコビーだが、彼は海軍入隊志望…。訪ねて来た海兵に2年間も海賊として生活していた事を話し出すルフィを、コビーがぶん殴る!!

第04話

ルフィの過去!赤髪のシャンクス登場
大海原を小舟で行くルフィとゾロ。宙に舞った麦わら帽子を追うルフィに、10年前の記憶がよぎる…。フーシャ村の泳ぎの上手い少年ルフィが、山賊ヒグマとの争いを通じて、シャンクスに男を見た! 少年は海賊王になると宣言する!! ルフィが“ゴムゴムの実”を食べ、ゴム人間になった瞬間も描かれる。

第05話

恐怖!謎の力・海賊道化バギー船長!
バギーが海軍基地から奪った“偉大なる航路”の海図をオレンジの町で盗んだナミは追われる。すると上空に、怪鳥ピンキーにくわえられたルフィが! バギーの大砲で落ちたルフィに救われるナミだが、海賊と聞くと激昂!! ルフィをバギーに差し出す! 奴はナミに“特製バギー玉”でルフィを撃てと命じる!!

第06話

ワンピーススペシャル 決闘!バギー海賊団!!1
ルフィは捕らえられた檻ごとゾロに運ばれ、バギーから逃れた。ナミが檻の鍵を盗んで来たが、犬のシュシュが飲み込む! エサをやりに来た町長ブ?ドルが、バギーに腹部を刺されていたゾロを寝かせ、主人の病死後もペットショップを守り続けるシュシュの事を話す。そこへバギー一味副船長モージが現れる!

第07話

ワンピーススペシャル 決闘!バギー海賊団!!2
宝である我が町を守ると単身バギーに叶わぬ戦いを挑むブ?ドルを、ルフィは壁に叩き付ける! 死なせない為だ。バギーに思い切り「デカッ鼻っ!!!!」と叫んだルフィは、怒りを込めて放たれた“特製バギー玉”を“ゴムゴムの風船”で弾き返す!! 躍り出たバギー一味No.2参謀長カバジの剣をゾロが受ける!

第08話

ワンピーススペシャル 決闘!バギー海賊団!!3
ルフィの麦わら帽子がシャンクスの物と知ったバギーは、海賊見習い時代、同じ船に乗っていた赤髪との因縁を語る…。シャンクスのせいで“バラバラの実”を食べてしまい、手にした宝の地図も失ったと恨んでいた。上半身を切り離し宙に舞い上がったバギーは、自分の宝を持ち出そうとするナミを襲う!

第09話

正義のうそつき?キャプテンウソップ
毎朝、海賊が攻めて来たとウソを叫び、シロップ村を走り抜けるウソップ。バギーのマークを掲げた帆を張るナミの小舟に、子どもと結成したウソップ海賊団は出動する! パチンコを向けるウソップに「ピストル抜いたからには命賭けろよ」とルフィ…。ルフィはすぐにウソップがヤソップの息子だと見抜く。

第10話

史上最強の変な奴!催眠術師ジャンゴ
病弱なお嬢様カヤを元気づけようと心優しいウソの冒険譚を日課にしていたウソップは、ルフィ達のせいで執事クラハドールに見つかる。奴にヤソップが海賊である事を侮辱され、屋敷から追い出される一同。落ち込むウソップがルフィと海岸で見たのは、ジャンゴとカヤの暗殺を企てるクラハドールだった!

第11話

陰謀を暴け!海賊執事キャプテンクロ
クラハドールは、3年前に処刑されたはずのクロネコ海賊団のクロだった。明日決行される計画を知ったウソップは村へ走り、海賊が攻めて来ると叫ぶ! だが誰も信じてくれない。カヤからは平手打ちを!! …でも大好きなシロップ村を守る為、ウソップは奴らを迎え撃ち、この件をウソにしようとする。

第12話

激突!クロネコ海賊団坂道の大攻防!
ウソつきが通そうとする筋を意気に感じたルフィ達は加勢する事に。ウソップは村へ入る唯一の坂道に油をまいて夜明けを待つ。だが朝になってもクロネコ海賊団は現れない。北にも上陸出来る坂道があったのだ! 急いで向かう4人だが、ゾロは油で滑って坂の下に。ルフィは道が分からず村へ出てしまう。

第13話

恐怖の二人組!ニャーバン兄弟VSゾロ
やっと来たルフィとゾロに一瞬でやられた部下達を、ジャンゴは催眠術で凶暴にする! しかしルフィにも掛かり奴らは壊滅寸前! ジャンゴは慌ててルフィを眠らせる。飛び出す切り札ニャーバン兄弟に二刀を奪われ苦戦するゾロに、刀を取ろうとナミが走るが、ジャンゴに斬られる! そこへクロが現れた!!

第14話

ルフィ復活!カヤお嬢様の決死の抵抗
なじるクロに我慢出来ず、ニャーバン兄弟が襲い掛かる! しかしクロの強さは健在! この場を片付けるのに5分与えられる。必死のニャーバン兄弟だが、ナミのおかげで三刀を得たゾロに一撃で敗れる。脂肪の為生き残ったブチはジャンゴの催眠術で凶暴に! ルフィはナミに顔を踏まれて目を覚ます。

第15話

クロを倒せ!男ウソップ涙の決意!
話しに来たカヤの思い出を傷付けるクロへ、ルフィのパンチが決まる! ところがウソップ海賊団の3人が奴に連打を浴びせ、一層クロを怒らせてしまった。カヤへ向かうジャンゴに、ウソップは3人の子分へ彼女を守れと命令を下す! そして3年前、モーガンに偽物を捕らえさせたクロの計画が語られる…。

第16話

カヤを守れ!ウソップ海賊団大活躍!
カヤを連れて3人が逃げ込んだ林の木を切り倒し、追い詰めるジャンゴ。3人は生きる為に戦うと決意する! ルフィに右手の刀を折られたクロは“杓死”を放った! 部下も無差別に斬り裂く奴の技に、仲間を大事に思うルフィは怒り、動きも捕らえる!! ついにカヤは、クロへ全財産を譲る遺書を書かされる。

第17話

怒り爆発!クロVSルフィ決着の行方!
ゾロとの連携でウソップの“火薬星”がジャンゴに命中! ルフィの“ゴムゴムの鐘”にクロの計画は断たれた!! ウソップは5年間続いたウソップ海賊団を解散! カヤはルフィ達へゴーイング・メリー号を贈り、ウソップも乗せて海へ出る。ウソップのウソには、彼の母・バンキーナの死が関わっていた。

第18話

あんたが珍獣!ガイモンと奇妙な仲間
ルフィが考えていた海賊旗のマークを、ウソップが形にしてメリー号の帆にも描く。伝説の宝島と言われる珍獣の島に麦わらの一味は上陸する。20年前に箱にハマッて取り残された海賊ガイモンに出会う。彼が見つけ守り続けて来た5つの宝箱は全てカラだった。ルフィはガイモンを仲間に誘う。

第19話

三刀流の過去!ゾロとくいなの誓い!
大砲の練習に沸くルフィ達の横で眠り続けるゾロ…。2話では一瞬だった、くいなとの少年時代が描かれる。道場破りのゾロの相手をしたのは、道場主コウシロウの娘くいな。彼女は強く、ゾロは修行を始める。三刀のうちの「和道一文字」は彼女の刀であり、世界一の剣豪の夢は彼女との約束であった。

第20話

名物コック!海上レストランのサンジ
殴り込んで来たジョニーはゾロの弟分の賞金稼ぎ。ウソップが大砲を命中させた岩山で、相棒のヨサクを看病していたのだ。ナミの知識でヨサクはライムを口にし回復するが、料理人の必要性を思い知り、一味は海上レストラン『バラティエ』へ行く。その日は副料理長のサンジが料理を運んでいた。

第21話

招かれざる客!サンジの飯とギンの恩
見栄を張った結果スープを粗末し、サンジに蹴り飛ばされた海軍大尉フルボディの所に、クリークの手下を逃がしたと海兵が報告する。その海兵を撃ち、現れる当人ギン。金を持たないギンはパティに殴られ追い出されるが、サンジはタダ飯を食わせてやる。それを見たルフィはサンジを仲間に誘う。

第22話

最強の海賊艦隊!提督ドン・クリーク
『バラティエ』にクリークが来た! ギンに支えられ餓死寸前の奴は食わせて欲しいと懇願する。周囲の反対に構わずサンジは飯を食わせるが、息を吹き返したクリークは速攻で恩人をぶちのめす!! しかしサンジは奴の部下100人の飯を用意しようと立つ。腹を空かしてる者には食わせてやるだけと。

第23話

守れバラティエ!大海賊・赫足のゼフ
『バラティエ』のオーナーが伝説の海賊ゼフと知ったクリークは、“偉大なる航路”を丸一年無傷で渡った記録「航海日誌」を要求する。情報さえ手に入れば大海賊時代の頂点に立つと言う奴の前に、ルフィが出て行く!「海賊王になるのはおれだ」 怒るクリークが売った喧嘩を、ルフィは買う。

第24話

鷹の目のミホーク!剣豪ゾロ海に散る
ゼフが与えた飯でクリーク海賊団が回復した所に、ミホークが奴らを追って現れる! その直前、アーロンの手配書を見つめるナミがメリー号を奪って行く! ルフィの為にナミを追うゾロだったが、ミホークを見て勝負を挑む!! ミホークは黒刀「夜」を抜かず、ペンダントにしていた短刀で受ける。

第25話

必殺足技炸裂!サンジVS鉄壁のパール
クリーク海賊団が攻めて来る。ルフィはゴムゴム全開で先制攻撃! 『バラティエ』は「ヒレ」を開いて備える。出撃した海戦兵器「サバガシラ一号」をクリークは『バラティエ』へ放り投げるがサンジが蹴り守った! パティとカルネは初めて店へ来た時を振り返り、戦う! そこへパール登場。

第26話

ゼフとサンジの夢・幻のオールブルー
ギンがゼフに銃を突き付け、サンジに船を降りるように言う。拒む無抵抗のサンジをパールが全力で攻撃する! 意識が遠のく中、ゼフの右足を奪った9年前を思う…。伝説の海“オールブルー”を夢見るサンジがコック見習いとして働く客船オービット号に、ゼフのクック海賊団が襲撃して来た。

第27話

冷徹非常の鬼人・海賊艦隊総隊長ギン
ルフィは『バラティエ』を沈めてクリークの目的を奪おうとする! サンジが死ぬのが最もバカげているからだ。サンジとルフィにとどめを刺そうとするパールの盾を、ギンが鉄球トンファーで砕く! 恩人の息の根を止めねばならぬのなら、自らの手で葬るのがケジメだと言う。サンジとギンが激突!!

第28話

死なねェよ!激闘ルフィVSクリーク!
クリークが猛毒ガス弾『MH5』を発射した! ルフィとサンジを助ける為、ギンは毒を吸う。仲間を殺そうとしたクリークに怒りが爆発したルフィは、真っ正面から突っ込む!! 奴の飛び道具を避けず怯まず“剣山マント”の上からぶっ飛ばした!! クリークも“大戦槍”を振るいルフィを襲う!

第29話

死闘の決着!腹にくくった一本の槍!
“大戦槍”の刃を折ったルフィと、まだまだ全身に武器を持っているクリークの超絶バトルは続く! 諦めないルフィのパンチの積み重ねが、遂にクリークが誇るウーツ鋼の鎧を砕いた!! “ゴムゴムの大槌”を決め、ルフィが勝つ。メリー号を奪ったナミは、涙を流し、ベルメールに話し掛けていた。

第30話

旅立ち!海のコックはルフィとともに
ルフィはサンジを仲間に誘うが、彼の店に残る意思は固い。しかし“オールブルー”への夢も熱かった。そんなサンジをゼフは見つめる。食堂ではコック全員がサンジのスープがまずいと一芝居。ルフィと行く事にしたサンジに、ゼフと『バラティエ』を始めた頃が甦る。それはゼフも同じだった。

第31話

東の海最悪の男!魚人海賊アーロン
サンジを仲間に引き入れたルフィは、メリー号を奪い“アーロンパーク”へ向ったナミを追う。ヨサクはルフィに、アーロンが王下七武海の一人で魚人海賊団の頭ジンベエと肩を並べる魚人だと語る。ナミは“アーロンパーク”へ到着。斬り込もうとするゾロを舟に縛るウソップとジョニーは…。

第32話

ココヤシ村の魔女!アーロンの女幹部
サンジのメシに誘われて出て来た魚牛モームをルフィとサンジがぶっ飛ばす! アーロン一味から逃げるウソップは、ナミの義姉ノジコに助けられていた。“アーロンパーク”へ連れられたゾロは、アーロン一味の幹部ナミを試そうと、手足を縛られたまま海へ飛び込む!

第33話

ウソップ死す?!ルフィ上陸はまだ?
モームに舟を曳かせルフィ達は驀進中! ウソップはチュウに捕まる。ゾロはアーロンの留守中に“アーロンパーク”に残る一味を全て斬り、ウソップを助けようとはっちゃんに送ってもらいココヤシ村へ。戻ったアーロンは、ゾロが“海賊狩りのゾロ”であると認識する。ナミは裏切りの疑惑を払拭する為、ウソップを短剣で刺す!

第34話

全員集結!ウソップが語るナミの真実
やっと着いたルフィ達にゾロとジョニーが合流。ナミがウソップを殺したと言うジョニーにルフィは怒る! するとナミが現れる。彼女を巡りゾロとサンジが一触即発! 突然、ルフィは寝る。プリンプリン准将率いる海軍が、アーロン一味殲滅を試みるが撃沈。そこへウソップが!! ナミは自分の手を刺して逃がしていたのだ。

第35話

秘められた過去!女戦士ベルメール!
興味がないと散歩へ出たルフィを除くゾロ、ウソップ、サンジは、8年前のいきさつをノジコから聞く…。自分の目で見た世界地図を作るのが夢の少女ナミは、ノジコと共に、貧しいながらもベルメールに育てられていた。家出をするナミはゲンゾウから、ベルメールは元海兵で、ノジコとナミとは戦場で出会ったと知らされる。

第36話

生き抜け!母ベルメールとナミの絆!
ナミを迎える夕食の支度の煙で、村はずれのベルメールの家がアーロンに見つかる! 独身のベルメールの“貢ぎ金”は支払い可能な1人分と判断され、事無きを得た。がしかし、血が繋がってないからこそ、ノジコとナミをいない事には出来ない。彼女は娘が2人いると言い、アーロンに撃たれる!

第37話

ルフィ立つ!裏切られた約束の結末!
あと少しで1億ベリーまで来た今、アーロンと結託する海軍大佐ネズミが来て、ナミが盗んだ金品を没収すると告げる。ベルメールが残したみかん畑から出て来る、コツコツ貯めた財宝。ナミの8年間が、ふいに…。怒り向かって行くナミを止めようとしたノジコが、ネズミに撃たれる!

第38話

ルフィ大ピンチ!魚人vsルフィ海賊団
“アーロンパーク”に乗り込んだルフィが、アーロンを一発ぶっ飛ばす! 続いて踏み入るサンジ、ウソップ、ゾロ。はっちゃんに呼ばれて現れたモームをつかみ、足を地面の石に突っ込んで固定したルフィは“ゴムゴムの風車”を試す! ところがその足が抜けなくなる。アーロンは石を切り取りルフィを海へ投げ込む!

第39話

ルフィ水没!ゾロvsタコのはっちゃん
ゾロはミホークに受けた傷が深く、立っていられなくなる。サンジも魚人空手40段のクロオビの正拳<パンチ>を受け、飛ばされる。ルフィの足の石をゲンゾウとノジコがハンマーで砕こうとするが、浮力で出来ない。精神力で立つゾロは、ミホークに折られた二刀の代わりにヨサクとジョニーから刀を借りて、三刀流に!

第40話

誇り高き戦士!激闘サンジとウソップ
ルフィを救おうと海に飛び込んだサンジは、ゲンゾウとノジコがルフィの首を伸ばして頭を水上に出し、人工呼吸をしているのを見る。安心するのも束の間、サンジはクロオビの一撃を食らう! 水中では奴が圧倒的に有利。だが騎士道を侮辱されたサンジは、クロオビのエラに息を吹き込んで逃れ、地上へ。怒りのまま倒す!

第41話

ルフィ全開!ナミの決意と麦わら帽子
“アーロンパーク”に現れたナミはアーロンに戻るよう選択を迫られるが、ルフィを信じ、村人の命と共に奴と最後まで戦うと決意する! その時ルフィが息を吹き返す。ゾロが包帯を引きちぎられ傷を露わにされながらもアーロンを足止めし、サンジが海へ飛び込みルフィの石を蹴り砕く! ルフィが自由になり、元に戻った!!

第42話

炸裂!魚人アーロン海からの猛攻撃!
ルフィはアーロンの歯を折るが、それは何度でも生え変わる“歯<トゥース>ガム”。両手に持って襲い掛かって来る! ルフィは“歯<トゥース>ガム”を奪って自分の口にハメてみる。咬まれたら咬み付き返す! アーロンは海から飛び出す“鮫<シャーク>・ON・DARTS”を繰り出すが…。

第43話

魚人帝国の終わり!ナミは俺の仲間だ!
アーロンの発言、血の染み込んだペンから、奴がナミを道具のように扱い海図を描かせて来たと、ルフィは悟る。怒ったルフィは測量室を壊し始め、それを見てナミは感謝する。居たくもない居場所は、全部ぶっ壊す!! ルフィは“ゴムゴムの斧”を振り下ろし、アーロンを沈め“アーロンパーク”を崩壊させる!!!

第44話

笑顔の旅立ち!さらば故郷ココヤシ村
アーロンからの解放を喜び、島はお祭り騒ぎ! ルフィは食べ続け、ゾロはDr.ナコーに傷の手当てをしてもらう。ナミは墓前でベルメールに報告する。そして宴はもう3日目。Dr.ナコーにナミは、アーロンの刺青を消し、新しい刺青を頼む。ノジコの刺青は、つらい戦いを一人するナミをねぎらって、入れたものだった。

第45話

賞金首!麦わらのルフィ世に知れ渡る
麦わらの一味になったナミは、新聞から舞い落ちたルフィの手配書を見る。賞金は3千万ベリー! 海軍本部ではジョン・ジャイアント中将が檄を飛ばし、医者を目指し始めたカヤはルフィの写真に写り込むウソップに喜ぶ。コビー、モーガン、クロ、ゼフも目にし、フルボディは捕らえようと攻め込むが…。

第46話

麦わらを追え!小さなバギーの大冒険
バラバラパーツの大部分をナミに奪われ、ルフィにオレンジの村から弾き飛ばされたバギーは、孤島にいた! 復讐に燃えてイカダで海に出るが、小さいままでは魚や鳥にも命懸け。珍獣の島でガイモンと対決する。バギーが密漁者でなく海賊と知り、2人は酒を酌み交わし意気投合! ところが翌朝出航早々…。

第47話

お待ちかね!あぁ復活のバギー船長!
オレンジの村を追われたバギー以外のバギー一味は、バラバラパーツを回収しつつ、ビッグトップ号で逃げていた。クマテ族の島でバギーの葬式を済ませると、次期船長の座を巡りモージとカバジが一騎打ち! 寝ぼけて一撃を放ったリッチーが船長になるが、すぐクマテ族に捕まる。

第48話

始まりと終りの町・ローグタウン上陸
ナミは服を、ウソップは装備を、サンジは美女と食材を、ゾロはミホークに折られた二刀の代わりを求めてローグタウンへ。ルフィはゴールド・ロジャーの処刑台に向かう。海軍本部からスモーカーへルフィの情報が入り、くいなにそっくりのたしぎに驚くゾロは彼女のメガネを割ってしまう。

第49話

三代鬼徹と雪走!ゾロの新刀と女曹長
処刑台をよじ登るルフィを、スモーカーが逮捕しようと迫る! ゴムゴムの技をしくじるルフィは吹っ飛んで町のはずれへ。ゾロはたしぎに連れられ海軍で掃除をして働くが、海兵に正体がバレて出て行く。武器屋でゾロは彼女にまた会い、店主のいっぽんマツから妖刀「三代鬼徹」と良業物「雪走」を譲ってもらう。

第50話

ウソップVS子連れのダディ真昼の決闘
スナイパーゴーグルを少女キャロルに父の誕生日プレゼントとして先に買われたウソップは、自分が3千万ベリーの賞金首だとウソをついてすごむ。彼女の父はダディ・マスターソン。スモーカーの元同期で、銃使い最強として“東の海<イーストブルー>”で常識の賞金稼ぎだ。勝負にならず醜態を晒すウソップに…。

第51話

炎の料理バトル?サンジVS美人シェフ
“東の海<イーストブルー>”?1コックになる為、評判の腕利き料理人に挑み、勝って来たカルメン。しかし『バラティエ』の副料理長こそが一番と聞き、彼女はサンジを見つけ挑戦する。市場で初めて目の当たりにした海の宝石エレファント・ホンマグロが、これから始まる年に一度の料理コンテストの賞品になるというのだ。

第52話

バギーのリベンジ!処刑台で笑う男!
やっと処刑台に登ったルフィは、海賊王が最後に見た景色を眺める。そこへアルビダとバギー一味が襲い掛かる! 海賊全員を包囲しようとするスモーカー率いる海軍が見守る中、カバジがルフィを抑え込みバギーが処刑しようとする。助けに来たゾロとサンジも間に合わず、バギーの剣が振り下ろされる瞬間…。

第53話

伝説は始まった!目指せ偉大なる航路
ナミが感じた通り嵐になったローグタウン。バギー一味とアルビダを一瞬で捕らえ、スモーカーはルフィを追う。先に戻っていたナミとウソップがメリー号を海へ出す。たしぎはゾロに挑み、スモーカーはルフィを阻む。海軍に手こずるサンジに、ウソップがメリー号を降りて加勢する。苦戦するルフィのもとには…。

第54話

新たなる冒険の予感!謎の少女アピス
麦わらの一味を救った嵐。少女アピスもそれを利用して、海軍の船から逃げ出す。打って変り晴れた海にウソップが鳥の大群を見つける。魚を期待したルフィが右腕を伸ばしてつかむと、それはアピスだった。海賊と聞いて萎縮する彼女も徐々にルフィ達と打ち解け、進路を少し変えて故郷の海軍島へ送っていく事にする。

第55話

奇跡の生物!アピスの秘密と伝説の島
“凪の帯<カームベルト>”に入ったメリー号は、超大型海王類の巣窟なのを逆手に取り、奴らのくしゃみで脱出! 軍艦島へ着くと海軍が来ていて、長老ボクデンの家に。海軍島の民は大昔海底に沈んだロストアイランドの末裔で、“竜の巣”にセンネンリュウが住むと言われ“竜骨”は不老不死の妙薬と伝えられていた。

第56話

エリック出撃!軍艦島からの大脱出!
海軍艦隊が海軍島を封鎖した。リュウ爺をロストアイランドへ連れて行くと約束したルフィは一味と行動に移る。木を倒しリュウ爺を乗せる荷車を作ると、ウソップとゾロはメリー号を奪取して岬まで回す。“カマカマの実”の能力者だったエリックの攻撃をしのぎながら、ルフィ達はリュウ爺を乗せた荷車で一気に山を駆け降りる。

第57話

絶海の孤島!伝説のロストアイランド
エリックはセンネンリュウを連れたメリー号を追えば“竜骨”に辿り着けると考え、つける事に。エリックが信用出来ないネルソン提督も軍艦島へ向かう。メシの大鍋をルフィが盛り上がった頭にひっくり返したショックで、リュウ爺はロストアイランドの位置を思い出す。海に現れた鏡の壁を抜けると大嵐に遭うが…。

第58話

廃墟の決闘!緊迫のゾロ対エリック!
“竜の巣”ロストアイランドと思われたその島には廃墟しか無かった。山の頂上の遺跡に描かれた天井画を見て、“竜の巣”は軍艦島にあるとリュウ爺は思い出す。その時ゾロが殺気を感じ、鯉口を切る。リュウ爺を奪うつもりのエリックだ! ゾロが相手をし、ルフィ達はまたリュウ爺を乗せた荷車で飛び出す。

第59話

ルフィ完全包囲!提督ネルソンの秘策
海軍の船を鎖でつないで囲む“連環の陣”で、軍艦島へ戻るメリー号を包囲し、砲撃! ボートで近づいたエリックがリュウ爺とアピスを奪い、ネルソン提督に反旗を翻す。アピスをボートに叩き付けるエリックを、起き上がったリュウ爺はぶっ飛ばし、吼えて、翼を広げて空を飛ぶ!

第60話

大空を舞うもの!蘇る千年の伝説!
沈み行くリュウ爺を引き上げようとネルソン提督が放った銛を、ルフィは受け取り投げ返す! 突如、軍艦島の周囲の海が揺れる。最期の力で吼えるリュウ爺の呼び声に、世界中に散らばっていたセンネンリュウが群れを成して飛来! もう一吼えしてリュウ爺は、目を閉じる。

第61話

怒りの決着!赤い大陸(レッドライン)を乗り越えろ!
生きていたネルソン提督を切り裂いたエリックは“竜骨”を欲し、不老不死を求める。“竜の巣”を守りたいアピスの意思を叶える為、彼女を守る事がリュウ爺との約束でもあるルフィは戦い、エリックに勝つ! 出航したメリー号は“偉大なる航路<グランドライン>”を目指してリヴァース・マウンテンを登る運河に突入する!

アラバスタ編

第62話

最初の砦?巨大クジラ・ラブーン現る
リヴァース・マウンテンを“偉大なる航路(グランドライン)”へ向けて一気に下るメリー号の行く手を、巨大なアイランドクジラのラブーンが塞ぐ! 船首を折ったメリー号はラブーンに丸飲みされるが、胃袋には青空が広がっていた! 大王イカを仕留めるクロッカスが現れると、ラブーンは暴れ出し…。

第63話

男の約束!ルフィとクジラ再開の誓い
ラブーンはルンバー海賊団と双子岬へ来た。世界を一周して“赤い土の大陸(レッドライン)”の裏側から、またリヴァース・マウンテンを越えて戻る間、船長のヨーキがクロッカスにラブーンを預けたのだ。しかし既に、それから50年が過ぎていた。ラブーンは仲間の帰りを信じ、レッドラインに頭をぶつける。

第64話

海賊歓迎の町?ウイスキーピーク上陸
Mr.9とミス・ウェンズデーを乗せてウイスキーピークへ向かうメリー号は、季節・天候・海流・風向き、全てがデタラメに巡るグランドラインに翻弄される! 何とか乗り切り、恐る恐る島へ。ところが麦わらの一味は、町長のイガラッポイを始め島民に盛大な歓迎を受ける!? だがそれは、バロックワークスの罠だった!

第65話

炸裂三刀流!ゾロVSバロックワークス
賞金稼ぎたちを、巧みに姿を隠しながら次々と斬って行くゾロ。ローグタウンで手に入れた「雪走」と「三代鬼徹」も試す! ナミもお宝探しへ。ゾロはミス・マンデーも倒し、イガラッポイと名乗っていたMr.8に迫る。ミス・ウェンズデーは超カルガモのカルーを呼ぶ。するとMr.5とミス・バレンタインが出現し…。

第66話

真剣勝負!ルフィVSゾロ謎の大決闘!
Mr.8はアラバスタ王国護衛隊長イガラムだった。Mr.9もビビを守る。しかしMr.5とミス・バレンタインは強い! イガラムは、ゾロにビビを無事アラバスタまで送り届けるよう頼み、ナミがその契約に乗る。ミス・マンデーも倒しビビに近づくMr.5とミス・バレンタインの前に、ゾロが契約を守り割って入る!

第67話

王女ビビを届けろ!ルフィ海賊団出航
ルフィとゾロの勝負の邪魔だと、Mr.5とミス・バレンタインは倒される。ついに“武闘”と“剣術”が激突する瞬間、ナミが2人を殴り、戦いは止まる!ビビから“アラバスタ王国の乗っ取り”を企むバロックワークスの社長が、王下七武海の一人クロコダイルであると聞き、ルフィはビビを送り届けると承諾する。

第68話

頑張れコビー!コビメッポ海軍奮闘記
海軍将校になる夢に向かい、コビーはシェルズタウンの基地で雑用係として張り切っていた。モーガン元大佐の息子でルフィを恨むヘルメッポもいた。罪に問われたモーガンを軍法会議に向けて海軍本部へ護送する為、中将のガープが現れる。だがモーガンはガープを斬り、ヘルメッポを人質に取って逃亡する!

第69話

コビメッポの決意!ガープ中将の親心
モーガンを逃がしたコビーとヘルメッポは、ガープに海軍本部へ連れて行かれる。ルフィも新聞で、コビーがグランドラインへ入ったのを読む。2人はガープのゲンコツを受けながらも、昼は雑用、夜は自主的に始めた特訓を続け、過酷だが充実した日々を送る。しかしコビーがルフィと友達なのをガープに知られ…。

第70話

太古の島!リトルガーデンに潜む影!
楽しくもたくましく航海を続ける麦わらの一味は、ビビとカルーを乗せ、グランドライン2つ目の島・リトルガーデンに着く。古代植物が生い茂る秘境に上陸をためらうナミとウソップをよそに、ルフィはカルーに乗ったビビと冒険へ出かけ、ブロントザウルスに出くわす。ここは太古の島、巨人族までもが存在するのだ!

第71話

でっかい決闘!巨人ドリーとブロギー
メリー号に残るナミとウソップに酒をもらいに来た巨人はブロギー、ブラキオザウルスに飲まれたルフィを救った巨人はドリー。共に客人として一味を迎える。2人の巨人は故郷エルバフの掟に従い、100年も決闘を続けていた。“真ん中山”の噴火を合図にドリーとブロギーは激突する!

第72話

ルフィ怒る!聖なる決闘に卑劣な罠
ドリーとブロギーが繰り広げる戦士達の誇り高き決闘に、ウソップは感動し憧れる! 73466戦目も引き分け。ブロギーはナミとウソップからもらった酒をドリーに分けるが、その酒をドリーが飲んだ途端、爆発する! 麦わらの一味を疑うドリーに、今は理屈が通じないと感じたルフィは挑みかかる。

第73話

ブロキー勝利の号泣!エルバフの決着
胃袋をやられたボロボロの体のまま、ドリーはエルバフの戦士として決闘に臨む。止めようとするルフィを巨大な骨の下敷きにして…。決闘の最中、ゾロとナミがジャングルで姿を消す。押されながらも持ち堪えるドリーだが、Mr.3が“ドルドルの実”の能力で放つロウに足元を取られ、ブロギーに攻撃を決められる!

第74話

魔のキャンドル!無念の涙と怒りの涙
ブロギーの前にMr.3とミス・ゴールデンウィークが、ビビとウソップと身動きの取れないルフィの前にカルーを捕らえたMr.5とミス・バレンタインが姿を現す。ドリーの酒に爆弾を入れたのはMr.5の仕業だった。Mr.3はロウでブロギーを捕らえ、特大キャンドルにビビとゾロとナミをセットする!

第75話

ルフィを襲う魔力!カラーズトラップ
ルフィは特大キャンドルの一部を壊すが、却ってゾロ達のロウ人形化が早まることに。“ドルドルの実”の能力を“ゴムゴムの実”の能力で凌駕し、Mr.3をブッ飛ばすルフィだが、突然3人を助けるのを拒否する。ミス・ゴールデンウィークの“カラーズトラップ”にかかったのだ。ウソップとカルーはひとまず逃げ出し…。

第76話

いざ反撃!ウソップの機転と火炎星!
ウソップが火炎星で、“カラーズトラップ”のマークごとルフィの服を焼く。そこへMr.3がろうで作った“キャンドルチャンピオン”を駆り襲い来る! ウソップは油たっぷりのスペシャルロープをカルーに持たせ、特大キャンドルとブロギーに巻き付けて点火! 炎の中から飛び出すナミとビビは…。

第77話

さらば巨人の島!アラバスタを目指せ
改めてドリーを失った悲しみに号泣するブロギー。しかしドリーが起き上がる! 100年の戦いでブロギーの戦斧が弱っていて、傷が浅かったのだ。一人メリー号に戻っていたサンジは、仲間に何か起きたと察し、辿り着いたMr.3のアジトで電伝虫を取る。通話相手はMr. 0だった!!

第78話

ナミが病気?海に降る雪の向こうに!
メリー号を阻む巨大金魚“島食い”に、ドリーとブロギーが風穴を開ける! 巨兵海賊団の頭2人の狩り勝負が、100年に渡り、この先も続くであろう勝負の発端であった…。Mr.2・ボン・クレーがMr.3の抹殺指令を受けた頃、突然ナミが高熱を出して倒れる!! 医者を探しに、メリー号は舵を切る。

第79話

奇襲!ブリキング号とブリキのワポル
雪の中を行くメリー号は、海面に立つチェスを見つける! そこへ“大型潜水奇襲帆船”ブリキング号が浮上!! ドラム王国を目指すワポル率いるブリキング海賊団に襲われる。“バクバクの実”の能力でメリー号を食べるワポルを、ルフィは吹き飛ばす!! その数日前、スモーカーはサンジとMr.0の会話を傍受する。

第80話

医者のいない島?名も無き国の冒険!
島民にメリー号は包囲され、ビビが左腕を撃たれる! 怒るルフィをビビは止め、医者の紹介を頼み込む。護衛団団長のドルトンはルフィ達を村ビッグホーンへ。サンジとカルーがメリー号に残る。島唯一の医者くれはは一番高いドラムロッキーの頂上にある城に住む。ナミを背負いルフィは、サンジと共に城を目指す!

第81話

ハッピーかい? 魔女と呼ばれた医者!
ルフィ達を大型うさぎラパーンの群れが襲う! ドラム島を発見し、迫るワポル。くれははとなり町ココアウィードへ降りていて少年を治療。その傍らにチョッパーはいた。メリー号に残るゾロは寒中水泳、カルーも飛び込む。ドルトンはこの島に医者がいないのは、ワポルの悪政の為と語り…。

第82話

ドルトンの覚悟!ワポル軍団島に上陸
ラパーンの群れが雪崩を起こす! ビッグホーンを占拠するワポルに挑むドルトンが、“ウシウシの実”の能力でバイソンに姿を変えて戦う! だがチェスが島民に放った矢をかばって受け、倒れる。そこへ雪崩が押し寄せて、全てを流す!! 木を使って雪に乗り、ラパーンをしのいだルフィは、親ラパーンを助ける。

第83話

雪の住む島!ドラムロッキーを登れ!
ワポルを無視して城へ向かうルフィを、チェスとクロマーリモが襲う。それを阻んだのは、ラパーンだった。ルフィはナミを背負いサンジをくわえて、ほぼ垂直のドラムロッキーを登る! 雪崩から逃れたビビは、ウソップを起こしゾロと会う。ラパーンはワポルに倒され、ビッグホーンに戻ってしまったビビたちは…。

第84話

トナカイは青っ鼻!チョッパーの秘密
治療を受けたナミはチョッパーと出会う。病気の原因は、リトルガーデンで刺されたケスチアというダニだった。サンジの骨折もチョッパーが手術。気が付いたルフィとサンジは、チョッパーを食おうと追いかけ回す! 一方、雪に埋まるドルトンの心臓は止まっていて…。チョッパーは、“ヒトヒトの実”を食べたトナカイだった。

第85話

はみだし者の夢!やぶ医者ヒルルク!
ルフィはチョッパーを気に入り、今度は仲間にしようとして追いかけ回す! チョッパーの心を開いたヒルルクの事を、くれははナミとサンジに話し始める…。ワポルの“医者狩り”に追われながら、ヒルルクは病人を無償で診ていた。しかし彼は、病人が命の危険を感じて逃げ出す程のやぶ医者だったのだ。

第86話

ヒルルクの桜と受け継がれゆく意志!
不治の病だったヒルルクが残り10日の命と知ったチョッパーは、アミウダケを万能薬と信じて採って来る。ヒルルクはキズだらけで戻ったチョッパーを受け入れ、アミウダケのスープを飲む。すると30年続けた“冬島”に桜を咲かせる研究が成功。ヒルルクはくれはにそれを託し、チョッパーに医術を教えてほしいと頼む。

第87話

VSワポル軍団!バクバクの実の能力!
城に登って来たワポルを、ルフィは飛び出して殴り飛ばす! くれははワポルに言う、この城にヒルルクの海賊旗をかかげて彼の墓にしたと。それはチョッパーの願いだった。だが、ルフィがジャケットを取りに行った隙に、チョッパーがワポルに食われてしまう! サンジは戻って来たルフィを…。

第88話

動物系悪魔の実!チョッパー七段変形
ヒルルクの海賊旗を掲げたまま、ワポルの砲撃を耐え抜くルフィ。ヒルルクの事は知らなくても、海賊旗をかかげた者の思いを尊重する姿に、チョッパーは海賊とは何かということを実感する! その頃、ビッグホーンでは、ワポル専属の医療団イッシー20がドルトンを救おうとしていた。

第89話

王国の支配終る時!信念の旗は永遠に
城に入ったワポルはナミを捕まえるが、ルフィに見つかり蹴飛ばされる。武器を食べて人間兵器に変わろうとするも、武器庫の鍵は既にナミの手の中にあった。息を吹き返したドルトンは、島民とロープウェイで城へ。ゾロ、ウソップ、ビビも一緒だ。ルフィに追い詰められ、追いつめられたワポルは…。

第90話

ヒルルクの桜!ドラムロッキーの奇跡
ナミは武器庫の鍵と引き換えに、くれはから治療代の帳消しと退院許可を得る。ルフィの真っ直ぐな想いがチョッパーの心を開き、彼は仲間になることに。くれはに反対され追いかけられるチョッパーは、ソリを引き、麦わらの一味とビビを乗せて駆けてゆく。くれはは武器庫から大砲を出し…。

第91話

さよならドラム島!僕は海へ出る!
“ヒルルクの桜”に見送られ、メリー号ではチョッパーの乗船を祝う大宴会が開かれていた。自分の医療道具がそりに積まれていたのを知り、チョッパーはくれはの愛情を感じる。 “世界会議(レヴエリー)”で10歳のビビに会っていたのを思うドルトンは、エースが“黒ひげ”ティーチを追って上陸していたと報告を受ける。

第92話

アラバスタの英雄と船上のバレリーナ
アラバスタの港町ナノハナで暴れる海賊を、クロコダイルは砂嵐を巻き起こし干からびさせた! 国王コブラも感謝する英雄、“王下七武海”表の仕事だ。メリー号はホットスポットに突入し、緑の蒸気の中でボン・クレーを釣り上げる。ボン・クレーは、助けられた礼に“マネマネの実”の能力を披露する。

第93話

いざ砂漠の国へ!雨を呼ぶ粉と反乱軍
アラバスタの港町・ナノハナに着くなり、ルフィはメシ屋へ駆け出していった。反乱軍の拠点であるユバへ行って、暴動を止めたいビビ。彼女のために、サンジとチョッパーが砂漠を渡るための物資を買いに出る。香水と熱さとでダウンしたチョッパーは、反乱軍の荷車に乗ってしまい…。

第94話

豪傑達の再会!奴の名は火拳のエース
ルフィを探す麦わらの一味。同じく彼を捜していた火拳のエースは、たしぎとスモーカーを目撃。レストラン「spice bean」で騒ぎを起こしたところに、スモーカーが現れる。そこに飛び込み、二人を店の外に飛ばしたのはルフィだった! スモーカーに追われるルフィは一味を見つけ合流、今度はエースに助けられる。

第95話

エースとルフィ!熱き想いと兄弟の絆
エースがスモーカーを阻み、自然(ロギア)系の能力が激突して渦巻く! メリー号は買いこんだ物資を積んでエルマルへ…が、ルフィの姿がまたも見えない。路地裏で再会した義兄弟は、腕相撲で勝負。昔話にも花を咲かす。弟ルフィは、エースの「白ひげ海賊団」への誘いを断り、海賊王になるため白ひげと戦うと宣言する。

第96話

緑の町エルマルとクンフージュゴン!
サンドラ河を上ってエルマルへ行く途中、ビビはカルーに、父である国王コブラへの手紙を託す。手紙を持ち、首都アルバーナへと走るカルー。一方、エースはクロコダイルの国取りに裏があると読んでいた。ルフィはダンスパウダーを使ってコブラを陥れたクロコダイルの策略を知り、怒りを燃え上がらせる。

第97話

砂の国の冒険!炎熱の大地に棲む魔物
ユバを目指し、砂漠を行く麦わらの一味、ビビ、エース。途中、ルフィがワルサギにダマされ、3日分の物資の全てを盗まれてしまう。しかも、巨大な肉食の植物が! ルフィは食われそうなラクダを救出。それはカトレアでチョッパーを逃がしたラクダで、ナミは「マツゲ」と名前を付ける。

第98話

砂漠の海賊団登場!自由に生きる男達
マツゲに乗って先へ行くナミとビビを追って、歩く一味。ルフィが幻覚剤の原料メスカルサボテンを食べて暴れる中、エースだけがはぐれてしまう。砂族バルバル団の砂族船のメインマストをルフィが折ってしまったため、一行はメリアスへ材木を取りに行くことに。ルフィとビビ、砂族のザバとラサは砂ぞりで出発するが…。

第99話

ニセモノの意地!心の反乱軍カミュ!
水が手に入るとバルバロッサに教えられた「イド」には、弱いカミュたちが反乱軍を騙って巣食っていた。そこへ現れたエースは水と食料をもらい、麦わらの一味と合流。ニセ反乱軍の存在を知ったビビは、カミュたちに村を護る気持ちがあるか確かめようと、「イド」をルフィ達に襲わせる。

第100話

反乱軍戦士コーザ!ビビに誓った夢!
砂漠を行く麦わらの一味、ビビ、エース。ビビとコーザ、二人は幼馴染みだった。コーザは“砂砂団”を組織するリーダー、ビビは副リーダーとして互いを認めていたのだ。チンピラの“砂商団”アゴトギがビビを誘拐しようとした時に、命懸けで彼女を守ったコーザは顔を斬られてしまったのだ。

第101話

陽炎の決闘!エースVS男スコーピオン
エースを狙う賞金稼ぎ・スコーピオン。スコーピオンを探す彼の息子・ディップとチップ。実はエース自身も、ユバで黒ひげを倒したと言うスコーピオンに会いたがっていた。エースの前に現れて挑みかかるスコーピオンだが、“黒ひげ”を倒したのは全くの嘘だった。陽炎立つ地での決闘の結末は…。

第102話

遺跡と迷子!ビビと仲間と国のかたち
ルフィがまたも幻覚を見て大暴れ! 素手で止めようとしたゾロと熱さでやられたチョッパーも加え、一行からはぐれてしまう。地下の古代遺跡に落ち、「歴史の本文(ポーネグリフ)」を見たり空を飛んだり…ゾロとチョッパーは仲間について話し合い、ビビは国のかたちについて思いを巡らせる。

第103話

スパイダーズカフェに8時敵幹部集合
ナミがビブルカードを、ルフィの麦わら帽子のリボンの裏に縫い付ける。その頃、スパイダーズカフェにオフィサーエージェントが集結。クロコダイルが待つレインベースへ向かう。麦わらの一味とビビがようやく着いたユバは、エルマルと変わらない枯れた町。トトが1人、オアシスを掘っていた…。

第104話

ルフィVSビビ!仲間に賭ける涙の誓い
ユバの宿で眠る麦わらの一味とビビ。レインベースのカジノ・レインディナーズでは、クロコダイルによってユートピア作戦が発令されていた。決行は明日の12時。そこにMr.3が現れ、麦わらの一味とビビが生存していると告げる。クロコダイルは、ビビとコーザの再会阻止を厳命する。

第105話

アラバスタ戦線!夢の町レインベース
ビビはカトレアからレインべースへ行く先を変更。アルバーナにはカルーが着き、敵がクロコダイルと知ったコブラは、軍をレインべースへと向ける。麦わらの一味はレインべースに着くとすぐに、待っていたスモーカーに追われ、バロックワークスにも見つかってしまう。だが、覚悟を決めるとレインディナーズに突入する!

第106話

絶体絶命の罠!レインディナーズ突入
ルフィと合流したゾロ、ナミ、ウソップは、レインディナーズの中でもスモーカーに追われる。そのままVIPルームへ通されると海楼石で作られた檻の中へ! クロコダイルが現れ、ミス・オールサンデーがペルを倒してビビを連れて来る。時は12時を回った。恐るべきユートピア作戦が発動する!

第107話

ユートピア作戦発動!動き出した反乱
国王がアルバーナ宮殿から消えた! ボン・クレーがコブラに化けてナノハナに現れ、ダンスパウダーで三年間の雨を奪っていたと言う。駆け付けたコーザは撃たれ、Mr.1とミス・ダブルフィンガーが巨大船を町に突っ込ませて火を放つ! コーザはアルバーナへの総攻撃を決意、チャカは迎え撃つよう命じる!

第108話

恐怖のバナナワニとミスタープリンス
コーザ率いる反乱軍がアルバーナに着くのは、明日の夜明け。クロコダイルも檻の鍵をバナナワニに食わせてアルバーナへ発とうとする。水没し始める部屋。そこへサンジが子電伝虫を鳴らす!“Mr.プリンス”と名乗り、自分はレインディナーズの正面にいると。サンジはクロコダイルを外へ出し、ビビと再会する!

第109話

逆転大脱出への鍵!ドルドルボール!
チョッパーがMr.プリンスを名乗って町へ逃げ、クロコダイルをおびき寄せる。その隙にサンジは、スモーカーが指示したバナナワニにキック。口から出たのはMr.3と鍵だった! 鍵を投げるMr.3。本物の鍵はまだクロコダイルの手の中。しかしウソップの発案で、サンジはMr.3に鍵を作らせることに。そして…。

第110話

情無用の死闘!ルフィVSクロコダイル
チョッパーが用意したヒッコシクラブに乗って、麦わらの一味とビビはアルバーナへ。だが、突然クロコダイルの鉤爪がビビを捕らえる! ルフィはビビを逃がして先へ急がせ、その場に残って対決。砂になってルフィに殴らせないクロコダイルは、ユバに向けてとどめの砂嵐を発生させる!

第111話

奇跡への疾走!アラバスタ動物ランド
トトにもらった水で濡れたクロコダイルの左腕を掴むルフィだが、流砂へ放り込まれてしまう。ナミの踊り娘姿に加速するヒッコシクラブと、サンドラマレナマズを倒すクンフージュゴンに助けられ、サンドラ河を渡るビビ達を迎えたのは、カルー率いる超カルガモ部隊だった。砂に沈んだルフィを救ったのは…。

第112話

反乱軍VS国王軍!決戦はアルバーナ!
コーザ率いる反乱軍とチャカが指揮する国王軍は激突間近。ビビ抹殺を狙うオフィサーエージェントの前に、超カルガモに乗ったビビらしき者が、何と6人も現れる! その中の本物は、カルーと反乱軍の前へ。しかし、国王軍内部に潜入していたバロックワークスが発砲! ビビの声はコーザに届かず、両軍は激突を始める。

第113話

嘆きのアルバーナ!激闘カルー隊長!
ボン・クレーを逃がしたウソップに、サンジはチョッパーを助けるよう指示し、ビビのもとへ走る。ビビを乗せて飛び、ボン・クレーから逃げるも力尽きるカルーを、超カルガモのイワンXとカウボーイが救う。ここからはサンジの出番! 一方、Mr.1とミス・ダブルフィンガーは、ナミを標的に定める。

第114話

仲間の夢に誓う!決闘モグラ塚4番街
苦戦中のウソップとチョッパー。モグモグの実のモグラ人間であるミス・メリークリスマスが砂漠に掘るトンネルを駆使。イヌイヌの実の銃ラッスーが野球のボール型の時限爆弾を撃ち出し、それをMr.4が4tバットで打ってくるのだ。ミス・メリークリスマスは、ルフィはクロコダイルに殺されたと言うが…。

第115話

本日大公開!マネマネモンタージュ!
ミス・メリークリスマスに高速移動させられるウソップの顔面を、Mr.4が4tバットでカッ飛ばす! それでも立ち上がるウソップ。チョッパーとの連携で、4tバットにミス・メリークリスマスの顔面を打たせる。Mr.4にも必殺ウソッチョハンマー彗星が決まり、見事に勝利! 一方、ボン・クレーに対するサンジは…。

第116話

友に変身!ボンクレー連発バレエ拳法
ウソップがチョッパーの治療を終えた頃、スパスパの実の刃物人間Mr.1はゾロに、ミス・ダブルフィンガーはナミに狙いを定めていた。サンジは、ナミの姿ではバレエ拳法を使えないというマネマネの実の弱点を見抜き、ボン・クレーに対して勝機を掴む。宮殿では爆破される寸前、ビビの前にクロコダイルが現れ…。

第117話

ナミの旋風注意報!クリマタクト炸裂
ミス・ダブルフィンガーのトゲトゲの実の能力に右肩を貫かれたナミは、ウソップ作の新兵器・天候棒(クリマ・タクト)を振るう。宴会芸しか放てず説明書を読む隙に、頭から胸への中心線を貫かれるナミ。その頃、宮殿では、クロコダイルがコブラに「プルトン」のありかを訊ねていた。

第118話

王家に伝わる秘密!古代兵器プルトン
「プルトン」がアラバスタに実在するか定かでないと答えるコブラ。クロコダイルは両軍が戦う宮前広場に、30分後の午後4時半、砲弾を撃ち込むと言う。それならば、歴史の本文(ポーネグリフ)が記された場所はどこか?…案内を承諾するコブラ。一方、クリマ・タクトを使いこなし始めたナミは…。

第119話

豪剣の極意!鋼鉄を斬る力と物の呼吸
刀の硬度を持つ体のMr.1を、ゾロは斬る事が出来ない。追いつめられたゾロの脳裏に、師匠の語った「何も斬らないが鉄でも斬れる」剣士の話がよぎる。Mr.1に散々斬られるも、ゾロは全ての物に呼吸がある事を感じ、鉄の呼吸に耳を済ます。くいなから譲り受けた、和道一文字1本が走る!

第120話

戦いは終わった!コーザが掲げた白い旗
エリート護衛団ツメゲリ部隊の4人が、さらにチャカが、次々にクロコダイルに挑むも歯が立たない。宮前広場爆破25分前。宮殿に着いたコーザは、全ての黒幕がクロコダイルだと知る。国王軍はビビの命令で白旗を掲げ、その中央に立つコーザが反乱軍を鎮める。しかし国王軍に潜入していたバロックワークスがコーザを撃つ!

第121話

ビビの声の行方!英雄は舞い降りた!
倒れながらも「戦うな」と、声をふりしぼるコーザ。突然、塵旋風が視界を奪う。両軍に潜入するバロックワークスが撃ち合い、戦いは始まってしまう。それでも諦めないビビを、クロコダイルは宮殿から突き落とす! その瞬間、ペルに乗ったルフィが現れる。ビビを助け着地したその場所に、麦わらの一味が集結する!

第122話

砂ワニと水ルフィ!決闘第2ラウンド
ゾロたちとペルは、10分後の宮前広場砲撃をビビから知らされ、砲撃手を探し始める。ルフィはクロコダイルに大量の水を浴びせるが、全て砂に変えられてしまう。その頃、ミス・オールサンデーは、コブラに歴史の本文(ポーネグリフ)のもとへと案内をさせていた。だが、たしぎが現れ、彼女は賞金首だと海軍に告げる。

第123話

ワニっぽい!王家の墓へ走れルフィ!
干涸びたルフィは、クロコダイルに放つがハズレた水を偶然受けて甦る。地下聖殿で対面したポーネグリフ「プルトン」の文字はないと言うミス・オールサンデーを、クロコダイルは鉤爪で貫く! コブラが地下聖殿崩壊の仕組みを動かした頃、ビビが大砲の隠し場所をひらめく。仮眠を取ったルフィは地下聖殿へ向かい…。

第124話

悪夢の時迫る!ここは砂砂団秘密基地
地下聖殿でクロコダイルと対峙するルフィは、血で濡れた足と拳で戦いを挑む。鉤爪の毒針を使うクロコダイル。その頃、ミス・ファーザーズデーに撃たれたペル以外は、海軍を率いるたしぎの援護で時計台に集結。砲撃30秒前、時計の文字盤が開き、大砲とMr.7、ミス・ファーザーズデーが現れる!

第125話

偉大なる翼!我が名は国の守護神ペル
クロコダイルの毒に苦しむルフィ。宮前広場ではナミの発案で、ウソップ、サンジ、ゾロ、チョッパーを発射台にして、ビビを時計台のてっぺんへ飛ばすことになる。ビビは大砲の導火線を切って砲撃を止める。しかし砲弾は時限式! 爆発まで十数秒…その時、ペルが現れ、砲弾を持って空高く舞い上がる。

第126話

越えていく!アラバスタに雨が降る!
砲弾の爆発を見ても戦いを止めない両軍。ルフィはクロコダイルの毒針を折り、ゴムゴムの暴風雨(ストーム)を浴びせる。地下聖殿から岩盤を突き破り、空に舞うクロコダイル。そして雨が降り出し、ビビの声が人々に届く! 戦いは鎮まり、コブラの礼にルフィは最高の笑顔を返す。

第127話

武器よさらば!海賊といくつかの正義
チャカは国王軍に武器を捨てよと命じ、イガラムがカッパに、ナノハナに現れたコブラはニセ者だった事を話させる。コブラからルフィを引き取ったゾロたちは、力尽きて道端で気を失ってしまう。たしぎはクロコダイルを捕らえ、麦わらの一味には手出し無用と命じる。海上にはスモーカーとヒナがいて…。

第128話

海賊たちの宴とアラバスタ脱出作戦!
麦わらの一味は、宮殿の大食堂や大浴場で大騒ぎ。改めて礼を言うコブラ。懸賞金が上がったルフィ、賞金首になったゾロを捕らえる為、ヒナはアラバスタの港を封鎖する。一味は超カルガモ達に乗って、ボン・クレーがメリー号を移したサンドラ河上流へ。旅を続けるなら明日の12時に東の港で、とビビに告げて。

第129話

始まりはあの日!ビビが語る冒険譚!
ヒナの黒ヤリの陣に、メリー号とボン・クレーの快速スワンダ号は苦しむ。麦わらの一味に仲間との約束があると知り、ボン・クレーはルフィに化けてヒナを惹きつけ玉砕! ビビとカルーは立志式を抜けて来るも、別れを告げる。海軍の前で王女と話す訳にはいかない一味は、左腕の仲間の印を全員で掲げる。

第130話

危険な香り!七人目はニコ・ロビン!
ボン・クレーの手下相手に、ヒナがオリオリの実の能力を見せる。復興に向け活気づくアラバスタ全土。カミュもバルバロッサとラサも、そしてペルも無事だった。メリー号では、船室からミス・オールサンデーが現れる! ポーネグリフにはプルトンの全てが記してあったのに、ウソをついていたのだった。

TVオリジナル

第131話

はじめての患者!ランブルボール秘話
アラバスタでの激闘を越え、麦わら海賊団は再び海へ。一行は食材豊かな島を発見する。上陸したルフィたちは木の実を取りに、ナミは測量へと向かう。そして船番を任されたチョッパーは、ランブルボールを作りながらDr.くれはのことを思い出していた。チョッパーの初めての患者は、熱病に冒されたくれはだったのだ。

第132話

航海士の反乱!ゆずれない夢の為に!
ひょんな事から上質な紙を手に入れたルフィたち。ナミは喜び、これまでの航海を地図にしようと一人で船室へ。一方、甲板の掃除を始めた他のメンバーだったが、ゾロとサンジがケンカになり、ルフィたちは遊んで大はしゃぎする始末。あまりの騒々しさに、遂にナミの怒りが爆発する!

第133話

受け継がれる夢!カレーの鉄人サンジ
海軍の見習いコック・タジオを助けたルフィたち。彼の夢はオールブルーへ行く事。しかし昼までに美味いカレーを作らなくては船を降ろされてしまうという。自分と同じ夢を持つタジオのため、サンジはルフィと共に海軍船へ潜入。邪魔するフリをしながらもタジオの手助けをする。ところが、ルフィが海軍に見つかってしまい…。

第134話

咲かせてみせます!男ウソップ八尺玉
ルフィたちが次に上陸したのは、花火大会で有名な島だった。ウソップは火薬を分けて貰おうと、花火職人の大玉を訪ね、その孫の小玉と出会う。小玉の夢は、両親の夢でもあった二百号玉の打ち上げ。しかし二百号玉は未完成の危険な花火だった。大玉に止められ、小玉は飛び出していってしまう。

第135話

噂の海賊狩り!さすらいの剣士ゾロ
時は遡って、ゾロがまだ麦わら海賊団に入る前のお話…。賞金稼ぎとして生きるヨサクとジョニーは、小さな町でゾロに出会った。世界一の剣豪を目指して修行するゾロの姿に、二人は幼い頃の夢を思い出していた。そんな折、町はずれに賞金首・山賊ディックが現れた。人々を守るため、二人はディックに戦いを挑んだ。

第136話

ヤギの島のゼニィと山の中の海賊船!
濃霧の先で見つけた島に上陸した麦わら一行に、島ヤギの大群が襲いかかる。群れを率いているのは海賊嫌いで小心者の爺さん・ゼニィ。ゼニィを驚かせて気絶させてしまったルフィたちは、お詫びとして彼の身の回りの世話をするハメに。皆が雑用に追われる中、食料を探しに出かけたゾロは…。

第137話

儲かりまっか?金貸しゼニィの野望!
若かりし頃のゼニィは海賊相手の金貸しだった。稼いだお金で海に出て、海賊王になる。それがゼニィの夢だったのだ。しかし無人島に一人で流れ着き、海に出られないまま歳を取りすぎてしまった。夢を諦めたゼニィに、歳なんて関係ないとルフィは言う。そこへゼニィの財宝を狙う海軍が現れる。

第138話

島のお宝の行方!ゼニィ海賊団出撃!
ゼニィ海賊団、出撃! 山の上から駆け下りた海賊船で、ついにゼニィが島ヤギの群れと共に海へ出た! 長年の夢だった海賊として、海軍を相手に大活躍。しかし、あと一歩まで追いつめたところで、病んでいたゼニィの心臓が発作を起こしてしまった。海兵の剣先が、倒れ伏したゼニィの喉元に突きつけられ…。

第139話

虹色の霧伝説!ルルカ島の老人ヘンゾ
パスクア少佐率いる海軍の追手を振り切って、ルルカ島へと辿り着いた麦わら海賊団。そこは、何にでも税金を課すウエットン市長が支配する島だった。税金を無視して上陸したルフィたちは、町で虹色の霧を研究する科学者ヘンゾ博士と出会う。時を同じくして、島の港に無人のガレオン船が流れ着いていた。

第140話

永遠の国の住人!パンプキン海賊団!
虹色の霧の向こうには、船の墓場・エイプスコンサートが広がっていた。おまけに不気味な雰囲気の中から現れたのは、なんと幽霊! しかしルフィが倒してみると、幽霊の正体は5人の子どもたちだった。その姿にヘンゾは驚く。彼らこそ50年前に行方不明になり、今までずっとヘンゾが探し続けていた仲間たちだったのだ。

第141話

故郷への想い!脱出不能の海賊墓場!
エイプスコンサートは、どちらへ進んでも元の場所へ戻ってしまう迷路の空間。このままでは永遠にさまよい続けることになってしまう。虹色の霧からの脱出方法を求めて、ルフィたちはパンプキン海賊団と合流することに。だが、リーダーのラバ・ヌイは50年という時の流れを認められず…。

第142話

乱戦必至!ウエットンの野望と虹の塔
ウソップのお陰で誤解が解け、ヘンゾとラパ・ヌイは涙と共に握手を交わそうとする。だがその瞬間、エイプスコンサートを飛び回っていたルフィがラパ・ヌイと衝突。そのまま二人は空間の狭間へと消えてしまった。一方、外の空間ではナミたちがルフィらの救出作戦を進めていた。しかし、ウエットンの魔の手が迫り…。

第143話

そして伝説が始まる!いざ虹の彼方へ
レインボータワーを起動させ、エイプスコンサートから財宝を運び出すウエットン。その前に、怒りのルフィが立ちふさがった。追いつめられたウエットンは逃げだし、タワーを爆破させてしまう。その衝撃は空間のバランスを乱し、エイプスコンサートの崩壊を招くのだった。ルフィたちは無事に脱出できるのか!?

空島編

第144話

奪われた記録!サルベージ王マシラ!
巨大ガレオン船が降ってきた! 空を差すログポースに戸惑うナミをよそに、ルフィは“空島”の地図を発見して大喜び。沈んだガレオン船から情報を得るため、ルフィ、ゾロ、サンジが海底へと向かうが…。

第145話

怪物登場!白ひげ一味には手を出すな
突如来た夜! 巨大ウミガメから逃れたルフィたちは、巨人族の何十倍もの大怪物の影を目にする。ゴーイングメリー号、必死の逃走! 同じ頃、宴会でバカ騒ぎのバギー一味の船に、火拳のエースが乗り込んでくる。

第146話

夢を見るな!嘲りの街モックタウン!
港町モックタウン、そこは海賊たちが集う無法地帯。ケンカは日常茶飯事だ。決してケンカしないと、ナミに誓うルフィとゾロ。酒場へ入った彼らの前に、賞金首の海賊“ハイエナのベラミー”が現れた!

第147話

海賊の高み!夢を語る男と海底探索王
夢を見ることを否定し、空島を目指すルフィたちを笑うベラミーたち。だが、ナミとの約束のあるルフィとゾロは、やられっぱなしのされるがまま。傷だらけの2人を連れて店を出たナミの前に、謎の大男が現れる。

第148話

伝説の一族!「うそつきノーランド」
空島の情報を探すルフィたちは、夢を語りモックタウンを追い出された男に会いに行く。その男、クリケットは、“ノースブルー”に伝わる童話『うそつきノーランド』の主人公であるモンブラン・ノーランドの子孫だった。

第149話

雲舵いっぱい!サウスバードを追え!
クリケットは、空島があるなら“積帝雲”の中だと語る。そこへ行くには、翌日、南の海に発生する“突き上げる海流”に乗るしかない。ルフィたちは、常に南を向く習性を持つサウスバードを捕まえるため、森へと入ってゆく。

第150話

幻想は叶わない!? ベラミーVS猿山連合
サウスバードを捕らえようと真夜中の森に入ったルフィたちを、巨大なカマキリやテントウ虫、オケラなどが襲う! クリケットたちはベラミーの“バネバネの実”の能力の前に倒れ、金塊を奪われてしまう。

第151話

一億の男!世界最高権力と海賊黒ひげ
金塊を取り返しに来たルフィを笑い、“スプリング跳人”を繰り出すベラミー。だが、勝負はルフィのパンチ一発で終わった。聖地マリージョアでは、クロコダイルの後継をめぐって七武海に関する会合が行われる。

第152話

船は空をゆく!突き上げる海流に乗れ
ゴーイングメリー号フライングモデル完成! クリケットに別れを告げ、ルフィたちは南の海へ船を出す。予想以上に早く積帝雲が現れ、引率の猿山連合にも緊張が走る。大荒れの海には、どでかい渦潮が待ち受けていた!

第153話

ここは空の海!空の騎士と天国の門
空の海に来たゴーイングメリー号。環境の変化に戸惑うルフィたちを、突如仮面の男が襲う! 空気が薄くて思うように動けず、倒されてしまうサンジ、ゾロ、ルフィ。男がバズーカを構えた瞬間、鳥に乗った騎士が現れた!

第154話

神の国スカイピア!雲の渚の天使たち
スカイピアに着いたルフィたちは、エンジェルビーチに上陸。ふかふかの地面に、海軍もいない天国のような場所で、リゾート気分を満喫する。さらに天使のような島の住人・コニスと出会い、サンジも大喜びする。

第155話

禁断の聖地!神の住む島と天の裁き!
絶対に足を踏み入れてはならない聖地、神の住むアッパーヤード。一人ウェイバーで遊んでいるナミが、そこに入らなければ良いが…。だが、ルフィはすでに、アッパーヤードに入る気満々だった。

第156話

早くも犯罪者!? スカイピアの法の番人
スカイピア警察“ホワイトベレー部隊”のマッキンリー隊長が、ルフィたちに不法入国の罪を告げに来る。罰金を払えば済むというが、700万ベリーという法外な金額。怒ったナミは、ウェイバーごと隊長に体当たりする!

第157話

脱出なるか!? 動きはじめた神の試練!
第2級犯罪者となったルフィたちへの、天の裁きが始まった。ゴーイングメリー号上のナミたちは、生け贄として超特急エビに連れて行かれてしまう。残ったルフィ、ウソップ、サンジは神の試練に臨むことになる。

第158話

ラブリー通りの罠!全能なる神エネル
仲間のナミたちを助けるためにアッパーヤードへ行こうとするルフィたちは、コニスに案内されてエンジェル島の船着き場へ。そこでコニスは、自分が超特急エビを呼んだのだと明かす。その瞬間、空から“神の裁き”が下った!

第159話

すすめカラス丸!生贄の祭壇を目指せ
ルフィ、ウソップ、サンジはカラス丸に乗って神の島へ。入口を過ぎるとすぐに、巨大な鎌が連続して降りかかる! 罠をかわしたと思ったら、空ヤツメが襲いかかってくる。さらにその先には、4つの試練への入口が待ち受けていた。

第160話

生存率10%!心綱使いの神官サトリ!
ルフィの勘で、カラス丸は“玉の試練”へ。そこには、無数の島雲の玉があるだけ。ルフィたちは油断するが、それはヘビが出たり爆発したりする“びっくり雲”だった。そして、この試練を司る神官サトリが現れる!

第161話

「玉の試練」の脅威!迷いの森の死闘
心網で相手の動きを読んで攻撃を避け、手から打撃とは異なる得体の知れない攻撃を繰り出すサトリに、ルフィたちは打ちのめされる。生贄の祭壇で一人船番をするチョッパーの前にも、鳥に乗ったもう一人の神官が出現する!

第162話

チョッパー危うし!元神VS神官シュラ
生贄の祭壇で船番をするチョッパーを、神官シュラが襲う。触れたものを燃やす槍で、ゴーイングメリー号が炎上! 必死で止めようとするチョッパーも大ピンチ! その時、元神のガン・フォールが助けに現れる!

第163話

摩訶不思議!紐の試練と恋の試練!?
ガン・フォール対シュラ。目にも止まらぬ空中戦が繰り広げられる。しかし「紐の試練」にかかったガン・フォールの動きが、突然止まってしまう。その頃、「玉の試練」ではルフィが予想外の行動でサトリの心網を乱していた。

第164話

シャンドラの灯を燈せ!戦士ワイパー
神の島の混乱に乗じ、ワイパーの号令のもと、シャンディアたちが総攻撃を開始する。海に落ちたチョッパーは巨大なサウスバードに救われ、森を探索していたナミたちは、空に浮かぶ大地“神の島”の真実を発見する。

第165話

天空の黄金郷ジャヤ!目指せ神の社!
ルフィたちを乗せたカラス丸は、神の社へと急ぐワイパーたちと草原ですれ違う。奥の森ではシャンディアと神官の戦いが始まっていた。おかげで雲の川を難なく抜けたルフィたちは、ついにナミたちと合流する。

第166話

黄金前夜祭!「ヴァース」への想い!
ルフィたちは、翌日の黄金探しの作戦会議を始める。ノーランドの昔話をもとにナミが作った400年前のジャヤの地図。そこには黄金のありかが記されていた! 空ウルフも見事に手なずけて、キャンプファイヤーで前祝いだ!

第167話

神・エネル登場!! 生き残りへの夜明曲
ルフィたちは探索組と脱出組の二組に分かれ、行動を開始。ワイパーたちシャンディアは、神の島への侵攻を再開する。待ち受けるシュラたち三人の神官。神・エネルが仕掛けた、生き残りへの戦いが始まる!

第168話

牙むく大蛇!遂に始まる生き残り合戦
遺跡を目指すゾロたちを、超どでかい大蛇が襲う! 猛毒の牙を前に、さすがのゾロも逃げの一手。逃げ回るうちに、四人は離ればなれになってしまう。同じ頃、ゴーイングメリー号では、前“神”であるガン・フォールが、空島の歴史を語り出す。

第169話

捨て身の排撃!「戦鬼」ワイパーの覚悟
エネルの首を狙うシャンディアを、“紐の試練”が阻む。一人罠にかからなかったワイパーは、銃も盾も捨ててシュラに立ち向かう。左肩を“熱の槍”で突かれるが、右手に仕込んだ“排撃貝”で必殺の一撃を放つ!

第170話

空中の激戦!海賊ゾロVS戦士ブラハム
スケート靴型ウェイバーで自在に空を飛ぶブラハム。三刀流の攻撃もよけ、“閃光銃”でゾロを狙う! 撃つたびに光る銃のせいで間合いがつかめず、足を撃たれるゾロだが、飛ぶ斬撃、一刀流“三十六煩悩鳳”を放つ!

第171話

唸る燃焼砲!! ルフィVS戦鬼ワイパー
ルフィに砲弾は効かないと知ったワイパーは、武器を“バーンバズーカ”に切り替え、青白い炎を噴射! 大木をも貫通する破壊力だが、バズーカならルフィも負けてはいない。ゴムゴムのバズーカで真っ向勝負を挑む!

第172話

沼の試練!チョッパーVS神官ゲダツ!!
遺跡へ着いたチョッパーを、神官ゲダツが襲う! ゲダツの操る“沼雲”は、一度触れると抜け出せない危険な雲。ランブルボールを駆使して逃げ回るチョッパーだが、強力なジェットパンチを食らってしまう。

第173話

無敵の能力!明かされるエネルの正体
三つ子の兄・サトリの復讐に現れたホトリとコトリ。ウソップとサンジは傷付き、ナミは船を守るためにガン・フォールと共に戦う! “天候棒”で霧を起こしてホトリの目をくらまし、“衝撃”でとどめをさす!

第174話

幻の都!雄大なるシャンドラの遺跡!!
遺跡を荒らすヤマに、ロビンの怒りが爆発! “百花繚乱「大飛燕草」”で谷底に落とし、完全に叩きのめす。探索を進めるロビンは、雲の下に遺跡を発見。800年前に突如滅んだ黄金都市・シャンドラは、ここに眠っていたのだ!

第175話

生存率0%!! チョッパーVS神官オーム
チョッパーは“巨大豆蔓”を登り、上層の遺跡にたどり着く。そこには男が一人、人間のもろさを憂いて泣いていた。この男こそ神官オーム。ここは生存率0%と言われる“鉄の試練”のエリアだったのだ。チョッパーの命が危ない!

第176話

“巨大豆蔓”を登れ!! 上層遺跡の死闘
ゾロ、ガン・フォール、ワイパー、オーム、4人の男たちの生き残りを賭けた戦いが始まった。戦闘の最中、ゾロはオームにやられたチョッパーを発見。駆け寄る彼にも、オームの罠が襲いかかる。倒れた仲間を前に、ゾロの心が熱く燃え上がる!

第177話

鉄の試練の真骨頂!白荊デスマッチ!!
触れればタダでは済まない白荊のドーム内で、ゾロ、ワイパー、オームたちの、生き残りを賭けた死闘の火ぶたが切って落とされた! 一方、大蛇の腹の中では、ナミたちがルフィと驚きの再会を果たしていて…。

第178話

ほとばしる斬撃!ゾロVS神官オーム!!
自在に形を変える“鉄雲”の剣で、ゾロを追い込んでゆくオーム。だがゾロは三刀流“百八煩悩鳳”で鉄雲を弾き飛ばし、オームに勝利する。その頃、シャンドラの遺跡を歩くロビンの前にはエネルが現れ、悠然と語りかけてくる。

第179話

崩れゆく上層遺跡!終曲への五重奏!!
エネルの稲妻で上層遺跡が崩壊し、落下してゆく。ナミたちは大蛇から脱出するが、ルフィとアイサが取り残されてしまう。かくしてゾロ、ロビン、ナミ、ワイパー、ガンフォール、そしてエネルが、シャンドラに集結する。

第180話

古代遺跡の対決!神・エネルの目的!!
空島の人々を青海に落とそうとするエネルの企みに、ガン・フォールは激怒。だが、圧倒的な雷の力を前に倒れてしまう。ワイパーはシューターに仕込んだ海楼石でエネルの力を封じ、“排撃”を放つ!

第181話

限りない大地への野望 方舟マクシム!!
自分の心臓を電気マッサージし、復活したエネル。力尽きたワイパーは、もはや反撃さえ出来ない。ゾロさえ一太刀も浴びせられぬまま、倒れてしまった! やっと大蛇の体内から脱出したルフィは、ボロボロになった仲間の姿を目の当たりにする!

第182話

遂に激突!海賊ルフィVS神・エネル!!
エネルのもとに着いたルフィは、真っ向からケンカをふっかける。雷の力で迎え撃つエネル。だが、ゴム人間のルフィには、どんなに強力な電撃も全く効き目がない。ルフィはエネルにとって、この世にたった一人の天敵だったのだ!

第183話

マクシム浮上!動き始めたデスピア!!
エネルの電熱スピアが、ルフィの体を焼く! “心綱”で動きを読まれ、苦戦するルフィは、変なアイデアで対抗。“ゴムゴムのボー”で攻撃を避け、“ゴムゴムのたこ花火”を発射! 壁に跳ね返った拳がエネルに当たった!!

第184話

ルフィ落下!神の裁きとナミの望み!!
“ゴムゴムの回転弾”で倒れたエネルだが、またしても立ち上がる。ルフィさえいなければ、自分の天下…勝負を避け、ルフィの右腕を巨大な金塊で封じるエネル。空高く上昇するマクシムから、ルフィは金塊ごと落とされてしまう!

第185話

目覚めた二人!燃える恋の救出前線!!
サンジとウソップが復活し、ナミを救出するためマクシムに潜入。甲板では、ナミが必死にエネルの電撃をかわしていた。だが、食らってしまうのは時間の問題。もはや逃げ切れないと覚悟した瞬間、仲間の声が響く!

第186話

絶望への狂想曲 迫り来る空島の消滅!!
マクシムからの脱出に成功したナミとウソップは、巨大豆蔓へ向かう。そこではちょうど、ロビンが下層の遺跡から負傷者を運び上げたところ。ルフィも来るが、再会もつかの間、そのままエネルめがけて上へと駆け上ってゆく!

第187話

鐘の音の導き!大戦士と探検家の物語
その昔、ワイパーの遠い先祖である大戦士カルガラには、親友がいた。その名はモンブラン・ノーランド、今は「うそつきノーランド」として語られている男だ。ある時、ノーランドは嵐の中で美しい鐘の音を聞く。それが二人の出会うきっかけだった。

第188話

呪縛からの解放!大戦士が流した涙!!
命の尊さ、進歩の大切さを訴えるノーランドに、カルガラは戒律を破る。「村は救える!!」と答えるノーランドに、涙を見せるカルガラ。そしてノーランドは、見事疫病を治す薬を作って村を救い、カルガラと友情の絆を結んだのだった。

第189話

永遠の親友!大海原に響く誓いの鐘!!
先祖の魂が宿る木々を切ったノーランドたちを、シャンディアは追い出そうとする。だがそれは、恐ろしい病気である“樹熱”から島と人々を救うための処置だった。ノーランド出立の日、誤解に気付いたカルガラは黄金の鐘を響かせる!

第190話

エンジェル島消滅!雷迎降臨の恐怖!!
方舟マクシムから、巨大な球状の雷雲が発生。莫大なエネルギーをはらんだ雷雲が落ち、エンジェル島は一瞬で跡形もなく消滅してしまう。スカイピアごと消される前に脱出しようと言うナミに、ルフィは断固反対する。

第191話

巨大豆蔓を倒せ!脱出への最後の望み
先祖ノーランドの言葉を信じて、黄金郷を探し続けるクリケット。彼の話を聞いて心打たれたワイパーは、巨大豆蔓を倒すのに力を貸す。傾き出した巨大豆蔓! ナミの最大出力“噴風貝”ウェイバーが、ルフィを乗せ、黄金の鐘めがけて発進する!

第192話

神の国の奇跡!天使に届いた島の歌声
巨大豆蔓からウェイバーが飛ぶ! さらにジャンプして、雷雲の塊に飛び込むルフィ。“ゴムゴムの花火・黄金牡丹”で雷雲を散らし、黄金の鐘を目指す。そして雷神と化して迎え撃つエネルに、“ゴムゴムの黄金回転弾”を放つ!

第193話

戦いの終焉!遠く響く誇り高き幻想曲
黄金の鐘の音は、空島だけでなく、遠く青海のノーランドのもとまで鳴り響いた。戦いは終わったのだ。満月の夜に宴の炎が燃えさかり、麦わらの一味を中心に奏で、歌い、踊る、盛大な喜びの時が始まる。

第194話

我ここに至る!歴史の本文が紡ぐもの
ルフィたちはそれぞれ、空島を発つ準備を始める。ウソップは“貝”を集め、ルフィたちは大蛇の腹の中で財宝をゲット! 大鐘楼の碑文を読んだロビンは、その横に海賊王ゴール・D・ロジャーの残した文章を発見する!

第195話

いざ青海へ!! 想いが織りなす最終楽章
“雲の果て”の門を出た途端、ゴーイングメリー号は急速に落下を始める。7000メートル下まで落ちると思った瞬間、空島名物タコバルーンが船体を包み込む。ふわふわと降下を始めた船の上空から、ルフィたちを送る鐘の音が聞こえてきた。

TVオリジナル

第196話

非常事態発令!悪名高き海賊船潜入!
空島からメリー号が落ちた先は、海軍の要塞だった! ライトで照らされ、何門もの砲台が狙いを定める。だが船には誰もおらず、飲みかけのコーヒーに、消し忘れた煙草が残っているだけ。海兵たちは幽霊船と恐れ始める!

第197話

料理人サンジ!海軍食堂で真価発揮!
ルフィたちは船を離れ、散り散りに要塞に潜んでいた。変装して食堂へ入ったルフィとサンジは、海軍本部から来たコックと間違えられる。厨房を仕切るのは、誇り高き美人料理長ジェシカ。彼女はサンジに、料理勝負を提案する。

第198話

囚われたゾロとチョッパー緊急執刀!
ゾロが要塞の司令官ジョナサンに囚われてしまう。ナミは看護婦に変装して難を逃れ、木箱に隠れたチョッパーは医務室へと連れられて行く。その医務室には、嵐に襲われた船から続々とケガ人が運ばれてきたところだった。

第199話

迫る海軍の捜査網!囚われた二人目!
コックに化けていたルフィとサンジだが、ジョナサンに正体を見抜かれ、逃げ出すことに。慎重に要塞を調べるロビンを置いて、ウソップはメリー号奪還に走る! 海兵に変装してドックへ潜り込むが、あえなく囚われてしまい…。

第200話

決死のルフィとサンジ!救出大作戦!
ゾロとウソップが囚われたと知ったルフィとサンジは、救出に向かう。監獄のある中央島は、人の姿がなくいかにも怪しげ。構わず突入した二人だったが、海楼石を仕込んだ檻と海兵が待ち受けていた。やはり罠だったのだ!

第201話

熱血特別部隊参戦!ブリッジ攻防戦!
ルフィたち4人は、メリー号のあるドックを目指す。そこへ行くには、中央島から伸びる橋を渡らねばならない。橋には第55部隊、通称“熱風隊”が待ち伏せている。暑苦しい猛攻を突破して、ドックにたどり着くことは出来るのか!?

第202話

包囲網突破!奪還ゴーイングメリー号
ゴーイングメリー号のあるドックに着いたルフィたちだったが、そこにも海兵の大部隊が待ち構えていた。倒しても倒しても、敵の数は減らない。ついにはルフィが海楼石入りの網で捕らわれてしまう。麦わら海賊団、万事休す!?

第203話

消えた海賊船!要塞攻防第2ラウンド
脱出寸前、ナミは船内に黄金がないことに気付く。すかさず、爆煙の中をUターン! 廃ドックに身を隠す。奪われた黄金は、ボロボロになったメリー号を修繕するための大切な費用だ。奪還を目指し、再び要塞への上陸を開始する!

第204話

黄金奪還作戦とウエイバー回収作戦!
ルフィ、ゾロ、ウソップ、ロビンの黄金奪還チームは、保管庫に着く。すんなり侵入できたと思いきや、やはり海兵が待ち伏せていた! ルフィらが食い止める名か、ウソップが巨大金庫の鍵を開ける。その中に入っていたのは…!?

第205話

一網打尽計画!ジョナサン自信の秘策
黄金をエサに、ルフィとナミを自室へおびき寄せたジョナサンは、ついにルフィを捕まえる。だが、ナミが“サンダーボルト・テンポ”で海兵全員を打ち倒した。見事黄金奪回は成功! 海軍船に偽装したメリー号で一気に脱出を図る。

第206話

さらば海軍要塞!脱出への最後の攻防
夜9時になると起こる引き潮“ナバロンの海の牙”のせいで、メリー号は前進不能に陥り、しかも岩礁に乗り上げてしまう! ジョナサンは完全に包囲し降伏を勧めてくるが、ルフィたちはウソップの“貝”で起死回生の秘策に打って出る!

デービーバックファイト編

第207話

ロングリングロングランドの大冒険!
ジャヤの街で、七武海の一人ドフラミンゴが“新時代”が来ると叫ぶ! 修理を終えて着水したメリー号には、シーモンキーが襲来。無事逃げたルフィたちは島を発見。早速上陸するが、そこは木も動物も全てが長い島だった。

第208話

フォクシー海賊団とデービーバック!
トンジットと愛馬シェリーの再会に、感動するルフィたち。そこへ銃声が! シェリーが倒れる。撃ったのは“銀ギツネ”のフォクシー。怒ったルフィは、人取り合戦であるデービーバックファイトの挑戦を受けてしまう!

第209話

第一回戦!ぐるり一周ドーナツレース
第一回戦は、タル船で島を一周するレースだ。麦わら海賊団は三チームに分かれてスタートする。凶器、妨害、何でもありのこのレース。早速ルフィ、ゾロの二チームが、フォクシー海賊団のお色気と宴会の罠にはまってしまう。

第210話

銀ギツネのフォクシー!猛烈妨害攻勢
サンゴ礁の迷路を難なく抜けたナミたちの船は、“衝撃”で一気に加速してトップに躍り出る。数々の妨害もクリアし、ゴールはもう目の前。勝ったと思った瞬間、フォクシーの手からノロノロビームが放たれた!

第211話

第2回戦!ブチ込めグロッキーリング
チョッパーを取り返すため、ゾロとサンジが「グロッキーリング」に挑む。敵はこのゲーム無敗のグロッキーモンスターズ。巨大な三人組を相手に二人で戦わなければならないのに、ゾロとサンジはケンカばかりで協力できない。

第212話

レッドカード連発!グロッキーリング
あからさまに凶器を持ち出すグロッキーモンスターズ。だが、審判は見て見ぬふりをして反則を取らない。あまりにも卑怯な攻撃に、立ち上がったゾロとサンジがついに共闘する。審判も奴らも、まとめてKOだ!

第213話

第三回戦!ぐるぐるローラーレース!
第三回戦は、「ラン・ローラー・ラウンド」というローラースケートレース。一人少ない“麦わらデンジャーズ”は、ルフィが二回出ることになる。だがローラースケートを履いたことのないルフィは、立つことさえも出来なかった!

第214話

白熱爆走レース!最終ラウンド突入!
五本勝負のローラーレースで、二本先取されて迎えた第三ラウンド。快足のチキチータ相手に大ピンチだったが、監督サンジがマタタビ作戦でコースアウトさせて大逆転! そしてルフィが、スケート靴で立つことに成功した!

第215話

うなる熱球剛球!海賊ドッジボール!
フォクシーの3コインゲーム再戦の要求を、ルフィが受けてしまった。第一回戦は、デービーバックファイトで最古の歴史を持つ「ヒット・アンド・デッドボール」。ルフィたちの猛攻で、残る敵はフォクシー一人になるが…。

第216話

断崖の決戦!だるまさんがころんだ!
第一回戦の敗北でロビンを奪われ、奪還に燃える麦わら海賊団は、第二回戦の「どっち・タッチ・だるまさん」に挑む。スタートと同時に全員が、オニのトンジットめがけて駆け出す! いち早くオニにタッチできたのは…!?

第217話

キャプテン対決!最終戦コンバット!
最終戦に勝てばロビンとチョッパーを取り戻せる。だが、負ければ麦わら海賊団全員、ずっと先の子孫までフォクシー海賊団に忠誠を尽くさねばならない。海賊団全体の命運を賭けた船長対決のゴングが、今鳴らされる!

第218話

全開ノロノロ攻撃VS不死身のルフィ
ノロノロビームを警戒するあまり、ルフィは思うように戦えない。フォクシーを追って船内に入るが、中にはワナがいっぱいだった。フォクシーが開発したゴリラ型マシン「ゴリラパンチャー13号」の猛攻を受け、ルフィは大ピンチに!

第219話

壮絶熱闘コンバット!運命の最終決着
倒されても倒されても、仲間のためにルフィは立ち上がる! 最後の力を振りしぼり、ゴムゴムの銃乱打を放つルフィ。フォクシーもメガトン九尾ラッシュで応戦。すさまじい応酬の中、最後まで立っていたのは…!?

第220話

失った?奪われた?おまえはだれだ?
サンゴ礁に囲まれた小島の沖で、夜を過ごすルフィたち。朝起きると、徹夜で本を読んでいたロビン以外、みんなの記憶が無くなっていた。今までの大冒険も、仲間のことも、すっかり忘れてしまっていたのだ!

第221話

笛を抱いた謎の少年とロビンの推理!
ロビンから話を聞いたルフィたちは、記憶を失う前に笛の音を聞き、少年の姿を見たことを思い出す。その笛を持つ少年に記憶を奪われてしまったのか!? 船を降りたナミとゾロは、わずかに残った子供の頃の記憶をたどる。

第222話

いざ記憶を奪還せよ!海賊団 島に上陸
記憶が戻ったルフィは、ナミとゾロを捜しに島へ上陸する。だが島の人々は自分の名前も覚えておらず、情報は得られない。その頃、修行中のゾロの前に笛を持つ少年が。彼は最強を目指すのならルフィと戦えとゾロをけしかける。

第223話

牙をむくゾロ!立ちはだかった野獣!
記憶を奪った犯人を捜すルフィたちの前に、ゾロが立ちはだかる。野獣のような目つきで迫るゾロ。ルフィが一人残って止めようとするが…。一方、真犯人のタツノオトシゴを見つけたサンジは、怒りを込めて蹴り飛ばす!

第224話

本性を現した記憶泥棒の最後の逆襲!
村人たちの記憶も戻り、ゾロは操られていた恨みを晴らそうとタツノオトシゴを捕まえる。だが、タツノオトシゴにはまだ奥の手があった。記憶の残像によって金縛りにされたルフィたちは、再び記憶を奪われてしまう!

第225話

誇り高き男!銀ギツネのフォクシー
大嵐の中ルフィは、フォクシーたちを救出する。セクシーフォクシー号を発見し、戻ろうとするフォクシーだったが、船内は元部下のキバガエル海賊団に乗っ取られていた。船と部下を取り戻すため、男フォクシーが立ち上がる!

第226話

最も無敵に近い奴?と最も危険な男!
ルフィたちは、屈辱を晴らそうとするフォクシーの罠にはまってしまう。ゴリラパンチャー13号の燃えるパンチに苦戦するルフィ。そこへナミが雨を降らせて炎を消した。ゴムゴムのコマで、フォクシーを一気に撃破だ!

第227話

海軍本部大将青キジ!最高戦力の脅威
無人島でルフィたちの前に、海軍本部大将の青キジが現れた! その姿を見た途端、取り乱すロビン。遭難した人々を協力して島から脱出させ、打ち解けたように見えた青キジとルフィたち。しかし、両者に緊張が走る!

第228話

ゴムと氷の一騎打ち!ルフィVS青キジ
恐るべき“ヒエヒエの実”の能力! 青キジは、一瞬でロビンを全身氷漬けにしてしまった。凍ったロビンを抱え、ウソップは船へと走る。必死に治療するチョッパー。ルフィはゾロとサンジを退けて、一騎打ちを申し出る!

ウォーターセブン編

第229話

疾走海列車と水の都ウォーターセブン
クロールで泳ぐカエルを追いかけるルフィたちの前に、汽笛を鳴らし煙を吐き、猛然と列車が駆けて来る!! シフト駅の駅長・ココロばあさんとチムニーの話では、“海列車”が島から島へ海の線路を走っているのだという。

第230話

水上都市の冒険!目指せ巨大造船工場
ウォーターセブンに上陸したルフィたちは、黄金を換金するため、ヤガラという魚に乗って中心街へ向かう。柔らか~い“水水肉”を食べたり、水のエレベーターに乗ったり。巨大な水上都市には、楽しいことがいっぱいだ!!

第231話

フランキー一家とアイスバーグさん
黄金を換金すると、3億ベリーに! これでメリー号を修理できる!! 喜び勇んで造船所へ入ろうとするルフィたちだが、鼻の長い男に止められた。「ガレーラカンパニー」1番ドック“大工職”職長のカクだ!

第232話

ガレーラカンパニー!壮観一番ドック
2億ベリーを盗んだフランキー一家を、“艤装・マスト職”職長・パウリーが、ロープを操り退治した! しかしそのまま金を持ち逃げしようとする。“木びき・木釘”職長ルッチが、パウリーを連れ戻した時、肩のハトがしゃべりだした!

第233話

海賊誘拐事件と死を待つだけの海賊船
査定から戻ったカクは、ゴーイングメリー号は直せないと言う。もう死を待つだけの、ただの組み木だと。取り乱すルフィ。ウソップこそ一番ショックを受けそうだが、何と彼は、2億ベリーとともに姿を消していた!

第234話

仲間救出!殴りこみフランキーハウス
盗まれたのはメリーを直す大事な金! 一人で取り戻しに行くウソップ。しかし返り討ちにあってしまう! 倒れるウソップに、ルフィたちの怒りの炎が燃え上がる! 一味のアジト、フランキーハウスを吹き飛ばせ!!

第235話

月下の大喧嘩!哀しみに翻る海賊旗!
船を換えるというルフィに、ウソップは激昂! メリーは、どんな波もいっしょにきりぬけてきた大事な仲間だ!! その想いは、ルフィも同じ。だが、船長として決断は変えられない。対立するウソップは、ひとり船を降りていく。

第236話

ルフィVSウソップ!ぶつかる男の意地
約束の夜10時、決闘が始まる! 大マジでルフィを攻めたてるウソップ。ルフィの気付かぬ間に、“風貝”でガスを充満させた“火炎星”! 大爆発に地面がゆらぎ、波が逆巻く。その波をかぶったメリーの涙から、一筋の涙が流れ落ち…。

第237話

激震水の都!狙われたアイスバーグ!
アイスバーグが撃たれた事件で、町は大さわぎ! ルフィとナミは、心配して造船所へ急ぐ。サンジとチョッパーは、行方不明のロビンを捜す。造船所に着いたルフィだが、そこへド派手な音楽に乗って、フランキーが現れた!!

第238話

ゴムゴム人間VS火を吹く改造人間
フランキーが炎を吹いた!! 悪魔の実の能力者なのだろうか? だが、川に飛び込んでも全然へっちゃら。右腕からは強力なロケットパンチが飛び出してくる。フランキーは、全身が兵器のサイボーグだったのだ!

第239話

犯人は麦わら海賊団?水の都の用心棒
アイスバーグの証言で、ロビンの仲間である麦わら海賊団が、市長を狙う暗殺者として街中から追われる身に!! 犯人は本当にロビンなのか? 真実を確かめたいルフィは、警戒厳重なガレーラ本社へ、ひとり乗り込んでいく!

第240話

永遠の別れ?闇を引く女ニコ・ロビン
“アクア・ラグナ”が近づく中、ガレーラの職人たちは暗殺者・麦わら海賊団を探し回る。チョッパーとサンジは、匂いを頼りにロビンを追う。だが二人の前に現れたロビンは、皆に罪を被せて逃げるつもりだと別れを告げる…。

第241話

ロビンを捕まえろ!麦わら一味の決意
ゾロは、ロビンの狙いが、今度こそ市長暗殺だと推察する。ロビンは敵なのか? 味方なのか? 真相を知るには、ワナと知りつつも現場へ行き、ロビンを捕まえるしかない。ルフィたちは市長宅突入の機会をうかがう!

第242話

合図は砲撃と共に!動き出したCP9
警戒厳重なアイスバーグ邸で、爆発が起こる! 同時に、仮面をつけた者たちが現れた。わずか数名で、大勢の船大工をバタバタとなぎ倒していく! 彼らは闇より現れし世界政府直下の暗躍機関“サイファーポールNo.9”だった!

第243話

仮面を取ったCP9!その驚きの素顔
CP9が狙っているのは、アイスバーグが持つ古代兵器“プルトン”の設計図だった。その戦艦のあまりに強大な力を恐れた造船技師が、暴走した時の抵抗勢力とすべく設計図を残し、代々受け継がれてきたのだ。

第244話

秘めた絆!アイスバーグとフランキー
CP9は設計図を狙い、5年前からガレーラカンパニーに潜伏していた。ルッチの話では、8年前に死んだはずのアイスバーグの唯一の弟弟子、カティ・フラムが今もこの町で生きているという。フランキーと名を変えて!

第245話

帰って来いロビン!CP9との対決!
CP9の4人は、人体から武器に匹敵する力を引き出す武術“六武”を使う。ルフィの“ゴムゴムの銃乱打”を受けても、びくともしないのだ! 目に見えぬ速さで動き、空を駆け、蹴りひとつで壁をも斬り裂く、ケタ違いの戦闘力だ!

第246話

麦わら海賊団全滅?モデル豹の脅威!
ルッチは悪魔の実の能力者だった! “ネコネコの実モデル豹”。その巨大な姿、圧倒的なパワーで、ルフィもゾロもブッ飛ばされてしまう! CP9の魔の手は、古代兵器の設計図を持つフランキーのもとへと迫る!

第247話

船からも愛された男!ウソップの涙!
船の解体を勧めるフランキーに、あくまでも抗うウソップ。だが本当は、もうメリー号がダメだと分かっていた。空島で船を修理した影は、クラバウターマンと呼ばれる船の化身だった。あの時ウソップは、メリー号自身の声を聞いていたのだ!

第248話

フランキーの過去!海列車が走った日
CP9が、フランキーの秘密基地・橋の下倉庫へ現れる。倉庫の奥には製図室があった。ここは、造船会社トムズワーカーズがあった場所! フランキーとアイスバーグが、世界一の造船技師トムとともに夢を追い、育った想い出の場所だった。

第249話

スパンダムの陰謀!海列車が揺れた日
8年前、トムの“海賊王の船製造の罪”が無罪となる日。フランキーが作った戦艦が、司法船を襲った! 止めようと駆けつけたトムとアイスバーグにも、砲撃の雨が降りかかる! トムが持つ設計図を狙うCP5のスパンダムにハメられたのだ!

第250話

伝説の男の最期!海列車が泣いた日
司法船襲撃犯として捕らえられたトムズワーカーズ。戦艦を造ったことを後悔するフランキーを、トムが初めて殴った! トムは、襲撃に対する免罪を求め、“海賊王の船製造”の罪で極刑となることを選ぶ。フランキーはトムに命を救われたのだ!

第251話

裏切りの真相!ロビンの哀しき決意!
意識を取り戻したアイスバーグが、ナミにロビンの想いを語る。CP9は“麦わらの一味”に対し、“国家戦争クラス”の軍事力を発動させる権限を持っていた。仲間6人が無事にこの島を出航することを条件に、ロビンはCP9に身を預けたのだ!

第252話

仲間を引き離す汽笛!走り出す海列車
エニエス・ロビー行きの海列車に、CP9のルッチたちが乗船した。この最終便を逃すと、“高潮”のため、島から出る術がなくなってしまう。ナミはロビンを説得するため、駅へ向かい水路を駆ける! だが無情にも、海列車の汽笛が鳴り響く!

第253話

サンジ突入!嵐の中の海列車バトル!
ナミの追走も空しく、出航してしまった海列車。だが駅には、ナミへの手紙が残されていた。サンジからのラブレターには、海列車に乗り込んだと書かれている! 政府のエージェントを蹴り飛ばし、最後尾の第7車両に突入したのだ!

第254話

ナミ魂の叫び!麦わらのルフィ復活!
ルフィとゾロを発見! だが、今にも“高潮”に飲み込まれようとしている裏町で、ルフィは建物の間に挟まり、ゾロは煙突に突き刺さっていた。猛烈な大波が押し寄せる中、ナミがロビンの想いを、仲間のために一人で犠牲になった彼女の真実を叫ぶ!

第255話

もう一つの海列車?ロケットマン出撃
ロビンが連行されるエニエス・ロビーは、世界政府の中枢につながる玄関だ。その島へ仲間を連れ戻しに行くなんて、世界政府にケンカを売るようなもの。だが、仲間が待っている! 奇跡の救出劇に向け、“暴走列車”ロケットマンが走り出す!

第256話

仲間を救え!拳に誓った敵同士の絆!
水路を飛び出すロケットマン! フランキー一家を乗せたキングブルも連結。パウリーら、ガレーラの職長3人も合流。町ではケンカもしたが、全員の敵は同じ! ガッチリと手を組んだ“同志”を乗せ、ロケットマンはフルスロットルで進む!

第257話

波を砕け!ルフィとゾロの最強合体技
アクア・ラグナへ向け、ルフィとゾロの超強力合体技“ゴムゴムの三百煩悩攻城砲”発射! 自然の猛威をもフッ飛ばし、ロケットマンは突き進む! パッフィング・トムのサンジたちは、ナミから電伝虫でロビンの本心を聞き、救出の決意を固める!

第258話

謎の男登場!? その名はそげキング!
狙撃の島からやってきた!? 謎の男・そげキングが、サンジ、フランキーとともに、ロビン救出作戦に加わった。迫り来るTボーン大佐率いる海兵、役人たちを、最後尾へ引きつけて車両ごと切り離す。一気に敵を減らすサンジの頭脳プレーは大成功だ!

第259話

コック対決!サンジVSラーメン拳法
第4車両を守る、CP7のお料理格闘家ワンゼは、ラーメン拳法の使い手だ! 麺でできた戦闘服・麺ズ正装スーツに蹴りが埋まってしまい、サンジは攻撃できない。一方、第3車両の屋根の上では、CP9の新入り・ネロとフランキーのバトルが始まった!

第260話

屋根の上の決闘!フランキーVSネロ
一流コック・サンジが魅せる別格の包丁さばき! タマネギの皮を剥くように、ワンゼのスーツを剥ぎ取った! “四式使い”のネロに攻撃を全てかわされてしまったフランキーは、サイボーグの本領発揮。ケンタウロスに変型する!

第261話

激突!鬼斬りゾロVS船斬りTボーン
海軍本部大佐・Tボーンが、ボーン大鳥を放つ! 対するゾロは“牛鬼勇爪”を炸裂させる! ロビンを侮辱したワンゼを、サンジが怒りの“三点切分”でブッ飛ばす! そしてフランキーは、一撃必殺の“アルティメットハンマー”で、ネロを屋根ごと粉砕した!

第262話

ロビン争奪戦!そげキングの奇策!!
CP9の4人が控える車両に乗り込んだ、サンジとフランキー。前の車両からそげキングとともにロビンも現れるが、彼女は戻ることを拒み続ける。車両を切り離せと指示したそげキングが、“煙星”を発射! ロビンを奪還して逃げ出す!

第263話

司法の島!エニエス・ロビーの全貌!
ドアドアの実の真骨頂“空気開扉”で、突如ブルーノが姿を現す! 不意をつかれたサンジは“嵐脚”を食らってしまう。そげキングの抵抗もむなしく、連れ去られたロビン。彼女たちを乗せた海列車は、ついに“不夜島”エニエス・ロビーへ到着する!

エニエス・ロビー編

第264話

上陸作戦始動!麦わら一味突入せよ!
サンジ、そげキングが合流したルフィたちの眼前に、エニエス・ロビーが迫る! まずはガレーラとフランキー一家の連合軍が先行、麦わら海賊団は5分後に突入…の手はずだったが、ルフィが5分も待てるはずはなく、単身飛び込んでいってしまった!

第265話

ルフィ快進撃!司法の島で大決戦!!
門番の衛兵が何人来ようと、走り始めたルフィの勢いは止められない! 正門も本島前門も飛び越えて、一気に本島へ侵入した! ガレーラの3人とフランキー一家も、キングブルで上陸開始。ロケットマンの進路を作るべく、正門をこじ開けるのだ!

第266話

巨人族との攻防!第2の門を開けろ!
フランキー一家の大戦力・怪力デストロイヤーズが、巨人族の門番・オイモとカーシーに一瞬で倒されてしまう。全く歯が立たない大ピンチに、陸上用に切り替えたキングブルが駆けつけた! 本島奥の「司法の塔」では、CP9の8名全員が顔を揃える!

第267話

活路を開け!空を飛ぶロケットマン!
フランキー一家の大戦力・怪力デストロイヤーズが、巨人族の門番・オイモとカーシーに一瞬で倒されてしまう。全く歯が立たない大ピンチに、陸上用に切り替えたキングブルが駆けつけた! 本島奥の「司法の塔」では、CP9の8名全員が顔を揃える!

第268話

ルフィに追いつけ!麦わら一味総力戦
ロケットマンを降りるとすぐ、ゾロとサンジが衛兵をなぎ倒す! ナミは完成版のクリマ・タクトで、雷を呼ぶ。パワーアップしたサンダーボルト=テンポで、周囲一帯の敵が一瞬で黒コゲだ。先を行くルフィを追って、麦わら海賊団の5人は走り出す!

第269話

裏切られたロビン!世界政府の思惑!
ロビンがCP9に身を委ねたのは、仲間6人を無事に逃がす約束があったから。だが、CP9長官・スパンダムは、ロビンを追ってきたルフィを捕らえ、深海の大監獄(インペルダウン)へ連行しようと企んでいた。だまされたと知ったロビンの顔が、悔しさにゆがむ…。

第270話

ロビンを返せ!ルフィVSブルーノ!
本島前門に取り残されたそげキングは、大泣きのオイモから事情を聞く。オイモとカーシーは、リトルガーデンで会ったウソップの心の師匠、ドリーとブロギーの部下だったのだ。裁判所の屋上では、ルフィVSブルーノ! CP9との決戦が始まる!

第271話

立ち止まるな!反撃の狼煙を上げろ!
ゾロたちは、砲撃に倒れたソドムからゴモラへ乗り移り、フランキー一家とともに、ルフィのいる裁判所へ進む。だが、ゴモラも謎の敵からの鉄球攻撃を食らい、倒れてしまう。降りて強行突破しようとした時、チョッパーが叫んだ。「誰も降りるな!」

第272話

ルフィ目前!裁判所前広場へ集結せよ
麦わら海賊団による衛兵の被害総数は、なんと2千人以上! エニエス・ロビーの歴史始まって以来、最悪の事態だ。千人以上を一人で倒したルフィは、今も裁判所屋上で交戦中。ブルーノの「六式」を完全に見切り、さらに技を進化させると言い放つ!

第273話

全ては仲間を守る為に!ギア2発動!
ルフィの全身から蒸気が噴き出す。ルフィの新戦闘スタイル「ギア2」発動だ! 「剃」を上回る超ハイスピードな動きは、六式使いでも追いきれない。爆発的パワーの「ゴムゴムのJETバズーカ」が炸裂! ブルーノ最強の防御技「鉄塊・剛」をも粉砕する!

第274話

答えろロビン!麦わら一味の叫び!!
フランキーがロビンを連れ、裁判所を見下ろすバルコニーへ脱出する。裁判所の屋上にはルフィ。そしてナミ、チョッパー、ゾロ、サンジ、そげキングも続々集結。自分を救うためにここまで来た6人の姿を見たロビンは…。

第275話

ロビンの過去!悪魔と呼ばれた少女!
海の中の多岐を挟んで向かい合う、麦わら海賊団とCP9。スパンダムは、バスターコールを発動すると脅す。ロビンの故郷・オハラを地図から消し去ったバスターコールとは、どんな力なのか? 20年前のロビンの悲しき過去が、いま明らかになる!

第276話

宿命の母娘!その母の名はオルビア!
ロビンの母・オルビアがオハラへ帰ってきた! 監獄を抜け出し、海軍が島の学者たちを消そうとしていることを知らせに来たのだ。この危機をサウロから聞いたロビンも、「全知の樹」へ走る。街も混乱する中、互いを知らないロビンとオルビアがすれ違う。

第277話

オハラの悲劇!バスターコールの恐怖
空白の百年を解き明かそうとしたオハラの学者たちを消すため、バスターコールが発動された。CP9に連行される女性がオルビアと気付いたロビンは、いっしょにいたいと涙ながらに訴える。抱き合う母と娘。だが、降りそそぐ砲弾が二人を分かつ!

TVオリジナル

第278話

生きたいと言え!オレ達は仲間だ!!
血も涙もない海軍のバスターコールで、オハラは滅びた。クザン中将の手でただ一人逃がされたロビンは、8歳にして賞金首となったのだ。裏切られ捨てられ、存在そのものが罪とされた彼女に、ルフィが叫ぶ。生きたいと言え!!!!

第279話

滝に向かって飛べ!ルフィの想い!!
世界政府に対するルフィの宣戦布告と共に、いよいよロビン救出作戦が始まった! ところが、ロビンが囚われている司法の塔へと続く跳ね橋が、半分しか降りない。突破口を開こうとするルフィは、海へ出ると決意した日のことを思い出す…。(※このエピソードは総集編となります)

第280話

男の生き様!ゾロの業・ウソップの夢
救出作戦の最中、ゾロも過去に想いを馳せていた。ルフィと初めて出逢った、あの日の事…海賊狩りと恐れられていた彼には、海軍基地で囚われながらも、絶対に捨てることの出来ない目標があった。(※このエピソードは総集編となります)

第281話

涙が紡いだ仲間の絆!ナミの世界地図
総集編 p>

第282話

別れが男を磨く!サンジとチョッパー
ロビンの囚われた司法の塔を見つめながら、サンジとチョッパーは心に決めていた。絶対に、あいつを一人にはさせない。二人とも、自分を助けてくれた人と別れた記憶を抱えている。それが今まさに、ロビンを救う原動力となる!(※このエピソードは総集編となります)

第283話

全ては仲間の為に!闇の中のロビン!
すべての発端は、船大工の街・ウォーターセブンでの事だった。もともと、メリー号を修理し、気の合う船大工をスカウトしようと、気軽に立ち寄った水の都。だが、そこで待ち受けていたのは衝撃の事実だった。(※このエピソードは総集編となります)

第284話

設計図は渡さない!フランキーの決断
フランキーは、体の中に隠し持っていた古代兵器の設計図を、スパンダムの目の前で焼き捨てた! 途中で止まってしまった跳ね橋を発射台に、ロケットマンが飛び出す! 屋上から飛び降りたルフィたちとフランキーを乗せ、司法の塔へ突入だ!

第285話

5つの鍵を奪え!麦わら一味対CP9
スパンダムはロビンを連行し、“正義の門”へ向かった。門をくぐられる前に、ロビンを取り戻さなければ…。だが、5人のCP9を倒さないと、ロビンの手錠の鍵が手に入らない。負けは時間のロスになる。必勝を誓った麦わら海賊団は、散会して走り出す!

第286話

悪魔の実の力!カクとジャブラ大変身
CP9随一の剣術使いカクは、両手に持った二刀に両足による斬撃「嵐脚」を加えた四刀で、ゾロに襲いかかる! ウソップは、ジャブラと対戦。悪魔の実の力でオオカミに変身したジャブラに、ウソップが身構えた瞬間、天井が崩れ、キリンが落ちてきた!?

第287話

死んでも蹴らん!サンジ男の騎士道!
カクの技をよけたはずみで、ゾロとウソップが手錠でつながってしまう! まともに戦えず、チョッパーに鍵を持ってくるように頼み、二人は逃げ回る。その頃サンジは、ティータイム中だった。我に返り、カリファに立ち向かうが、女性相手に攻撃はできない…。

第288話

フクロウの誤算!俺のコーラは命の水
ルフィはチムニーの案内で、正義の門への地下通路を発見。倒されたサンジに代わり、ナミがカリファの部屋へ階段を駆け上がる。一階ではフランキーがフクロウと対戦中。ストロングハンマーvs獣厳、強烈パンチでの殴り合いだ!

第289話

ゾロ新技炸裂!刀の名はそげキング?
カクとジャブラの同士討ちを狙うウソップだったが、ゾロが作戦をばらしてしまう! フクロウの“鉄塊玉”で海に落とされたフランキーは、滝壺へ一直線! だが、チェーン付きの右手を伸ばし、フクロウの足をつかんで一気に引っ張り寄せる!

第290話

制御不能!チョッパー禁断のランブル
クマドリに苦戦するチョッパーは、2個目のランブルボールを口にする。腕力強化(アームポイント)で必殺の一撃を狙うが、変形の波長がズレてうまく制御できない。もう体も限界…と思ったら、いつの間にか変形は成功していた。そしてチョッパーは、渾身の刻蹄桜吹雪を繰り出す!

第291話

ルフィ親分再び! 夢か現か富くじ騒動
ここお江戸な町。最近は青鼻の先生(チョッパー)も忙しいようで、サンジと、おナミが切り盛りする「風車」に顔を出す暇もない。それに引き換え、ルフィの親分は毎日風車に入り浸っては飯ばかり食っていて…。(※このエピソードはテレビスペシャルとして放映されたものです)

第292話

お城で餅まき大レース! 赤い鼻の陰謀
ここグランド・ジパングも、新年を迎えてのんびりムードに包まれていた。と思ったら、無人の通りを騒々しくカッ飛ばす人影が。荷車を忙しそうに押して行くサンジ、ナミ、青鼻の先生(チョッパー)だ。そんな一行を、怪しい一団が待ち伏せしていて…。(※このエピソードはテレビスペシャルとして放映されたものです)

第293話

泡使いカリファ!ナミに迫る石鹸の罠
ナミが放ったサンダーボルト=テンポを、泡のバリアで防いだカリファ。彼女はアワアワの実を食べ、全身泡立つようになった石鹸人間だったのだ! 体から出る泡に触れると、汚れが落ちてつやつやになるだけでなく、パワーもそぎ落とされてしまう!

第294話

響き渡る凶報!発動バスターコール!
ロビンを呼ぶルフィの声が地下通路に響く! ついにルフィが追いついてきたのだ。焦ったスパンダムは、CP9へ連絡するつもりが、間違ってゴールデン電伝虫のスイッチを押してしまう。海軍本部がその信号を受信し、バスターコールが発動されてしまう!

第295話

5人のナミ?反撃は蜃気楼とともに!
暴走する巨大化チョッパーのおかげで、カリファのゴールデン泡の弱点が水だとナミは気付く。レイン=テンポで雨を降らせ、泡の力を消し去ることに成功! 蜃気楼(ミラージュ)=テンポを使うと、ナミの幻が次々と生み出される。新技で反撃開始だ!

第296話

ナミの決断!暴走チョッパーを撃て!
ナミの予報通り、雷光槍(サンダーランス)=テンポが決まった! 倒れたカリファから二番の鍵を入手したナミは、チョッパーを止めるため、フランキーとともに上の階へ向かう。元に戻すには、海に突き落とすしかない。チョッパーに、フランキーが風来砲(クー・ド・ヴァン)を発射する!

第297話

狩人サンジ登場?嘘つき狼に贈る挽歌
ジャブラが、人殺しはしたくないと鍵を投げた。鍵を拾おうとしたそげキングに、ジャブラの鋭い爪が突き刺さる! 卑怯なだまし討ちに倒れたそげキング。ジャブラがとどめを刺そうとした瞬間、その顔面をサンジの強烈な蹴りが吹き飛ばした!

第298話

灼熱の蹴り!サンジ足技のフルコース
鉄塊拳法のジャブラを、怒涛の蹴りで攻めたてるサンジ。ロビンは生き別れた妹だという、唐突なウソにだまされるわけもなく、鍵を手に入れた。ロビンを罵り続けるジャブラに、サンジはヒートアップ。右足が真っ赤に燃え上がっていく!

第299話

白刃の猛襲!ゾロ対カク強力斬撃対決
ロビンを連れたスパンダムは地下通路を出て、今まさに開こうとする正義の門を目の前にしていた。ルッチ相手に大苦戦のルフィに、追いついたフランキーが手を貸そうとする。しかしルフィはそれを拒否。単身ルッチを引き留め、ロビン救出をフランキーに託す!

第300話

鬼神ゾロ!気迫が見せた阿修羅の化身
両手に持った二刀、両足での嵐脚、しなる首から放つ鼻銃…手数で勝るカクの猛襲に、ゾロは押し込まれる。だがその時、ゾロが三面六手の鬼神の姿に! 燃え立つ闘気が、阿修羅の幻像を生み出したのだ。新技・九刀流“阿修羅 弌霧銀”を放つ!

第301話

スパンダム驚愕!司法の塔に立つ英雄
仲間の助けを信じて必死に抗うロビンを引きずり、スパンダムは正義の門へ向かう! 門をくぐろうとした瞬間、火薬玉が命中。スパンダムを吹き飛ばした! はるか遠く司法の塔からの正確無比な狙撃。もちろん、狙撃手はそげキングだ!

第302話

ロビン解放!ルフィ対ルッチ頂上決戦
ロビン解放の喜びも束の間、海軍艦隊からの砲撃が司法の塔を破壊した。決死のダイブで直撃を逃れたそげキングと、ゾロ、サンジも“ためらいの橋”を目指す。だが、そこへ通じる地下通路に、ルッチの嵐脚で裂けた壁から、海水が流れ込んでいく!

第303話

犯人はルフィ親分?消えた大桜を追え
季節は春。今年も千年桜の下での大宴会が迫っている。毎年その日は町角から人が消え、誰一人例外なく宴会へとやって来る。麦わらの親分(ルフィ)は、インフルエンザで苦しんでいる長屋のニンジンに、どうにか桜を見せてやれないかと悩んでいた。(※このエピソードはテレビスペシャルとして放映されたものです)

第304話

勝てなきゃ誰も守れない!ギア3始動
バスターコールの一斉砲撃がエニエス・ロビー全土に降りそそぐ! 唯一標的から外れた“ためらいの橋”の支柱で闘い続けるルフィは、ルッチの圧倒的な強さに押されていく。だが、絶対に負けられない! ルフィはさらに進化した新戦法“ギア3”を繰り出す!

第305話

戦慄の過去!闇の正義とロブ・ルッチ
ロブ・ルッチの恐るべき過去が語られる。15年前、海賊に乗っ取られた王国に、世界政府から一人の少年が送り込まれた。彼は人質である王国の兵士500人を皆殺しにし、海賊の船長の首を取って一件をおさめた。その少年こそ、13歳のルッチだったのだ!

第306話

幻の人魚現る?薄れゆく意識のなかで
トムさんを奪われた日から、ひねり潰してやりたいと願い続けたスパンダムを、フランキーは積年の想いを込め、巨大な象で叩き潰した。その頃、地下通路のゾロたちは、海水に飲み込まれ溺死寸前。薄れゆく意識の中で、彼らが見たものは…。

第307話

砲火に沈む島!フランキー無念の叫び
ココロに救われたナミたちは、脱出船でロビンと再会する。あとはルフィを待つだけだ! だが、ためらいの橋から見るエニエス・ロビーは、火の海と化していた。本島前門まで逃げてきたフランキー一家やガレーラたちに、さらなる砲火が降りそそぐ!

第308話

ルフィを待て!ためらいの橋の死闘!
海軍の砲撃が、ためらいの橋を破壊する。支柱に空いた穴から見たルフィに、無事を伝えるそげキング達。だが、彼らのもとにも、海軍の精鋭200名が、ロビンを奪還すべく、乗り込んでくる。ルフィが来るまで、何としてもロビンと脱出船を守りきるのだ!

第309話

拳に込めた想い!ルフィ渾身の銃乱打
ルッチの「六王銃」で倒れたルフィに、ウソップがそげキングの仮面を脱ぎ去り、叫ぶ。その声に奮い立ったルフィは、限界を超え、拳を飛ばす! ロビンと、仲間と一緒に帰る一念で、雄叫びとともに放った「JET銃乱打」が、ついにルッチを打ち破った!

第310話

友、海より来る!麦わら一味最強の絆
唯一の脱出手段であった船が、砲撃を受けて沈んでしまった。力を使い果たし、動けないルフィを砲塔が囲む。CP9を倒し、ロビンも取り返したのに手万事休すと思われたその時、どこからか声が聞こえる。その声の主とは…!?

第311話

全員大脱出!勝者の道は海賊のために
スパンダムが一斉砲撃を命じる! だが、サンジの秘策で閉じた正義の門が、渦潮を生み出していた。渦にのまれ、照準の狂った軍艦は、同士討ちを起こす。ナミの計算により渦の軌道をつかんだメリー号は、海軍艦隊の中を猛スピードですり抜けていく!

第312話

ありがとうメリー!雪に煙る別れの海
ガレーラの船の出迎えに喜んだのもつかの間、メリーの船体が真っ二つに裂けてしまった! とうに限界を越えていたのに、メリーはルフィ達を救いに来てくれたのだ。どんな海も一緒に越えた最高の仲間との別れ。降り止まぬ淡雪のように、想い出があふれてくる…。

第313話

破られた安息!愛の拳を持つ海軍中将
市長の命を救った恩人としてウォーターセブンに迎えられた麦わらの一味は、ガレーラ本社で激戦の疲れを癒していた。二日間寝通し、まだ目を覚まさないルフィのもとへ、海賊王を何度も追い込んだという伝説の海兵、海軍本部中将ガープが乗り込んでくる!

第314話

最強の家系?明かされたルフィの父!
祖父である海軍本部中将のガープが、ルフィの父の名を明かす。その名は、モンキー・D・ドラゴン。革命軍の頂点に立ち、世界最悪の犯罪者と呼ばれる男だ。世界政府の捜査でも素性すらつかめなかったのに、ガープはあっさりバラしてしまった。

第315話

その名は新世界!偉大なる航路の行方
コビーとヘルメッポは、ガープのもとでたくましく成長していた。ルフィとは、海軍と海賊の敵同士。だが心は友達のまま、三人は再会を喜び合う。別れの時、コビーはもっともっと強くなって、次会う時にはルフィを捕まえてみせると宣言する。

第316話

シャンクス動く!暴走する時代への楔
四皇と呼ばれる4人の大海賊と、それを止める力である王下七武海と海軍本部。この三大勢力がバランスを失ったとき、世界の平穏は崩れるという。その四皇のうちの二人「赤髪」と「白ひげ」が、海軍艦隊を破り接触しようとしていた!

第317話

ヤガラを探す少女!水の都大捜査線!
市長アイスバーグを救い、街の英雄となったルフィに、アビという少女が助けを求めてきた。アクア・ラグナの日からいなくなった、老ヤガラ・アオビレを探してほしいと言う。ルフィはアビの必死さに心を打たれ、チョッパーとともに捜索に乗り出す。

第318話

母は強し!ゾロのドタバタ家事手伝い
街一番のワル小学生マイケル&ホイケル兄弟に「兄貴」とつきまとわれ、イラつくゾロ。そこへモーレツな母ちゃんまで現れて、有無を言わさずゾロを家へ連れ帰ってしまう。突然10人以上の弟妹の長男となったゾロは、赤ん坊の子守りをするはめに!

第319話

サンジ衝撃!謎の爺さんと激ウマ料理
チムニーがサンジを、激ウマだというメシ屋に連れて行く。店主バンバン爺は、よっぱらいで特別な技法を使うわけでもない。ところが、彼が作った料理はとんでもなく美味い! サンジは調味料に秘密があると感じ、正体を探るべく奔走する。

第320話

ついに全員賞金首!6億超えの一味!
「夢の船」造りが夜を徹して進む。ほぼ不眠不休のフランキーとアイスバーグだが、手元は寸分の狂いもない。二人の超人的なペースに、ガレーラの職長三人も必死でついていき、船はなんと三日で完成する! と同時に、八枚の手配書がルフィたちのもとに飛び込んできた。

第321話

海を臨む百獣の王!夢の船堂々完成!
麦わら一味の船大工はフランキーと決めていたルフィは、船とフランキーをもらいに廃船島へ。だが待っていたのは、アイスバーグだけだった。船の披露は、フランキーからの伝言とともに。「海賊王になるんなら、この百獣の王の船に乗れ!」

第322話

さらば愛しき子分達!フランキー発つ
パンツを奪われ、丸出しになっても堂々とポーズを決めるフランキー。ルフィはパンツと引き換えに、仲間になれと誘うが、島に残るとフランキーは拒む。するとロビンが、丸出しの部分を「二輪咲き」でギュッと握った! 廃船にフランキーの叫びが響き渡る。

第323話

出港水の都!男ウソップ決闘のケジメ
自ら申し出た決闘に負け、勝手に一味を抜けたウソップを、うやむやのまま船に乗せてはケジメがつかない。激しいゾロの言葉に、ルフィも黙って待っていたが、とうとうウソップは来なかった。ガープ中将の砲撃に追われ、船はウソップを乗せないまま出航してしまう!

第324話

めぐる手配書!故郷は踊る 船は進む!
無事ウソップも乗船し、本格的に出発だ! だが、名もない船では出航にも勢いがつかない。アイスバーグの案から、新しい船の名前は「サウザンド・サニー号」に決定! 千の海を太陽のように陽気に越えていく船は、今まさに新たな冒険へと飛翔する!

第325話

最凶の能力!エースを襲う黒ひげの闇
火拳のエースが、仲間殺しの大罪を犯した黒ひげティーチを追いつめた。だがティーチは、悪魔の実の歴史上最も凶悪な「ヤミヤミの実」の能力を解き放つ! 闇とは引力。全てを引きずり込む闇の引力は、悪魔の実の能力をも奪うのだ!

第326話

謎の海賊ご一行!サニー号と危険な罠
大浴場に医療室、釣った魚を見られる水槽まである! ルフィたちは、サニー号での航海を満喫する。そこへ現れた難破船。チョッパーの手当て、サンジのメシで、船員達は元気を取り戻す。隊長のスタンセンお礼にと酒をくれたのだが、それには麻酔薬が仕込まれていた!

第327話

サニー号ピンチ!唸れ超速の秘密メカ
サニー号には「ソルジャードックシステム」が搭載されている! まずはチャンネル「0」の発動。するとサニー号は外輪船に変形し、海軍による包囲網を一気に突破する。だがこれは、賞金稼ぎアッチーノ・ファミリーによる罠だった。サニー号は、抜け出せない氷山地帯に追い込まれてしまい…。

第328話

新世界に沈む夢!失意の海賊パズール
“不死鳥のパズール”率いるフェニックス海賊団は、新世界で傷つき退却したところをアッチーノ・ファミリーに襲われ、海賊旗を奪われていた。傷の癒えた船長パズールに再起を望む船員達だが、彼は海賊をやめ、賞金稼ぎの一味になると言い出す。

第329話

襲い来る刺客たち!氷上大バトル開始
氷に閉ざされた海・氷街道! ナミとフランキーは、動く氷山の謎を探るため、シャークサブマージ3号で海中へ向かう。氷山を動かしていたのは、何とドウモウペンギンの群れ! ドウモウペンギンの性質はものすごく獰猛だ! 必死で逃げるナミ達だが、仲間と完全にはぐれてしまう!

第330話

大苦戦麦わら一味!旗にかける海賊魂
バラバラになった麦わらの一味に、アッチーノファミリーが襲いかかる! フランキーvsホッケラ、サンジとウソップvsアルベルとサルコーの夫妻、そしてルフィvsブリンドの激闘が始まった! 一方、サニー号に残るロビンの前には、幼いリルが現れ…。

第331話

暑苦しさ全開!迫る双子の磁力パワー
シャーク号ごと氷漬けにされたナミとフランキーは、敵の根城ラブリーランドへ連行されてしまう。サンジとウソップも極寒の海に落ち、凍りついたうえに捕まってしまった! 捕らえたブリンドの案内でラブリーランドへ向かうルフィたちは、カンパチーノの襲撃を受け…。

第332話

大混乱の館!怒るドンと囚われの一味
アツアツの実の能力者である、ドン・アッチーノと戦うゾロ。アッチーノ触れたものを何でも溶かしてしまう! 三十六煩悩鳳を放つが、逆に熱風に吹き飛ばされるゾロ。反撃しようとした瞬間、床のワナが口を開け、ナミたちが捕らわれている地下室に落ちてしまう!

第333話

アツアツ超決戦!ルフィVS灼熱のドン
ラブリーランドに着いたルフィたちに、アッチーノ・ファミリーが総出で襲いかかってくる! 氷漬けにしようとするホッケラに、チョッパーは毛皮強化で対抗。地下室から脱出したナミ、ウソップ、サンジ、フランキーも駆けつけてくる。さあ、反撃開始だ!

第334話

不死鳥ふたたび!友に誓う海賊旗の夢
怒りでどんどん熱くなるドン・アッチーノの体に、触れることも出来ないルフィだったが、氷の塊を使ってゴムゴムのバズーカを炸裂させる! 復活した不死鳥のパズールは、カンパチーノを倒し、チョッパー、ジローとともに海賊旗奪還へ向かう!

第335話

新世界で待つ!勇ましき海賊との別れ
1万℃を超えるドン・アッチーノの熱で、氷が溶け、海底火山まで活発化し始めた。氷山の下の溶岩の海で、ルフィVSドン・アッチーノの最後の決戦が繰り広げられる! 海賊を馬鹿にするアッチーノに、ルフィの怒りはヒートアップ。必殺の100万℃バズーカが炸裂する!

第336話

出動チョッパーマン!守れ渚のTV局
悪の科学者であるDr.ウソダバダは、部下のくせに態度がでかいサンジロプスやゾロギラーの代わりに、TV番組で優秀な人材を募集することを思いつき、TV局を襲って占拠する。一方、チョッパーマンの秘密基地では依頼の電話が来ないことで、家計に危機が訪れていた。

スリラーバーク編

第337話

魔の海突入!霧に浮かぶ謎のガイコツ
サニー号で楽しく航海するルフィたちは、「流し樽」を見つける。お供えの酒が入っていると思って開けると、中から真っ赤な光が打ち上がった! まさか、発光弾!? 一同が敵船を警戒する中、突然の大嵐が襲ってくる。何とか乗り越えたものの、いつの間にか、「魔の三角地帯」に迷い込んでいた!

第338話

人に逢えた喜び!ガイコツ紳士の正体
噂の通りに現れたゴーストシップ。その船に乗っていたのは、生きたガイコツ・ブルックだった。紳士で陽気でちょっとヘンな彼を、ルフィは気に入って仲間にしてしまう。サニー号に正体されてディナーの席に着くと、二人はますます意気投合。ブルックは、自分は「ヨミヨミの実」の能力者だと話し始める。

第339話

怪現象ぞくぞく!スリラーバーク上陸
海をさまようゴーストアイランドこと「スリラーバーク」に、サニー号は閉じ込められてしまった。そうと知るやブルックは、ルフィたちに脱出するよう忠告し、海の上を走ってスリラーバークへと一直線! ナミたちは忠告を守ろうとするが、ルフィは上陸する気満々だった!

第340話

天才と呼ばれた男!ホグバック現る!
スリラーバークに行く気がなく、ミニメリー2号に乗って浮かれていたナミ、ウソップ、チョッパーの方が、先に上陸してしまった! しかも、ケルベロスに追われ霧深い不気味な森へ入り込んだところに、ヒルドンから声をかけられ、馬車でドクトル・ホグバックの屋敷へ招待される。

第341話

ナミ大ピンチ!ゾンビ屋敷と透明人間
屋敷に着いたナミ達に、ホグバックは死者の蘇生を研究していると語る。尊敬のまなざしで見つめるチョッパー。ところが、シャワーを浴びるナミには、何者かが獣のうなり声をあげて襲いかかり、体の自由を奪って口をふさぐ! 「貴様…おいらの花嫁になれ!」

第342話

ゾンビの謎!悪夢のホグバック研究所
ナミが感じた通り、ホグバックの屋敷はゾンビ達であふれかえっていた! 飾ってある絵も剥製も敷物も、みんなしゃべり出して襲いかかって来る! 逃げるナミは、使用人であるシンドリーの写真が壁一面に飾られた部屋へと行き着く。何と彼女は、10年も前に事故で死んでいた!

第343話

その名はモリア!影を握る大海賊の罠
いち早くスリラーバークに上陸したナミ、ウソップ、チョッパーを追う、ルフィ、ゾロ、サンジ、ロビン、フランキー。とてつもなく強い彼らは、墓場の地中から現れたゾンビを一瞬のうちに倒す。するとルフィに声をかける者が…こちらはゾンビではなく、大けがを負った老人だった。

第344話

ゾンビ歌の饗宴!夜討ちの鐘は闇の音
ナミ達は、絶対に覗くなと釘をさされていたホグバックの研究室を、とうとう覗いてしまう。すると、サムライ・リューマに部屋の中に放り込まれてしまった。「ヨホホ!」と笑うリューマは、スカルジョークならぬミイラジョークを飛ばし、ナミに「パンツ見せてもらってもよろしいですか?」と聞く。

第345話

動物いっぱい?ペローナの不思議の庭
真夜中0時の鐘が鳴った。「夜討ち」の始まりだ! アブサロムが将軍ゾンビとともに、ルフィ達を討ち取れと命じる。戦いに向かう者の中には、アブサロムに激しく求婚するイボイノシシのゾンビ・ローラがいた。しかし、アブサロムがナミと結婚すると言い出すと、ローラはナミを抹殺しようと…。

第346話

消える麦わら一味!現れた謎の剣士!
びっくりゾンビをあっさり倒したルフィたちだが、いつの間にかサンジ、そしてゾロまでも姿を消していた! 原因がわからぬままロビンとフランキーとの三人になったルフィの前に、倒れても倒れても立ち上がってくる将軍ゾンビが現れる!

第347話

残る騎士道!ナミを守る裏切りゾンビ
サンジによく似た性格の犬ペンギンがナミを守り、ゾロそっくりの技を使う剣士がルフィを襲う! ロビンとフランキーの行く手をふさぐのは、巨大なスパイダーモンキーのタララン。そしてナミには、アブサロム絡みの嫉妬の炎を燃やすローラが、猛突進をかけてくる!

第348話

空から参上!剣侠ハナウタはあの男!
ついにナミを追い詰めたローラ。二本の刀がナミのナイスバディに突き刺さろうとした瞬間…「私、実は男なんだぜ!」というとんでもない嘘を、ローラは真に受けて、刀を持つ手をギリギリで止めた。一方、捕まったルフィは棺桶から出され、モリアの手にかかろうとしていて…。

第349話

ルフィ緊急事態!最強の影の行き先!
ブルックがタラランに「鼻唄三丁矢筈斬り」を決める! だが、ゾンビならばすぐに蘇ってしまうのでは…。対処をしたと言うブルック。するとタラランの口から、黒い何かが天に抜けていった。あれがゾンビの魂だろうか? 五年前にスリラーバークをめちゃくちゃにした男・ブルックが、ゾンビの謎を明かす!

第350話

魔人と呼ばれた戦士!! オーズ復活の時
ルフィの影がモリアに切り取られた! ペローナに使えるクマシーの中に潜む、ナミとウソップ、チョッパーも、その様子を目撃する。ホグバックが力を尽くして造り上げていた“没人形”900号にルフィの影を入れると、史上最強のゾンビが誕生してしまう! 一同は900号の眠る特別冷凍室へ向かう。

第351話

500年ぶりの目覚め!! オーズ開眼!!
震えるだけのナミ達に、なすすべは無かった。500年前に生き、歴史上で唯一“魔人”と呼ばれた狂戦士オーズから作った900号に、モリアはルフィの影を入れる。グラグラと揺れ、表面を覆う氷を落としながら、ついにオーズが蘇った! 悲鳴を上げてしまったナミ達は、アブサロムに追われる!

第352話

信念の命乞い!! アフロを守るブルック
剣豪リューマに挑むブルック。この戦い、実は初めてではなかった。ゾンビの弱点が塩であると知った5年前に、ブルックはゾンビ達を浄化していき、自分の影を持つリューマにたどり着いたのだ。しかし肉体のレベルは決定的にリューマの方が上。かなわないブルックは、アフロを切られそうになり…。

第353話

男の誓いは死なず!! 遠い空で待つ友へ
サニー号に戻るフランキー、ロビン、ウソップ、チョッパー。そこには予想通り、影を取られたルフィ、ゾロ、サンジが運ばれていた。アブサロムにさらわれて眠るナミは、ウェディングドレスに着替えさせられる。ルフィ達はナミと影を取り返す作戦を練る。助けてくれたブルックは…。

第354話

必ず会いに行く!! ブルックと約束の岬
ブルックがアフロを守る理由。それは50年前に再開を固く誓った、同じ海賊団の仲間のためだった。その仲間とはクジラのラブーン。ラブーンならルフィ達も知っている。グランドラインへと漕ぎ出す前に出会っていたからだ。ルフィ達とラブーンの出会いと対決、そして別れがまざまざと甦る!

第355話

メシとナミと影!! ルフィ怒りの大反撃
ルフィ、ゾロ、サンジの影を取り戻す…まずはそのゾンビをどう探すか。しかしルフィは、そんなことは気にしない。モリアを倒せば、全員の影が戻るからだ。言われてみればその通り! ナミ救出に燃え上がるサンジ。フランキーとゾロは心配なブルックのもとへ。朝日が射し体が消滅する、夜明けまでがタイムリミットだ!

第356話

メシとナミと影!! ルフィ怒りの大反撃
ルフィとチョッパーとロビンは、ルフィが影を取られたモリアのダンスホールへ。そこにはホグバックとシンドリーがいた。ルフィはホグバックをぶっ飛ばそうとするが、チョッパーが止める。こいつは俺に任せてくれないか?と。進むルフィは、その奥の特別冷凍室でモリアと再会する。

第357話

将軍ゾンビ瞬殺!! オーズは冒険気分!!
“ホロホロの実”の能力者であるペローナの生み出すゴーストも、相手の心を虚ろにするネガティブ・ホロウも、ウソップには通用しなかった。「おれはもとからネガティブだあ!!!」と、意気上がるウソップ。先へと急ぐサンジ、フランキー、ゾロ。しかしウソップは、周囲の動物ゾンビを倒す自信はなく…。

第358話

炎の騎士サンジ!! 蹴り潰せ偽りの挙式
モリアをぶっ飛ばしても影は抜けない。「主人のもとへ帰れ」と、命令させなければならないのだ。ルフィを前に寝ころんだまま、余裕しゃくしゃくのモリア。なぜなら彼には、影法師(ドッペルマン)がいた。ルフィの攻撃を全て受け止め、反撃を仕掛けてくる! ルフィはモリアに触れることさえ出来ない。

第359話

スケスケの因縁?奪われたサンジの夢
ナミを取り返し、“スケスケ”の能力者アブサロムを蹴り飛ばすサンジ。それでも怒りは燃え上がるばかり。アブサロムとは初対面だが因縁があると言う。サンジがただ一つ憧れていた悪魔の実“スケスケの実”が、アブサロムのせいで、もうこの世には存在しなくなってしまったからだ!

第360話

スケスケの因縁?奪われたサンジの夢
影法師を倒す手立てが見つからず、ルフィの苦戦は続く。一方のウソップは、動物ゾンビを倒し、残るはペローナと追いかけるが、窓の先に見つけた彼女は、何と空中に浮いていた! 振り返ると、巨大ペローナが迫ってきている。宙を舞い狙撃をかわす彼女は、ウソップの胸に両手を突っ込み…。

第361話

ペローナ恐怖!! 嘘のウはウソップのウ
宙を舞い巨大にもなるペローナは本体ではないと、ウソップは見破る。幽体離脱して脱け殻になっている本体に攻撃を仕掛けるのだ! 必殺の“大爆発星”が炸裂するが…外した!? その頃チョッパーとロビンは、犬ペンギンとジゴロウに追いかけられていた。絶体絶命のピンチに現れたのは…。

第362話

屋根に舞う斬撃!! 決着ゾロVSリューマ
ホグバック研究所の屋根が斬られて落ちる。それと共にゾロも降ってきた! 青い炎に包まれ倒れるゾロを、見下ろしているリューマ。ずっとそばにいたブルックとフランキーも、何が起こったのか分からない。もう決着がついたのか…? 今から5分前、ゾロとリューマは刀を交え始めたのだが…。

第363話

チョッパー激怒!! ホグバック魔の医術
チョッパーとロビンを取り押さえる、犬ペンギンとジゴロウ。彼らはもう、完全にホグバックのしもべになってしまった…。命をもてあそぶかのようなホグバックに、チョッパーは激怒。するとホグバックは、シンドリーとの過去を話し始める。そして、そのシンドリーにチョッパーとロビンの抹殺を命じる!

第364話

オーズ吼える!! 出て来い麦わらの一味
ルフィの影が“没人形”になじんたオーズは、モリアが主人だと自覚する。最初の任務は、麦わらの一味をぶっつぶすこと! 左腕に貼られたそれぞれの手配書と見くらべ、早速モリアのそばにいたルフィを見つけて攻撃する! すると建物が崩れ、ホグバックと戦うチョッパーとロビンの所へ…!

第365話

敵はルフィ!! 最強ゾンビ対麦わら一味
チョッパーとロビンに合流したウソップに、リューマと戦った塔の上から、フランキーやブルックと一緒にいるゾロが呼びかけてくる。一同がオーズから身をひそめる中、アブサロムにさらわれたナミを追うサンジが、オーズの巨体と真正面からにらみ合う! オーズは手配書からサンジを見分け…。

第366話

倒れろアブサロム!! ナミ友情の雷撃!!
サンジだけでなくウソップ達やゾロ達も、オーズに叩きのめされてしまった! 手配書と見くらべ、残る目標を探しに出て行くオーズ。ここにはいないルフィとナミ、ウソップと同一人物だとはわからなかったソゲキングだ。その頃、アブサロムの結婚式で、誓いのキスを受ける直前にナミは目を覚ました!

第367話

奪えダウン!! 必殺麦わらドッキング?
超巨体のオーズを一丁投げ飛ばそうと、ゾロは秘策を提案。サンジ、ロビン、フランキー、チョッパーは作戦に乗る。ビビるウソップ。そこにオーズは、ルフィも使わない“ゴムゴムの尻もち”を放った! 一味はフランキーを核に合体して対抗しようとするが、ロビンが「人として恥ずかしい」として合体を拒み…。

第368話

足音なき襲来!! 謎の訪問者・暴君くま
オーズから1ダウンを奪ったゾロ達。フランキーは懲りずに合体を望むが、ロビンは相変わらず断固拒否。やむなく6体合体をあきらめ、ウソップにチョッパーを加えた3体合体でオーズへ突進していく! その頃、ペローナはスリラーバークの宝をサニー号に積んで出て行こうとしていたが…。

第369話

オーズ+モリア カと頭脳の最凶合体
ゾロはオーズに真っ向から挑んで行く。リューマを倒して手にした名刀・秋水を試すのに絶好の機会だ! 一方、突然姿を現したバーソロミュー・くまは、モリアと面会していた。くまはルフィに倒されたクロコダイルの後釜として、“黒ひげ”マーシャル・D・ティーチが王下七武海に入ると告げる。

第370話

逆転への秘策 ナイトメア・ルフィ見参
自分では手を下さずに海賊王を目指していたモリアが、ルフィを倒すためについに出撃、オーズの腹部に作らせておいたコクピットに乗り込む! ルフィを欠く麦わらの一味だが、凄まじい勢いで連係攻撃。だが、まるで動じないオーズは、影であるルフィゆずりの“ゴムゴムの銃”を放つ!

第371話

壊滅、麦わら一味 カゲカゲの能力全開
オーズは次々に、本当に体を伸ばしながらゴムゴムの技を放ってくる! それはモリアの分身である影法師の“影革命”によるものだった。動きを封じようと、ロビンは“ハナハナの実”の能力でモリアをクラッチする。ところがモリアは影法師と瞬時に入れ替わってかわし、ロビンの影を切り取ってしまう!

第372話

超絶バトルスタート!ルフィVSルフィ
サンジとチョッパーもオーズの前に倒れ、残るはゾロ、ナミ、ウソップの三人。ゾロも敗れるが、その隙に、ウソップはゾンビの弱点である塩の詰まった袋を、オーズの口に撃ち込む。ところが、またしても影法師が活躍し、塩の袋を取り出してしまう。そこへ、“ナイトメア・ルフィ”が現れる!

第373話

決着迫る!たたき込め、とどめの一撃
ナイトメア・ルフィは、乗っていたモリアごとオーズを倒す。ルフィに入れていた100人分の影は抜け、元の姿に戻る。モリアに奪われた影を取り戻すには、「本来の主人のもとへ帰れ」と、影に命令させなければならない。日の出が迫る中、モリアを叩き起こして力ずくでも言わせようとするが…。

第374話

肉体が消える!悪夢の島に射す朝日!
麦わらの一味の連続攻撃で、今度こそオーズは倒れるが、モリアは“影の集合地”で1000体分の影を取り込んでパワーアップした! 朝日が射し始める中でも、ローラは逃げ出さずに立ったまま。なぜなら麦わらの一味も、勝負を捨てずに立っているからだ! そのローラの頭が、朝日を受けて燃え始め…。

第375話

終わらない危機!麦わら一味抹殺指令
倒したモリアの口から、全ての影が吹き上がる! しかし体に戻る前に朝日が昇り、影を奪われているルフィ、サンジ、ロビン、ローラは頭から燃えていく! 影は…影は間一髪で戻っていた! ローリング海賊団にも、シンドリーの影の主であるマルガリータにも。ところがそこに、くまが現れる。

第376話

すべてを弾く くまのニキュニキュの能力
モリアを倒し、影を取り戻した麦わらの一味とローリング海賊団の前に現れたくま。彼は“ニキュニキュの実”を食べた肉球人間だった! 掌にある肉球で、ゾロの斬撃も、ウソップの“火の鳥星”も、すべてを弾き飛ばしてしまうのだ! しかも頭は、蹴ったサンジが脚を痛めるほど硬い!

第377話

仲間の痛みは我が痛み ゾロ決死の戦い
肉球で圧縮した大気を放つ“熊の衝撃”で、くまは全てを吹き飛ばしてしまう。横になったままのルフィに、無表情で迫るくま。そこにゾロが飛び込み、左肩めがけて斬りつけた! ところが…驚愕の表情を浮かべるゾロ。何と傷口からは機械が覗き、くまは口からビームを放ったのだ!

第378話

遠い日の約束 海賊の唄と小さなクジラ
くまはゾロにルフィのダメージを移して去り、モリアはホグバックとアブサロムに小舟に乗せられ、スリラーバークを脱出した。奪われた影を取り戻したことと勝利を祝って、ルフィたちは宴の準備! そこにローリング海賊団のリスキー兄弟が現れ、くまがしたことの一部始終を見たと言い出す。

第379話

ブルックの過去 陽気な仲間悲しき別れ
勝利の宴の席で、ルフィからクジラのラブーンの健在を知り、ブルックは号泣する。まだラブーンが小さかった頃、ブルックが生身の人間だった頃の想い出が、まざまざと甦ってくる…。ブルックはかつて、ヨーキの率いるルンバー海賊団に所属。音楽を通して、ラブーンと心通じ合っていたのだ。

第380話

ビンクスの酒 過去と現在とをつなぐ唄
ラブーンと再会を誓い、ルンバー海賊団は旅立った。しかし全滅し、“ヨミヨミの実”で蘇ったブルックだけが、骨だけになってひとり寂しく生き続けていたのだ。ブルックは、海賊団全滅の直前に、「ビンクスの酒」の唄をラブーンに聞かせようと録音していた。それは、仲間達の最後の大合唱だった…。

第381話

新たな仲間!音楽家・鼻唄のブルック
生きているからこそ、今日という日を迎えることが出来る。生きていればきっと、またいつの日か、ラブーンと再会出来る時も来るだろう。「生きててよかったあ!」と、心の底から叫ぶブルック。同じ頃、ラブーンも人知れず目を閉じて、水平線の果てまで届けと鳴き声を轟かせていた!

シャボンディ諸島編

第382話

ノロノロの脅威 銀狐のフォクシー再び
スリラーバークを出た麦わらの一味は、ドランが支配人を務めるリゾート船のスパアイランド号で羽根を伸ばしていた。そこへかつて一味にデービーバックファイトを挑んできた、フォクシーが現れた!

第383話

お宝大争奪戦 崩壊!スパアイランド号
フォクシーの狙いは、宝石を作る発明が書かれた手帳を持つサヨとリナの姉妹。黒幕だったドランはサヨをさらう。「この船ブッ壊すか」。ルフィに賛同した一味の技が、スパアイランド号に炸裂する!

第384話

ブルック大奮闘 真の仲間への道険し?
ウォーターセブンを出る時から記録指針(ログポース)が指していた、海底の楽園・魚人島にサニー号は進む。数々の冒険が記された航海日誌を読んだブルックは、麦わらの一味にふさわしい男になろうと気負う。

第385話

偉大なる航路半周 到達!赤い土の大陸
遊蛇海流を切り抜けたサニー号は、赤い土の大陸(レッドライン)の前に着く。一味は世界を半周したのだ! 記録指針が真下を指したまま動かないため、サブマージ3号で深海を探るが、魚人島への進路は分からず…。

第386話

麦わら一味憎し 鉄仮面のデュバル登場
深海から上がって来た海兎の口から飛び出した、人魚のケイミーとヒトデのパッパグ。ルフィたちは魚人島から来た二人に行き方を教えてもらう代わりに、囚われた彼女達の友人・はっちんの救出に乗り出す。

第387話

因縁の再会!囚われの魚人を救い出せ
はっちんが囚われているトビウオライダーズのアジトへ、サニー号は急ぐ。艦の中にいたはっちんは、アーロン一味だったはっちゃんのことだった! 麦わらの一味が救出を止めたため、ケイミーとパッパグは海へ飛び込む。

第388話

悲劇!仮面に隠されたデュバルの真実
ナミがはっちゃんを許し、麦わらの一味と「トビウオライダーズ」は全面衝突! ゾロが艦を斬り、はっちゃんは自由に。ルフィは、ヘッドのデュバルの部屋に突入し、鉄仮面に隠された素顔を見る。

第389話

炸裂!サニー号の超秘密兵器ガオン砲
サンジの似てない似顔絵の手配書にそっくりなデュバルを、サンジは蹴る! 海軍本部や賞金稼ぎに追われる逆恨みで、ナミまで危険にさらしたからだ。反撃するデュバルは、サンジを海に引きずり込み…。

第390話

魚人島目指して上陸 シャボンディ諸島
魚人島は赤い土の大陸を抜けて新世界へ出る、海底ルートにある。ルフィたちは、サニー号が海中を航海できるようになるコーティングをしてもらうため、シャボンディ諸島に上陸。はっちゃんの知る、コーティング職人に会いに行く。

第391話

暴虐!シャボンディの支配者・天竜人
シャボンディ諸島には、シャボン玉状の特殊な天然樹脂を活用したユニークな文化が根付いている。快適なチャボンチャリを気に入ったルフィ。そこに、首輪をした海賊が助けを求めて現れた。首輪は爆発! 人々は近くに天竜人がいると感じて緊張する。

第392話

新たなライバル集結!11人の超新星
襲い来る賞金稼ぎを難なく倒すルフィたち。そうして、諸島の中でも政府の目の届かない、無法地帯に入っていく。コーティング職人のいるBARに着いたはいいものの、店主のシャクヤクがいるだけ。職人のレイリーは、半年前から留守にしていた。

第393話

標的はケイミー!! 迫る人攫い屋の魔手
レイリーを探しにBARを出たルフィ達は、遊園地・シャボンディパークへ直行。観覧車に乗るのが夢だったケイミーは興奮する。だが、ルフィ達に人魚が同行していたとの情報を得ていたピーターマンが、ケイミーをつけ狙っていた!

第394話

ケイミーを救え 諸島に残る暗黒の歴史
ケイミーがいなくなった! サンジに呼び出された「人生バラ色ライダーズ」を率いるデュバルは頼もしく、諸島に散らばったルフィ達をピックアップし、ケイミーを誘拐したチームを洗い出す行動に移る。トビウオが飛ぶ!

第395話

タイムリミット 人間オークション開幕
人間オークションにエントリーされてしまったケイミー。そこにはレイリーもいて、彼からガープに知らせが入る。オークションスタート。ウソップが、オークションハウスに人魚が持ち込まれたことを聞き出し、トビウオ全機が急行する!

第396話

鉄拳炸裂!オークションをぶっつぶせ
オークションハウスに先に着いたナミたちは、いま手元にある2億ベリーでケイミーを取り戻そうとスタンバイ。しかし“天竜人”チャルロス聖が、いきなり5億ベリーを提示! そこにルフィとゾロを乗せたトビウオが突っ込んでくる!

第397話

大パニック!オークション会場の死闘
ルフィがチャルロス聖をぶっ飛ばしたのをきっかけに、麦わらの一味は大暴れ! ケイミーを救おうと、首輪の鍵を探す。会場にいた“億”超えの賞金首、キッドとローも見守る。そこにレイリーが姿を現し、“覇気”を使う。

第398話

大将黄猿動く!騒然シャボンディ諸島
ルフィが天竜人をぶっ飛ばしたことで、海軍本部の大将がやって来ることになる! シャボンディ諸島の人々は騒然。世界政府の中心地・聖地マリージョアで頭を抱えるセンゴクに、黄猿が自分が出向くと名乗りを上げる。

第399話

包囲網を突破せよ!海軍VS三人の船長
天竜人救出に向けオークションハウスを包囲する海兵の大軍勢を、ルフィとキッドとローは、悪魔の実の能力を全開にして蹴散らす! ルフィは二人に「ひとつなぎの大秘宝」は俺が見つけると宣言。三人の間に緊張が走る。

第400話

ロジャーとレイリー 海賊王とその右腕
レイリーと逃げた麦わらの一味とケイミー達は、シャクヤクのBARへ戻る。そこでレイリーは“海賊王”ロジャーの海賊団で副船長をつとめていた過去を明かす! そしてロジャーは海軍に捕まったのではなく、自首したのだと語り出し…。

第401話

回避不可能!? 大将黄猿の光速の蹴り!!
レイリーが、魚人島への海中航海が可能なようにサニー号をコーティングする3日の間、麦わらの一味はBARを出て海軍から身を隠さなくてはならない。上陸した黄猿は大暴れ! そしてルフィ達の前に現れたのは、くま…!?

第402話

圧倒的!海軍の戦闘兵器パシフィスタ
次々とビームを撃ち込むくまを倒そうと、麦わらの一味は全力を尽くす! 一方、黄猿のところにも現れていたくまは、巨大化したウルージと格闘中! 見守るドレークはくまが本物ではなく、“パシフィスタ”であると見抜いていた。

第403話

さらなる強敵現る!鉞かついだ戦桃丸
キッドとローのもとにも送り込まれていたパシフィスタに、両海賊団は応戦。麦わらの一味は必殺技を連携して放ち、パシフィスタを破壊する! だが、息が上がるルフィ達の前に、戦桃丸が新たなパシフィスタを連れて出現した!

第404話

大将黄猿の猛攻 麦わら一味絶体絶命!
キッド海賊団とローが率いるハートの海賊団も必殺技を放ち、パシフィスタを破壊する! 逃げると決めた麦わらの一味だが、遂に現れた黄猿がゾロにとどめを…!? だが、その寸前、レイリーが飛び込んで黄猿の蹴りを止めた!

第405話

消された仲間たち 麦わら一味最後の日
さらに現れた本物のくまに、消されたゾロ。しかも、ブルック、ウソップ、サンジまでもが、次々に消されていく! くまは黄猿と戦うレイリーに耳打ちした後、フランキー、ナミ、巨大化して暴走中のチョッパー、ロビンも消してしまう!

TVオリジナル

第406話

時代劇特別編 ルフィ親分ふたたび見参
ぐらんどジパングの町は夏祭りの準備で大忙し。ウソップから百年に一度の大みこしレースの話を聞いたルフィ親分は、さっそく参加することを決定した。優勝すれば、ぐらんど神社の御神宝によってどんな願いも叶えられる。そのうえ副賞は百万両ベリー! ところが、スリラー商会の一団が現れ…。

第407話

時代劇特別編 破れ!スリラー商会の罠
記憶を取り戻したブルックは、悪事を行うスリラー商会へ単身乗り込むが、反対に捕まってしまう。一方、ブルックを案じるルフィ親分たちは、通りすがりの町娘ロビンの話からブルックを誤解していたことを知り、救出に向かう。そして、間一髪のタイミングで門をぶち破り、商会に突入。ゾンビたちを蹴散らしていく!

女ヶ島アマゾン・リリー編

第408話

上陸!男子禁制の島アマゾン・リリー
“ニキュニキュの実”の能力者・くまの肉球に触れたルフィは、消されたのではなく弾かれていて、ひたすら空を飛び続けていた。仲間を思い、海に落ちたら死ぬなと考えていたルフィは、そのうち眠ってしまう。そして彼は、生きてジャングルの中に着地した!

第409話

急げ!仲間たちのもとへ女ヶ島の冒険
ここは女ヶ島、女性だけの国「アマゾン・リリー」だ。男と知られたルフィは牢獄に放り込まれ、男を初めて目にする護国の戦士たちの注目を浴びる。数百年続く男子禁制の絶対の規律を守るため、彼女たちはルフィに向かい、いっせいに矢を放つ!

第410話

急げ!仲間たちのもとへ女ヶ島の冒険
ルフィは戦士の一人マーガレットから、女ヶ島が無風で海王類の巣窟である“凪の帯(カームベルト)”に囲まれた島で、船は毒蛇“遊蛇(ユダ)”が引く、ハンコックの海賊船しかないと聞く。イカダで海へ出るルフィだが、作りが悪く沈んでしまい…。

第411話

背中に隠された秘密 遭遇ルフィと蛇姫
略奪に出ていたハンコックが率いる九蛇海賊団が帰港した。船長だけでなく皇帝でもあるハンコックは、子供や年寄りへの感謝の気持ちもない最悪の性格。しかし、美貌と“メロメロの実”の能力によって、国民の絶大な支持を得ていた。

第412話

非情の裁き!石にされたマーガレット!!
ハンコックが入浴中の九蛇城に飛び込んだルフィは、彼女の背中を見る。死んでも背中は見られたくなかったハンコックは、老若男女を問わず狙った相手を石に変えてきた“メロメロ甘風(メロウ)”をルフィに放つ! ところが…。

第413話

ルフィ大苦戦!ヘビ姉妹の覇気の力!!
ルフィは闘技台へ送られ、ハンコックの妹であるサンダーソニアとマリーゴールドの手で公開処刑されることに! “ヘビヘビの実”の能力者の2人は、緑と黄の大蛇にそれぞれ姿を変える! 負ける気がしないルフィは迎え撃つ!

第414話

能力全開バトル!! ゴムゴムVSヘビヘビ
「覇王色」の覇気を放ったルフィに全員が怯むが、ハンコックは徹底的に打ちのめすよう妹たちに命じる。マリーゴールドの吐く猛毒は、直撃せずとも気体となって立ちのぼり、ゴムゴムの技を鈍らす。そしてルフィは、剣を逆立てた溝に落とされる。

第415話

ハンコックの告白 姉妹の忌わしき過去
戦いで露わになったサンダーソニアの背中を、死んでも見られたくないだろうとルフィは覆う。二人に勝ったルフィは、船を出してほしいという自分の望みを捨て、石にされたマーガレット達を元に戻すようハンコックに頼む。

第416話

エースを救え!新たな目的地は大監獄
ルフィに惹かれるハンコックは、彼の望みを聞き入れ、シャボンディ諸島まで海賊船を出して送らせることにする。さらに今回の大収穫を祝う宴での食事も許す。しかし宴は、男のルフィに対するピリピリムードに満ちていた。

第417話

恋はハリケーン!メロメロハンコック
ハンコックが病に倒れた! 胸を押さえ熱っぽく苦しんでいるようなのだ。ところが、エースを助けたいルフィが、彼女自身が海軍船に乗ることで大監獄インペルダウンまで送って欲しいと頼むと、途端に頬を赤らめて了承する。

第418話

仲間達の行方 天候の科学とからくり島
海軍船に忍び込んだルフィ。客室に二人きり…ハンコックの妄想が止まらない! 一方、ルフィと同様に麦わらの一味も生きていた。ナミは空島・ウェザリアに、フランキーは未来国バルジモアへと飛ばされていたのだった。

第419話

仲間達の行方 巨鳥の島と桃色の楽園!
ハンコックの協力で海軍船に忍び込んだルフィと同様、くまに飛ばされただけだった麦わらの一味も、それぞれに行動を開始していた。チョッパーが着地したのはトリノ王国、そサンジが着地したのは…カマバッカ王国!?

第420話

仲間達の行方 島をつなぐ橋と食人植物
雪原に埋もれていたロビンは、少女ソランに助けられる。そこは各国の犯罪者らが投入され700年ものあいだ巨大な橋を造り続けている「テキーラウルフ」。一方、ウソップは熱帯のボーイン列島…巨大昆虫や食人植物の住む森にいた。

第421話

仲間達の行方 ネガティブ王女と悪魔王
スリラーバークでくまに弾き飛ばされていたペローナは、シッケアール王国の跡地にいた。そこへ降って来たのはゾロ! 敵だった傷の癒えぬ剣士だが…ペローナは看病を始める! その頃、ブルックは「ハラヘッターニャ」に召喚され…!?

大監獄インペルダウン編

第422話

決死の潜入!海底監獄インペルダウン
牢獄にあるエース。ガープは彼に、ルフィがウォーターセブンでの戦いに続き、シャボンディ諸島でも大事件を起こしたことを話す。そして、ルフィに父親について話したことも…。それを聞いたエースは、自分の親父は、白ひげ一人だと言い切る。その頃、インペルダウンを目指す一隻の海賊船があった…。

第423話

地獄で再会!?バラバラの実の能力者!
ようやく自由の身になったルフィに、ハンコックはこれ以上の手伝いはできないと詫びる。ルフィは、ハンコックに感謝の言葉を贈ると、監獄の中では暴れないことを約束するのだった。そして部屋から脱出するが…ここはまだレベル1の紅蓮フロアーで、その先には比較にならぬほど怖ろしい試練が…。

第424話

破れ!紅蓮地獄バギーのド派手大作戦
レベル1に潜入したルフィは、脱走中のバギーと遭遇、ブルゴリとの戦いに巻き込まれてしまう。間一髪のところでルフィに救われたバギーは、一撃でブルゴリを倒すほどに成長したルフィの強さに驚く。そして、ルフィの腕輪を見て表情を変える。彼が長年探し続けていた、財宝の秘密が隠されていたからだ!

第425話

監獄最強の男!毒人間・マゼラン登場
まんまとルフィをだまして腕輪を手にいれたバギーだったが、ブルゴリに襲われ、自分もレベル2に墜落してしまう。一刻も早くエースのもとへ向かおうと、焦るルフィ。怖ろしい魔獣たちに襲われた二人は、必死で逃げ回る。そのころ、レベル4に到着したハンコックは、所長の毒人間・マゼランと対面していた。

第426話

映画連動特別編 動き出す金獅子の野望
サウザンド・サニー号で大海原を行く麦わらの一味の前に、巨大なカブトムシが飛んできた! 一目で気に入ったルフィは仲間にしようとするが、巨大カブトムシはすでに、海軍コートを羽織った少女・ヨーコの仲間だった。

第427話

映画連動特別編 狙われた小さな東の海
ヨーコの住むカンソーン島は“東の海”出身者が集まり、各村の名所をまねて暮らしていた。一心道場のような道場でゾロはくいなを、小さなバラティエでサンジはゼフのもとでの修業時代を、書き割りの屋根を見てウソップはカヤを思い出す。

第428話

映画連動特別編 アミーゴ海賊団の猛攻
ボスをシキの所へ連れ戻すため、島を襲撃したアミーゴ海賊団。船長のラルゴが振るう“アミアミの実”の能力で、ルフィもゾロもサンジも捕らえられてしまう。島民を思うボスは、自らラルゴのアミの中へ。その時、ルフィが腕を伸ばしてボスをぶっ飛ばす!

第429話

映画連動特別編 決戦!ルフィVSラルゴ
ボスが放った炎で、ルフィ達を捕らえるアミは焼き切られた。ボスも島も両方大事だと強く感じた島民たちは、ナミとウソップに率いられ、アミーゴ海賊団に猛反撃! ラルゴとの一騎打ちに挑むルフィは、ギア2で攻め込むや、ギア3を発動させる!

第430話

囚われの王下七武海!海侠のジンベエ
バギーと共にレベル2を進むルフィは、かつての敵、Mr.3と再会する。Mr.3は自由になった恩返しとして、力を貸すことを申し出る。そのころ、レベル5の無間地獄では、牢につながれていた王下七武海のひとり、海侠のジンベエが牢番にこっぴどく痛めつけられていた。見かねたエースが声をかけるが…。

第431話

牢番長サルデスの罠 LV3・飢餓地獄
崩壊したレベル2では、バギーによって自由の身となった囚人たちが暴れ始めていた。さらに、ルフィとエースが兄弟で、ルフィの目的がエースの救出だと知り、看守たちも大騒ぎを始める。海軍本部のガープは、さすがはわが孫と笑い飛ばしていたが、その孫のルフィは、新たな地獄に落ちていた。

第432話

解き放たれた白鳥!再会!ボン・クレー
レベル4へと急ぐルフィ。大監獄への侵入を許し、面目をつぶされた海軍は、ルフィを極秘のうちに捕えようと海兵を差し向ける。彼らは、唯一の出入り口である跳ね橋を上げられ孤立した、大監獄の外を包囲することになった。そのころ、ようやくレベル5へ到達したハンコックは、エースと対面を果たしていた。

第433話

署長マゼラン動く 完成!麦わら包囲網
ボン・クレーと力をあわせ、ブルゴリたちをすべて倒したルフィ。一方、マゼランの能力を目の当たりにしたハンコックは、ルフィの身を案じながらも大監獄を後にしていた。ようやくルフィへの対応を始めたマゼランは、戦力をすべてレベル4へ集める。ルフィはピンチをボン・クレーに救われるが…。

第434話

全戦力集結!LV4・焦熱地獄の決戦
ついにミノタウロスを倒したルフィたちだが、思わぬ事故によって、4人そろってレベル4に落ちてしまう。一方、インペルダウンを離れたハンコックは、モモンガからエースの処刑が明日の午後三時に開始されると聞く。そこに緊急報告が入ってくる。新世界の海で、四皇である赤髪とカイドウが戦いを始めたというのだ!

第435話

マゼラン強し!ボン・クレーまさかの敵前逃亡
ついにルフィの前に立ちはだかった監獄署長・マゼラン。ボン・クレーは、ドクドクの実の能力者であるマゼランとは戦ってはダメだとルフィに教え、レベル5へ逃げようと提案。しかし戦闘は始まり、マゼランは巨大な毒竜であるヒドラを操って襲いかかってくる! すぐさま反撃しようとするルフィだが…。

第436話

雌雄決す!捨て身のルフィ最後の一撃
拳を失う覚悟で勝負に出たルフィ。渾身の一撃でマゼランに膝をつかせるが、その代償として拳は毒に侵され、激痛に苦しむ。一方、レベル3へ逃げようとしたバギーたちは、わざと逃がそうとするハンニャバルのもくろみを罠だと思い込む。マゼランの毒を怖れて一人逃げだしたボン・クレーは、罪悪感を抱き…。

第437話

友達だから ボン・クレー決死の救出行
マゼランの毒によって瀕死の重傷を負ったルフィは、レベル5へ投獄されてしまう。一方のボン・クレーは、マゼランに勝てないことを悟り、ルフィを助けるために逃げ出すという苦渋の決断をしていた。下手に解毒薬を使っても、死を早めるだけ…厳しい現実を突きつけられたボン・クレーは、とある人物を捜す。

第438話

地獄に楽園 インペルダウンLV5.5
ボン・クレーを残して軍隊ウルフから逃げ出したMr.3とバギーだが、すぐに追いつかれてしまった! 牢の中のルフィと再会し、逃げたことを詫びるボン・クレー。彼は瀕死のルフィを連れて、奇跡の人・イワさんの行方を捜しに向かう。自分にできることはあきらめないことだと、必死にインペルダウンの中を訪ね歩くが…。

第439話

ルフィ治療開始 イワさん奇跡の能力!!
凍死寸前のところをイナズマに救われ、囚人たちの秘密の花園・ニューカマーランドへと運ばれたボン・クレー。彼はそこで、捜し求めていたイワさんをついに発見する。その奇跡の能力を目の当たりにし、ルフィを助けてほしいと土下座して頼むボン・クレーだが、実はかえってルフィに救われていたのだった。

第440話

奇跡を信じて!ボン・クレー魂の声援
ルフィの治療が続く中、ボン・クレーはイワさんの秘密を教えてもらう。イワさんは、いわば人体のエンジニアだった。大昔、穴掘りの能力者たちが作ったこの場所は、レベル5と6の間にある。そしてレベル6の無限地獄には、エースと共に、マゼランと互角の実力を持つ看守長・雨のシリュウが幽閉されているという…。

第441話

ルフィ復活!イワさん脱獄計画始動!!
ルフィは、イワさんの治癒ホルモンとボン・クレーの命がけの声援によって、奇跡の復活を果たした。ルフィは手をついて、ボン・クレーへ恩に着ると頭を下げるのだった。 イワさんは、ルフィがかつての同士・ドラゴンの息子だと知り、協力を約束。エースを救出して脱獄することを決意する。

第442話

エース護送開始 最下層LV6の攻防!
イワさんの協力を得たルフィは、ついに最下層LV6へ突入。必死にエースの名を呼ぶが、返事はない。エースは既に牢から連れ去られた後。ルフィの麦わら帽子を見たジンベエは、他ならぬエースの弟だと確信し、すぐに後を追えと教えてくれるのだった。しかし、捕らえようとするハンニャバルは、フロア中にガスを充満させ…。

第443話

最強チーム結成 震撼! インペルダウン
一転してピンチになったルフィに、かつての敵であったクロコダイルが、脱獄のために共闘しようと持ちかけてきた。ルフィは拒否するが、受け入れるべきだとイワさんが説得。すると今度は、ジンベエが声をかけてきた。何としてもエースを助けたいというジンベエの言葉をルフィは聞き入れ、ここに最強のチームが誕生する!

第444話

さらなる混乱!黒ひげ・ティーチ襲来
クロコダイルの手引きで、LV3を目指すルフィたち。LV2に潜んでいたバギーたちは、大きなトラブルが起きたことに気付き、ようやく脱獄のチャンスが巡ってきたと大喜び。囚人たちを解放し、フロアを大混乱に陥れる。一方、イワさんとボン・クレーが、ようやくルフィと合流。看守たちは総崩れになり…。

第445話

危険な出会い!黒ひげと雨のシリュウ
囚人たちを解放しながら戦いを繰り広げるルフィたち。LV2から脱獄しようとするバギーたちは、マゼランの毒によって閉じ込められ、手も足もでない。そのマゼランがLV2を制圧してまもなく合流すると聞き、元気を取り戻すハンニャバル。そのころLV1では、黒ひげ一味とシリュウが対面していた。

第446話

意地でも倒れぬ!本気のハンニャバル
大混乱に陥ったインペルダウン。ルフィは一気にLV3へ突入しようとするが、ハンニャバルの包囲網により阻止されてしまう。ハンニャバルは自ら、薙刀・血吸をふるってルフィを攻撃してきた! だが、ギア2を発動したルフィにジェットガトリングを浴びせられる。それでもハンニャバルは、あきらめようとしない!

第447話

怒りのJETピストル ルフィVS黒ひげ
LV3への突入をめざすルフィたちの前に、七武海の黒ひげ・ティーチが現れた。挑発されたルフィは、怒りに燃えてJETピストルを放つ。ところが、ティーチの闇水によって捕らえられ、手も足も出ないまま床へと叩きつけられてしまう。勝ち誇るティーチは、自分の能力を明かす。立ち上がるルフィは…。

第448話

マゼランを止めろ! イワさん奥義炸裂
マゼランはドクドクの実の能力で、黒ひげ・ティーチを仲間もろとも一網打尽、全速力でルフィの後を追う。イワさんは、イナズマに階段をはさみで切り裂かせて退路を断つと、自分ひとりでマゼランを食い止めようと、身動きひとつせずに近づいてくるのを待つ。そして、オカマ拳法の奥義が炸裂する!

第449話

マゼランの奇策! はばまれた脱獄計画
ルフィたちは正面入口を目指すが、マゼランに追いつかれてしまった。ルフィはマゼランに飛びかかろうとするが、ボン・クレーに止められる。まもなく、マゼランのヒドラが攻撃してくるが、Mr.3が分厚いロウで壁をつくり、毒を防ぐことに成功! ルフィはMr.3と協力してマゼランと戦うことを決意する。

第450話

脱獄チーム絶体絶命 禁じ手“毒の巨兵”
ジンベエの作戦で、軍艦へ突入したクロコダイルたち。海兵たちは総力をあげてクロコダイルとMr.1を海へ放り出そうとするが、海中から放たれたジンベエの槍波に軍艦を破壊され、度肝を抜かれる。ルフィはマゼランと激闘を繰り広げる中、ついにマゼランに一撃を入れる。囚人たちも一気に襲いかかるが…。

第451話

起こせ最後の奇跡 正義の門を突破せよ
海に逃れたルフィたちは、ジンベエ鮫の群れに助けられ、どうにか軍艦にたどり着く。イワさんは、毒にやられて瀕死のイナズマの治療に取りかかる。その頃、マゼランは、海軍に船を回せと指示を出していた。自ら軍艦に乗りこみ、ルフィを追撃開始! 逃げるルフィたちの前には、閉ざされた正義の門が立ちはだかり…。

第452話

目指せ海軍本部 エース救出の船出!
ついにインペルダウンからの脱獄を果たしたルフィ。そのころ、マゼランの毒で倒れた黒ひげは、シリュウの解毒剤で九死に一生を得ていた。二人は裏で手を組んでいたのだ! ジンベエが王下七武海だったと知り、ルフィはその強さに納得。宴の真っ最中だったバギーたちは、行く先が海軍本部だと聞いて騒ぎ始める。

第453話

仲間たちの行方 空島リポートと改造動物
空島・ウェザリアに飛ばされたナミは、ハレダスと共にシャボンディ諸島へ向かっていた。いっこうに近づく様子はなく、ナミはしびれを切らすが、ハレダスは台風でも来ない限り一気に進むのは無理だと答える。焦るナミに、ハレダスは意外なことを提案する。それならば、下へ降りてみようと言うのだ。

第454話

仲間たちの行方 巨鳥のヒナと桃色の対決
乙女の心を持つ男だけの島・カマバッカ王国では、サンジが必死にオカマたちから逃げ回っていた。無駄に強いオカマたちは、撃退することもままならない。巨大な鳥に支配された島・トリノ王国では、チョッパーも島民たちや巨大な鳥から追われて逃げ回っていた。チョッパーは偶然、巣から落ちた雛鳥を見つける。

第455話

仲間達の行方 革命軍と暴食の森の罠!
橋の上の国・テキーラウルフで、囚われの身となって拷問を受けるロビン。看守たちは、ロビンが革命軍について何か隠していると思い込んでいた。ボーイン列島では、ウソップが人喰いヒマワリに追いかけられていた。森の勇者・ヘラクレスに助けを求めるが、人喰いヒマワリごと攻撃されてしまい…。

第456話

仲間たちの行方 巨大な墓標とパンツの恩
重傷のゾロはシッケアール王国の跡地に飛ばされ、一足先に島に来ていたペローナに手当てを受けていた。ゾロをこき使おうとするペローナだが、まったく話が噛み合わない。貧困の国・ハラヘッターニャで黒魔術の儀式に遭遇したブルックは、悪魔王サタンに間違われていた。翌朝、ブルックが目を覚ますと…。

第457話

海軍本部直前回想特別編 兄弟の誓い
数々の試練を乗り越え、インペルダウン脱出に成功したルフィ。連れ去られた兄・エースを救出するために海軍本部を目指していたが、思っていたよりも時間がかかり、公開処刑の時はすぐそこまで迫っていた。船首にたたずむルフィは、ジンベエにエースとの思い出話を懐かしそうに語り始める。

第458話

海軍本部直前回想特別編 集結!三大将
エースの公開処刑が刻々と迫る中、ルフィを乗せた脱獄船は海軍本部を目指して突き進んでいた。一方、海軍本部では、ジンベエと黒ひげを除いた王下七武海の5人が召集され、静かに来るべき時を待っていた。正義の士と呼ばれる大将・赤犬も到着。これで海軍本部には、三大将も勢ぞろいする!

マリンフォード頂上戦争編

第459話

決戦の刻迫る!海軍最強の布陣完成!
マリンフォード「海軍本部」の処刑台へ続く長い階段を、促されるままにエースがのぼる。白ひげが彼を助けに敵の真っ只中に現れるのか、世界は注視していた。エースの脳裏に、ルフィと自由を誓い合った少年の日の思い出が浮かぶ。

第460話

巨大艦隊あらわる 襲来!白ひげ海賊団
エースはロジャーの息子。センゴクの発表は、全世界を震撼させる。この処刑には、次世代の海賊王の首を取る意味があったのだ。ガープは、獄中のロジャーに産まれ来る子を頼まれた日のことを思い出していた。子を宿していたのはルージュ…。

第461話

決戦の幕開け! エースと白ひげの過去
白ひげ海賊団は、コーティングした船でマリンフォードの湾内に現れた! ついにその姿を見せる白ひげ! エースがドーン島を出て、スペード海賊団を旗揚げして名を上げ、ジンベエと戦い白ひげと出会った日々が甦る。

第462話

世界を滅ぼす力!グラグラの実の能力
仲間のサッチを殺した黒ひげを追おうとしたエースを、白ひげは止めた。だが、目の前のオヤジは「行けと言った」と言い切る。仲間を傷つけた海軍に啖呵を切る白ひげ海賊団! 怒号を受け止めたのは、三大将と王下七武海だった。

第463話

すべてを焼き尽す!!大将赤犬の能力!
処刑台のエースを巡り、マリンフォードは海軍と白ひげ海賊団の全面戦争に突入した。ミホークが黒刀“夜”を白ひげに一振り! その斬撃を“ダイヤモンド”ジョズが受け止め、黄猿の放つ光弾“八尺瓊曲玉”をマルコが遮る!

第464話

魔人の子孫! リトルオーズJr.驀進!
白ひげ海賊団傘下のリトルオーズJr.が現れ、エースを死なせないと突き進む。超巨体で海軍船を持ち上げ、投げつける! 猛者達のあまりのすさまじい激突に、コビーは自分の無力さを痛感。海軍の巨人部隊がオーズJr.に挑む!

第465話

勝者だけが正義 発動!センゴクの作戦!
くまの“熊の衝撃(ウルススショック)”を受け、ドフラミンゴに右足を切られたオーズJr.は、モリアの“角刀影”に貫かれて倒れる。エースまですんでの所に迫りながら…。遂に逃げ出すコビーだが、赤犬が戦闘を放棄する海兵を手に掛けるのを見る。

第466話

麦わらチーム到着 風雲急を告げる戦場
大戦争の真っ只中に、船ごと空から降って来たルフィたち! 海からジンベエに救い上げられたルフィは、エースを求めて走る! 全力で走る! そして処刑台の上にエースの姿を見つける。二人は互いの名を呼び合う!

第467話

死んでも助ける ルフィVS海軍戦闘開始
海賊王になるのはおれだと白ひげに言い放ったルフィは、エースの処刑時刻が早まるのを伝える通信を聞いたと教える。エースへと一直線に走るルフィに、白ひげ海賊団のジョズやジル、ジンベエやイワンコフらも続く。

第468話

激戦の連続!能力者軍団VS能力者軍団
戦いが激化し、自分の為に仲間達の血が流れるのを見てエースは苦しむ。斬られながらも迷わず走るルフィを見て、苦しみは深まるばかり。心情を察するガープに、もうジタバタしないとエースは言うのだった。その頃、白ひげは…。

第469話

くまに起きた異変 イワさん怒りの一撃
ハンコックからエースの手錠の鍵を渡されたルフィは、彼女を強く抱きしめる。先を急ぐルフィが離れると、倒れ込むハンコックは、これが結婚!?…と、ウェディングドレスに身を包んだ二人の結婚式を妄想するのだった。

第470話

剣豪ミホーク ルフィに迫る黒刀の斬撃
行く手を阻むミホークの強さを知るルフィは戦いを避けるが、彼の斬撃からは逃れられない! そこへジンベエが割って入り、ミホークの相手を買って出る。ジンベエを氷の下へ弾き飛ばしたミホークは、ルフィへ容赦なく黒刀を振るう!

第471話

殲滅作戦始動 パシフィスタ軍団の威力
マリンフォードでのエースを巡る戦争の開戦より、およそ1時間半を経た頃、海軍が大きく仕掛ける。王下七武海であるくまと同じ姿の人間兵器パシフィスタを、湾頭に複数投入したのだ。海軍とパシフィスタが、白ひげを挟み撃つ!

第472話

赤犬の謀略!おとしいれられた白ひげ
白ひげ傘下の海賊スクアードが、大剣で白ひげの土手っ腹を貫く! ルフィたちが凍りつく中、スクアードは叫ぶ。白ひげとセンゴクの間では既に話がついており、傘下の海賊の首と引き替えにエースは助かる事になっていると叫ぶ!

第473話

包囲壁作動!白ひげ海賊団絶体絶命!!
白ひげがモビー・ディック号から降りると、エースへと動き出す。勢いづき一気に駆け込むルフィ達に対し、海軍は退き、湾を囲む包囲壁を作動。出現までの時間を稼ぐため、ジョン・ジャイアントが白ひげの前に立ちふさがる!

第474話

処刑執行指令下る 包囲壁を突破せよ!
赤犬が流星火山が、青雉が凍らせた海を溶かし、海賊達の足場を奪っていく! 姿を現した包囲壁は、白ひげの拳にも耐える! 流星火山は降り注ぎ続け、モビー・ディック号を炎に包み焼き尽くす。

第475話

最終局面突入!白ひげ起死回生の一手
包囲壁を越えたルフィは三大将をすり抜け、エースのもとへと急ぐ! だが、黄猿がそれを蹴り返し、センゴクが遂にエースの処刑執行を命じる。その首に大刀が振り下ろされようとする瞬間、執行人が弾け飛ぶ! 意外にもクロコダイルの仕業だった!

第476話

ルフィ力尽く!オリス広場の総力戦!!
包囲壁の先、処刑台間近の広場へ降りた白ひげを、青雉が阻む! そこに“ダイヤモンド”ジョズが割って入り、エースのもとへと進む手助けをする。ルフィはモモンガらからの攻撃を受け、黄猿にさらに蹴り返されるが、白ひげがそれを受け止める。

第477話

命を削る力 テンション・ホルモン再び
エースに迫ったマルコをガープが殴り返し、海賊達がどよめく。白ひげが赤犬と戦い、海賊と海軍がさらなる交戦を続ける中、エースは戦場にあふれる自分への思いに打たれ、嬉し泣きの涙を流す。

第478話

約束のために!!激突!ルフィとコビー
イワンコフにテンション・ホルモンを施され立ち上がったルフィは、代わりの処刑人が就いたエースのもとへ走る! イワンコフの援護も受け無数の海兵を倒して突き進むルフィに、彼を慕いながらも立場は真逆の曹長・コビーが挑む。

第479話

処刑台目前!開かれたエースへの道!!
二度目の処刑執行を妨げたルフィの“覇王色”の覇気に、白ひげやその隊長たち、三大将やガープも驚く。それを無意識に放ったルフィ本人は、一直線にエースのいる処刑台へと走り続ける! 白ひげはルフィを全力で援護するよう叫ぶ!

第480話

それぞれの選んだ道 ルフィVSガープ!
イワンコフの髪に潜んでいたイナズマが、“チョキチョキの実”の能力で作った処刑台への架け橋。駆け上がっていくルフィの前に、ガープが立ちはだかる! ルフィの祖父でありながら海軍本部中将。これまでの歳月が脳裏を巡る中、両者が激突する!

第481話

エース救出!白ひげ最後の船長命令!
遂にルフィがエースを解放した! 絶対不可能な願いを、兄への思いと鍛え抜いた力で叶えてしまったのだ。メラメラの実とゴムゴムの実、無敵のコンビ攻撃が海兵たちに炸裂する! 二人は海へと走る。少年だったあの日に走ったように。

第482話

火をも焼き尽くす能力 赤犬非情の追撃
白ひげは一人残り、全員に逃げるよう最後の船長命令を下した! 覚悟を感じながらも動けないエース。やがて膝をつきながら頭を下げるエース。彼の背中に刻まれた自分のマークを見ながら、白ひげは問う。おれが親父でよかったか、と。

第483話

答えを探して 火拳のエース戦場に死す
ルフィをかばったエースの体は、赤犬によって貫かれた。白ひげ海賊団の集中砲火も、マグマグの実を食べたマグマ人間には効かない。エースにもう一撃と振りかぶる赤犬を止めようとする白ひげも、黄猿の攻撃を受けてしまう…。

第484話

海軍本部崩壊!白ひげ言葉なき怒り!
エースが息絶えて倒れ、ルフィは号泣。白ひげ海賊団も傘下の海賊達も涙する。映像電伝虫が“海賊王”の子の死を映し出す。モチベーションを失い、ルフィは完全にフリーズ。迫る赤犬! その背後に白ひげが立ち、殴りつけた!

第485話

ケジメをつける 白ひげVS黒ひげ海賊団
いつの間にか処刑台にいた黒ひげ海賊団! 仲間殺しの黒ひげを息子とは呼べないと、白ひげがケジメをつけに行く。黒ひげもヤミヤミの実の能力を解き放つが、敵わない。そこへ黒ひげ海賊団の一斉攻撃が浴びせられる!

第486話

ショーの開幕 明かされた黒ひげの企み
映像電伝虫が白ひげの死も伝え、大ニュースは瞬く間に世界中へ。レイリーが涙を浮かべ、バギーが逃げ出す中、黒ひげは立ち往生の白ひげと一枚の布に納まる。ジンベエが抱えて走り船へ近づくルフィを、赤犬は逃がさない!

第487話

赤犬の執念!ルフィを襲うマグマの拳
白ひげのグラグラの実の能力も手に入れた黒ひげの試し打ちで、海軍本部が崩壊した! さらにマリンフォード全体を沈めようとするのを、ヒトヒトの実モデル“大仏”の能力全開のセンゴクが、絶対に阻止せんと立ちはだかる!

第488話

必死の叫び 運命を変える勇気ある数秒
ジンベエが抱える無意識のルフィを赤犬が追い、それを白ひげ海賊団の隊長達が阻む。海兵がさらに投入され、海賊との戦いは止まない。黒ひげとセンゴクの衝突も続く。エース処刑が果たされた後も奪われ続ける命。コビーは悲しみに苦悩する。

第489話

シャンクス見参! 頂上戦争ついに終結
戦争を終わらせにシャンクスが現れた。赤犬にやられた際にルフィが落とした、麦わら帽子を手に。それは元々、10年前にシャンクスがルフィに預けた物…。想い出が脳裏をよぎり、一目会いたいと思うルフィ。だが、今会ったら約束が違うもんなと呟く。

第490話

群雄割拠す!〝新しい時代〟の始まり!
センゴクが叫んだ戦争終結は、海軍本部の「勝利」として世界中に広まる。人々は歓喜し、海賊達は白ひげなき世界へ動き出す。崩壊した海軍本部を前にするセンゴクには、黒ひげがインペルダウンでいかにして仲間を募ったかが報告される。

第491話

女ヶ島上陸 ルフィを責める過酷な現実
マリンフォード頂上戦争で白ひげを倒し、完全勝利した海軍。だが、それを恐れない海賊が各地で暴れ、四皇の一人であった彼が制していた土地を奪っていく。ローの手術を受けるも未だ目覚めないルフィは、政府から逃れるため、女ヶ島へ運ばれる。

第492話

最強タッグ! 奮闘、ルフィとトリコ!
食糧が底をついたサウザンドサニー号が、嵐に流されてたどり着いたハングリラ島。そこでルフィは、美食屋のトリコと出会う。ルフィと上陸したナミたちも、料理人の小松やバトルウルフのテリークロスと冒険! そんな中、ナミと小松がココアラにさらわれてしまう。ルフィたちは全力で後を追う!

第493話

ルフィとエース 兄弟の出会いの物語!
ルフィの故郷フーシャ村の裏に、人々が立ち入ろうとしないコルボ山があった。10年前、シャンクスに憧れ海賊王を夢見てしまったルフィを、ガープは山賊ダダンに育てさせることに。そこにはガープが先に預けていたエースがいた。

第494話

サボ登場!不確かな物の終着駅の少年
ルフィが友達になりたい一心でエースを追うと、ゴミの山「不確かな物の終着駅」に出る。エースはチンピラから大金を奪い、「中間の森」で親友のサボと合流。ルフィも追いつく。そこへチンピラの兄貴分ポルシェーミがやって来て、ルフィが捕まってしまう。

第495話

おれは逃げない エース決死の救出作戦
大金のありかを決して言わないルフィに心が動いたエースとサボは、ポルシェーミに殴り込みをかける! サボがルフィを助けて逃げようとするが、エースは一度向き合ったら逃げないと、ポルシェーミの前を離れない。サボも立ち向かう!

第496話

いつか海へ!三人の悪童 ちかいの盃!
ポルシェーミの一件以来、ルフィはエースとサボに受け入れられ、三人はコルボ山で力を競い「ゴア王国」へ入り駆け回っていた。するとサボが街で声をかけられる。それは彼の父、サボは貴族だったのだ! エースは親友に不信感を抱く。

第497話

ダダン一家との別れ!?完成!秘密基地
相変わらず三人は大暴れ。彼らを預かるダダン一家に心休まる時はなく、さらにガープが顔を出せば、騒動は一層激しくなるのだった。ガープにしごかれる三人の方も命の危険を感じ、ダダンへ「どくりつする」と置き手紙を残して出て行く。

第498話

ルフィ弟子入り!?海賊王と戦った男!
秘密基地を作って生活するようになった三人に、冬が訪れる。海へ出る時は船長!と譲らない三人は、大虎を仕留めた者がなれると戦うことに。現れたのは熊だったが挑み、大ピンチ! 突進する猛獣を止めたのは、年老いたナグリだった。

第499話

大虎との決戦!船長になるのは誰だ!
大虎と戦うも、まだ仕留められないエースとサボ。ナグリのもとで海賊修行をする事にしたルフィは、木を切って足腰が鍛えられ、ゴムゴムの技をずいぶん使えるようになっていた。そしてナグリはエースに、自分が見た海賊王について話す。

第500話

奪われた自由!三兄弟に迫る貴族の罠
秘密基地で嵐を乗り切り、絆を深めるエースとサボとルフィは、傷んだ所を修理する材料を拾いに出る。そこを狙っていたブルージャムはサボを取り囲み、依頼者の貴族であるサボの父に引き渡す。サボはエースやルフィと引き離されてしまう。

第501話

放たれた炎 グレイ・ターミナルの危機
天竜人も乗る世界政府の視察団が来るのを機に、「不確かな物の終着駅」を暮らしている人ごと燃やそうと王族と貴族が企てていると知ったサボだが、父に捕まりエースとルフィに伝えられない。そして夜、ブルージャムの手で火事が起こされる。

第502話

自由はどこにある?少年の悲しき船出
ゴア国王にだまされ町へ入れないブルージャムは、エース達の財宝を狙い、燃えさかる炎の中を襲い来る! ダダンが割って入り救われるエースだが、彼は逃げない! 部下にルフィを連れて行かせ、ダダンはブルージャムに挑むエースに付き合う。

第503話

よろしく頼む!兄弟から届いた手紙!
世界政府の視察団が来る日、サボは海賊旗を掲げて船出した。しかし下々民の船が艦の前を横切ったと怒る天竜人・ジャルマック聖はサボへ砲撃し、さらにとどめの一撃を浴びせる。その頃、エースとダダンが生きて帰ってきた。

第504話

約束を果たすため それぞれの旅立ち
天竜人・ジャルマック聖がサボを撃った。その一部始終を見ていたドラゴンはその夜、ゾロが修行するコウシロウの道場がある港村に停泊する、革命軍の自分の船へ戻る。エースとルフィは、サボの面影をとどめながら成長していく。

第505話

あいつらに会いてェ!ルフィ涙の叫び
時は10年前から、マリンフォード頂上戦争後の現代へ戻る。フーシャ村に帰還するガープをダダンが襲い、エースの命を守れなかったことを責める。その場にいたガープが一番辛いとマキノが庇うと、一番はルフィの奴だとダダンは言う。

第506話

麦わらの一味激震!もたらされた凶報
シッケアール王国跡地でヒューマンドリルの群れに苦戦するゾロに、ミホークが歩み寄る。チョッパー、ナミ、ウソップ、サンジ、ロビン、フランキー、ブルックも、それぞれの場所で新聞等からエース絶命を知り、ルフィを想う。

第507話

冥王レイリーとの再会 ルフィ決断の時
女ヶ島にレイリーが一人で泳ぎ辿り着く。彼はジンベエにおぶられたルフィと再会を果たす。くまの告白、シャッキーのハンコックがルフィに恋したとする女の勘が、レイリーの推察に答えを出したのだ。レイリーはルフィに、ある提案をする。

第508話

船長のもとへ 空島の脱獄と冬島の事件
新聞でエース絶命を知りルフィを思うナミは、三日後にサニー号でとシャボンディ諸島で交わした約束を果たすため、空島・ウェザリアからの脱出を図る。フランキーもバルジモアを出る砕氷船を求め、Dr.ベガパンクの研究所へ侵入する。

第509話

接触!大剣豪ミホーク ゾロ意地の死闘
ゾロが飛ばされたシッケアール王国跡地は、ミホークの住処だった。彼からエース絶命を知り、ゾロもシャボンディ諸島へ戻ろうと懸命になる! ハラヘッターニャで手長族の襲撃に立ち向かうブルックも新聞を読んでいた。

第510話

サンジの受難 王国へと帰還した女王!
ルフィは軍艦を乗っ取り再びマリンフォードへ。トリノ王国から鳥の背に乗りシャボンディ諸島へ急行するチョッパーは、ルフィが起こした事件の記事を見て驚く! ロビンは微笑み、イワンコフに敗れた後のサンジは息を呑む。

第511話

まさかの再上陸!ルフィ海軍本部へ!
マリンフォード「海軍本部」の議事の間では、ブランニューが一同を前にルフィの引き起こした事件を説いていた。数日前、復興中のマリンフォードに突如現れ、レイリーやジンベエとやってのけた、その行動の一部始終が描かれる。

第512話

仲間にとどけ かけめぐる大ニュース!
再びマリンフォードに乗り込み「16点鐘」を行ったルフィの新聞記事が、世界中を駆け巡り、不可解な行動にバギー、ビビ、クロコダイルがその写真を見つめる。シャボンディ諸島ではデュバルが、残されたサニー号を律儀にずっと守り抜いていた。

第513話

動き出す海賊たち!驚天動地の新世界
ローは時期を待ち、ドレークとアプーは新世界に分け入り、ボニーは黒ひげに捕らえられ赤犬に引き渡された。「赤い土の大陸」の聖地マリージョアでは、ドフラミンゴが帽子の幹部に、マリンフォードでモリアが消えたと報告する。

第514話

地獄を生き抜け サンジ男をかけた勝負
新聞記事の写真を通じて伝えられたルフィのメッセージを理解したナミは、度重なる脱出をもくろんでいた小さな空島ウェザリアに残ることにする。フランキーも理解して、Dr.ベガパンクが「兵器的」発明をしていたもう一つの研究所に住み込む。

第515話

まだまだ強くなる!ゾロ船長への誓い
ブルックは見世物として手長族に捕らえられるが、ルフィのメッセージを理解して前向きになっていたため、エレキギターを掻き鳴らし集まった観衆へ一曲披露する。すぐに理解したロビンは、ドラゴンの部下である革命軍とバルティゴへ向かう。

第516話

ルフィ修行開始 2年後に約束の場所で
2年後に魚人島で会う約束をして、ジンベエはルフィのもとを離れる。レイリーはルフィに修行を施す過酷な無人島・ルスカイナへ直行。ハンコックとも別れたルフィに、レイリーは巨大な象を相手に覇気を教える。2年後に向けて!

最後の海 新世界編

魚人島編

第517話

新章開幕 再集結!麦わらの一味
マリンフォード頂上決戦から2年、海賊を休み、覇気を自分のものにする修行を重ねたルフィが、再び麦わら帽子をかぶる。また始まる冒険! それぞれに成長した麦わらの一味が、シャボンディ諸島に姿を現す。

第518話

一触即発!ルフィVSニセルフィ
シャボンディ諸島では、見せかけ…も微妙な子供たちが、麦わらの一味になりすまして大いばり。チョッパーは出会った仲間がニセ者とは分からず着いて行く。ニセルフィにからまれ銃を突きつけられたルフィは、覇気でそれをあしらう。

第519話

海軍出動 狙われた麦わらの一味
海底にある魚人島への航行を可能にするコーティングを終えたサニー号。ロビンが行くと、自己改造をさらに進めたフランキーがいた。ソウルキングとなったブルックはライブ中。ニセ者たちの薄情さに、チョッパーはひとり飛び出す!

第520話

大物集結 ニセ麦わら一味の脅威
ニセルフィが、本物とは知らずにルフィたちへ仕返ししようと、募っていた仲間を集める。その数100人! 電伝虫で報告する海兵をカリブーが発見。ルフィはニセ者に着いて、その場に来てしまう。その頃、ブルックのライブ会場に海軍が突入する!

第521話

戦闘開始!見せろ修行の成果!
ブルックはシャクヤクが手配した「人生バラ色ライダーズ」のトビウオに乗って、海軍が突入したシャボンドームから脱出。ニセルフィの大集会にも海軍が斬り込み、二体のパシフィスタを連れた戦桃丸が、本物のルフィを見つける!

第522話

全員集合 ルフィ新世界への船出
麦わらの一味に迫る海軍を、レイリー、ペローナ、ハンコック、ヘラクレスン、ハレダス、トリノ王国の鳥・エリザベスたちが妨げる。おかげで一味を残らず乗せたサニー号は、魚人島へ向けて出航! 帆を張り、海底へと進んでいく。

第523話

驚愕の真実 サニー号を守った男
カリブーがニセ麦わらの一味にお仕置きし、戦桃丸は麦わらの一味の成長を海軍本部に報告する。レイリーはルフィの姿に、出会った頃のロジャーを想い出し、涙ぐむ。サニー号ではフランキーが、この船を守り抜いた人物の話を始める。

第524話

海中の死闘 現れた大海原の悪魔
サニー号を襲ったカリブー海賊団だが、船を引くモームがルフィとサンジを恐れて逃げ出す。一番乗りしたために取り残されたカリブーによると、海獣に船を引かせるのが上級者というものなのだそうだ。そこでルフィは、現れたクラーケンを手なずけようとする!

第525話

深海で遭難 逸れた麦わらの一味
サニー号の行く手に現れたクラーケンを手なずけようとするルフィは、ギア3で巨大化させた腕を武装色の覇気で硬化させ、ゴムゴムの象銃(エレファント・ガン)を放つ。ブッ飛ばされたクラーケンの中からは、サメのメガロが出てきて…。

第526話

海底火山噴火!流されて魚人島
バンダー・デッケンのゴースト船「フライングダッチマン号」が出現。サニー号を叩こうとするフライング海賊団の大入道ワダツミを、クラーケンが殴り飛ばす! ついにルフィが、手なずけるのに成功したのだ。その時、海底火山が噴火を始め…。

第527話

魚人島上陸 うるわしき人魚たち
魚人島を目前にしたサニー号だが、新魚人海賊団に囲まれてしまう。傘下に入れと言われたのを、キッパリと拒否するルフィ。クー・ド・バーストでサニー号は魚人島へ突入! ところが、あまりの衝撃に、麦わらの一味は散り散りになってしまう!

第528話

興奮爆発!サンジ生命の危機!
崖に上がったナミは、ロビンを抱えたフランキーと合流。ルフィたちはケイミーに助けられ、人魚の入り江に辿り着く。美しい人魚たちに歓迎され、サンジは大喜び! そこへフカボシら、ネプチューン三兄弟がやってくる。

第529話

魚人島滅亡!? シャーリーの予言
人魚に興奮して輸血が必要なまでに鼻血を噴き出したサンジに、血液を提供しようとする人魚や魚人はいない。ようやくチョッパーが人間を酒場で見つけ、サンジは一命を取り留める。ケイミーはルフィとウソップを、マダム・シャーリーに紹介する。

第530話

魚人島の王 海神ネプチューン!
麦わらの一味と同様に新魚人海賊団に迫られ、こちらは軍門に降らざるを得なかった蟹手のジャイロ。彼らが隙をみて逃げ出した! いきりたつムッヒら幹部を制して、新魚人海賊団の船長、ホーディー・ジョーンズが自ら追撃する!

第531話

竜宮城!助けた鮫に連れられて
フランキーによって厳重に樽詰めにされていたカリブーを、人魚たちが解放してしまう。ヌマヌマの実の能力に捕らえられてしまった人魚たち。ルフィが魚人島を滅ぼすという予言があるうえ、彼らには行方不明事件の疑いも掛けられている。フカボシ王子が、麦わらの一味を追う!

第532話

弱虫で泣き虫!硬殻塔の人魚姫
フライング海賊団の船長バンダー・デッケン九世は、リュウグウ王国国王ネプチューンの娘・しらほし姫に求婚していた。10年も武器を投げつけ続け、今日もバラの絵の入ったオノを贈る。彼女の部屋に迷い込んでいたルフィが、それを逸らす!

第533話

緊急事態発生 占拠された竜宮城
シャーリーの未来予知と人魚大量誘拐の濡れ衣は晴れず、リュウグウ王国の兵士は、ネプチューンの招いたナミ、ウソップ、ブルックに槍を向ける! だが、2年間の修行を経た彼らは強い。先に呼ばれていたゾロも加わり…。

第534話

竜宮城激震!しらほし誘拐事件
魚人島への突入時に見失ったサニー号を探しに、フランキーは師匠トムの弟であるデンを訪ねていた。失われた船は潮の流れにより、「海の森」に集まるというが…。そこは、ルフィの策でメガロの口に入って飛び出したしらほしが、行きたがっている場所でもあった。

第535話

ホーディ襲来 復讐計画の始まり
ホーディ率いる新魚人海賊団と、手を組んだデッケンが、竜宮城へと急行する! その頃、ポーネグリフを求めるロビンは、捕らえようと襲い来るリュウグウ王国の兵士を蹴散らしつつ、お魚バスに乗って海の森へと向かっていた。

第536話

竜宮城の決戦!ゾロVSホーディ
「竜宮城」へ乗り込んだホーディたち。すぐにデッケンがしらほしを追い、ネプチューンは嘆く。左腕にアーロンのマークを刻むホーディは、アーロンの意思を継ぐのが「新魚人海賊団」だと宣言! ゾロたちを海水に沈める。

第537話

しらほしを守れ デッケンの追撃
ルフィは海の森へしらほしを連れ出している途中、サンジとチョッパーに再会。“人魚姫”を見てサンジは石化! しらほし救出に一途な魚人島の浜人に、ルフィたちは捕らえられてしまう。そこへデッケンが飛来し…!

第538話

一味敗北!? ホーディ竜宮城制圧
水中でホーディに一太刀浴びせたゾロを、新魚人海賊団が襲う! 竜宮城を明け渡す覚悟のネプチューンは、「人魚柔術ウルトラマリン」を放って海流を作り、部下たちと共に脱出しようとする。ところが、ホーディがそうはさせず…。

第539話

蘇る因縁!ナミと魚人海賊団!
竜宮城へ乗り込む前にホーディと別れて各地へ散った新魚人海賊団の幹部たちが、同時に行動を開始していた。その一部と対峙したフカボシは、怒りを爆発させる。彼の亡き母の写真が、魚人島の民への踏み絵として使われていたからだ。

第540話

奴隷解放の英雄 冒険家タイガー
海の森にたどり着いたルフィ、ナミ、サンジ、チョッパー、フランキーに、ジンベエがある人物について語る。魚人と人間との間に横たわる歴史を変えようと立ち上がった、二人の物語だ。二人の名は、「愛の人」オトヒメ王妃と、フィッシャー・タイガーといった…。

第541話

黄猿登場!タイガーを狙う罠!
海の森で、ジンベエがルフィ、ナミ、サンジ、チョッパー、フランキーに語る二人の物語…。天竜人が住むマリージョアを襲撃したタイガーは、「タイヨウの海賊団」を結成した。その船に、人間の少女・コアラが乗船する。

第542話

チーム結成!チョッパーを救え
深海熱に効くという「海鮮の実」を食べたチョッパーだが、完治していなかった! 海鮮の実は、四季ごとの伝説の食材と一緒に食べて、初めてその効果を発揮するというのだ。ルフィたちはトリコたちと一緒に、四季の食材が実るという中華島にある塔内に潜入する。

第543話

英雄の最期 タイガー衝撃の真実
コアラを故郷へ送り届けるタイヨウの海賊団の航海は、魚人達と少女の楽しい想い出となって積み重なっていく。数週間後、目的のフールシャウト島に到着。コアラを村へ送ったタイガーは、その帰り、海兵に取り囲まれて撃たれてしまう。

第544話

海賊団分裂 ジンベエVSアーロン
タイガーは出血多量で命を落とした。人間を受け入れようと努めたものの、人間からの仕打ちが刻まれた体と心の痛みが、人間の血を拒絶したのだ。恨みを抱いたままフールシャウト島へ飛び出すアーロンは、黄猿と呼ばれる以前のボルサリーノに捕まる。

第545話

揺れる魚人島!漂着した天竜人
ジンベエが世界政府の申し出を受け王下七武海に加入したため、タイヨウの海賊団のうち、彼の意をくんだ者たちは魚人島へと戻ることができた。そんな時、魚人を魚類と言い捨てる天竜人の乗った難破船が、魚人島に流れ着く。

第546話

突然の悲劇!未来を閉ざす凶弾
魚人島に流れ着いた天竜人を助け、地上へ帰す際に同行したオトヒメが、一週間後、無事に戻ってきた。しかも、魚人族の地上への移住を後押しする、天竜人の書状を持って。移住の意思を示す魚人島の民の署名は、爆発的に集まっていく。

第547話

再び現在へ!動き出すホーディ
突然、署名が燃え、オトヒメは撃たれて絶命した。軍の兵士であったホーディが、狙撃犯であろう海賊を仕留め、人間の仕業であったと公表する。こみ上げる怒りの収まらないネプチューンは、鎮まるまで「硬殻塔」に自ら入ることに。

第548話

王国激震 ネプチューン処刑指令
新魚人海賊団の幹部達が、各地でオトヒメの写真を踏み絵にして迫る中、竜宮城からホーディが演説を始める。リュウグウ王国の新しい王になると宣言したのだ! そしてホーディは、ゾロ、ウソップ、ブルックを捕らえているのを見せる!

第549話

生じた亀裂!ルフィVSジンベエ
水責めを受けるゾロ、ウソップ、ブルック。ブルックは2年の間に出来るようになった霊魂になって体から抜け出る技で、竜宮城内へ。海の森では、ゾロたちを助けに行こうとするルフィと、止めようとするジンベエが激突する!

第550話

ホーディの異変 凶薬の真の力!
ホーディは捕らえたネプチューンを海獣に乗せて、処刑の場として宣告したギョンコルド広場へと向かう。息巻く新魚人海賊団の幹部・ダルマ、ドスン、ヒョウゾウ、ゼオ、イカロスも、招集を受け、暴れていた各地から広場を目指す。

第551話

決戦始まる ギョンコルド広場!
ホーディが起こした暴挙を嘆く左大臣。しらほしに失恋したデッケンは、全部まとめてぶっ潰す策を思いつく。ホーディが広場に着くと、ネプチューン軍が銃口を向け、彼が来るのを待ち受けていた!

第552話

衝撃の告白 オトヒメ暗殺の真実
メガロに乗って海の森を出たしらほしとジンベエだったが、ネプチューンを模した風船の罠に掛かり、捕まってしまう。広場ではネプチューンだけでなく、返り討ちにされたフカボシら三兄弟も縛り上げられ、もはや万事休すの状態に陥っていた!

第553話

しらほしの涙!ルフィ遂に登場
10年前、ここギョンコルド広場でオトヒメを撃ったのは自分だと、ホーディは言い放つ。そのことを、しらほしは何と知っていたと言う。真相を見ていたメガロが伝えたのだ。犯人を憎んではいけないというオトヒメの願いを、しらほしは守り抜いていた。

第554話

大激突!麦わら一味VS10万の敵
しらほしもジンベエも捕らえられてしまった。そしてホーディがネプチューンの命を奪おうとした時、ルフィが現れて強烈な蹴りを食らわせた! サニー号と共に、麦わらの一味も勢揃い。海の森でジンベエがルフィに話した作戦通りだ!

第555話

大技炸裂!ゾロ・サンジ出撃!
10万人いる新魚人海賊団の半分を倒したルフィ。残る5万人には、ゴムゴムの巨人の銃(ギガントピストル)を放つ! サンジ、ゾロ、ロビン、ブルック、チョッパー、ウソップ、ナミ、フランキーも戦闘を開始する!

第556話

初披露!サニー号の秘密兵器!
麦わらの一味は、次々と新魚人海賊団を蹴散らして数を減らしていく。フランキーは、ナミとウソップとチョッパーを、サニー号の「ソルジャードックシステム」に呼ぶ。そのチャンネル4と5に、新兵器があるというのだ!

第557話

鉄の海賊!フランキー将軍登場
新兵器のクロサイFR-U4号とブラキオタンク5号は、敵のまっただ中を驀進! しかし、ダルマが掘った「ダルマ落とし」に沈んでしまう。フランキーは二台を合体させ、夢の合体ロボ「フランキー将軍」を完成させる。

第558話

ノア接近!魚人島壊滅の危機!
覇気を使いこなすルフィが、ホーディを圧倒。だが、数百年前に魚人島民が造った方舟ノアが、魚人島に接近中。竜宮城をも上回る超巨大な舟がこれ以上迫れば、包み込むシャボンが割れ、島ごと砕けてしまう!

第559話

急げルフィ!しらほし絶体絶命
デッケンがマトマトの実の能力でしらほしへノアを飛ばしたと明かし、彼女は魚人島から出来る限り離れようと泳ぐ。島から遠ざかる舟にホーディがしがみつく。しらほしを守ると約束したルフィも、サンジに飛ばしてもらってノアへ!

第560話

激闘開始!ルフィVSホーディ!
出来る限り遠くへと海上へ上るしらほし。彼女を追うノアの上で、ホーディがデッケンを刺す! 全速力の人魚にもホーディは追いつき、しらほしの髪を掴まえる。すると、ルフィがフカボシの背に乗って現れ、ゴムゴムの蛇銃(スネークショット)を放つ!

第561話

大乱戦!一味VS新魚人海賊団!
魚人島では、サンジがワダツミと激突! ナミを襲うゼオとイカロスを、ブルックとフランキーが阻む。ウソップとチョッパーのコンビは、ダルマとドスンを返り討ちに。ゾロとヒョウゾウも火花を散らし、大乱戦が巻き起こる!

第562話

ルフィ敗北!? ホーディ復讐の時
ホーディに攻撃されたデッケンが気を失い、ノアを動かしていたマトマトの実の能力が解ける。海上へ上るしらほしを追うのを止めた舟は、魚人島へと落ちていく。そのノアを壊そうとするルフィを、フカボシが止める。

第563話

衝撃の事実!ホーディの正体!
ノアの落下前、魚人島では、ワダツミが巨体をさらに膨らませてサンジを威嚇。ロビンはジンベエの提案で、新魚人海賊団の手下になっている人間の海賊たちを解放していた。そこに、落下が知らされる!

第564話

ゼロに!ルフィへの熱き願い!
人間を恨むホーディ自身は、人間から直接何かされたわけではなかった。大海賊時代を迎えた人間たちが暴れ回った魚人島で生まれ育ち、アーロンの影響を受ける中でタイガーの死を知り、人間への敵意を増幅させていったのだ。

第565話

ルフィ渾身の一撃!火拳銃炸裂
魚人島では、ブルックがゼオと対決。頭を切り離されても魂(チャマスィー)がある限り死ぬことはなく、しかも手長族に研いでもらった魂の喪剣(ソウルソリッド)がある! ウソップもダルマに対して、次々と攻撃を仕掛ける!

第566話

ついに決着!ホーディ最終決戦
ゴムゴムの火拳銃を食らっても立つホーディは、ギア2をしのぐスピードでルフィに迫り、ゴムゴムのジェットバズーカをも受け止める。2発目の火拳銃はもう効かない。ホーディはルフィにさえ止められないのか…!

第567話

止まれノア!決死の象銃乱打!
麦わらの一味が必殺技で吹っ飛ばした新魚人海賊団の幹部たちが、次々と降ってくる。圧倒的な勝利にほっとする魚人島だが、ノアが落ちてきて崩壊間近に! ルフィは舟を破壊しようと、拳を叩き込み続ける!

第568話

未来へ!タイヨウへと続く道!
ルフィが破壊する前にノアの落下を止め、魚人島を救うことになった海王類。彼らはしらほしに、しらほしこそ自分たちの王であると語る。ノアを海の森へと運ぶ海王類は、ルフィの姿にロジャーを重ねて回想に浸る。

第569話

明かされた秘密 古代兵器の真実
新魚人海賊団の10万人を、ネプチューンは罰しようとはしなかった。人間の海賊は解放し、魚人の海賊は魚人島へと招く。目の届かない魚人街は完全に封鎖。その頃、麦わらの一味はサニー号に乗って既に逃げていた。

第570話

一味驚愕!新たなる海軍元帥!
麦わらの一味に感謝する宴が竜宮城で催される中、ロビンに聞かれたネプチューンは、しらほしこそ三つある古代兵器の一つ「ポセイドン」であることを認める。一方、ジンベエは、赤犬と青キジが決闘していたことをルフィに話す。

第571話

お菓子好き!四皇ビッグ・マム
しらほしを襲ったカリブーが盗んでいた竜宮城の財宝を、ルフィたちが回収する。出くわしたのは、協定によってお菓子を取りに来た、ビッグ・マム海賊団のペコムズとタマゴ男爵。ビッグ・マムは「四皇」の一人なのだ。

第572話

前途多難 新世界に待ち受ける罠
ジンベエはネプチューンに、現在ビッグ・マム傘下にいる「タイヨウの海賊団」を、引き離そうと思っていると明かす。ネプチューンは、そのうち麦わらの一味に魚人島を守ってもらえたらと微笑む。

第573話

ついに出航!さよなら魚人島
麦わらの一味の出航が迫っていた。シャーリーが水晶玉で見た「麦わらの一味が魚人島を滅ぼす」という占いは、外れたとは限らない。もっと先のことかもしれないからだ…。港にはしらほしをはじめ、別れを惜しむ者たちが大勢詰めかけている。

第574話

新世界へ!最強の海をめざして
サニー号はグランドライン後半の海・新世界へ向けて上昇していく。順調すぎる航海の中、ナミはゆっくりと入浴。ルフィとウソップは釣りを始める。すると突然、巨大な白い渦巻きが海底に現れ、サニー号を飲み込んでいく!

TVオリジナル

第575話

Zの野望編 小さな巨人リリー!
新世界に入り、不機嫌海域の蜃気楼や天候の急変に翻弄されるサニー号。難を逃れたサニー号に新たな大事件が発生する。サンジの料理が盗み食いされたのだ。犯人は虫ほどの大きさの少女。だが、甲板に出ると巨大化して暴れ出した。少女は意識を取り戻し、リリーと名乗った。巨人族ながらミニミニの実を食べて身体を三段階の大きさに変えられる能力者だという。

第576話

Zの野望編 謎の最強軍団登場!
リリー・エンストマックの父親、パンズフライを乗せた護送船に乗り込み、奪還を試みる麦わらの一味。しかし、シューゾ率いるネオ海軍が突如参戦。三つ巴の戦いになる!

第577話

Zの野望編 決死の大脱出作戦!
パンズフライの身柄をめぐり三つ巴の戦いが始まった。ルフィVSシューゾ、ゾロVSモモンガとの戦いが勃発。さらにパンズフライの命を狙い、ネオ海軍の兵たちが向かってくる。作戦変更を余儀なくされたナミは、海底からの突き上げ、トラストアップストリームを利用して脱出することを思いつく!

第578話

Zの野望編 ルフィVSシューゾ!
ナミの機転により、「トラストアップ・ストリーム」を利用して、無事パンズフライ奪還に成功した麦わらの一味。岩礁群で休憩をとっているところにネオ海軍が襲いかかる!

パンクハザード編

第579話

上陸!燃える島パンクハザード
悪天候の海を航海中、火山が噴火しあたりを火の海にする島に接近するサニー号。突如、電伝虫に救援信号が入る。「寒く、サムライに殺される」と助けを求める知らせだった。そしてその異様な島の名前は「パンクハザード」だという

第580話

灼熱の戦い!ルフィVS巨大竜!
パンクハザードの炎の大地で、伝説の生き物ドラゴンに遭遇したルフィ達。だがそのドラゴンからは謎の声が…。巨大なファイアブレスをものともせず、ルフィとゾロが攻撃をしかける。一方サニー号では、何者かによって毒ガスがまかれ…!!

第581話

一味騒然!衝撃の首だけ侍登場!
ドラゴンの頭部に、下半身だけの人間がはりついており、それが謎の声の主だった。「七武海」のことを叫び、走りだす下半身をつかまえるルフィたち。一方、拉致されたナミたちは、ある施設に運ばれていた。

第582話

驚愕!遂に明かされる島の秘密
ナミたちが出会った頭だけの男は、ワノ国のサムライだった。彼と共に施設を脱出しようとするが、ナミたちの居る場所は島の反対側の雪と氷の世界。途中で、半獣半人のケンタウロスと出会い…。。

第583話

子供たちを救え!一味戦闘開始
大勢の子供たちを前に呆然となるサンジたち。やがて侵入者に子供たちは騒ぎ出す。しかし、フランキーを見ると、ロボだと言って目を輝かせ始めた。首だけの侍が息子のことを尋ねると、子供たちは怯えてパニック状態に。そして、その間にも追跡者が…。

第584話

剣術勝負ブルックVS謎の胴体侍
氷の海を進み、島に到着するG-5の軍艦。過酷なパンクハザードの状況を見ながら、救援信号はたしかにここからだと訝しがるたしぎ。そのころ、湖を渡っていたルフィは、向こう岸で待ち構えているケンタウロスのボス、茶ひげたちを見つけ目を輝かせる。

第585話

七武海!トラファルガー・ロー
スモーカーたち海軍は元Dr.ベガバンクの研究所に着くが、王下七武海の一人、ローと遭遇する。一方逃走中のナミは、子供たちは誘拐されてきたのではないのかと推理する。そしてナミとチョッパーが飛び込んだ部屋には、氷漬けにされた多数の囚人たちが…。

第586話

大ピンチ ルフィ極寒の湖に沈む
ルフィたちを襲ったケンタウロスたち。そのボスは、元海賊の茶ひげだった。そして、茶ひげの砲撃によりボートは転覆、ルフィたちは極寒の湖へ転落する。凍るほどの寒さに加え、泳げないロビンとルフィを抱えるゾロとウソップにさらに危機が…!

第587話

激突!ローVSスモーカー中将
ローの刃の前に倒れたたしぎ。身体を二つに切断されながら、折れた刀で再度斬りかかるが、ローの刃が再び振り下ろされる。それをスモーカーの十手が受け止めたが、攻防の中、ローの刃で十手が跳ね返され、その斬撃は軍艦を両断する!

第588話

2年ぶりの再会!ルフィとロー
ローに心臓を抜き取られ倒れたスモーカ―。その場にナミたちを捜すルフィたちが到着し、研究所の傍でローとルフィは再会し、あらためて礼を言う。ルフィはスモーカーが倒れていることに気づき、声をかける。そこにたしぎたちが駆けつけてきた。

第589話

世界最悪 恐怖の科学者シーザー
この海域で多発する子供の誘拐事件。だが、それはスモーカーには正しく報告されていない。スモーカーは実際に誘拐はあり、報告のすり替えがG-5の内部で起こったと断言した。そして、自分の体を取り返すとともに黒幕を暴くことを決意する。

第590話

史上最強コラボVS海の大食漢
IGOが主催するレース、『天下一食おう会』で優勝したサタンが、優勝賞品のカラットジューウシをルフィやトリコ、悟空にふるまっていると、マンサムから衝撃の事実が伝えられる。大会自体が深海の大食漢アカミィをおびき寄せるために開かれたというのだ。

第591話

チョッパー激怒 M非道なる実験
サムライの姿が見えなくなっていたことに気付いたサンジ。自分の胴体を探しに行ったらしい。サンジは研究所から連れ出した手前、見捨てておけないとブルック、ゾロと捜しに出かける。チョッパーは子供たちの汗から病気の原因を調べ始めるが…。

第592話

一味抹殺! 伝説の殺し屋来襲!
マスターに会うべく研究所に向かったルフィたち。ルフィ不在の研究所跡にマスターの放った刺客クールブラザーズが迫る。一方、モネの報告を受け、マスターはローがルフィたちを島に引き入れたのではないかと疑いはじめる。

第593話

ナミを救え! ルフィ雪山の戦い
さらわれたナミを追って雪山へ向かったルフィ。フランキーの暴走により、偶然にもナミを発見する。クールブラザーズの仕掛けた罠と連続攻撃に苦戦するルフィだったが、ローの加勢により逆転する。ローの目的は一体何なのか?!

第594話

結成! ルフィ・ロー海賊同盟!
ナミを助けたローは、ルフィに打倒、四皇のため同盟を結ぶことを持ちかける。思いがけないことにおどろき、反対する仲間たちだが、ルフィはローを信用、同盟を受け入れる。そのころ、炎の土地ではシーザーによりおそるべき計画が実行されようとしていた!

第595話

M(マスター)を捉えろ 海賊同盟作戦開始
シーザーを捉えるため二手に分かれ、それぞれ動き出したルフィとロー。一方、クールブラザーズの襲撃から生還していた、氷漬けの侍と再会したサンジたちにシーザーの開放した史上最悪の兵器スマイリーが迫る!

第596話

全滅の危機 死のモンスター飛来
海軍VSケンタウロスの戦いに空から乱入したルフィ。スモーカーを相手に戦いを開始するが、たしぎと入れ替わっていることに気づくと戦いを中断する。一方、スマイリーは海軍の軍艦を壊滅させ、ルフィたちの元へ接近していた!

第597話

大激戦 シーザー真の能力発動!
スマイリーの襲来により大混乱となる中、シーザー捕獲に成功したルフィ。次々と繰り出されるガス攻撃をものともせず、勝利したかに見えたが突然意識を失う。一方、サムライの胴体が湖の中にあるとわかったサンジは、危険を覚悟で飛び込んだ!

第598話

炎切り裂く侍!狐火の錦えもん
シーザーによってルフィが意識を失い、さらにローまでもが謎の男に倒されてしまった。一方、湖からサムライの胴体を取り戻したサンジ。元の身体を取り戻したサムライは心からの感謝と共に、周囲に迫るスマイリーの始末を買って出る!

第599話

衝撃!謎の男ヴェルゴの正体!
シーザーに捕えられ、ロー、スモーカーたちと同じ檻に閉じ込められたルフィ。海軍中将のヴェルゴによって、子供の誘拐事件が事故としてすり替えられていたのだ。さらにローによって、ヴェルゴの正体とその背後にいる人物が明らかになる!

第600話

子供達を守れ!迫るMの魔の手
ジョーカーの正体がドフラミンゴだと知っておどろくルフィたち。一方、研究所跡地に現れたシーザーは言葉巧みに子供たちを焚き付けナミとウソップを攻撃させる。反撃できず追い詰められたナミとウソップは子供たちを守ることができるのか?!

第601話

新世界激震 シーザー悪夢の実験
シーザーの手によって、子供たちを連れ去られたナミとウソップ。一方、研究所を目指すゾロたちの前に謎の巨大物体が出現する。分身と合体したスマイリーが迫る中、シーザーによる怖ろしい実験が始まろうとしていた!

第602話

史上最悪の殺戮兵器!シノクニ
シーザーが生んだ殺戮兵器シノクニ。その威力はすさまじく、逃げ惑うケンタウロスたちはもはや全滅寸前。上機嫌のシーザーはルフィにナミやゾロたちに危険が迫るのをみせつけた上でシノクニの餌食にしようと企む!

第603話

反撃開始!ルフィ、ロー脱出
シノクニの威力を見せつけるため、檻ごと外へ出されたルフィたち。海楼石によって力が出ず、まさに絶体絶命かと思われたがローの作戦によって檻から脱出。スモーカ―たちと力を合わせてシーザーに反撃を開始する!

第604話

めざせR棟!海賊同盟快進撃
シノクニが迫る中、研究所で再会した麦わらの一味。どうにかガスの侵入を防いだものの、ローは安全に脱出するにはR棟へのルートを進むしかないと断言する。ナミとサンジも元の身体に戻してもらい、タイムリミットが迫る中、R棟を目指す!

第605話

たしぎの涙 G-5決死の突破作戦
シノクニの恐怖が背後へと迫る中、子供たちを奪い返し、研究所から脱出すべくR棟をめざすルフィたち。だが、その前にG-5の海兵たちが立ちはだかる。一方、シーザーは無情にもA棟の壁を破壊。シノクニのガスが侵入を開始する!

第606話

裏切りの中将!鬼竹のヴェルゴ
部下を失った悲しみを堪え、B棟へひた走るたしぎ。その前に立ちはだかったヴェルゴは無情にもかつての部下たちを手にかける。圧倒的な力の差を見せつけられるたしぎ。その危機を救うべくサンジが駆け付ける!

第607話

白熱の激戦 ルフィVSシーザー
シーザーへ怒りの先制攻撃を放ったルフィ。そのまま一気に捕えようとするが、ガスガスの能力を駆使するシーザーに苦戦。一方、ヴェルゴと対決するサンジにも危機が迫る。はたしてシーザーの放ったガスから逃げられるのか?!

第608話

闇の黒幕!ドフラミンゴ動く
モネに邪魔され、あと一歩のところでシーザーを取り逃がしたルフィ。一方、ローはSADの製造室へ侵入する。ヴェルゴから報告を受けたドフラミンゴは、ローを裏切り者として処分するため、部下を研究所へ向かわせた!

第609話

ルフィ凍死!? 恐怖の雪女モネ!
キャンディをほしがりチョッパーに襲いかかる子供たち。キャンディを処分しようと必死になるモチャ。一方、雪を自在に操るモネに翻弄され、次第に体力を奪われていくルフィ。このまま反撃できず凍死してしまうのか?!

第610話

ぶつかる拳!二人の中将の戦い
海軍の名を汚し、部下たちを裏切ったヴェルゴへ激しい怒りをぶつけるスモーカー。対するヴェルゴも退かず、中将同士の戦いは激しさを増していく。一方、地下のゴミ捨て場に落ちたルフィはそこで小さな影を見つけるが…

第611話

小さなドラゴン!モモの助現る!
研究所の地下『ゴミ箱』でルフィが遭遇した小さなドラゴン・モモの助。元は人間だったと明かされ、おどろくルフィだったが、子どもたちを犠牲にすることをいとわないシーザーの野望に怒り、モモの助と共に脱出を開始する!

第612話

吹雪の死闘 麦わらの一味VS雪女
ロビンたちをかばい、モネの相手を買って出たゾロ。雪を自由に操るモネに手こずりながら、ロビンたちを先へ行かせようとするが、怖ろしい姿に変貌したモネに襲撃され苦戦、その真っ只中にたしぎたちが飛び込んでくる!

第613話

奥義炸裂!ゾロ最強の一刀流!
ロビンたちを行かすべく、モネを足止めするゾロ。邪魔だと言われながら、その場にのこるたしぎ。鋭い牙でたしぎの肩に噛みつくモネに対して、ついにゾロが本気の斬撃を浴びせる!一方、ゴミ捨て場に落ちたルフィも壁を登り続け…。

第614話

友達を守る! モチャ命がけの逃走
チョッパーとの約束を守り、必死に逃げるモチャだったが、先回りした子供たちに追いつかれてしまう。渡すまいと抵抗するものの、力づくで奪われそうになったモチャは危険を承知でキャンディを飲み込んでしまった!

第615話

茶ひげ悲痛!ルフィ怒りの一撃
シーザーの本性を暴露、部下たちの行方を教えるように迫る茶ひげだったが、信じてもらえず苦境に立たされる。シーザーに身動きを封じられた茶ひげの前に現れたルフィは、ドフラミンゴをかさに勝ち誇るシーザーに怒りの拳を放った!

第616話

衝撃の決着! 白猟VSヴェルゴ!
屈辱に怒り、ガスガスの能力で反撃に出たシーザーを怒りの拳で叩きのめすルフィ。一方、『SAD』の製造室ではスモーカーとヴェルゴの熾烈な戦いが続いていた。覇気を纏った攻撃に苦戦、追いつめられたスモーカーに勝機はあるのか?!

第617話

シーザー撃破!最強の灰熊銃(グリズリー・マグナム)!
心臓を奪い返し、ヴェルゴを倒したローは『SAD』の製造室を破壊、ドフラミンゴに宣戦布告する。一方、ルフィへの怒りでついに邪悪な本性をむき出しにしたシーザー。シノクニを送らせ、最後の決着をつけようとする!

第618話

襲来!ドレスローザからの刺客
激戦の末、シーザーを撃破したルフィ。合流した仲間たちと共に、ローの用意した巨大なトロッコで脱出しようとする。そのころ、島の上空にドフラミンゴの放った刺客、バッファローとベビー5が接近、はたしてルフィたちの脱出は成功するのか?!

第619話

大暴れ!無敵のフランキー将軍
研究所の崩壊が迫る中、チョッパーたちの到着を信じて動かないルフィ。一方、タンカーの甲板ではベビー5、バッファローとフランキー将軍のバトルが勃発。武器を駆使する相手を前に、フランキー将軍が無敵の強さを見せつける!

第620話

絶体絶命!パンクハザード大爆発
ついに全員が揃い、命がけの脱出を決行するルフィたち。だが、研究所の崩壊は止まらず、無数の瓦礫に行く手を阻まれ、出口にはなおもシノクニが待ち受ける。まさに絶体絶命のこの危機をルフィはどうやって乗り超えるのか?!

第621話

シーザーを捕獲せよ 将軍砲炸裂
ドフラミンゴの命令を受け、フランキー将軍への攻撃を再開したベビー5。鎌女に変貌を遂げ、巨大な鎌がフランキー将軍のボディに命中する。まさに絶体絶命かと思われたそのとき、フランキー将軍は秘密兵器将軍砲を放った!

第622話

感動の再会! モモの助と錦えもん
シーザーの捕獲に成功、パンクハザードの戦いに勝利したルフィたち。ナミは子供たちのためを思い、家に帰すことをたしぎに託す。そしてシノクニによって死んだと思われた錦えもんだが、奇跡の生還を果たし、モモの助と対面を果たす!

第623話

惜別の時 パンクハザード出航!
楽しい宴も終わり、ついに別れの時がやってきた。名残を惜しむ子供たち、そしてG-5、茶ひげたちを見送り、出航するルフィたち。一方、ローはドフラミンゴにシーザーたちを引き渡す代わりにとんでもない条件をつきつける!

第624話

G5壊滅!ドフラミンゴ急襲!
シーザーと引き換えに王下七武海からの脱退を要求され、怒りに燃えるドフラミンゴはパンクハザードに上陸した。そして、G5を急襲してローたちの行方を聞き出そうとする。部下を守るため反撃に出たスモーカーだったが…

第625話

緊迫!青キジVSドフラミンゴ
間一髪、スモーカーの命を救った元海軍大将青キジ・クザン。激しい戦いになるかと思いきや、ドフラミンゴは手を引き、島を後にする。やがて意識を取戻したスモーカーに、クザンは衝撃的な事実を明かした。

第626話

消えたシーザー!海賊同盟出撃
ドレスローザを目指すルフィたちを急襲する謎の海賊、ブリード。シーザーを奪われ、後を追うルフィとローだが、その前に意外な相手が現れる。はたしてブリードの狙いは?ルフィはシーザーを奪い返すことができるのか?

第627話

ルフィ海に死す!? 海賊同盟崩壊
ペトペトの実の能力者、ブリ―ドの罠にはまり自由を奪われたルフィたち。道具のようにチョッパーを扱うブリードに怒り心頭のルフィ。その剣幕に逆上したブリ―ドは。ルフィとローを命がけで戦わせようと無情な命令を下すのだった。

第628話

大逆転! 炸裂ルフィ怒りの鉄拳
ブリードの無情な仕打ちによって、海中に沈んだルフィとロー。残されたチョッパーたちだが、抵抗むなしく海獣たちに囲まれる。絶体絶命に見えたそのとき、奇跡の生還を果たしたルフィが怒りの一撃をブリードに叩き込む!

ドレスローザ編

第629話

激震!新世界動かす大ニュース
ドフラミンゴの七武海脱退のニュースは瞬く間に各地へと広がり衝撃をもたらす。さらにルフィとローに続き、キッド、アプー、ホーキンスによる海賊同盟が結成されたことが明らかになった。キッドはルフィたちが四皇の誰を狙っているかを気にする。一方、サニー号ではシーザー受け渡しの交渉が始まった。ドフラミンゴに喉から手が出るほど欲しい物を持っていると告げられるルフィ。まんまとペースに乗せられるルフィだが、ローは会話を遮って取引の話を続ける。まずドフラミンゴはシーザーの無事を確認させろと要求した。

第630話

冒険!愛と情熱の国ドレスローザ
ドレスローザへ到着したルフィたちは、スマイルの製造工場の破壊と錦えもんの仲間の侍を救出するチーム、シーザーの引き渡しを行うチーム、サニー号に残って船の安全を確保するチームの3つに分かれて行動することにした。ローはナミにビブルカードを渡し、もしものときにはゾウで待っている仲間の元へ行けと説明する。さらにドレスローザの地図を見せ、それぞれの役割分担に関して説明しようとするが、それが終わらぬ内にルフィたちのチーム、そして船に残るはずだったサンジが、いつの間にか街へと向かってしまう。

第631話

熱狂渦巻く コリーダコロシアム
有り金すべてを賭けて最後の勝負に出た盲目の男。周囲が固唾を飲み見守る中、ルーレットが回り、白に賭けた盲目の男が勝利する。手下たちはまたしても黒だと騙しにかかるが、ルフィが男の勝ちだと指摘する。余計なことを言うなと手下たちが脅し、店内は騒然となるがルフィは気にしない。しかし、面子をつぶされた手下たちは収まらず一斉に襲い掛かかってきた。盲目の男はルフィを下がらせ、先ほどまでとは打って変った表情になり、刀を抜くと次々と手下たちを斬り捨てる。そして次の瞬間、手下たちに異変が起こった。

第632話

危険な恋 踊り娘ヴァイオレット
コリーダコロシアムでは司会者がバトルショーのルールを説明していた。挑戦者たちは各ブロックに分かれて戦い、勝ち上がって挑戦権を得た後、セニョール・ピンク、デリンジャー、ラオ・G、マッハバイス、そしてコロシアムの英雄Mr.ディアマンテらと戦って勝たねばならない。その姿がスクリーンに映り観客たちは熱狂する。一方、ドフラミンゴがメラメラの実を手に入れたことを聞き出したルフィは誰にも渡さないと決意していた。フランキーからチャンスを逃すなと後押しされ、ルフィはバトルショーへの出場を決める。

第633話

最強の無名戦士!ルーシー登場
優勝賞品となったメラメラの実を手に入れるため、コリーダコロシアムで行われる剣闘会に出場することにしたルフィ。単独行動になるルフィが無茶をしないか心配したフランキーは絶対に名前を明かさないよう念を押すが、登録する際に思わず本名を書いてしまいそうになる。結局、ルーシーと名前を偽ったルフィは、係員に案内されて一人で控室に向かう。その姿を見送るフランキーは、何故か落胆していた片足の兵隊に声をかけた。何か知っていると思ったフランキーは工場について聞いてみると。片足の兵隊はあわて始めた。

第634話

海賊貴公子 キャべンディッシュ
ルフィに防具の重量オーバーを教えながら、メラメラの実を手に入れるのは自分だと豪語するキャベンディッシュ。うっかり本当の名前を言ったルフィに控え室は騒然となるが、名札のせいで言い間違えだと思われて事なきを得る。それを聞いていたキャベンディッシュはルフィなら生かしておかないと言う。3年前、2億越えのルーキーとして新世界にデビュー、人々から持てはやされたが、ルフィたち『最悪の世代』の登場でかすんでしまったことを逆恨みし、メラメラの実を手に入れ、後輩たちの命を奪おうと考えていたからだ。

第635話

運命の再会 ハイエナのベラミー
かつて戦ったベラミーと再会するルフィ。一触即発かと思われたが、意外にもベラミーは戦おうとはしなかった。ベラミーから空島へ行ったことを聞かされ、ルフィはスカイピアに手を出さなかったかと聞く。だが、ベラミーは答えをはぐらかし、自分の世界がひっくり返ったと告げた。もはやルフィに恨みはなく、ドフラミンゴの船に乗るためにも優勝すると言うと、お前を笑わないと言い残して試合に向かう。一方、グリーンビットへ向かったシーザー引き渡しチームだが、周囲に生息する闘魚のため、橋の前で足止めされていた。

第636話

超新星!人食いのバルトロメオ
盛大なブーイングをものともせず、観客目がけて何かを投げ返すバルトロメオ。爆弾だと思い込み、先を争って逃げようとする観客たち。しかし、投げ込んだものがただの黒いボールだとわかった観客はさらにヒートアップ、バルトロメオに激しいブーイングを浴びせた。やがて華々しい戦歴が紹介され、ベラミーが登場する。この試合に優勝することでドンキホーテファミリーの幹部になるというのだ。参加者138人が揃い、人数の多さに誰を見ればいいのかと迷うルフィに、キャベンディッシュは自分の見たてを教えようと申し出る。

第637話

群雄割拠!白熱のBブロック!
ガープへの恨みを語るチンジャオと、本物なら命はもらうと詰め寄るキャベンディッシュに挟まれ、逃げ場を失ったルフィ。誤魔化そうとするが通用せず、チンジャオの奇襲攻撃を受ける。咄嗟に避けたものの、今度はどちらがルフィを倒すかを巡って対立、チンジャオの頭突きとキャベンディッシュの名刀、デュランダルが激突する。怒ったルフィはチンジャオを殴るが効果はなく、キャベンディッシュからはこの力はルフィに間違いないと言われる始末だ。なおも暴れるチンジャオだったが、駆けつけたサイとブーが止めに入った。

第638話

一撃必殺!驚異のキング・パンチ
身体に触れることなくハックを倒したバルトロメオ。まさかの大番狂わせに観客席から罵声が飛び交った。リング上では乱戦状態が続き、ブルー・ギリーの蹴りを受けたリッキーが倒れ、刃のない剣を使うことを嘲笑されながらも、ドフラミンゴへの憎しみを口にする。雇われた選手たちは命令に従いブルー・ギリーへ刃を向けるが、ダガマに背後から斬られてしまう。実はダガマはブルー・ギリーと組んで他の選手たちを駒として利用していたのだ。しかし、そのダガマも最後はブルー・ギリーの裏切りで、水中へ落下してしまう。

第639話

闘魚襲来!死の鉄橋を突破せよ
大乱戦の末、Bブロックを制したのはバルトロメオだった。コロシアムに観客のブーイングが飛び交う中、キャベンディッシュたちがいないことを確かめ、ルフィは控室へ戻る。負傷したべラミーを見つけてねぎらいの言葉をかけるが、ベラミーは敗北したのは自分の力不足だと自らをあざ笑う。すでに覇気を始めとするルフィの実力を認めていたのだ。そして、ルフィがなぜ自分を応援したのかとたずねた。偶然、その場を通りがかったバルトロメオは、ベラミーがルフィを『麦わら』と呼んだことを聞き、ただならぬ反応を示す。

第640話

冒険!妖精の島グリーンビット
巨大な植物の生い茂る島グリーンビットへ上陸したウソップたちは、座礁した海軍の船を発見する。やがて海兵が現れるとロビンが言うと、シーザーは海楼石の錠を付けたままでは捕まると怒る。海兵がなぜ島を訪れたのかと意味ありげに尋ねるロビンをはぐらかしながら、ローは取引を続行すると断言した。様子を探るため、ひとまずロビンとウソップが先に森へ入ることになる。偶然、海軍が何者かに身ぐるみ剥がされる現場に居合わせ、目にも止まらぬスピードで動く物体を捉えるロビン。その手にはなんと小人の姿があった。

第641話

知られざる世界 トンタッタ王国
傷つき倒れながらも信念を曲げずヴァイオレットを信じるサンジ。男たちはどこまでだまされるのかとサンジをあざ笑い、全員で襲いかかるが、ヴァイオレットの技で気絶する。ヴァイオレットはサンジの錠を外し、涙を浮かべ敵である自分を信じてくれたことに礼を言う。ヴァイオレットの身を案じたサンジは一緒に島を出ようと説得する。しかし、ヴァイオレットはサンジたちがすでにドフラミンゴの罠にはまり、行動は全て筒抜けだったと教えると自分の頭の中をのぞかせた。そこにはおどろくべき事実が記されていたのだ。

第642話

世紀の謀略 ドフラミンゴ動く!
シーザー引き渡しまであと2分。ドフラミンゴを待つローのもとに、サンジから連絡が入った。ドフラミンゴを裏切ったヴァイオレットと一緒に逃げ回るサンジたちは、組織の追跡に苦労している真っ最中だったが、入手した情報は一刻を争うものだったのだ。その情報とは、ドフラミンゴが王下七武海を脱退していないという衝撃的なものだった。あまりの衝撃に状況がつかめないロー。話は少し時間をさかのぼり、ヴァイオレットの能力でサンジが見せられた映像、麦わらの一味がドレスローザに到着する少し前の出来事だった。

第643話

天地ゆるがす!大将藤虎の実力
ドフラミンゴと海軍大将藤虎に挟まれ、まさに絶体絶命となったロー。藤虎はシーザーがドフラミンゴの部下なら恩赦だと判断した。そして次にローについて言及する。藤虎はルフィと同盟を組んでいれば黒、部下ならば白で捕えないという。ひとまずローは時間を稼ぐため同盟だと答える。ならば逮捕すると藤虎が刀を抜いたその瞬間、上空から巨大隕石が落ちてきた。その場にいた全員が散り散りに逃れたかに思えたが、土煙が収まり、ロー、藤虎、ドフラミンゴの3人だけが足場と共に現れる。藤虎はほんの腕試しだと告げた。

第644話

怒りの一撃! 巨人VSルーシー
ドンキホーテファミリーの幹部、アトアトの能力者ジョーラの急襲を受けたサニー号。男部屋の変わりようにおどろくナミたちだが、ジョーラのイメージの塊をぶつけられ、今度は自分たちがとんでもない姿に変えられてしまう。ジョーラに元に戻せと詰め寄るナミ。逆にジョーラはモモの助を渡せば元に戻すとナミに取引を持ちかけるが、従わないとみて、再びイメージの塊を投げつける。ナミが抜け穴の蓋でそれを防ぎ、みんなは甲板から逃れた。隙を見たチョッパーがソルジャードッグシステムを動かし、全員が海上へと脱出する。

第645話

破壊砲炸裂!ルーシー危機一髪
渾身の一撃を放ち、巨人族の戦士ハイルディンを倒したルフィ。まさかの勝利にレベッカをはじめとする誰もがおどろき、割れんばかりの歓声が上がる。しかし、ルフィは応えようとせず、倒れたブルータルブルにねぎらいの言葉をかけると、安全な場所へ運ぶ。一方、イデオは倒れたハイルディンを一瞥すると、破壊砲で場外へ吹き飛ばした。爆発に劣らないパンチの威力を見せつけ、優勝するのは自分だとファイティングポーズを取ってルフィを挑発するイデア。その力を認めたのか、ルフィも毅然とした表情になって構えた。

第646話

伝説の海賊 首領・チンジャオ!
大混乱となったCブロックは、残る40名あまりが激しい接戦を繰り広げ、戦いは終盤に差しかかろうとしていた。ルフィから兜を奪った追剥のジャンは、首領・チンジャオから命を狙われるルーシーこそ、本物のルフィに違いないと武器を拾い集め、その命を奪う機会を伺う。一方、快進撃を続けるケリー。実はケリーが巨大化したかに見えていたが、ジャケジャケの能力で弟のボビーに自分を着せ、その人格を乗っ取っていたのだ。この姿こそ殺し屋ファンク兄弟の正体で、凶暴かつ圧倒的なパワーによって、ブーをKOしてしまう。

第647話

光と影 ドレスローザに潜む闇!
覇気のぶつかり合いによって、ほとんどの選手たちが場外に飛ばされた。残るのはルフィとチンジャオのみ。攻撃の手を緩めようとしないチンジャオだったが、いきなり声を上げ、大粒の涙を流し始めた。呆気にとられる観客たち。そしてチンジャオは自分からすべてを奪ったガープへの恨みを晴らすと言うと、ふたたびルフィに襲い掛かかる。一方、コロシアム周辺では錦えもんとサンジが思わぬ足止めを食っていた。出入り口を始め、付近にはバトルショーに出場した犯罪者たちを捕えようとする海兵たちで固められていたからだ。

第648話

出撃 伝説のヒーローウソランド
思わぬことからロビンと共に、伝説のヒーロー、ウソランドとしてトンタッタ族を率いて戦うことになったウソップ。案内された地下通路はグリーンビットからドレスローザへと通じていて、間もなくエアポートへ到着する。すでに離陸を待つばかりのイエローカブ、ピンクビーの昆虫部隊が集結、ウソップたちもリニアフォックスに乗って出撃した。トンタ長であるガンチョはウソップとロビンの元に現れ、一緒に戦ってくれることに礼を言うと、ドフラミンゴとトンタッタ族の因縁は10年どころか、約900年前に遡ると語り始める。

第649話

激戦決着 ルーシーVSチンジャオ
Cブロック勝者の座を賭けたルフィとチンジャオの一騎打ち。互いの技が激しくぶつかり合い、素早い動きはもはや観客たちには見ることすらできない。しつこい攻撃にうんざりしながらも、その強さに感心したルフィだが、それがきっかけでチンジャオを逆上させてしまう。かつての自分の強さはこんなものではなかったと、なおもルフィにガープへの憎しみをぶつけるチンジャオ。ルフィに事情も知らずにわかるはずがないと言い返され、意を決したように30年前、ルフィの祖父ガープと自分の間に何が起こったのか語り始めた。

第650話

ルフィと宿命の剣闘士レベッカ
チンジャオとの一騎打ちに勝利してCブロックの勝者となったルフィ。すでにABブロックからはバージェス、バルトロメオが決勝戦への出場を決めており、残るはDブロックの試合のみ。しかし、ルフィとチンジャオのバトルでリングは大破したため、試合は一時中断となった。控室に戻ろうとしたルフィを、キャベンディッシュが襲い大騒ぎになる。一方、野次馬たちがルフィのことをバカにするのを聞いたバルトロメオは烈火のごとく怒り、バリアで締め上げるとルフィを海賊王になる男だと、かつて自分が見た光景を語り始めた。

第651話

守り抜く!レベッカとおもちゃの兵隊
レベッカが守りたいと願うおもちゃの兵隊とコロシアムで出会っていたことに気づくルフィは、何故そこまで心配するのかと尋ねる。するとレベッカは、ここではおもちゃも人間と同じで、恋人や友達のいない人に寄り添い、深く結びついているのに何故一緒に暮らせないのかわからないと言い、幼い頃に母親を失い、自分を育ててくれた片足の兵隊は、もはや親も同然の大切な存在なのだと話す。まもなく試合の再開を告げるアナウンスが流れた。レベッカはルフィと再会することを約束し、戦いの場であるコロシアムへと向かう。

第652話

最後の超激戦区 Dブロック開戦
観客たちが容赦ない罵声をレベッカに浴びせるのを聞き、怒るルフィ。同じく腹に据えかねたキャベンディッシュが、命を奪いたければ自ら武器を取ってリングへ上がれと観客たちを一喝する。その直後、観客たちの態度は一転、割れんばかりの歓声でキャベンディッシュを褒め称えた。これにはキャベンディッシュを苦手なルフィも感心する。庇ってくれた礼を言うレベッカに、試合が始まれば敵同士だと言いながら3年ぶりに人気を得たことで上機嫌のキャベンディッシュ。そして、137名によるDブロック開始のゴングが鳴り響く。

第653話

決戦!ジョーラVS麦わらの一味
ローからシーザーの心臓を奪い返したドフラミンゴは、世界政府の成り立ちを語り始める。現在の世界政府は800年前、20の国の王により作られ、後にアラバスタ王家を除く19の王家が創造主として聖地マリージョアへ移住した。その末裔が天竜人で、ドンキホーテ一族こそが、リク王一族の前にドレスローザを治めていたというのだ。一方、サニー号では、ジョーラの芸術に感動したブルックが協力を申し出る。だが、それはブルックの芝居で、バイオリンと弓を元に戻してもらうと、一瞬でジョーラを斬りすて、ナミたちを救い出す。

第654話

美剣! 白馬のキャベンディッシュ!
苦戦の末、ジョーラを倒してサニー号を取り戻したナミたちだが、扱いに困っていた。ローの真意がわからず考えを巡らせるも結論は出ない。ひとまずローの元へ急ぐが、意識を取り戻したジョーラの口からドフラミンゴの罠が明らかになる。ドフラミンゴは七武海を辞めてなどおらず、今頃は罠にかかった他の仲間たちも全員捕えられているというのだ。一方、コロシアムではDブロックの試合に観客が熱狂していた。首はねスレイマン、冒険家オオロンブス、さらに剣闘獅子、女性剣闘士アキリアなど、実力者たちがしのぎを削る。

第655話

大激突!サンジVSドフラミンゴ
ドフラミンゴの急襲から間一髪、ナミたちを救ったサンジ。灼熱の蹴りを放つが、ドフラミンゴの操る糸に邪魔され、空中に放り出される。ドフラミンゴはサンジに見せつけるようにサニー号へ接近、そうはさせまいと急いで戻るサンジだが、焼鉄鍋スペクトルの連打も通じず、ドフラミンゴの糸に絡め取られ身動きできなくなってしまう。何が起きたかわからずおどろくナミたちに、ジョーラはもうサンジは死を待つばかりと高笑いする。サンジは混乱するナミたちに逃げろと叫ぶが、その命を絶とうとドフラミンゴが狙いを定めた。

第656話

レべッカ必殺剣!背水の剣舞
ナミたちをゾウへ向かわせ、ドフラミンゴと対決したロー。海賊同盟を組んだ真の目的を明かし、ローはジョーラを解放する。13年前の因縁を逆恨みだと罵倒され、怒りに燃えるローは恨みではなく、ある人の本懐を遂げるため、今まで生きてきたのだと叫び、ドフラミンゴに斬りかかった。すさまじい戦いが繰り広げられ、橋が崩壊するが決着はつかない。一方、追手から逃れ、一路ゾウを目指すサニー号では、フランキーと連絡を取っていたサンジが、モモの助の姿がいつの間にか竜に変わっていて、様子がおかしいことに気づく。

第657話

最凶の戦士!ローガンVSレベッカ
ルフィ捜しに奔走するバルトロメオ。しかし、肝心のルフィは見つからず、探し回るうちに地下医療待合室を発見する。一度は中に入ったが、ルフィがいるはずもないと部屋を後にする。一方、サイは未だチンジャオが戻らないことを問い詰めていたが、出口が奥にあるため戻ってこないと説明され納得してしまう。そして、検査のためベッドに上がったサイだが、突如、地下へ落とされ、チンジャオや治療を受けていたはずの選手たちと再会する。キング・パンチすら通じないほど地下深く、脱出不可能なこの場所は一体なんなのか?

第658話

衝撃!おもちゃの兵隊の正体!
思わぬ形で憧れのルフィと遭遇したバルトロメオ。感激で言葉にならないものの、どうにかルフィを呼び止める。そのころ、地下にはなおも敗者たちが落下していた。困惑する敗者たちの中で、ドレスローザの軍団長タンクはリッキーに膝まづき、リク王ではないかと尋ねる。兜を脱ぎ自分がリク王だと認めるリッキー。タンクは涙を流してドフラミンゴに下ったことを詫びるが、リク王はヴィオラを守るためだとねぎらう。リク王との再会を喜ぶエリザベローは、リク王が消えて国同士のバランスが乱れ、戦争が絶えないことを嘆く。

第659話

戦慄の過去!ドレスローザの秘密
どうにかルフィに追いついたバルトロメオ。ゾロからの伝言を伝え、道案内を買って出る。そのころ、花畑ではレベッカの父、片足の兵隊が10年前の事件の真相が語りはじめていた。かつて、貧しいながらも互いに助け合い、深い絆で結ばれた国ドレスローザでは、リク王一族が治める800年もの間、一度も戦争が起こらなかった。しかし、気づかないうちに、恐るべき計画が進み、その先兵としてモネが王宮に送り込まれたと聞き、ウソップとロビンがおどろく。そして、突如、舞い戻ったドフラミンゴにより平和な状況が一変する。

第660話

悪夢!ドレスローザ悲劇の一夜
ドフラミンゴの罠にはまり暴走するリク王。さらに兵士たちまでもが加わったことで被害者が続出する。国中のパニックを鎮めるため、ドレスローザは海軍の出動を要請した。目の前で繰り広げられる惨劇に目を疑うヴィオラだったが、侍女として入り込んでいたモネによって人質に取られ、王宮内へのドフラミンゴの部下たちの侵入を許してしまう。一方、ドフラミンゴの意のままに操られ、無念の涙を流すリク王は、自らの手で人々を傷つけることに耐え切れず、死すら願い絶叫する。しかし、その悲痛な叫びは誰にも届かなかった。

第661話

七武海対決 ローVSドフラミンゴ
場内を駆けずり回りようやくゾロ、錦えもんと再会したルフィ。幹部になるため、ルフィの命を狙うベラミーだったが、試合中に応援されたこともあり踏み切れずにいた。思わずナイフを落とすベラミー。その音で振り向くルフィだが、そこにはナイフだけが残されていた。立ち去ろうとするべラミーの前にデリンジャーが現れる。デリンジャーからドフラミンゴが自分の始末を命令していたと聞かされ耳を疑うベラミー。血相を変えるべラミーだが、豹変したデリンジャーのすさまじい蹴りを食らい、勢い余って壁に叩きつけられる。

第662話

両雄相まみえる!麦わらと天夜叉
白昼堂々、瀕死のローに銃弾を撃ち込んだドフラミンゴは、周囲の人々に今回の『王位放棄誤報事件』の犯人であるローを処刑したと説明する。それを聞いた人々は胸をなでおろすと口ぐちに喜びの声を上げた。変わり果てたローの姿に、怒りをあらわにするルフィに、元の部下へのけじめをつけたとうそぶくドフラミンゴ。すぐにローを奪い返そうと飛び込むゾロと錦えもんだったが、ゾロは藤虎によって地中に落とされ、錦えもんはドフラミンゴに阻まれ失敗、加勢しようとしたルフィだが、海楼石の鉄格子に邪魔され力が出ない。

第663話

ルフィ驚愕 エースの意思を次ぐ男
ベラミー抹殺をドフラミンゴの命令だと明かし実行にかかるデリンジャー。にわかに信じられないベラミーは、逃げ出すが追いつかれる。ベラミーをあざ笑い、とどめを刺そうとするデリンジャーだが、バルトロメオのバリアに阻まれる。逆上してバリアを蹴破ろうとするがびくともせず、さらにラオGたちと工場を守れとの連絡に捨て台詞を残して去る。ドフラミンゴへの忠誠を踏みにじられ、涙を流すベラミーはバルトロメオに戦った相手をなぜ助けるのかと聞く。バルトロメオは一度戦えば戦友、自分は友を見捨てないと告げた。

第664話

SOP作戦開始 ウソランド突撃
オモチャに変装して街中を走るルフィたち。号泣するルフィを見て、面食らうゾロと錦えもん。ルフィは兄弟の絆は生きていたのだと泣き笑いで答える。一方、SOP作戦を開始したウソップたちだが、交易港へ続く地下通路が狭く、フランキーの身体では通れない。こうなれば王宮の下にある『オモチャの家』より入るしかない。兵隊から、家とは名ばかりで、囚われの小人たちと共に夜通し働かされていると聞いたフランキーは同情のあまり号泣、自分が騒ぎを起こしている間にシュガーをしとめろと、囮役を買って出た。

第665話

熱き思い レベッカVSスレイマン
激戦のDブロックも残るは30名あまりになっていた。かつて『ディアス海戦』の英雄、今では戦犯として国を追われ人斬りとなったスレイマンと戦うレベッカだが、背水の剣舞も通じず圧倒的な力の差を見せつけられる。剣を失い、まさに絶体絶命のそのとき、飛び込んできたアキリアが自らを盾にしてレベッカを救った。処刑を邪魔されたスレイマンは怒り、アキリアをめった切りにする。駆け寄ったレベッカに必ず決勝へ進むように告げ、意識を失うアキリア。その思いに応えようとレベッカは涙をぬぐいスレイマンに立ち向かう。

第666話

勝者決定!? Dブロック衝撃の結末
一瞬の間に選手全員が倒れるという異常事態が発生した。ただ一人、立ち上がり勝者となったレベッカだったが、納得しない観客たちから激しい罵声を浴びせられる。それを見ていたバスティーユは部下たちにかつて、ロンメル王国で起きた『ロンメルのカマイタチ』について語る。それは、夜ごと人を切り裂く風が吹くという怪事件で、出動した海軍も犠牲者が続出した。ハクバという男が犯人だと突き止めたが、捕えることはできなかった。しかし、ハクバは行く先々で事件を起こし、そこには必ずある海賊が現れていたという。

第667話

大将の決断 藤虎VSドフラミンゴ
予選が終了し、決勝戦の開始を待つコロシアムでは、突如、出場選手の変更が告げられた。幹部たちの欠場に不満の声を上げる観客たちだが、ディアマンテの参戦に歓声を上げる。一方、辛くも勝利したレベッカは、負傷者の手当てでごった返す中、タンカで運ばれるアキリアに胸の中で礼を言い、そっと見送った。やがてルーシーに気づくレベッカだが、偽物だとわかって身構える。しかし、謎の男は悪いようにはしないと耳打ちした。バルトロメオと共に去った謎の男もまた、この国が俺たちの国と似ていると意味ありげにつぶやく。

第668話

決勝開始 英雄ディアマンテ登場
決勝開始が迫り、各ブロックの勝者たちの入場が始まった。謎の男が成りすました偽者と知らず、ルーシーに声援を送る観客たち。続いてバルトロメオ、バージェス、観客たちから罵声を浴びながらレベッカが入場する。最後に登場したディアマンテは、派手な登場とパフォーマンスで観客たちを煽り、場内のムードを盛り上げた。レベッカを挑発するディアマンテだが、突如、乱入してきたDブロックの敗者たちが試合を無効だと難癖をつけレベッカに襲いかかろうとすると、興業の邪魔をするなと言い放ち、その前に立ちはだかる。

第669話

動く城! 最高幹部ピーカ出現!
ドフラミンゴのいる王宮へと向かう途中、錦えもんとウィッカはオモチャの家へ向かい、ルフィたちは王宮へ続く通路を急ぐ。すると突如、振動と共に明かりが消え、石の壁が盛り上がると中から巨大な岩石人間が現れた。おどろくルフィに、ヴィオラは最高幹部の一人でイシイシの実の能力者ピーカの姿だと説明する。無言のまま、ルフィたちを一瞥すると、巨大な拳を振り下ろすピーカ。そのすさまじい一撃を一度でも食らえばただではすまない。しかし、逃げ回ることなどできないと、ルフィは覚悟を決めて戦闘体勢に入った。

第670話

竜の爪炸裂!ルーシー脅威の一撃!
地下幹部塔前では物陰に潜んだレオたちが、シュガーを気絶させるチャンスを伺っていた。隙を見て動き出したレオだが、トレーボルが一撃で背後のハエを叩き落とすのを見たロビンが引き止める。コロシアムでは、メラメラの実の入った樽をつけた01闘魚が浮上、他の魚も追従するように集まり選手たちに襲いかかった。それを軽々と倒し、実力を見せつける選手たち。しかし、レベッカだけが01闘魚にはじき飛ばされ、メラメラの実を巡る戦いは、01闘魚の頭上に飛び移った偽ルーシーと、それを狙うバージェスの一騎打ちになる。

第671話

打倒シュガー 小人の兵隊突撃!
ピーカの相手を引き受け、ルフィとヴァイオレットを王宮に行かせたゾロだが、何度、身体を切り崩そうとすぐさま再生するピーカに苦戦していた。ラオGと片足の兵隊たちを乗せたリフトは王宮一Fへ到着する。地下交易港のスマイル工場では、小人たちがマンシュリー姫の病気を治すためだと騙され、ロクな休みも与えられずに重労働させられていた。不良品を見咎められ鞭で打たれながらも、姫に会わせてほしいと懇願する小人たちだが、見張りの男から病気がうつったら大変だとうまく言いくるめられ、あっさりと騙されてしまう。

第672話

最後の光 我らが隊長の秘密!
城と一体化したピーカにより苦境に立たされたルフィたちだったが、ゾロがその場を引き受け、ルフィはヴァイオレットを連れてドフラミンゴを倒すべく王宮へとひた走る。そのころ交易港ではロビンに一杯食わされたトレーボルが幹部塔を破壊して大混乱となっていた。一方、コロシアムでは背水の剣舞を捨てディアマンテに攻撃を仕掛たレベッカだが、刃のない剣で通じるはずもなく返り討ちにあってしまう。血を流し倒れ伏すレベッカをあざ笑うように、ディアマンテはレベッカの母の最期とオモチャの兵隊のことを語りはじめた。

第673話

破裂人間 グラディウス大爆発!
ルフィたちを王宮へ行かせて残ったゾロは、何度切り崩しても再生するピーカに苦戦していた。一方、王宮1階ではピーカ軍の幹部グラディウスが出現、片足の兵隊を逃がすために二手に別れて突っ込んだカブとランポーは捕まって、グラディウスが起こした爆発の餌食となった。二人の気持ちを無駄にしないために振り返らず進む片足の兵隊だが、追いつかれて首を掴まれ吊るし上げられてしまう。もがく片足の兵隊に、グラディウスは自分がパムパムの能力者で、自身の身体と触れた無機物を破裂させることができると教える。

第674話

ウソつきウソランド逃走中!
シュガーにタタババスコを食べさせるのに失敗、オモチャにされたロビンは最後の望みをウソップに託す。一方、デリンジャーや海兵たちを相手に暴れるフランキーだったが、このまま追手を連れて地下へ行けば、小人たちの邪魔になると考え、ここに踏みとどまることを決意する。トンタッタ族の小人たちのことを千里眼で見たヴァイオレットは顔を曇らせるが、ルフィはウソップがいるなら大丈夫と言う。そのころ、ウソップはこの場から逃げ出そうとしていたが、電伝虫が拾った小人たちが自分の名を呼んでいる音声を聞いてしまう。

第675話

運命の出会い キュロスとリク王
トレーボルを攻撃、かなりのダメージを浴びせたかに見えたウソップだが、すぐさま復元され慌てふためく。一方、ヴァイオレットからリク王が偽名を使い、試合に出場していたと聞かされた片足の兵隊は、出会ったころを思い出していた。かつて、親友の命を奪われたキュロスは復讐を果たし、警備兵たちに追われていたところをリク王に引き取られる。そして、わけもわからないまま剣闘士としてコロシアムの試合に出場した。勝利を収めたキュロスの素質を認めたリク王は、剣闘士として100勝すれば仮釈放することを約束する。

第676話

作戦失敗!英雄ウソランド死す!?
王宮に火の手があがる。異変を察したキュロスはスカーレットに合流場所を言い残して王宮へ向かうが、すでに城はドフラミンゴの手に落ちた後だった。ヴィオラも捕えられて、モネにより案内された先には、捕えたリク王と、ドフラミンゴファミリーが待ち受けていた。さらにキュロスは足に海楼石の錠をはめられて動きを封じられてしまう。剣で切り付けても壊れず、捕われたキュロスに部下になれと迫るドフラミンゴ。断るキュロスだが、ドフラミンゴはすでに王家の血を引くスカーレットたちの元にも部下を差し向けていた。

第677話

伝説復活!キュロス渾身の一撃
シュガーの気絶によりホビホビの呪いが解け始めた。慌てふためき、シュガーを起こそうとするトレーボル。しかし、すでに遅く、まもなくロビンや片足の兵隊をはじめ、国中のオモチャたちにされた者たちが元の姿へと戻り始めていた。その様子を見て、ルフィたちにSOP作戦の成功を伝えるヴァイオレット。地下の交易港ではキャベンディッシュをはじめ、バトルショーの参加者たちも自由を取り戻す。そして、各地では元の姿となった海賊たちが、今まで虐げられた恨みをはらすべく、ドフラミンゴ一味に逆襲を開始していた。

第678話

火拳炸裂!復活メラメラの実の力
一刀のもとドフラミンゴの首を斬り捨てたキュロスは、すべての偽りを終わらせると叫ぶ。先を越されたとぼやきながらも、ヴァイオレットを連れて、ローの救出に飛び込むルフィ。一方、コロシアムでは大混乱が続く中、ホビホビの呪いが解けたレベッカは、父・キュロスのことをようやく思い出し、家族が幸せだったころの記憶を取り戻す。謎の男はそれこそがこの国のからくりで、物には核があると言うと、何かを探すように拳で床を叩き始めた。やがて、謎の男は試合にけりをつけると言い、拳に覇気を纏わせ地面に一撃を放つ。

第679話

颯爽登場 革命軍参謀総長サボ!
ウソップの指示に従い、トンタッタの小人を救出、スマイル工場の破壊を実行しようと突き進む海賊たち。そうはさせまいと気絶したシュガーを回収して工場へ先回りするトレーボル。一方、メラメラの実を奪われ面目を失ったディアマンテの前にオモチャだった者たちがなだれ込んでくる。謎の男に救われ、合流したコアラと共に地下の交易港へ潜入したレベッカ。そこにはショーの出場者だったハックが待ち受けており、驚いたレベッカは謎の男の正体と偽ルーシーについて尋ねた。自分たちを革命軍だと明かした謎の男、その正体はかつて、船を天竜人に砲撃され、死んだと思われていたサボだったのだ。

第680話

悪魔の罠 ドレスローザ殲滅作戦
ウソップの指示を遂行すべく、工場へ向かった海賊たちだったが、待ち構えていたディアマンテとトレーボルに反撃され、壊滅寸前に追い込まれてしまった。一方、王宮では話し始めたドフラミンゴめがけ、再度キュロスが斬りつける。だが、その背後から別のドフラミンゴが出現、キュロスを狙って蹴りを放つが、間一髪、割って入ったルフィによって救われた。二人のドフラミンゴが現れたことに驚くベビー5。キュロスに討たれたドフラミンゴは糸でできた偽物だったのだ。偽の身体を操り、ルフィに攻撃が迫る。

第681話

五億の男 狙われたウソランド!
ドフラミンゴの鳥カゴによって、脱出はおろか通信さえも断たれたドレスローザ。さらに寄生糸に操られた人々の無差別攻撃により犠牲者が続出、国中が大混乱となっていた。人々の恐怖心を煽り、全員がこのまま死ぬか、ルフィたちを捕えてゲームを終わらせるかの二択をつきつけるドフラミンゴ。操られた海兵の糸を切断、無言のまま考え込む藤虎。目の前の惨劇に、人々はかつてのリク王や軍もドフラミンゴに操られていたことを知る。一方、地下交易港では錦えもんがロビンたちと合流、連れて戻ったカブたちをレオに引き渡す。

第682話

敵陣突破 ルフィ・ゾロ反撃開始
多額の懸賞金により、島中の人間から追われる身となったルフィたち。ロビンはレベッカ、ウソップを連れてルフィたちと合流しようとするが、サボとコアラは姿を消してしまう。ローはこのままではカイドウを怒らせ、戦うことになると忠告するが、ルフィはそんな先のことより、今この国がどうなっているか見ろと反論する。そして、ローとゾロを抱えて動き始めた。そのころ、バスティーユはドフラミンゴを捕えないのかと尋ねていたが、藤虎はあくまでも暴動を抑え、捕えるのはルフィとローの海賊同盟だと言い放っていた。

第683話

大地鳴動 破壊神巨大ピーカ降臨
敵のまっただ中に着地してしまったルフィたち。行く手を藤虎に阻まれるものの、ルフィが先制攻撃を仕掛ける。硬化させたルフィの拳と藤虎の刀が激突、どちらも一歩も退かない。一方、王宮のドフラミンゴの元へ、ルフィたちと海軍が交戦中との報せが届く。ドフラミンゴの対応を手ぬるい、始末は自分が引き受けると告げるピーカ。だが、ドフラミンゴはこのゲームこそ、国民にどちらの王が相応しいか選ぶゲームだとうそぶく。納得しかねるピーカ。その巨体に似合わない甲高い声に。こらえきれず手下の一人が笑ってしまう。

第684話

大集結!ルフィと凶悪戦士軍団
怒りに燃えるピーカの一撃がルフィたちに襲いかかった。すさまじい轟音と震動によって街は崩壊、王の大地をはじめ、ドレスローザ各地に多大な影響を与える。ロビンの張ったスパイダーネットから落下、間一髪のところでレオとロビンに救われ命拾いするウソップ。一方、ピーカによって飛ばされたゾロは、運よく建物の先にひっかかっていたルフィたちと合流した。ピーカの巨大さに呆れながら、せめて倒し方だけでもわかればとぼやくゾロ。すると、その背後からいきなりキャベンディッシュが現れ、ローに斬りかかってきた。

第685話

快進撃!ルフィ軍団VSピーカ!
同時攻撃によってピーカの腕を粉砕したエリザベローとチンジャオ。降り注ぐ瓦礫により町が大混乱となる中、破片の雨を掻い潜り突っ走るウーシー。このまま一気に王宮をめざそうとするルフィだが、いつのまにか同乗していたアブドーラとジェットに気づく。ウーシーに負担がかかるからと降りるように言い放つが、二人は同行を希望して降りない。一方、ルフィたちを行かせまいと銃で狙うピーカの手下たちだったが、ルフィの後を追ってきた海賊たちによって次々と倒されていく。その勢いはもはや誰にも止められなかった。

第686話

衝撃告白!ロー熱き魂の誓い!
ピーカの相手をゾロに任せ、王宮へと突き進むルフィ。石像の動きが止まった今がチャンスだと、手下たちをなぎ倒し後に続く海賊たち。王宮前には藤虎率いる海軍が、その先にはファミリーの幹部たちが待ち受ける。状況を見たベビー5は戦局が、海賊たちコロシアム軍団、キュロス、ゾロとピーカ、ルフィとローの四か所だと分析した。そして、いつの間にかセニョールの姿が見えないことに気づく。一方、工場へ到着したフランキーの前に、そのセニョールが現れていた。扉の破壊を邪魔されたフランキーは再びセニョールと戦う。

第687話

大激突!参謀総長サボVS大将藤虎
王宮のある大地へ一番乗りしたルフィ。後を追うコロシアム軍団もよじ登り始めた。下には藤虎、バスティーユ率いる海軍がいるのに、どうやって乗り越えてきたのかとおどろくデリンジャー。さらにルフィの快進撃を止められず、一段目に到着を許したとの報告が届き、手下たちのふがいなさをなじる幹部たち。コロシアム軍団の海賊たちもまた、自分こそが恩返しをするのだと、小競り合いをしながらもドフラミンゴの待つ王宮へ向かう。なおも続く海賊たちの接近に、ベビー5は海軍が足止めされていることを指摘するのだった。

第688話

絶体絶命 罠にかかったルフィ!
王宮への一番乗りをめざすルフィだったが、先回りしたキャベンディッシュに追い抜かれ、他の海賊たちの接近に焦る。執拗に狙ってくる手下たちを相手に応戦中、突如、現れたケリーが手下たちをぶちのめした。おどろくルフィにケリーは自分も同じブロックの選手で、ゴッド・ウソップに助けられたと言い、王宮前のひまわり畑へ出る抜け道を知っているから案内すると持ちかけてきた。いまだ手錠が外れない状態で向かうのは危険すぎる、元へ戻れといら立つローだが、ルフィは一気に抜き返すチャンスだとケリーに案内を頼む。

第689話

大脱出! ルフィ起死回生の象銃
ケリーにより井戸に誘い込まれたルフィの背後にドフラミンゴが現れた。逃げ場を失ったルフィはすぐさま攻撃するが、ドフラミンゴには通じずウーシーが弾糸によって倒れ、水面に落下してしまう。その様子を見下ろし、頂上戦争の頃からルフィの実力を認めていたと語るドフラミンゴだが、危機感のなさを指摘、ローになぜルフィを選んだのか尋ねる。お前のようになりたくないとローに言い返されたドフラミンゴは怒り、わざとコラソンの名を出し、腑抜けでなければなぜ、つまらない死に方をするのかとローに狙いを定めた。

第690話

共同戦線 ルフィ勝利への突破口
ドレスローザ各地が大混乱となる中、王宮のドフラミンゴと対峙したベラミー。そして、デリンジャーを刺客に差し向けた理由を問いただす。しかし、この世界を壊したかった自分とは目的が違うと言われ愕然とする。一方、2段目ではコロシアム軍団と幹部たちの激突が始まった。デリンジャーに道を開けるように迫るスレイマンだが、強烈な蹴りと高速移動にわずかな隙を突かれ倒れる。3段目をめざしたチンジャオも、グラディウスの仕掛けた地雷により落下してしまう。幹部たちの猛攻に、徐々に押されていくコロシアム軍団。

第691話

二人目の侍 夕立ちカン十郎登場
コロシアム軍団の力を借りて、一気に3段目の突破をめざすルフィたち。そうはさせまいと立ちはだかるグラディウス、マッハバイスは手下たちに命じてルフィたちの足を止めようとする。しかし、エリザベローたちに邪魔をされ失敗してしまう。サイとイデオもグラディウス、ラオGと戦うが、グラディウスの地雷パンクによって負傷する。先ほどまでの対立がウソのように団結して戦うコロシアム軍団に違和感を覚え、チンジャオに問いただすベビー5だが、ルフィにはそれだけの価値があると言い返されてしまう。

第692話

激闘ピーカ戦 ゾロ必殺の一撃!
巨大なブリキの兵隊たちに行く手を塞がれたルフィたち。不気味な動きを繰り返す兵隊たちをかわしながら、キャベンディッシュはこのまま一気に駆け抜けようとした。突然、襲いかかってきた兵隊をかわすと、頭を噛まれそうになったとおどろくルフィに、自分の身は自分で守れと忠告するキャベンディッシュ。一方、ピーカと激しい斬り合いを続けるゾロは、空中を移動中のロビンたちを見つけた。今、ピーカに攻撃されてはひとたまりもない。ロビンはゾロに自分たちがここを通るまでピーカを足止めしてほしいと頼んだ。

第693話

小人の姫、囚われのマンシュリー
工場の扉を押し開き、小人たちと合流したフランキー。仲間が助けに来てくれたと歓声を上げる小人たち。その健気さと頑張りに感激してもらい泣きするが、姫とキュイーンを間違えて呆れられる。小人たちへの折檻を邪魔され怒るキュイーンは自ら仕留めようとするが、フランキーに抱きつかれて身動きできなくなる。そのころ、いまだ行方のわからないマンシュリー姫を血眼になって探し回るマウジイ。姫の姿を求めて工場内を駆けずり回り、あやうく見張りの男たちに気付かれそうになるが、ネズミだと思わせて何とか逃れる。

第694話

不死身!恐怖の頭割り人形軍団
幼い頃の記憶をたどり、ついにマンシェリー姫の居場所を突き止めたヴィオラ。そのころ、王宮のある台地を通過、ひまわり畑に近づくにつれ、ルフィとの対面を妄想するバルトロメオ。ヴィオラからの連絡で、マンシュリー姫の居場所が、おしおき部屋だと聞き目に涙が浮かべたレオは、レベッカにそこはいたずらが過ぎてリク王に叱られた幼いヴィオラと一緒に反省した場所だと教える。そして、こっそり食料を持ってきてくれたレベッカの母、スカーレットのことがみんな大好きで、小人たちはみんな彼女を慕っていたと語った。

第695話

命かけて! ルフィは勝利の切り札
レオたちと進むレベッカは、ついに4段目のひまわり畑に到着する。ここまで送ってくれたイエローカブ、さらにマンシュリー姫を助けに向かうレオたちを見送り、レベッカはひまわり畑で一人、ルフィたちの到着を待つ。そのレベッカの前に、なんと最高幹部ディアマンテが現れた。おどろきのあまり言葉を失うレベッカに、ディアマンテは不気味な笑みを浮かべて迫る。一方、グラディウスに反撃しようとするルフィの前に出たバルトロメオは、自分に任せてほしいと言うとバリアで破裂玉を防ぎ、ルフィに感心されて舞い上がる。

第696話

涙の再会 レベッカとキュロス!
グラディウス、頭割り人形たちをロビンたちに任せ、4段目へ続く階段を一気に駆け上がるルフィ。一方、ひまわり畑のレベッカに危機が迫っていた。圧倒的な力の差を見せつけ、自らが母の仇だと挑発し、レベッカをあざ笑うディアマンテ。怒りに我を忘れ、剣を握るレベッカだが、ルフィの言葉を思い出し、自分がすべきことは錠の鍵を届けることだと戦いを避け、ひまわり畑を逃げ回る。どんな挑発にも乗らず、戦おうとしないレベッカに業を煮やしたディアマンテはレベッカを用済みだと言い放つと、卑怯にも背後から攻撃する。

第697話

一撃必殺 ドレスローザを救う男
ルフィとローをオモチャに変えようとするシュガーの企みを阻止することを決意したウソップ。しかし、そのチャンスは一度きり。ヴィオラの千里眼、カン十郎の力を借り、慎重に狙撃の準備を進めていくウソップ。千里眼だけで大丈夫かと不安を口にする錦えもんに、ウソップは狙撃手である自分がルフィたちを守ると断言する。やがてヴィオラがルフィとローに近づくシュガーを見つけた。崖下からはウソップたちを捕えようと人々が登ってくる。リク王はタンク、ハックと共に人々を食い止め、狙撃の時間を稼ぐ役目を買って出た。

第698話

怒り爆発 ルフィ・ロー最強の秘策
ウソップ決死の一撃によりシュガーが意識を失い、頭割り人形にされた手下たちも元に戻った。味方をも武器にする非情さに憤るキャベンディッシュ。バリアが使えるようになり、活気づくバルトロメオたちとグラディウスがにらみ合う。一方、王宮最上階へ乗り込んだルフィはドフラミンゴの足元に倒れ、ボロボロになったベラミーと再会する。ベラミーを離せと詰め寄るルフィに、ドフラミンゴはベラミーが二度のチャンスをものにできなかったことを罵り、ベラミーがここへ来たのはけじめをつけるため、殺されに来たのだと言う。

第699話

気高き一族 ドフラミンゴの正体!
ローとの連携技で至近距離からの攻撃に成功、ドフラミンゴへダメージを負わせたルフィだったが致命傷を与えられず、糸人形と本体の二人がかりの攻撃に苦戦する。一方、藤虎と別れたサボはコアラと合流、立場を考えず藤虎と戦ったことを叱責されながら、海軍はこの国でヒーローになれないという藤虎の言葉をかみしめる。一方、ウソップたちに危機が迫っていた。ゲームを終わらせようとする人々に捕まり動けないところへ、後から追ってきた海賊たちが乱入してきた。ウソップたちを倒し、賞金を手に入れようと襲ってくる。

第700話

究極の力 オペオペの実の秘密!
自らを天竜人だと明かし、ルフィとローの処刑を開始したドフラミンゴ。一方、北西の町プリムラも海賊たちの略奪、ドフラミンゴに操られ暴徒と化した人々、さらに猛獣たちが暴れ出し、人手も麻酔弾も足りず、手の付けられない状態だった。そんな中、部下からの報告で、サボと藤虎の勝負が痛み分けだと聞き、耳を疑うメイナード。ドフラミンゴを捕えようと進言した際、藤虎が一瞬見せた激しい怒りを思い出すが、今はそれどころではない。部下たちに暴れる者、海賊たちをできるだけ傷つけず麻酔弾で眠らせろと命令する。

第701話

悲しき記憶 白い町の少年ロー!
ローがドフラミンゴファミリーへの仲間入りを志願して一週間が過ぎた。コラソンに手ひどく扱われるローに、ラオGは血の掟を忘れるなと忠告する。ドフラミンゴは弟であるコラソンに傷をつけた者は死を与えると言うのだ。ジョーラとマッハバイスはローの肌が白く変色しているのを見て血相を変える。ドフラミンゴは騒ぐ二人を一喝、珀鉛病は伝染病ではなく中毒だと言い、ローにどうやって逃げたのかと尋ねた。ローは顔色ひとつ変えず、死体の山に隠れて国境を越えたと答え、自分を痛めつけたコラソンに復讐すると告げる。

第702話

天竜人!ドフィの壮絶なる過去
少年時代の怖ろしい記憶にうなされるドフラミンゴ。それは天竜人を憎む人々によって父、弟と窓から吊るされ、矢で狙われるというおぞましいものだ。やがて電伝虫の呼び出しで現実へ引き戻されるドフラミンゴ。それは33年前、聖地マリージョアで何不自由のない生活を送っていたドフラミンゴだったが、父のホーミング聖が天竜人の身分を捨て、人間として暮らすことを選んだことにより環境は一変する。ほかの天竜人たちから裏切り者とそしられながら、家族4人で北の果てにある、世界政府の非加盟国に移住したのだった。

第703話

苦難の道 ローとコラソン命の旅
コラソンの豹変ぶりにおどろきながらも、喋れないふりをしてドフラミンゴを騙していたのかと尋ねるロー。向こうが勝手に決めつけたと、かわすも納得しないローに辟易したコラソンは指を鳴らし、サイレントで自分たちの周囲の音を消してしまう。何が起きたのかとおおろくローにコラソンは防音壁を張ったと説明、自分がナギナギの能力者だと明かした。ローに能力のことを隠す理由を聞かれ、コラソンはファミリーを仲間だと思ったことはなく、自分の目的が兄であるドフラミンゴの暴走を止めることだと告げるのだった。

第704話

時迫る!オペオペの実を奪え!
ローの病気を治すため、ドフラミンゴの元を離れたコラソン。ドフラミンゴがオペオペの実の取引を襲うと聞き、従うと見せかけ横取りすることを決意する。コラソンが食べてローを治せと言う、ドフラミンゴの命令だが、すでに能力者のコラソンでは食べられない。むしろオペオペの実は医療知識のあるローが食べてこそ真価を発揮する。すでにドフラミンゴは裏切りに気付いているはずで、戻ればただですまない。ローがオペオペの実を食べ、病気が治ってもドフラミンゴのもとへは戻らず、二人で身を隠そうとコラソンは告げた。

第705話

覚悟の時 コラソン別れの笑顔!
センゴクの指示により、ドフラミンゴたちを待ち伏せする中将つる。一方、バレルズのアジトを襲撃、コラソンはローのもとにオペオペの実を持ち帰った。だが、ローに無理やりオペオペの実を食べさせると、力つきて倒れてしまう。血まみれのコラソンに驚き、オペオペの能力で手当をしようとするローだが、使いこなすことができない。海軍の監視船に文書を届けてほしいと頼まれ、重症のコラソンから離れることをためらうローだったが、一国の運命がかかっているのだと説得され、後ろ髪をひかれる思いで西の海岸へと向かう。

第706話

行けロー 優しき男 最後の戦い!
鳥カゴに閉じ込められ、パラサイトによる殺し合いで大混乱となる中、難を逃れ脱出した少年ドリー。一方、アジトを強襲したドフラミンゴは、オペオペの実、コラソンの行方もわからず、横取りを許したバレルズを間抜けと罵り始末する。その間、宝物庫から宝を運び出すマッハバイスたち。バッファローと共に、上空からコラソンを捜索中だったベビー5は、少年が海軍に保護されたという情報をキャッチする。バレルズを始末した銃を見つめ、ドフラミンゴはトレーボルたちと出会い、自ら父を手にかけた日のことを思い出す。

第707話

自由へ!ロー注射ショット炸裂
自らの命と引き換えに自由を与えてくれたコラソン。その恩に報いるべく、憎き仇のドフラミンゴに挑んだローだが必死の攻撃も通用しない。ドフラミンゴに嘲笑されながらもローは、ここに来たのは13年前のけじめをつけ、コラソンの本懐を遂げるためだと言うと、自由になるのはドフラミンゴを止めたときと攻撃を仕掛けた。ドフラミンゴが天竜人であることを引き合いに、神の天敵と呼ばれるDの名を持つルフィをどう思うかと尋ねるロー。バカバカしいと一蹴するドフラミンゴだが、ローが自分もDの一族だと明かすと豹変する。

第708話

熱き闘い ローVSドフラミンゴ
渾身の注射ショットによって、ドフラミンゴに傷を負わせたローだが、致命傷を与えられないまま、空中へ逃げられてしまう。すぐさま後を追い、攻撃を仕掛けたが、ドフラミンゴに通じず、攻撃はすべて封じられてしまった。再度、至近距離からドフラミンゴを狙おうとしたローだが失敗して捕えられる。一方、ドフラミンゴに操られたベラミーをゴムの腕でぐるぐる巻きにして抑え込んだルフィ。動きを封じられたベラミーから涙ながらに自分を倒してほしいと頼まれ困惑しながら、ベラミーを物のように扱うドフラミンゴに怒る。

第709話

幹部決戦 誇り高きハイルディン
怒りの一撃で偽ドフラミンゴをブッ飛ばしたルフィ。そしてベラミーを操るドフラミンゴに怒り、自由にしろと叫ぶ。攻撃をかわすだけのルフィに、ベラミーを始末させるのをあきらめるドフラミンゴ。ベラミーを解放すると今まで通り、自由にしてやると言い放つ。傷つき、地面に投げ出されながら、かつて、ドフラミンゴと交わした約束を思い出すベラミー。裕福な街、ノーティスに育ったベラミーは退屈を嫌い、同じ北の海出身のドフラミンゴに憧れ、傘下に入れてもらうおうと仲間たちを従え、ドフラミンゴの元へ乗り込んだ。

第710話

愛の決戦 新棟梁サイVSベビー5
偽ドフラミンゴをブッ飛ばし、すぐさま最上階へ向かおうとしたルフィだが、傷ついた身体で、なおも戦いを挑むベラミーに足止めされていた。このままでは命が危ないとベラミーを止めようとするが、敵の心配をしている場合かと一蹴される。一方、王宮のある台地2段目で対峙したサイとベビー5の間に異変が起こっていた。取り逃がすまいと迫るサイの言葉を、プロポーズと思い込み舞い上がるベビー5。予想もしない展開に驚き、慌てて打ち消そうとするサイだが、すっかりその気になってしまったベビー5の耳に入らない。

第711話

男の意地 ベラミー最後の突撃!
王宮のある台地2段目のラオGとベビー5との戦いは決着したが、戦いは激しさを増していく。姿を隠し、舞踏石を繰り出すピーカの執拗な攻撃に手こずるゾロだが、加勢を申し出たエリザベローに、これから先、何が起こるかわからない以上、宝刀は取っておくべきだと忠告する。一方、4段目、ひまわり畑ではディアマンテとキュロスの激しい斬り合いが続いていた。ディアマンテは俺とお前には因縁しかないと、スカーレットを失い、嘆き悲しんでいた姿をバカにしてキュロスを挑発、勝負を仕かけると見せかけレベッカを狙う。

第712話

疾風怒濤 ハクバVSデリンジャー
味方を犠牲にすることをいとわず、計画を実行したグラディウス。各所で上がった悲鳴と怒号でまさに大混乱となる。間一髪でバリアの中に逃げ込み、難を逃れたキャベンディッシュだが、すぐに入れようとしなかったバルトロメオに怒りをぶつけて言い合いになってしまう。一方、グラディウスの投石パンクからロビンを救い、お礼代わりのウィンクに興奮するバルトロメオ。もはやテンションは最高潮となり、その勢いは誰にも止められず、一触即発のキャベンディッシュとグラディウスをも巻き込み、バリア突進牛で突き進む。

第713話

バリバリ オマージュ神拳発動!
あざやかな手並みでハクバを捕えたロビン。噂に聞いていたものの、交互に入れ替わり、二重人格のように豹変するキャベンディッシュを目の当たりに驚きを隠せない。ハクバを抑えつけ、ロビンに斬りつけたことを謝罪したキャベンディッシュは、ハクバを無差別に斬りつける厄介者だと説明する。入れ替わろうとするハクバと言い合いになり、ついには互いの表情が半分ずつ出たまま固まってしまう。それを半ば呆れるバルトロメオだが、グラディウスが壁ごとロビンを吹き飛ばそうとしているのを見抜き、阻止しようと突進した。

第714話

癒しの姫 マンシェリーを救え!
間一髪、ディアマンテの剣からレベッカを救ったロビン。処刑を邪魔されて怒るディアマンテと、すでに怒りも限界となったキュロスは一触即発の状態になる。一方、王宮1Fの礼拝堂には、続々と戦闘不能となった幹部たちが担ぎ込まれていた。グラディウスまでもが敗れたと知ったジョーラは、戦況の不利を逆転させるため、マンシェリー姫の能力を使って、幹部たちを復活させようとしていたのだ。千里眼でジョーラの企みを知ったヴィオラは驚き、外壁塔を移動中のレオとカブにマンシェリーの身に危機が迫っていると教えた。

第715話

男の決闘 セニョール愛の挽歌
マンシュリーの奪還に成功、幹部の復活を阻止したレオ。ただちにヴィオラたちの元へ戻ろうとするが、レオに甘えたいというマンシェリーの恋心に気がつかず、わがまま扱いして怒らせる。カブに鈍いと呆れられながら、マンシェリーを背負い脱出するレオ。ボロボロの身体を引きずり、ドフラミンゴへ事態を報告しようとするジョーラ。万一、工場に何か起きても、チユチユの能力で復元する計画が、マンシェリーを奪われた今となっては叶わないからだ。だが、すでに体力は限界、セニョールに最後の望みを託し、力尽き倒れる。

第716話

死の星屑 ディアマンテ猛攻の嵐
息子を失い、土砂崩れに巻き込まれ植物状態となった愛する妻ルシアンを前に、自分を責め続けるセニョール。しかし、思いつきでかぶったボンネットにルシアンが微笑んだのを見てから、高級スーツではなく、ボンネットにおしゃぶりという赤ん坊スタイルでルシアンの元へ通い始めた。その姿に最初こそ同情する者もいたが、次第に眉を顰め、嘲笑される。それてもセニョールは構わずルシアンの元へ向かった。誰になんと言われようとも、ルシアンに微笑んでもらえるこの服こそ、セニョールにとって、値打ちがあるものだった。

第717話

雷の破壊剣! キュロス怒りの一撃
死の星屑を浴び、満身創痍になりながらディアマンテへの攻撃を続けるキュロス。その気迫に押され、焦るディアマンテから痛みを感じないバカの塊だと罵られても、痛みを感じられることが人間の証だと言い返す。かつて自分が味わった絶望、そしてこの国を襲った悲劇に比べれば、こんなものは痛みですらないと言い放った。すべての人々の怒りの塊となりディアマンテを倒すことを宣言、すさまじい斬り合いが続き、ついにキュロスの剣がディアマンテの鉄の傘を切断する。しかし、バランスを崩して地面にひざをついてしまう。

第718話

台地横断 巨像ピーカ奇襲作戦!
渾身の一撃を放ち、ついにディアマンテを倒したキュロス。しかし、安堵する間もなく突如としてピーカが立ちふさがる。二人を見下ろしたピーカはすぐに攻撃しようとせず、キュロスとレベッカにとってリク王とは何なのかと尋ねた。キュロスがリク王は義父であり大恩人、そしてリク王家こそは真の平和の意味を知る尊い一族として、国民たちが再び王座につくことを望んでいると言い放った。それを聞いたピーカは了解したといい、ひまわり畑から姿を消す。再び移動して3段目に出現したピーカは周囲に構わず攻撃を開始した。

第719話

空中決戦 ゾロ新必殺奥義炸裂!
地響きと共に旧王の台地に到着したピーカ。集中砲火を浴びせ、動きを封じようとした海軍だが、ピーカの巨体の前に通じず蹴散らされる。タンクとヴィオラはピーカの呼びかけに応じようとするリク王に避難を勧めるがリク王はそれを拒み、自分がピーカを引きつけている間に、皆を連れて逃げろと指示した。リク王を処刑しようと巨大な手を振り上げたピーカだが、リク王を守ろうとする人々を前に手を止め、くだらないと吐き捨てる。一方、ゾロは空中からピーカに接近する方法として、オオロンブスに自分を投げ飛ばせと頼む。

第720話

あばよ! ベラミー別れの一撃!
死闘の末、ついに最高幹部ピーカを倒したゾロ。足場を失い、どうにか壁に捕まりながら刀の状態を確かめ、刃こぼれしていないことを確かめる。かつてミホークのもとでの修行の際、刀に覇気を纏わせてあれば折れることはなく、刃こぼれすら恥だと思えと言われていたのだ。一方、瓦礫を空中で浮かせ落下を阻止した藤虎は、部下から被害状況を聞くと自ら先頭に立ち、人々を安全な場所へ避難させるべく動き出した。戦いの状況を見ていた猛者たちはあらためてゾロの強さに驚きながら、リク王の命が救われたことに安堵する。

第721話

ロー死す ルフィ憤怒の猛攻撃!
ベラミーとの決着をつけたが、怒りが収まらずドフラミンゴの待つ最上階へ向かうルフィ。旧王の台地では、ヴィオラが千里眼でルフィとベラミーの戦いが終わったことを見届けていた。これで戦況が有利になったと言うタンクに、ヴィオラはローが倒されたことを伝える。余裕をみせて最上階でルフィを待ち受けるドフラミンゴ。その足元には痛めつけられたローが倒れていた。力の差を見せつけたドフラミンゴは、ルフィが迷わずベラミーを倒せばローを救えたかもしれないと言うと、コラソンの復讐を誓うローの執念をあざ笑った。

第722話

執念の刃 逆襲のガンマナイフ
国の秘密を守るため、ドレスローザの国民はおろか、島全体をも処分すべく鳥カゴを収縮させたドフラミンゴは、ルフィにあと一時間ですべてが終わる。どこへ逃げても無駄だと告げた。各地では鳥カゴが迫り、切り刻まれた建物が崩壊、海兵たちは逃げ出した人々を街の中心へと誘導する。街へ出たリク王はドフラミンゴの卑劣さに憤る。状況を知り、どうすればいいのかとうろたえるウソップだが、頼れるのはルフィだけ、なんとかしてドフラミンゴを倒してもらうほかないと、錦えもんたちと共に王宮のルフィへ声援を送った。

第723話

覇気激突 ルフィVSドフラミンゴ
ガンマナイフを振るい、ドフラミンゴの内臓を破壊するロー。たまらず血を吐くドフラミンゴを目の当りに、トレーボルがローに襲い掛かろうとするが、ルフィに蹴り飛ばされる。コラソンの命を奪ったことを言及され、残念だと答えたドフラミンゴだが、迷わず撃つと言ったローを自分と同類だと挑発する。さらにコラソンを足手まといだと罵り、怒ったローのカウンターショックを浴びる。だが、直後にルフィの呼びかけで意識を取り戻したロー。しかし、その前には糸によって体内を応急処置を施したドフラミンゴが立ちはだかる。

第724話

攻撃不能 トレーボル衝撃の秘密
ルフィとドフラミンゴ、覇王色同士の激突ですさまじい衝撃が起こった。はじき飛ばされたルフィはトレーボルに捕まる。ベタベタで自由を奪われ、さらに、ドフラミンゴがローの処刑を再開しようとするのに焦り、ベタベタの能力が自然系なら武装色の覇気が通じるはずだとトレーボルの腹を拳で連打した。しかし、穴が開いたにもかかわらず、一向にダメージを与えることができない。おどろくルフィにトレーボルをハリボテよばわりするロー。その言葉に逆上したトレーボルは、タベタでローを?地面に張り付けてしまう。

第725話

怒り爆発 おれが全部引き受ける
降り注ぐ弾糸から身を挺してローを守ろうとするロビンは、間一髪のところで眠りから覚めたキャベンディッシュに救われる。二人の無事を確かめたルフィは、キャベンディッシュにみんなを連れて下へ行くように頼む。ドフラミンゴを前にせめて一太刀と一旦は断ったキャベンディッシュだが、ルフィを自分のファンだと勘違いして請け負い、ロビンにバルトロメオの能力を使って下へ行くように指示した。ローの容態を尋ねるキュロスに、レオとマンシェリーは傷を縫い合わせることさえできればジョウロで治癒できると告げる。

第726話

ギア4!驚異のバウンドマン!
鳥カゴの収縮が進みドレスローザ崩壊の時が迫る。海兵たちは少しでも安全な場所へと、人々を中心街へ誘導する。王の台地2段目では、ベビー5からドフラミンゴの非情さを教えられたサイが、見過ごすわけにいかないと決意、猛者たちと共に立ち上がった。ここなら安全と思っていたウソップも、ヴィオラから収縮の中心がドフラミンゴの居る王宮の台地で、戦いが長引けば危険と教えられ悲鳴を上げる。一方、ゾロに続き、下へ降りた錦えもんたちは、ゾロが鳥カゴを止めに行こうとしているのを知っておどろきの声を上げた。

第727話

大逆襲!ドフラミンゴの覚醒!
ギア4を発動、圧倒的な力と技でドフラミンゴを追い詰めるルフィ。その戦いぶりに人々は、次第に声援を送り始めた。そのルフィの変貌におどろくキャベンディッシュに、ローは覇気を使いすぎていると危惧する。そのころ、姿を消していたバージェスが、ルフィを狙っていることを知ったコアラは密かにその後を追う。 ヴィオラから残る幹部はドフラミンゴだけと聞いたリク王は、倒せば鳥カゴも消えるはずだと確信する。一方、糸を止めようと走りだしたゾロだが迷子寸前のところで、抜け雀に乗った錦えもんたちと合流した。

第728話

ルフィ!渾身の獅子バズーカ
ドレスローザの命運を賭け、ドフラミンゴと死闘を繰り広げるルフィ。その戦うさまを見た人々は、ルフィに希望を託し、生き抜こうと必死に中心街を目指す。一方、渾身の大蛇砲でドフラミンゴを追い詰めたルフィだが、ギア4の制限時間が迫っているうえ、覚醒したドフラミンゴの反撃に苦戦する。何とか接近戦に持ち込もうとするルフィだが、ドフラミンゴの操る巨大な糸に挟み撃ちにされ糸の束に閉じ込められてしまう。逃れようともがくルフィをそのままに、ドフラミンゴはその隙に傷ついた内臓を修復を急いだ。

第729話

火炎竜王 ルフィの命を守り抜け
打倒ドフラミンゴまであと一歩と迫りながら、ギア4の制限時間を超え力尽きたルフィ。倒れたところをコロシアムの司会者ギャッツに助けられ、問われるまま謎の剣闘士ルーシーの正体が自分だと認める。どうりで強かったと納得、できることはないかとギャッツが協力を申し出た。ルフィは、ギア4を使うと10分間、覇気が使えなくなるが、回復さえできれば必ずかたをつけると約束する。ドフラミンゴが復活した今、ルフィを信じる他なく、覚悟を決めたギャッツは、コロシアムの出場選手たちに力を貸すよう呼びかけた。

第730話

奇跡の涙 マンシェリーの戦い!
鳥カゴの収縮が進み、ドレスローザ中心街は逃げ場を求める人々と、戦いに巻き込まれぬよう避難する人々でごった返していた。単身、鳥カゴの前に立ちはだかり、収縮を止めようとするゾロを無謀だと止めた錦えもんとカン十郎だったが、ゾロの気迫に押され、3人がかりで鳥カゴに立ち向かう。スマイル工場ではフランキーの指揮のもと、小人たちが海楼石でできた工場を利用して収縮を食い止めようと奮闘する。ヴィオラから報告を受けたロビンは、おどろきながらも、いかにもゾロらしいやり方だと思わず微笑む。

第731話

命の限り 死の鳥カゴを止めろ!
東西に別れ、鳥カゴを阻止しようとするゾロたちだが、すさまじい力の前に苦戦していた。ウソップは避難しようとする人々に、仲間が鳥カゴを止めようとしていることを説明、元気な者は力を貸すように命令して各地へ向かわせた後、状況を見てもらおうとして、ヴィオラの姿が見えないことに気づく。一方、ルフィを誘い出そうと選手たちを血祭りに上げるドフラミンゴだったが、一向に出てこないルフィに苛立ち、選手たちを手にかけていく。その一部始終を千里眼で見ていたヴィオラは、あまりのむごたらしさに言葉を失う。

第732話

生か死か 運命のカウントダウン
ドレスローザ滅亡まで60秒を切った。一瞬とはいえ、鳥カゴを止めたことに成功したゾロたちだが、再び動き始めた鳥カゴの前に苦戦する。一方、ドフラミンゴに操られ、母の妹であるヴィオラに剣を向けたレベッカ。必死に抗おうとするが、指一本自由にできず、涙を流し絶望の色を浮かべる。そのとき突如、ドレスローザ各地の人々へ呼びかけるギャッツの声が響き渡った。ショーを実況するように、コロシアムを沸かせた剣闘士ルーシーのことを語り始めるギャッツ。その名を聞いたレベッカは涙を流しルーシーに助けを求める。

第733話

天を討つ ルフィ怒りの大猿王銃
間一髪のところで操られたレベッカの剣を絶ちきり、ヴィオラの処刑を阻止、ドフラミンゴと対峙したルフィ。しかし、疲労の色は隠せず、ドフラミンゴから立っているのがやっとだと挑発される。お前も同じだと言い返したルフィだが、イトの攻撃を避けられず、地面に叩きつけられてしまった。ドフラミンゴはなおも、ルフィを助けようとするレベッカを狙うが、機転を利かせたローによって妨害される。苛立ちながら、ドフラミンゴはローに見せつけるかのように、エバーホワイトで街を覆っていき、ルフィの手足を捕える。

第734話

自由へ!喜びのドレスローザ!
持てる力のすべてを込めた大技、大猿王銃によって、みごとドフラミンゴを倒したルフィ。その衝撃はすさまじく、周囲の建物を巻き込み、瓦礫と化して地上へ降り注ぎ、巻き込まれてはたまらないと、思わず人々は逃げ出した。仁王立ちのルフィを見上げ、それぞれ、今日まで抱き続けた思いを胸に涙を浮かべるレベッカとヴィオラ。とうに限界を超えていたルフィは、すべてを出しつくして力尽きてしまい、再び意識を失うと地面へ落下する。しかし、激突寸前のところでローに救われ、レベッカたちのもとへ届けられた。

第735話

前代未聞 大将藤虎衝撃の決断!
ルフィの勝利によりドフラミンゴファミリーは壊滅、鳥カゴは消え、ドレスローザ滅亡の危機は回避された。10年間騙され、記憶を奪われた人々は家族や恋人と再会、喜びの声を上げる。一方、ルフィの勝利を見届け、バージェスにとどめを刺さず立ち去ろうとしたサボだったが、エースの最期の言葉を引き合いに、愚弄しようとするバージェスが許せず、顔面を押さえつけ力づくで黙らせた。苦痛の声を上げながら、能力者狩りの面目にかけてサボの命を狙っていたバージェスは、背後に隠し持っていたナイフでサボに襲い掛かる。

第736話

激震走る 動き出す最悪の世代!
海軍大将による土下座、その衝撃的な光景は隣国から中継され、瞬く間に世界各地へと広まった。藤虎の体面をおもんばかり、土下座をやめさせようとするリク王だが、藤虎はドフラミンゴを野放しにしていた政府が、今になって正義の名のもとに捕えようとすることを批判、この国を取り戻したのは海軍ではなく、海賊、戦士、市民たちだと断言する。一方、手分けして戦っていた麦わらの一味が合流を果たしていた。ヴィオラはウソップたちがルフィを捜していることを知ると、レベッカにここにいることを教えようと微笑んだ。

第737話

伝説誕生 革命戦士サボの冒険!
海軍の目を避け、密かにルフィたちが身を寄せるキュロスの家を訪れたサボ。再会を喜び、眠っているルフィを起こそうとしたロビンを止め、状況を知ったCP0が引き返して来ており、可能であれば早く出航するように勧める。エースのほかに兄弟がい たのかとおどろくゾロたちに、自分は死んだことになっていたのだと言うと、12年前の事件について語り始めた。幼い日、サボはエース、ルフィと杯をかわして義兄弟となり、共に夢を語り合い、修行に励んでいた。だが、その夢は思いがけず、無残な形で踏みにじられてしまう。

第738話

兄弟の絆 ルフィ・サボ再会秘話
キュロスの家を訪れたサボは、麦わらの一味にこれまでのことを語り始めた。とある国での任務を終え、バルティゴへ戻ったサボ。総本部では終結した頂上戦争の噂で持ちきりで、参戦したイワンコフらの安否に加え、ドラゴンがルフィを自分の息子だと認めたことで大騒ぎとなっていた。サボはエースの写真を見たことをきっかけに、失っていた記憶を取り戻す。異変に気づいたコアラが声をかけるが、エースの死という、無情な現実を突きつけられたサボは言葉を失い、慟哭、やがてショックに耐えきれず意識を失ってしまう。

第739話

最強の生物 四皇・百獣のカイドウ
サボが帰るのを見届け、ロビンたちの会話に加わったキュロスは、ルフィを起こそうとするゾロを止め、好きなだけ眠らせてやってほしいと頼んだ。ドレスローザの人々がどれだけルフィに励まされたか。感謝の言葉を述べるキュロスを、ゾロは酒に誘う。ゾロから怪我が治ったら手合せしたいと言われ、キュロスは光栄だと返した。やがてゾロが休み、一人、王宮を見上げたキュロスはレベッカのことを思い出し、その名をつぶやく。しばらく考え込んだ後、ペンを取り手紙を書きあげると、誰にもいわず、そっと家を出ていった。

第740話

藤虎動く 麦わらの一味完全包囲網
ルフィVSドフラミンゴの戦いが終わって3日後。ドフラミンゴの護送警備のため、大目付センゴク、大参謀つるの船がドレスローザ南海岸に到着した。おつるから居場所を知りながらルフィを捕えようとしない理由を詰問され、藤虎はサイコロを手に、この国を救ったルフィを敵とみるか英雄として見逃すか、命運をお天道さまに託したと答える。この件は自分に任せてほしいという藤虎に、賞金首をいつまで野放しにできないと言いかけたおつるだったが、献ポポのためテントを訪れたマンシェリーの可愛さに相好を崩す。

第741話

非常事態 さらわれたレベッカ!
ルフィたちを一網打尽にせよ。藤虎の命令を受けた海兵たちはキュロスの家へ急行した。船もない状態でどうやって逃げるのかとパニック状態のウソップに、バルトロメオはいつでもルフィたちが脱出できるよう海軍に見張りをつけてあると話す。すでに東の港には脱出用の船が用意され、港への道は街の各所に待機した海賊たちが海兵たちの足止めを買って出ていた。海兵たちの銃撃をかわし、東の港へ向かったルフィだったが、キュロスの考えにどうしても納得できず、後から合流することを約束して一人で王宮へと向かう。

第742話

父娘の絆 キュロスとレベッカ!
王宮からレベッカを連れ出して国中から追われる身となったルフィ。どこまでも追ってくる人々に辟易していると、待ち伏せしていた海軍の放った海楼石の網にとらえられる。レベッカの助けで網から逃れたルフィは、自分が囮になって追手を引き受けるから、キュロスのもとへ行くようレベッカに言った。あらためてルフィに礼を言い、かつて両親と暮らした家へ向かうレベッカ。そのころ荷物を纏めながら、キュロスは幸せだった日々を思い出し、レベッカの幸せのためとはいえ、スカーレットにウソをついたことを謝っていた。

第743話

男の意地 ルフィVS藤虎真向勝負
コラソンの死の真相を追及され、本当なら二人で逃げるはずだったと悔しさをにじませるロー。大恩人であるコラソンが亡くなってからは、ドフラミンゴを討つためだけに生きてきたと言うと、自分が「D」の名前を持つ者であると明かした。それを聞いたセンゴクは動揺しながらも、受けた愛に理由をつけるなとローを叱咤激励する。コラソンの思い出を語れる者は、もはや海賊であるローだけ、コラソンのために何かしたいのならお互い覚えていよう、コラソンなら自由に生きろと言ったはずだとローに言葉をかける。

第744話

逃場無し 大将藤虎非情の追撃!
藤虎の猛虎に吹き飛ばされ、海に落ちるところをハイルディンにキャッチされたルフィ。すぐさま反撃しようとするが、それどころではないというハイルディンにより、ルフィは有無をいわさず霧の向こうへと連れさられてしまう。この状況でどうやって逃げるのかと危ぶむウソップに、オオロンブスは5キロ先の霧の中にみんなの船が止めてあると言うと、そこまでは船と船をロープでつないだ橋を渡るのだと説明した。まだ戦っている途中だとハイルディンに叫ぶルフィ。対する藤虎は逃がすまいと、次の手に打って出る。

第745話

子分の盃 結成!麦わら大船団!
杯を交わし、傘下入りさせてほしい。海賊たちからの申し出に面食らい、唖然となるルフィ。そのころ、ドレスローザ近海にはルフィに恨みを持つ海賊たちが集結していた。ドフラミンゴとの取引を中止させられた落とし前をつけるため、密かにルフィとリク王を狙っていたのだ。そんなことも知らず、ルフィは杯を拒んで海賊たちを怒らせる。バルトロメオは、この先、どれほど命を狙われることになるかわからない、自分たちに恩を返させてほしいとルフィを説得するが、大船団の船長になるのは窮屈だとあっさり断られてしまう。

第746話

群雄割拠 荒狂う新世界の怪物達
宴に沸くルフィたちから離れ、一人、遠ざかるドレスローザに思いをはせるロー。ロビンに声をかけられるが、そっけない態度を取って去っていく。ところ変わって、復興の始まったドレスローザ。国中がリク王の復位に沸く中、密かに事件を調べるCP。地下交易港から盗まれた武器は、革命軍の仕業だと睨んでいた。一方、リク王によって、トンタッタの小人たちの存在が明らかになった。そして、国を救った恩人としてルフィたちの石像が立てられる。この後、ドレスローザは人間たちと妖精が共存することとなった。

TVオリジナル

第747話

銀の要塞 ルフィとバルト大冒険
あらすじナシ

第748話

地下迷宮 ルフィVSトロッコ人間
あらすじナシ

第749話

剣技白熱 ロー・ゾロ遂に見参!
あらすじナシ

第750話

絶体絶命 ルフィ極限の灼熱決戦
あらすじナシ

ゾウ編

第751話

冒険開幕 幻の島「ゾウ」到着!
シルバーマインでの戦いに勝利したルフィたちを乗せ、再びナミたちの待つゾウへと向かうゴーイングルフィセンパイ号。その船内ではバルトロメオが、ルフィたちがいかにして出会い、仲間となったのかを語っていた。幼い頃、海賊シャンクスに命を救われたルフィは再会することを約束、のちにトレードマークとなる麦わら帽子を託された。どよめく子分たちから続きをせがまれたバルトロメオは、その10年後、村を出たルフィが上陸した町で、海軍に捕えられていたゾロと出会い、仲間になったエピソードを語る。

第752話

新七武海 伝説・白ひげの息子登場
ついに幻の島、ゾウへ到着したルフィたちは停泊中のサニー号を発見するが、呼びかけに返事はなく船内には誰の姿も見当たらない。一足先に上陸したのではないかと後を追う。そのころコアラから各地の反乱軍の勝利と、武器製造の黒幕が割り出せるかもしれないとの報告を受けたドラゴンはCPの動きに気をつけるよう言うと、世界各地に散らばるリーダーたちを集めるように指示をする。一方、反乱軍の船に忍び込んでドレスローザを脱出したバージェスは、密かにラフィットたちに総本部を突き止めたと連絡していた。

第753話

決死の登象 巨象の背の大冒険!
昇り龍の背に乗り、1000年もの間生き続けた巨大な象の頂上へと向かったルフィたち。あまりの高さと険しさに昇り龍は幾度も落下しそうになるが、ルフィたちの励ましに応えて必死に登り続ける。その姿に感激したウソップは昇り龍を仲間だと認め、りゅーのすけと名前を付けてやる。錦えもんとカン十郎にゾウの国をめざす理由を尋ねたルフィは、仲間の同心、雷ぞうが忍者だと聞いて目を輝かせ、ロビンをのぞく全員がカン十郎に忍者への憧れと疑問を次々にぶつける。そんな時、上空からルフィたち目掛け何かが接近していた。

第754話

戦闘開始 ルフィVSミンク族!
上陸早々、戦獣民族ミンク族の襲撃を受けた麦わらの一味。その俊敏さと攻撃力におどろくも、割って入った新たなミンク族により事態は急変する。どうやら何か起きたらしく、この場を離れるというのだ。ミンク族たちに血相を変え、ナミの服を着ていた理由を問い詰めるウソップ。だが、答えてもらえず、右腹の森で自分たちを待てと指示される。仲間の死体があると聞き、おどろく麦わらの一味。そのころ、仲間たちと離れ、くじらの森を進んでいたルフィの前に巨大なミンク族が二人現れ、有無を言わさず襲いかかってきた。

第755話

ガルチュー!麦わらの一味再集結
不気味な地響きに続き、噴火雨が地上へと降り注いだ。ワンダたちと共に脱出しようとしたルフィだが、押し寄せる水に流されてしまい、鮫に食べられそうなところをキャロットに救われる。一方、街を調べていた麦わらの一味も噴火雨に遭遇、ロビンの指示で急いで高い所へ避難する。そのころ、りゅうのすけから転落した錦えもんたちは、あらたにカン十郎が出したねこざえもんに乗り、ルフィたちの後を追っていた。だが、噴火雨により押し寄せる大量の水を前に、このままではねこざえもんが溶けてしまうとパニックになる。

第756話

反撃開始 ぐるわらの一味大活躍!
噴火雨をやりすごし、ルフィたちの後を追う錦えもんたち。しかし、水に濡れて変わり果てたねこざえもんに無理はさせられず、サニー号へ戻る。一方、ルフィたちはミンク族の歓迎を受けていた。親しげにじゃれるミンクたちに面食らうゾロに、ワンダはミンクシップは友好の証で、大目に見てほしいと頼む。その歓待ぶりに何故かとたずねるウソップに、キャロットは麦わらの一味は恩人だと教える。そこへ現れたブルックは、再会を喜ぶのもそこそこに、サンジのことで詫びると、ルフィたちに話があると切り出した。

第757話

脅威襲来 百獣海賊団ジャック!
ルフィたちと別れて一人、くじらの森へ向かったローは、足止めされていたベポや仲間たちから歓声と共に出迎えられていた。一方、公爵の療養所へ向かっていたルフィたちに、ワンダはこの国を襲った恐るべき事件の真相を語る。かつて、モコモ公国はクラウ都を中心に栄え、ミンクたちが平和に暮らしていた。しかし、その平和も17日前、鳴るはずのない敵襲の鐘によって破られた。力づくで門を押し破ったジャックひきいる海賊たちはさらに森を切り裂き、建物を破壊し、地響きを上げてクラウ都へ進軍してきたのだった。

第758話

昼の王 イヌアラシ公爵登場!
ブルックに忠告されたのに、うっかり口をすべらせるルフィ。疑いの目を向けられ、必死になったナミとブルックは聞き違いだとワンダを納得させて胸をなでおろす。療養所まであとわずかと迫った所で、ミンクたちに檄を飛ばし叱責する銃士隊の隊長、シシリアンと出会う。ワンダからルフィたちを紹介されたシシリアンは地面にひれ伏すと国を救われた礼を言い、全力のガルチューでルフィを辟易させる。侯爵の元へ案内されたルフィたちは意識を取り戻したこの国の王、イヌアラシ公爵と対面を果たし、その巨体におどろく。

第759話

夜の王 ネコマムシの旦那見参
剣を捨て、戦う意志がないことを示したイヌアラシ公爵だが、はなから聞く耳を持たないジャックには通用しない。侍を捜すなら国中を捜せばいい、その代わりこれ以上の破壊をやめてほしい。対話による解決を願うイヌアラシ公爵をあざ笑うかのように、ジャックは巨大な鼻でイヌアラシ公爵を攻撃した。だが、片手でジャックの鼻を止めるイヌアラシ公爵。その強さにギフターズたちも動揺する。再度、ジャックに語りかけるイヌアラシ公爵だが、自分は破壊が好きなのだと言うジャックに、もはや戦いを避けられないと覚悟する。

第760話

首都壊滅 ぐるわらの一味上陸!
イヌアラシ公爵に代わりジャックの相手を買って出たネコマムシの旦那。その後に続いた侠客団、そしてベポたちもギフターズを相手に善戦する。昼夜途切れることなく戦いは5日間続き、一時は優勢に立ったミンクたちだったが、二人の王の力をもってしてもジャックを倒すことはできない。さらに海からは続々とジャックの兵が上陸、クラウ都への侵入を許してしまう。決着がつかず、しびれをきらしたジャックが毒ガス兵器を使用したと聞いておどろくルフィ。チョッパーはこの国を滅ぼしたのはシーザーの毒ガス兵器だと告げる。

第761話

刻限迫る ミンク族と一味の絆!
毒ガスにより滅亡寸前のミンク族を助けようとするサンジたちだが、解毒剤を作ろうにもガスの成分がわからない。だが、ガスを作ったのはシーザーで、48時間で命を落としてしまうことがわかった。悪びれることなく、あと24時間は持たないと言うシーザー。サンジは心臓を盾にシーザーに協力するよう命令、不本意ながらシーザーも従う。やがてナミの悲鳴を聞いたサンジはシーザーに毒ガスを消すよう言い残し、声のする場所へ急いだ。そして、戦闘中のブルックに加勢、シープスヘッドを川へ蹴り飛ばす。逃げ出す部下たち。

第762話

悪童帰郷 四皇ビッグマムの刺客
ネコマムシの旦那に会おうとクジラの森へ向かったルフィたち。その道すがら、ブルックは2日前に起きたサンジ失踪について語り始めた。ルフィたちと別れ、敵を引き離してゾウへ上陸したと思っていたぐるわらの一味。しかし、実は目的地を聞かれ、ゾウ出身のペコムズの手引きでビッグマム海賊団もゾウへやって来た。ビッグマムの指令で、ベッジと上陸したペコムズは変わり果てた故郷におどろく。周囲を駆けずり回って家族や仲間たちを捜すが誰も見つからず、この惨状は麦わらの一味の仕業に違いないと怒りの咆哮を上げる。

第763話

失踪の真実 サンジ驚愕の招待状
ベッジの凶弾に倒れたぺコムズを前に怒りをあらわにするサンジとブルック。しかし、ベッジの体内から飛び出してきた部下たちに囲まれてしまう。ベッジは自分がシロシロの実の能力者、城人間だと明かすと、自分も超新星と呼ばれた一人だと話し、ここで争えばミンクたちが加勢し自分たちが不利になるから、騒ぎを起こす気はないと余裕を見せる。もとよりミンクたちを巻き込むつもりはなく、反撃しようとするサンジたちだったが、様子を見に来ていたナミとチョッパーを人質にとられ、手も足も出せなくなってしまう。

第764話

野郎共へ サンジ別れの置手紙
ヴィトのささやきに態度を一変したサンジは、どうやって調べたのかとベッジに迫る。しかし、四皇の一人であるビッグ・マムの持つ強大な力とその言葉に脅しはなく、誰の傘下にもつかず生きていたいなら逆らうなと忠告される。意を決したサンジはベッジに紙とペンを要求、ルフィたちに当てた手紙をナミに託し、これだけは信じてほしいと言って、仲間に隠し事をしたつもりはなく、過去にけりをつけてくると告げた。そして、話を続けるふりをして、仲間たちをベッジの体内から逃がし、シーザーを人質にとる。

第765話

ネコマムシの旦那に会いに行こう
ぺコムズが瀕死の重傷を負ったのは、恩義を返すため自分たちを見逃したからだと容態を心配するブルック。サンジの行方を捜す手がかりは、ビッグ・マム海賊団であるぺコムズ以外にないが、話を聞ける状態なのかと不安がるウソップ。やがて暗闇にまぎれて、無数の羽音と共に巨大な吸血バチ、スッチーの群れが襲ってきた。ワンダとキャロットはワーニーを走らせ、急いで逃げ出そうとする。毛のないミンクが刺されれば、たちまち血を吸い尽くされるからだ。あわてたウソップはスッチー目がけ火薬星を放った。

第766話

ルフィ決断!サンジ脱退の危機!
サンジを人殺しの一族だと言い放ったぺコムズに、そんなことはどうでもいいと言い、結婚は構わないがビッグ・マムの子分になるのは嫌だ、お前らが俺の下につけと言い放ったルフィ。恩人とはいえ、口を謹めとルフィをにらみつけたぺコムズは、どのみち結婚からは逃げられない、もしもお茶会の招待を断れば、恥をかかせた代償として恐るべきプレゼントが届くと告げた。その中身はサンジにとってゆかりのある大切な人間、たとえば麦わらの一味や海上レストラン・バラティエ、カマバッカ王国の誰かの首だというのだ。

第767話

一触即発 イヌとネコと侍!
錦えもんたちを止めることに失敗、ミンク族に会わせるわけにいかないと、後を追うフランキーたち。一方、侍が来たという鐘の音で国中が大騒ぎとなっていた。イヌアラシは砦の動ける者すべてに出動を命じ、自らも都へ向かう。すでにくじらの森からもネコマムシが侠客団と共に出撃していた。そのころバリエテを見失った錦えもんたちはモモの助と再会、互いの無事を喜びあう。なぜ一人なのかと聞かれたモモの助は、ゾウに入ってから心が落ち着かず寝込んでいたと明かし、部屋に誰もいなかったので捜しに来たと説明する。

第768話

三人目! 忍者・霧の雷ぞう登場
重傷を負いながらも海軍の目から逃れたジャックだが、自分の死亡記事に怒り、手下たちに船を早く進めろと命令する。一方、錦えもんはミンク族たちに雷ぞうを匿ってもらった礼をいい、光月家の家臣の証である背中の家紋を見せた。イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那にも同じものがあると聞いたルフィたちは、ミンク族と光月家に深いつながりがあるのだと納得する。しかし、収まったかに見えたイヌアラシとネコマムシのいがみ合いも、錦えもんとの会話に割り込んだことをきっかけに再び、険悪なムードになってしまう。

第769話

赤い石!“ひとつなぎの大秘宝”への道標
念願の忍者、雷ぞうとの対面を果たしたものの、あまりにもイメージと違いすぎてショックを受けるルフィたち。突然のことに何者だと問い詰め一喝する雷ぞうだが、錦えもんたちの姿を見ると表情を和らげ、互いの無事を喜びあう。ロビンは光月家の家紋、そして雷ぞうが繋がれている巨大な赤い石が見たこともない“歴史の本文”ではないかと思い、イヌアラシたちにたずねた。イヌアラシはロビンの故郷、オハラの学者たちが解読に成功したことを知っており、赤いのは用途が違うためだと教えると、ロビンに解読を許可した。

第770話

ワノ国の秘密 光月家と歴史の本文
ラフテルへの重大な手がかりを得て色めき立つルフィたち。世界中に点在する“歴史の本文”は別名、不滅の石と呼ばれ、2種類ある石の扱い方によって、100年の空白の歴史を埋める“真の歴史の本文”が明らかになるというのだ。すぐにでもサンジを連れ戻しに行こうとするルフィとウソップは言い合いをはじめるが、ネコマムシはルフィがぺコムズと『ホールケーキアイランド』へ行くのは間違いではないと指摘した。なぜなら所在のわからない石は1つだけで、残る2つの持ち主が四皇のカイドウとビッグ・マムだからだ。

第771話

男の誓い ルフィと光月モモの助
モモの助の父が海賊王ロジャーのクルーで、世界の秘密を知ったと教えられ、おどろく麦わらの一味。失われた100年といわれる“空白の100年”その真実を解き明かすことは世界政府により禁じられ、ロビンの故郷オハラは、その事実を知ろうとした者だけでなく島の人たちごと世界政府に抹殺されていた。情報を聞き出すためカイドウから追われていた錦えもんたちだが、実は何も聞かされてはいなかった。主君の盾となるはずが逆に命を救われる形となった錦えもんたちは、主君の意思を受け継ぎ、ワノ国を開国する決意を明かした。

第772話

伝説の航海 イヌとネコと海賊王!
晴れて“忍者海賊ミンク侍同盟”が成立した。感謝する以降に、頭を下げるなと言いながらルフィは、まずはサンジをビッグ・マムの元から連れ戻すまで戦うのを待ってほしいと条件をつける。一方、同盟結成の知らせに、ミンクたちは長年いがみ合っていた二人の王が和解したことを喜び合う。そのころ、再びゾウを目指し、ジャックの船が接近していた。ジャックは雷ぞうの居場所もわからないままむざむざと戻ったシープスヘッドに怒り、ミンク族を根絶やしにするべく“象主”を殺そうと画策していた。

第773話

悪夢再び 不死身のジャック強襲
白ひげ海賊団一番隊隊長、不死鳥マルコの名に聞き覚えはあるものの、すぐに思い出すことができず頭をひねるルフィ。だが、パイナップルみたいだというロビンの一言をヒントにようやく思い出す。しかし、ネコマムシから何が起きたのかを教えられ表情を曇らせる。白ひげ亡き後、落とし前戦争で黒ひげと戦ったマルコたちだが、熾烈な戦いの末、惨敗、今も行方不明だというのだ。ロビンからこの戦いの後、黒ひげが四皇に名を連ねることになったと教えられたルフィは、マリンフォードで救われた礼を言いたかったと残念がる。

第774話

ゾウ防衛戦 ルフィとズニーシャ!
ミンク族ごと処刑すべく、執拗にズニーシャの左前足に集中砲火を浴びせるジャック。たまらずバランスを崩したことで大地が揺れ、ゾウの住人たちは大混乱となる。また、一方的に話しかけてくる謎の声に、誰だと問いただしたルフィだが、その声はナミたちには聞こえていない。一方的に声が聞こえてくるとルフィが答えるのを聞いたペドロは、同じことがロジャーとおでんの二人にもあったことを思い出す。そんな時、錦えもんと共にこの場から離れようとしたモモの助の頭の中に、突如ジャックの姿が浮かび上がった。

第775話

巨象を救え 麦わら救急大作戦!
一撃でジャックたちの船を沈めたズニーシャだったが、集中砲火を浴びた左前足に酷い傷を負い、もはや立っているのもやっとで、バランスを崩すたび大地は激しく揺れ動いた。上空からズニーシャに接近したムサトビは、イヌアラシに怪我の状態を報告する。なんとか治してやりたい。そう決意したチョッパーはルフィに出航を待ってほしいと頼み、ズニーシャの治療に当たることにする。サンジ奪還の出航が遅れてはと、遠慮するイヌアラシだが、みんなでやったほうが早いという麦わらの一味の申し出を、ありがたく受け入れた。

第776話

別れの下象 サンジ奪還の船出!
麦わらの一味とミンクたちにより、ズニーシャの治療は終わった。包帯の交換も一苦労だと心配するチョッパーだが、責任を持って治療すると約束するミヤギに後を任せる。一方、モモの助はゾウへ残りたいと訴え、錦えもんを困惑させる。もう一度、ズニーシャと話したいというモモの助の気持ちを組みとり、イヌアラシは自分が後からモモの助をワノ国へ連れていくと申し出る。残してきた同士たちのこともあり、錦えもんはモモの助のことを託すと、ネコマムシに作ってもらったビブルカードを四つに裂き、今後の事を説明する。

第777話

世界会議へ 王女ビビとしらほし姫
サンジ奪還のためホールケーキアイランドへと船出したルフィたち。一方、世界各地では聖地マリージョアで4年に一度開かれる世界会議を巡り、各国の王たちが動き始めていた。かつて、ルフィたちに救われた砂の王国アラバスタの王女ビビもその一人で、国民たちから盛大に見送られ、父ネフェルタリ王と共にマリージョアへ出航する。久しぶりの海の旅を楽しむビビに、何かあったらと気が気ではないイガラム。その過剰な心配ぶりに苦笑するペルだが、護衛の海軍少将ヒナにビビの過去を気づかれたらどうするのだと叱責される。

第778話

世界会議へ レベッカとサクラ王国
ひょっこり姿を現したキャロットにおどろくルフィたち。悪びれることなく、一緒に連れていってほしいと懇願するキャロットを、これ以上恩人に迷惑をかけるわけにいかないと、ペドロは船をゾウに戻してもらおうとする。ワンダにばれたら怒られる、食べ物持参だと訴えて、必死に食い下がるキャロットだが、持ち込んだ量では半日程度だと知り、海の広さにおどろく。乗ったものは仕方ない、自分の身は自分で守れと言ってルフィは乗船を認めるが、キャロットの持参した人参を食べ、逆襲されて危うく命を落としかけてしまう。

第779話

カイドウ再び 脅威迫る最悪の世代!
食事作りを請け負ったものの調理の仕方がわからないまま自己流で作り始めたルフィ。だがチョッパーに呼ばれ、革命軍の総本部が襲撃されたニュースを聞き、サボの安否を心配する。サボがルフィの兄で、革命軍の参謀総長だと知っておどろくブルック。ナミから父、ドラゴンのことを尋ねられたルフィは、初めて見たと答える。ロビンも世話になっていたのにと呆れるナミ。新聞によれば、何者かの情報で謎とされていた総本部の場所が発覚するが、海軍とCP0が到着した時には黒ひげたちによって襲撃され壊滅状態だったというのだ。

TVオリジナル

第780話

空腹戦線 ルフィと海軍超新星!
ホールケーキアイランドを目指すルフィたちだったが、食糧難で絶体絶命の危機におちいってしまう。やがてペドロが島を発見、喜ぶナミたちに島が海軍の前線基地で、各部隊から荒くれ者が集まっていると教え、上陸をはやめろと釘を刺すぺコムズ。しかし、背に腹は代えられず、ペドロにぺコムズの世話とサニー号を託し、残りのメンバーで島へ向かう。そのころ、前線基地へは追加補充の海兵たちを乗せた船が到着していた。そして、出迎えに出たプロディ中将は、グラント大佐が一方的に他の海兵を叩きのめすのを目撃する。

第781話

執念の3人 麦わら一味大追跡戦
基地に侵入したものの、食堂で騒ぎを起こして海兵たちに囲まれてしまったルフィ。どちらがルフィの相手をするかで張り合うグラントとザッパをよそに、ボナムはルフィがいなければナミを自分のものにできると俄然やる気になる。逃げようとせずカレーを食べることに夢中のルフィに、海賊に食わせるカレーはないと言い放つグラント。一方、ルフィたちの騒ぎを利用して食糧庫へ到着したナミたちだが、そこには頑丈な鍵がかかっていた。あせるチョッパーに、ナミはここが腕の見せ所だと笑顔を見せ、余裕で請け負うのだった。

第782話

悪魔の拳 決戦!ルフィVSグラント
食料を手に入れ、島から脱出しようとしたルフィたちだったが、先回りしたプロディ中将に囲まれ逃げ場を失う。己の保身のため、基地へ侵入された事実を隠ぺいしようと覇気を込めた弾丸でルフィを狙うプロディ。ルフィはナミたちを抱きかかえると咄嗟にかわす。続いて麦わらの一味の反撃が開始された。一方、ルフィとの圧倒的な力の差に戦意を失ったグラントに、いつもの根性はどうしたと殴り飛ばすボナム。ザッパはかつて自分たちの上司だった青キジの教えを忘れたかと告げ、戦列に復帰にするためグラントを置いていく。

ホールケーキアイランド編

第783話

サンジ帰郷 ビッグ・マムの海域へ!
海軍基地から脱出、再びホールケーキアイランドを目指すルフィたちだったが、奪った食糧をすでに食べつくし、空腹と暑さで体力を奪われていた。一方、ビッグ・マムの海賊船はナワバリへ到達する。そこでタマゴ男爵から、結婚を受け入れるよう説得されるサンジ。ビッグ・マムはサンジがバラティエで働いていたことを評価し、腕前次第では今後の待遇も変わると諭されるが、自分の料理は仲間に食べさせるためだと言うと、サンジはぺコムズを見殺しにしたことから対立する。険悪な空気の中、結婚相手のプリンの写真が届いた。

第784話

0と4 遭遇!ジェルマ66
海軍から奪った食糧も食べ尽くし、空腹と暑さで日干し寸前まで追いつめられたルフィたち。しかし、ようやく巨大な魚を釣り上げ、食事にありつけると喜んだ。だが、見たことのない魚だったためチョッパーがサンジの魚図鑑で調べ、皮に猛毒があるとわかる。すぐさまチョッパーはみんなのもとへ戻るが、待ちきれないルフィが皮を食べてしまっていた。皮さえ剥げば美味しく食べられると聞き、自分が調理しようとするルフィだが、魚を台無しにされてはたまらない。そこでナミがサンジの調理メモに従って、魚料理を完成させた。

第785話

猛毒の危機 ルフィとレイジュ
思わぬ形でサンジの弟ヨンジ、姉のレイジュと対面したナミたち。ヨンジの非礼を詫び、あらためて挨拶したレイジュとヨンジの動きを見て、ナミたちは能力者なのかとおどろく。しかし、ぺコムズからジェルマが科学戦闘部隊で、これこそがビッグ・マムの欲している力だと説明される。ヴィンスモークとは、かつて北の海を武力で支配していた王族ではないかとたずねるブルックに、レイジュはジェルマは国土こそないが今も世界会議へも出席を認められている王族だと答え、倒れているルフィに近づき、食べた魚を一目で見抜いた。

第786話

万国!四皇ビッグ・マム登場
サンジの姉弟たちと別れ、再びホールケーキアイランドに向かうサニー号。一足先にカカオ島、ショコラタウンへ上陸したルフィとチョッパーは、建物をはじめ風呂や服、楽器、あらゆるものがチョコレートでできていて興奮を抑えきれない。さっそくチョコの噴水に夢中になりながらチョッパーはひときわ美味しそうな匂いを嗅ぎつける。一方、サニー号では、ホールケーキアイランド到達までに必要な食糧を買うため、ぺコムズを残したメンバーで街へ向かうことになった。かわいい服で変装して、はしゃぐナミとキャロット。

第787話

四皇の娘 サンジの婚約者プリン
危ないところをカフェのオーナー、プリンに救われ、家に招待されたルフィたち。しかし、正体を明かしたことで、サンジの仲間かと聞かれた。プリンがサンジの婚約者だと気づいておどろくナミたち。いったい、どうやってタルトの検問を通過できたのかと矢継早にたずねるプリンだが、やがて混乱のあまりルフィたちにナイフを向け、そのためペドロに抑え込まれてしまう。だがルフィによって解放され、ようやく落ち着きを取り戻したプリンはビッグ・マムが自分の海賊団を強くするため、子供の結婚を利用していると話し始めた。

第788話

大進撃!食いわずらいのマム
ルフィたちがカカオ島を出航したころ、新世界ブロックコリー島では『ジェルマ』の介入で2年に渡る激しい戦いが終結していた。圧倒的な軍事力の差で敵を殲滅、依頼者に勝利をもたらした『ジェルマ』。兵を率いる二人の男はサンジの兄たちで、一方には戦争を終わらせた神だと称賛され、一方にはすべてを破壊されたと憎悪されていた。恨みを買って銃撃されるも、部下を壁にして、自分を撃った相手をかけ始末する。そして、報酬を受け取ると合流した兄たちはサンジの結婚式に参列するためホールケーキアイランドへと向かう。

第789話

首都崩壊!?ビッグ・マムとジンベエ
食いわずらいの発作を起こし、クロカンブッシュを求めて大暴れするビッグ・マム。その勢いは止まらず、スィートシティに到達してしまう。すべてを食べつくす勢いを怖れた人々が逃げだし、街は大混乱となる。このまま進めば城さえ破壊しかねない。事態を食い止めようとビッグ・マムの16男、モスカートが動いた。ビッグ・マムのもとへ駆けつけ、30分待ってほしいと状況を説明するモスカート。実の子であるモスカートなら止められるかもと、人々はわずかな期待をかけるが、癇癪を起こしたビッグ・マムの耳には届かなかった。

第790話

四皇の城 ホールケーキアイランド到着
ジンべエによりビッグ・マムの癇癪は収まったものの、その被害はあまりにも大きかった。ビッグ・マムに寿命を奪われたモスカートが運び出され、モンドールは飛び散った寿命を残らず集めるよう命令をする。そのころ、ビッグ・マムの後に続きながら、ジンベエは数時間前、仲間たちに本心を打ち明けたことを思い出していた。ルフィを海賊王になる男と見込み、命がけでその手助けをしたいと語り、結果的にそれが魚人族のためになるはずだと訴える。もとより魚人たちに異論はなく、自分のために生きてくれと送り出そうとした。

第791話

お菓子な森 ルフィVSルフィ!?
ホールケーキアイランドに到達早々、サンジの姿を発見したルフィ。しかし、声をかけたものの返事はなく姿を見失う。ビッグ・マムの持つ“歴史の本文“の写しを手にいれるため、ペドロとブルックはサブマージ3号でビッグ・マムの城へ向かう。後から合流することを約束し、ペドロはペコムズのメッセージを忘れるなと忠告した。ペドロたちを見送り、プリンとの待ち合わせ場所に上陸したルフィは、見上げるほど大きなケーキでできた島に興奮しながら、サンジとプリンの名を呼ぶが、返事はおろかどこにも二人の姿はなかった。

第792話

マムの刺客 ルフィと誘惑の森!
サンジを追ってお菓子の森の奥深くへ足を踏み入れたナミたちは、地面に埋められた巨人と遭遇する。誰に埋められたのかと心配するチョッパーに、巨人は自分の意思だと言い、ジュースが飲みたいと要求した。今はサンジを追うのが先だと、要求を無視しようとするナミに、巨人は探し人ならここを通っていると答え、ジュースをくれたら教えるともちかける。その時、キャロットが異常な殺気を感じた。突然、現れたウサギに応戦しようとするが、ナミからサンジが本物かもわからない今、早くルフィのもとへ戻ろうと説得される。

第793話

海遊国家 ジェルマの王ジャッジ
結婚式に出席するため、サンジの父であるジェルマ国王、ヴィンスモーク・ジャッジを乗せた船がアプリコッ湖に入港した。国土を持たない海遊国家のジェルマは何十隻もの船が移動、集結して国としての形を取っており、その科学力と最強の軍隊ジェルマ66は世界中から怖れられていた。プリンとの結婚を拒み、家族への嫌悪をあらわにするサンジにレイジュは王族に戻ればどんな贅沢も思いのまま、それを楽しめと勧めるが、サンジはかつてジャッジが北の海の4人の王を討ち取った写真を前に悪趣味だと吐き捨て取り合わない。

第794話

父子対決 ジャッジVSサンジ!
兵士たちが見守る中、ジャッジとサンジの決闘が始まった。料理人の誇りにかけ、足技のみで戦うと宣言するサンジ。だが、ガルーダの異名を取り、ジェルマの科学力を駆使して矢継ぎ早に仕掛けるジャッジに苦戦する。片足を取られ、地面に叩き付けられてボロボロになりながら、いつしか幼い頃の自分に語りかけるサンジは覚悟を決め、ジャッジに攻撃を仕掛けた。しかし、兵士たちが盾となったことで攻撃をためらう。そのわずかな遅れが決定打となり、ジャッジの電磁シャフトを受け、意識を失い再び地面に叩きつけられる。

第795話

巨大な野望 ビッグ・マムとシーザー
スィートシティに潜入したブルックとペドロ。街中はジンべエの噂で持ちきりだった。ジンベエにビッグ・マムの癇癪から救われたことも忘れて裏切り者と罵り、バカにする人々を横目に、ブルックはジンべエが傘下になることで魚人島が守られていたのだと納得する。知り合いかと尋ねるペドロに、ジンべエが麦わらの一味にとって大事な人だと説明しながら、らしからぬ行動をいぶかしむ。その時、ドレスの打ち合わせで足止めされてたプリンを目撃した。サンジを連れ出し、ルフィたちと合流しているはずだとおどろくブルック。

第796話

魂の国 マムの恐るべき能力!
誘惑の森を駆けずり回り、手当り次第に仲間たちを捕まえたルフィ。まるで動物のような偽物たちに辟易しながら、ようやく本物のナミと再会する。偽物と間違われ、縛られたことに怒るナミだったが、自分やサンジの偽物たちを前にそっくりだとおどろくと、一体どういうことなのかと怪しんだ。自分たちがルフィの偽物に襲われ、その一部始終を巨人が目撃していたことから、何らかの事情を知っているはずだと問い詰めるものの、何も見てないとしらを切られたナミは、ルフィの偽物に襲われたときのことを話し始めるのだった。

第797話

大幹部! 三将星クラッカー登場
おどろくルフィたちに巨人は更なる事実を告げた。ビッグ・マムとの間に二人の娘をもうけたが、その後すぐに捨てられ、今は誰からも相手にされていないというのだ。やがて異変を感じた植物たちが騒ぎ、地響きと共に大幹部、三将星クラッカーが現れた。クラッカーは敵に情報を与えたと、力づくで巨人を地面から引きずり出す。しかし、引きずり出されたのは頭が巨人のように大きいだけの男、パウンドだった。そのパウンドの家出した娘の名を聞いたナミは、スリラーバークで出会った女海賊ローラのことが脳裏に浮かんだ。

第798話

8億の敵 ルフィVS千手のクラッカー
ギア2を発動して連続攻撃を仕掛けたルフィだったが、クラッカーの手が増えるのを目の当りにしておどろく。しかも攻撃が通用せず、ルフィはナミたちのいる場所まではじき飛ばされてしまう。千手の異名を明かし、体を叩くたび腕が増えるのを見せつけるクラッカー。さらに、おどろくべきことに増えた腕には同じ数の剣が握られ、そのすべてが襲いかかってくるため、硬化させた両腕でブロックするのがやっとだった。今は戦ってる場合ではない、森を脱出してサンジに会うのが先だと、ナミは戦うのをやめさせようとする。

第799話

全力勝負 ギア4VSビスビスの能力
プリンとの結納を明日に控え、眠れないまま外へ出たサンジ。親しげに声をかけてきたレイジュをそっけなくあしらうが、ビッグ・マムとの顔合わせのため、明日、イチジ、ニジも帰還、13年ぶりに家族がそろうと教えられて苛立つ。レイジュが去った後、一人残されたサンジは空を自由に舞う蝶に思わず手を伸ばすが、自分にかけられた手錠が目に入り、物思いにふける。一方、誘惑の森ではルフィと三将星クラッカーが熾烈な戦いを続けていた。ホーミーズたちは、その激しさに巻き込まれてはたまらないと慌てて逃げはじめる。

第800話

1と2 集結!ヴィンスモーク家
手を打ち鳴らし、新たなビスケット兵を生み出してはルフィに攻撃を仕掛けるクラッカー。ギア4を発動、連続技を繰り出して手当り次第に粉砕していくルフィだったが、あまりにも数が多く、ビスケット兵を破壊するだけで本体のクラッカーにはダメージを与えることができない。 サンジに会うと突っ張るルフィに諦めが悪いと半ば呆れながらクラッカーは、ルフィに勝てない相手がいることを知るのも成長だとバカにする。なおも熾烈な戦いが繰り広げられ、無限に増え続けるビスケット兵にルフィは徐々に追い詰められていった。

第801話

恩人の命 サンジと料理長ゼフ
クラッカーを相手に激しい戦いを続けるルフィ。増え続けるビスケット兵を手当たり次第に粉砕していくが、クラッカーの手を打ち鳴らすスピードに追い付けない。こうなったら全部まとめて倒すしかないと、上空からクラッカー本体へと迫るが、ギア4の制限時間を超えてしまう。身体から空気が抜け、後方へと飛ばされていくルフィに呆気にとられるクラッカー。地面に落下、激しい疲労で起き上がることすらできないルフィだが、再びギア4が使えるようになるまであと10分、見つからないようにするため森の中へと姿を隠す。

第802話

怒りのサンジ ジェルマ66の秘密
間一髪、キングバームの体当たりによって、プレッツエルの刃から逃れたルフィ。不本意とはいえ、クラッカーに刃向ってしまったことを怖れ、このままでは済まないとナミに訴えるキングバーム。しかし、ビブルカードの威力を知ったナミから、ルフィの回復に必要な10分間を稼ぐため、その場を離れるよう命令される。一方、ブリュレの鏡の世界に閉じ込められたチョッパーたちは、サンジの居る場所へ通じる鏡を捜すうち、運よくホールケーキ城へ繋がる鏡を発見した。そして、サンジがジェルマの城にいることを聞きつける。

第803話

捨てた過去 ヴィンスモーク・サンジ
体力の戻らないルフィを連れ、森の奥へ逃げ込もうとするナミ。だが、これ以上は無理だと思い、キングバームにルフィを守るよう命令すると反撃を開始した。しかし、ビスケット兵の一部を焦がすのがやっとでクラッカーの接近を許し、後ろに回り込まれる。ビッグ・マムに逆らい、命を失う危険を冒してまでサンジを助ける価値があるのかとバカにされるが、今まで何度も仲間のために命を賭けてくれたサンジを助けるため、命を賭けるのは仲間なら当然だと言い返す。そして絶体絶命のナミを、間一髪で復活したルフィが救った。

第804話

東の海へ サンジ決意の船出
兄弟たちに袋叩きにされながらも、いつしかサンジは幼い頃の辛い記憶を思い出していた。父の期待に応え、愛情を注がれる兄弟たちに比べ、正体がばれないようにと鉄仮面をかぶらされて暗い牢の中で過ごすことになったサンジ。やがて6か月が過ぎ、厨房では毎日、誰のために豪華な食事を作り、運んでいくのかと訝しむ者もいたが、国王直々の命令のため、それ以上詮索することは止められていた。牢を訪れるのは食事を持ってくる兵士のみ。迷い込んだネズミを心のなぐさめとしながら、サンジは亡くなった母のことを思っていた。

第805話

限界勝負 ルフィと無限ビスケット
クラッカーと戦い、追い詰められたナミを間一髪で救ったルフィ。後は自分が相手をすると、ナミを下がらせキングバームの中へ入って身を守るよう指示をした。体力が戻ったものの空腹に耐えかねてビスケット兵をかじったルフィだが、固すぎて歯が立たない。だが、どんなに固くても所詮はビスケットだと気づいたナミは“天候棒”を使って、ビスケット兵たちの頭上に雨を降らせた。ナミの目的が読めず、いら立つクラッカーはビスケット兵たちにルフィを襲わせるが、ナミはルフィにビスケットだから食べられることを教える。

第806話

満腹の力 新ギア4タンクマン!
ビスケット兵たちをすさまじい勢いで平らげていくルフィ。だが、すでに相当の数を食べており、膨らんだ腹ははちきれんばかりで身動きもままならない。思いもよらぬ反撃に面食らうクラッカーだったが、いつまでも続くはずがないとさらにビスケット兵たちを増殖させルフィを攻撃させる。半ばやけでビスケット兵を食べ、苦しそうなルフィを前にクラッカーはもう限界かとバカにし、自らけりをつけるべく斬りかかってきた。ルフィもこれで終わりにすると再びギア4を発動し、新技タンクマンでクラッカーと対峙するのだった。

第807話

哀しき決闘 ルフィVSサンジ(前編)
あらすじナシ

第808話

哀しき決闘 ルフィVSサンジ(後編)
あらすじナシ

第809話

復讐の嵐 怒りの軍団襲来!
3将星クラッカーが敗れ、無残な姿で送り返されたことに激高するビッグ・マム。仇を討つべく、ただちに「怒りの軍団」が編成されるが、怒りは収まらずホールケーキ城の上空に暗雲が垂れ込める。一方、このままビッグ・マムのナワバリに留まりサンジを待つのは危険だとルフィの説得にあたるナミだが、前触れもなく天候が荒れ始めたことに気づく。これがビッグ・マムの怒りによるものだとキングバームが怯え始めた。パウンドからビッグ・マムが天候を操ると聞いていたが、これほどのものなのかとナミは底知れぬ恐怖を感じる。

第810話

冒険の終わり サンジ決意のプロポーズ
クラッカーの仇を討つべくルフィに迫る『怒りの軍団』。この大軍を相手に一人で戦うのは無謀だとルフィを説得しようとするナミだが、ここでサンジを待つというルフィの意思は固く、巻き込まれないようにと遠ざけられる。ビッグ・マムの子供たちと対峙したルフィだが、怒りの矛先が自分だけでなく、仲間すべてが対象だと聞かされると、クラッカーを倒したのは自分だと言い放つ。それを皮切りに、『怒りの軍団』とルフィの戦いが始まった。無数のチェス戎兵たちを蹴散らすルフィだが、複数の能力者を相手に苦戦を強いられる。

第811話

ここで待つ ルフィVS怒りの軍団
仲間と恩人の命を救うためプリンとの結婚を受け入れる決意をしたサンジ。その心中も知らず、ルフィは迫りくる『怒りの軍団』を前に一歩も退かず正面から迎え撃つ。押し寄せるチェス戎兵たちを蹴散らすが、複数の能力者たちを相手に苦戦を強いられていった。そのルフィを助けようと、ビッグ・マムの雷雲を利用してチェス戎兵たちを倒すナミだが、ガレットに手を封じられ拘束されてしまう。もはやこれまでと、キングバームはアマンドに許しを請うものの聞き届けられず斬り付けられ、ルフィもクリームに捕まってしまった。

第812話

城内潜入 奪え!ロード歴史の本文
結婚式を明日に控え、仲間たちの無事を祈るサンジ。一方、『怒りの軍団』と激突したルフィだったが、複数の能力者たちを相手に力尽き倒れてしまう。帰還する『怒りの軍団』によりホールケーキ城へ連行されるルフィとナミ。意識を取り戻したルフィは、モンドールの能力により本の牢獄の中へ閉じ込められているのに気づいた。脱出しようとするが両手を固定され、囚人図書室の本の中に閉じ込められてしまう。そのころ反撃を開始したチョッパーたちも、偽者たちを相手に苦戦しながら、この場を脱出する方法を思いついていた。

第813話

因縁の対面 ルフィとビッグ・マム!
ビッグ・マムに再びケンカを売ったルフィだが格下扱いされ、サンジを連れ戻すことを諦めれば島から生きて出すと言われる。そして、ビッグ・マムは魚人島でのことを話し始めた。食べたお菓子の弁償とはいえ、よく国宝レベルの品である玉手箱をネプチューンが手放したものだと不思議がるビッグ・マム。さらに明日の結婚式が済んだ後には玉手箱を皆の前で開けるのだと上機嫌でルフィに話す。だが、ルフィは闘志を失わない。逆に友達であるプリンと会わせるように迫るが、ビッグ・マムに相手にされず笑い飛ばされてしまう。

第814話

魂の叫び ブルック&ペドロ電撃作戦
“歴史の本文”を奪うべく、二手に分かれて行動を開始したペドロとブルック。まずは爆薬を使うペドロにより城内は大混乱となった。報告を受けたタマゴ男爵は、かなう相手ではないとガーデンへ追い込むよう指示する。そして、自らもスムージーと共に現場へ向かおうとするが、ブルックがいないことに気づき、騒ぎがペドロによる陽動作戦だと見抜く。一方、手薄になった隙をついて宝物の間に侵入したブルック。何とか中から鍵をかけることに成功したものの、宝物の間を守っていた警備兵、チェス戎兵たちに囲まれてしまう。

第815話

さよなら プリン涙の決意
あらすじナシ

第816話

左眼の因縁 ペドロVSタマゴ男爵
あらすじナシ

第817話

シケモク サンジの結婚前夜
このまま殺されるのを待つより、ルフィは腕を千切ってでも脱出することを選んであがく。一方、部屋で休んでいるプリンのため、久しぶりに腕をふるい、食事を作ったサンジだったが、出来上がったものはルフィたちの好物ばかりで、一人分とは思えないほどの量だった。それならば二人で食べればいいとプリンの部屋に向かうサンジ。しかし、プリンは取り込み中だとドアに拒絶され、差し入れすら断られてしまう。一度は部屋に入るのをあきらめかけたサンジだが、ベランダからプリンの部屋に行き、窓から渡すことを思いつく。

第818話

不屈の魂 ブルックVSビッグ・マム
プリンの優しさが演技であり、ビッグ・マムの真の狙いが結婚式を利用してヴィンスモーク家全員を抹殺し、ジェルマの科学力を奪うことだったと知ったサンジ。のぞかれているとは知らず、言いたい放題のプリンだったが、レイジュの出血が思ったよりもひどく、結婚式に出席できなくなっては困るとうそぶくと、レイジュの頭の中に手を突っ込み記憶を引き出した。おどろくレイジュにメモメモの能力について説明、自分がレイジュを撃ったのでなく、侵入者騒ぎに巻き込まれて兵士の流れ弾に当たったよう記憶を編集してしまう。

第819話

母の願い ジェルマの失敗作サンジ
囚人図書室の破壊に手こずり、火で燃やすことを提案したジンべエ。迷わず賛成したルフィは、本に火が回るとナミを連れて牢から飛び出した。ようやく落ち着いたナミから、この島にいる理由を尋ねられたジンべエは、自分と『タイヨウの海賊団』がビッグ・マム傘下だったことを教える。大丈夫かと心配するナミに、ジンベエは謀反だとあっさり言ってのける。やがて騒ぎを聞きつけて番兵がやって来た。ルフィはナミをジンべエに預け、サンジにプリンが騙していたことを教えるため、チェス戎兵たちを倒して城内を進んでいく。

第820話

サンジの元へ ルフィ逆襲の大激走!
プリンに騙されていることを伝えようと、サンジを捜して城内二階へと到達したルフィ。その行く手を塞ぐカデンツァを相手に、ルフィはギア2を発動する。一方、ビッグ・マムの狙いはあくまでもジェルマの科学力で、それさえ手に入れば、ゼフたちの命を奪うことにこだわらないと、サンジにジェルマを捨てて逃げるよう言い聞かせるレイジュ。父や兄弟たちには恨みしかないが、それではお前まで死ぬとサンジはレイジュを心配する。しかし、レイジュは父に逆らえないよう改造されている自分も他の兄弟と同罪だと言い放った。

第821話

城内動乱 ルフィ約束の場所へ
あらすじナシ

第822話

別れの決意 サンジと麦わら弁当
キャロットの手引きで鏡の世界に飛び込み、追手から逃れたナミとジンベエ。ブリュレからルーレットに臆した裏切り者と言われたジンベエは、白ひげ亡きあと魚人島を守ってもらった恩義はあるが、ビッグ・マムの提示したルーレットからは死と悪意しか感じられないともらす。ペドロは相棒がルーレットに応じて命を落としたことを話し、応じなかったことは正解だとつぶやく。ビッグ・マムは来る者は拒まないが、去る者の命を奪うというのだ。引き続きナミたちは、残る3人の仲間ブルック、ルフィ、サンジの行方を捜した。

第823話

四皇の寝返り ブルック救出大作戦
ルフィたちの好物が詰まった弁当に手を出され、怒りにまかせてボビンを蹴り飛ばし、その場を走り去ったサンジ。騒ぎに気づき、駆け付けた兵たちを眠らせたボビンはサンジへの怒りをあらわにし、自らの手で始末をつけるため後を追った。そのころ、ミロワールドでブルック、サンジ、ルフィたちの居場所を捜し回るも、手がかりすら掴めずにいたナミたちだったが、ようやくブルックの居場所を知っているという鏡を見つける。だが、巨大な鏡に映しだされた場所に血相を変えた。そこはなんと、ビッグ・マムの寝室だったのだ。

第824話

約束の場所 ルフィ限界の一騎打ち
カウンターに反撃したルフィだが、空腹のあまり本来の力が出せず、滅多打ちにされてしまう。だが、サンジが戻ることを信じ、約束の場所へ行くのだと、とどめを刺しにきたカウンターを渾身の一撃で下した。一方、ミロワールドで仲間たちと再会したブルック。無理な作戦でブルックの命を危険にさらしたことを詫びるペドロに、本来は自分たちのための作戦で、二人だけで侵入したからできたと逆に礼を言う。ビッグ・マムから“歴史の本文”を奪おうとすれば全面戦争は避けて通れないと言うと、頭から本の写しを取り出した。

第825話

ウソつき ルフィとサンジ
ついに約束の場所で再会したルフィとサンジ。空腹で力尽きる寸前のルフィだったが、弁当の匂いを嗅ぎつけ目を覚ました。待っていたというルフィから目をそらし、拒絶の言葉をはくサンジだったが、ルフィの腹の虫を聞き、出来損ないだといって弁当を置いた。雨に濡れ、持ち歩くうちに弁当の中身はぐちゃぐちゃになっていたが、ルフィはどれも自分たちの好物ばかりだと喜んで肉にかじりつき、みんなにも食べさせてやりたいと平らげていく。食べ終えたルフィに、サンジは戻らないと言うと、一人で帰るよう告げるのだった。

第826話

サンジ復活 壊せ!地獄のお茶会
ようやくサンジが麦わらの一味に戻った。ナミがジンベエに助けられ、今も一緒にいると聞いて安心するサンジだが、本心ではないとはいえ、怖い思いをさせたことを後悔する。一方、ミロワールドではチョッパーたちが鏡のかけらを使ってルフィに呼びかけていた。その声を頼りに鏡のかけらを見つけたルフィから、サンジも一緒だと聞いて喜ぶチョッパーたち。ルフィもみんなの無事と、ブルックが“歴史の本文“の写しを手に入れたことを伝えられる。そしてルフィは、サンジは自分たちのもとに戻れないことをみんなに話した。

第827話

密会!ルフィVSファイアタンク海賊団
ジンベエからベッジと手を組むことを持ちかけられたルフィは、確かに今は争っている場合ではないと会うことを承諾する。そして、島の北西にあるベッジのアジトで合流することになった。一方、ヴィトからサンジを追っていたボビンを狙撃したとの報告を受けたベッジは、ジンベエの提案を受け入れた理由は余計な敵を増やさないためで、いけ好かないときはここで消すと豪語する。その頃、ホールケーキ城の巨大キッチンでは総料理長シュトロハイゼンが部下たちを指揮して、お茶会のためのウェディングケーキを作っていた。

第828話

死の協定 ルフィ&ベッジ連合軍!
ルフィたちを邪魔者扱いし、場合によっては消すことを匂わせるベッジに、自分が戻らなければ結婚式は中止、暗殺のチャンスが消えると牽制するサンジ。そこへ腹の探り合いをしている時間はないと割って入ったジンべエは、ベッジと組めるかをルフィにたずねる。しかし、ルフィは同席者の中にシーザーがいることに気づくと血相を変えて詰め寄った。うろたえながら、自分はベッジの兄弟分、ギャングスター・ガスティーノだととぼけるシーザー。巨人化の研究を無理やりさせられていたところを、ベッジに助けられていたのだ。

第829話

ルフィ暗躍 開宴直前!陰謀の結婚式
ルフィは作戦の鍵となる大役を引き受けた。そして、危険だと心配するナミたちをよそに、派手な登場の仕方を思いついて笑う。そんなルフィに写真を割るタイミングが重要だと念押しするベッジ。プリンの銃声を合図にルフィが写真を割り、そのショックでビッグ・マムが奇声をあげた隙に、ルフィたちが混乱に乗じてジャッジたちを助け出し、耳栓をしたベッジたちがビッグ・マム暗殺を実行する。そのすべてを10秒以内に終わらせ、逃走用にシーザーが用意した鏡の中へ飛び込み、ミロワールドを利用して各自の船へ逃げる作戦だ。

第830話

家族集結 開宴!地獄のお茶会
プリンの控室を訪れたサンジ。すでにプリンの本心は知っているものの、その美しい花嫁姿を前に我を忘れる。そのころ会場の入口ではベッジにより招待客たちのボディチェックが行われていた。花婿親族であるジャッジたちも例外ではないと、すべての武器を預けるよう要求するベッジ。納得できないイチジたちと、ベッジたちの間で争いが始まるかに見えたが、ビッグ・マムの顔を立てたジャッジの一声で収まった。一方、開宴時間を前に、 ジンベエたちが作戦の最終チェックを行う中、ルフィは一人で誘惑の森へ出かけてしまう。

第831話

仮面夫婦 サンジ♡プリン入場!
外が気になってベッジの体から出ようとするルフィだが、ナミにどやされ連れ戻される。一方、護衛そっちのけで場内をのぞいたヴィトは、ゲストたちに混ざったビッグ・マムの子供たち、長男ペロスペロー、将星カタクリほか実力者たちの顔があるのを見つけ、味方なら心強いが敵に回れば恐ろしいと思わず本音をもらす。チェス戎兵たちによって運び込まれたマザー・カルメルの写真と対面し、笑顔を見せるビッグ・マム。しかし、ゲストの一人がマザーのことを尋ねたことで表情が一変、思い出に踏み込むなと激怒してしまう。

第832話

死のキス 四皇暗殺作戦開始!
作戦決行のときが迫る中、寝入ってしまったルフィを必死に起こそうとするジンベエ。しかし、どうやっても起きそうになく、食べ物で起こすほかないと肉を用意する。一方、ゲストたちから祝福と喝采を受けながら、気を抜けば命はないと自分に言い聞かせるサンジだが、花嫁姿のプリンに幸せだと甘えられて我を忘れてしまう。二人の到着と共に、部下のコックたちを率いてあらわれたシュトロイゼンは二人の結婚を祝福する歌を歌い、床に剣を差した。すると、誓いの祭壇となる巨大なウェディングケーキがせり上がってきた。

第833話

盃返上! 侠客ジンベエの落とし前
ウェディングケーキから飛び出し、好き勝手に暴れ回る何人ものルフィたち。それにより会場は大混乱と化した。ブリュレの能力に目をつけたルフィは、誘惑の森で動物たちを捕まえて自分の姿に変えさせ、ケーキに仕込んだ鏡から送り出させていたのだ。作戦の成功を祈りながら、泣きじゃくるプリンを抱きかかえ避難するサンジ。死んだはずのルフィが現れたことで、モンドールはオペラが保身のためウソをついていたことを確信する。徐々に崩れていくケーキを前にしたビッグ・マムはショックで我を忘れ、正気を失ってしまう。

第834話

作戦失敗!? 反撃のビッグ・マム海賊団
ジンベエに杯を返され、敵ならば容赦しないとルフィとジンベエを攻撃するビッグ・マム。その騒ぎにまぎれ、ルフィの偽者に化けたブルックは見事、マザー・カルメルの写真を割った。だが、写真を見たはずのビッグ・マムが3秒すぎても奇声を上げない。死んだと思っていたブルックの姿におどろくビッグ・マムを見て、ブルックはショックのあまり、何が起きているのか理解できていないことに気づく。子供たちは、このままビッグ・マムがパニック状態になれば大変なことになる。その前にルフィたちを始末しようと襲ってきた。

第835話

走れサンジ SOS!ジェルマ66
絶体絶命のレイジュたちを救うべくひた走るサンジだが、サンジの命を狙うダイフク、さらに新たに現れた追手たちに手を焼く。一方、泣きわめくブリュレを背負い、脱出用の巨大な鏡と共にミロワールドから抜け出したシーザー。こっそり会場を覗き込んだが、作戦通りにケーキが壊され、偽ルフィたちが暴れ、写真が割られているのに、何故ビッグ・マムが奇声を上げていないのかと訝しがる。ブルックに指摘され、もう一度ビッグ・マムにマザーの写真を見せようとするルフィだが、オーブンに邪魔され、写真を奪われてしまう。

第836話

マムの秘密 巨人の島と小さな怪物
幼子のように大粒の涙を流し、マザー・カルメルに訴えかけるビッグ・マム。それは63年前の話。まだ子供だったマム、シャーロット・リンリンは、並み外れた大きな体と力を持っていた。しかし、無邪気にその力をふるった結果、周囲に被害を与えた罪で国外追放となってしまう。そして自分たちの手に負えないと思った両親により、巨人族の戦士たちが暮らす島エルバフへ置き去りにされる。その後、マザーに引き取られ、同じように身よりのない子供たちと暮らすことになり、自分と同じ大きな体を持つ巨人族を初めて目にした。

第837話

マム誕生 カルメルが消えた日
ヨルルの剣を片手でなぎ払い、ひげを掴んで力任せに地面へ叩きつけるリンリン。しかし、マザーの指示でお祭り用のセムラが届くと、食べることに夢中になっておとなしくなる。火の勢いが強すぎて、見ていることしかできなかった炎を前にしたマザーは、パンドラと名づけて自分に従うよう命令すると、たちまち炎を沈めてしまう。奇跡だとおどろく巨人たち。重傷を負ったヨルルが助からないことを見抜いたヤルルは、仇であるリンリンを討とうとするが、彼女を連れて出ていくというマザーの命乞いをやむなく聞き入れる。

第838話

兵器炸裂!ビッグ・マム暗殺の瞬間
突如、姿を消したマザーと羊の家の子供たち。だが、その一部始終は二人の人物に目撃されていた。一人は羊の家の様子を見に来たエルバフの戦士。このことは各地の巨人族たちの間に伝わり、リンリンは忌み嫌われる存在となった。もう一人は島に住みついていた元海賊の料理人シュトロイゼン。あらゆる物を食材に変えてしまうククククの実の能力者で、リンリンを死なせるには惜しいと近づいてきた。そして、マザーはそのうち戻ってくると慰めながら、剣で木や花を食材に変えて空腹のリンリンに巨大なケーキを作ってやる。

第839話

悪の軍団 変身!ジェルマ66
ビッグ・マム暗殺に失敗し、退路を断たれてしまったルフィたち連合軍。迫りくるビッグ・マムの子供たちを前に、もはや勝ち目はないと判断したベッジは、強固な城ビッグ・ファーザー(大頭目)に姿を変えると、退却中のルフィたち一行を城内に呼び寄せた。ベッジの変貌と裏切りに動揺するビッグ・マムの子供たちだったが、裏切り者を始末すべく怒りに燃える。一方、いまだ混乱が続く会場では、カタクリの放ったモチを耳に詰めてビッグ・マムの奇声を遮断することに成功したルフェルドが、偶然にも魚人族の玉手箱を発見するのだった。

第840話

父子の訣別 サンジとジャッジ
ジェルマ66の援護によりビッグ・マムの子供たちの追撃を逃れ、大頭目(ビッグ・ファーザー)へと籠城したルフィたち。一同を前にベッジは、自分と城が一体だと説明、自分が死んで城がなくなれば、中にいるルフィたちも敵前に放り出されエサになるだけだと説明する。危機的な状況にあることを理解しろと迫るベッジだが、突如、倒れるともがき苦しみ始めた。城の外ではすでにビッグ・マムが正気を取り戻し、裏切り者ベッジ、そしてお茶会を邪魔し、マザーの写真を割ったルフィへの怒りを爆発させ、力任せに城を殴りつけていたのだ。

第841話

茶会脱出!ルフィVSビッグ・マム
ベッジの提案に乗り、命賭けの脱出作戦を開始したルフィたち連合軍。開城して飛び出したベッジとシーザーはビッグ・マムの子供たちによる一斉射撃にあうが、壁となったジェルマ66に救われる。脱出するため壁へ向かうことを予測したカタクリは他の兄弟たちに阻止するよう指示、さらにジャッジの槍をモチで防ぐ。ビッグ・マムの攻撃でレイジュが倒れ、おどろくニジたちにイチジは弱いやつが悪い、任務を全うするよう指示を出した。レイジュの危機を見ておれず参戦しようとするルフィだが、サンジに出るなと言われる。

第842話

処刑開始 ルフィ連合軍全滅!?
たった一撃でジャッジを倒したビッグ・マム。それを皮切りに、ビッグ・マムの子供たちはバラバラになってルフィ連合軍に襲いかかる。気を失ってしまったジャッジの元へ急行するニジ、ヨンジに代わり、一人でカタクリと対峙したイチジは、任務を優先するためシーザーを先へ逃がした。一方、目の前に現れたニジとヨンジ相手に、ビッグ・マムは余裕の表情で挑発する。そして、力を使い果たしてしまって動けないルフィを連れ、撤退中のサンジとレイジュもまた、オーブン、ダイフク、スムージーたちに追いつかれてしまう。

第843話

巨城崩壊 麦わら一味大脱走開始!
玉手箱の爆発により倒壊するホールケーキ城。もはや大惨事は誰にも止められないと思われたが、総料理長シュトロイゼンが、能力で城を本物のホールケーキに変えてしまった。城から放り出されたビッグ・マムも、ゼウスに着地して事なきを得る。そして、ケーキになった城を一口食べると、シュトロイゼンの能力で変化したお菓子は見かけだけで味がないとぼやき、壊されたケーキへ思いを募らせた。いまだ動けないルフィを連れ、どうにかベッジたちと合流を果たしたサンジ。無事に任務を遂行したジェルマは連合軍を離脱する。

第844話

巨人の槍 強襲!空翔るビッグ・マム
ウェディングケーキへの執着から、再び食いわずらいの発作を起こしたビッグ・マム。地面に叩きつけられたオペラを見ておどろく兄弟たちに、スムージーはオペラがビッグ・マムを止めようと立ちはだかったと説明、もう誰も近づくなと忠告した。食いわずらいの発作を止めようにも、作ったシュトロイゼンが重傷を負い、代わりのウェディングケーキを用意できない。追い詰められたペロスペローは苦し紛れにルフィたちが予備のケーキを盗んで逃げたと言いくるめるが、ビッグ・マムに嘘をついたら寿命で償えと迫られてしまう。

第845話

プリンの決意 大炎上!誘惑の森
ビッグ・マムの〝威国〟が、かつて見た巨人族の技に似ていることにおどろくルフィ。ビッグ・マムから詰め寄られ、震えて許しを請うキングバームに、ナミは一緒にいたレディツリーが婚約者だと聞き出すと、彼女のためにもこの場を逃げ出して生きろとハッパをかける。そして小さなブラックボールをいくつも作り出してゼウスに向かって放った。ブラックボールを食べたゼウスは夢中になり、ビッグ・マムを振り落してしまう。このままゼウスとビッグ・マムを引き離して時間を稼ぎ、その間に誘惑の森を脱出しようというのだ。

第846話

反撃の雷 ナミと雷雲ゼウス
誘惑の森から脱出しようとするルフィたち。しかし、ビッグ・マムの号令を受けたホーミーズたちに邪魔されてしまう。ビッグ・マムの形相におどろくルフィに、ジンベエは食いわずらいと言われる状態で、食べたいものを口にするまで起きる癇癪だと説明する。やがてホーミーズたちを蹴散らして前へ進むうちに、見覚えのある橋を見つけたキャロットは、ここを抜ければサニー号までもうすぐだと喜ぶ。だが、ナミは以前に橋は壊れたことを思い出し、敵が自分たちを騙すために地形を変えていることに気づき、違う場所だと見抜く。

第847話

偶然の再会 サンジと恋する悪プリン
ようやくサニー号へ戻ったチョッパーとブルック。甲板の人影をルフィたちだと喜ぶが、すでにサニー号はカタクリ、ペロスペローにより占拠されていた。やがて誘惑の森のある場所で凄まじい爆発が起こり、ルフィたちの身を案じた二人は声を失う。ペロスペローは命がけで戦ってもルフィたちが戻ることはないと言うと、このまま潜水艇で逃げるのなら見逃すと持ちかける。ルフィたちがやられるはずはないと拒絶したチョッパーとブルックは、仲間が戻るまで自分たちでサニー号を守るのだと戎兵たちを相手に戦闘を開始した。

第848話

サニーを守れ 奮戦!チョッパー&ブルック
サニー号へ急ぐルフィたちだったが、またしてもホーミーズに進路を歪められる。しかし、異変に気づいて戻ってきたプリンが“記憶の糸”で一時的にホーミーズたちの元になった人間たちの記憶をよみがえらせ、ルフィたちを海岸へ誘導する。カカオ島へ向かう途中、サンジはサニー号でブルックとチョッパーを発見した。ペロスペローたちがいることにおどろくプリン。シフォンから戻らなくていいのかとたずねられるが、今は一刻も早くビッグ・マムを気絶させるケーキを作るのが先だと言うと、サンジはカカオ島へと向かった。

第849話

夜明け前 侠客団団長ペドロ
ペロスペローのキャンディメイデンを〝レッドホーク〟で溶かしたルフィ。続いて連続攻撃を仕掛けるが、カタクリに阻まれてしまう。すでに背後からはビッグ・マムが接近していた。挟まれたら最後だと、ジンベエはルフィにカタクリを追い出すよう言うと、自分たちが船を出航させることを請負う。さっそく〝ホークガトリング〟で攻撃するルフィだが、カタクリに当てることすらできない。一方、ペドロはキャロットに突然の事態におどろくなと言い、ルフィたちこそが自分たちが待ち望んでいた夜明けをもたらす者だと告げた。

第850話

必ず戻る ルフィ命がけの出航!
ルフィたちを逃がすため、ペロスペローを道連れに自爆したペドロ。その凄まじい衝撃はビッグ・マムさえも吹き飛ばした。ペロスペローの能力が切れ、アメが溶けたことでサニー号、ブルック、チョッパーも自由を取り戻す。ペドロが命がけで作ったチャンスを無駄にするわけにはいかないと、ルフィはただちに出航するようナミに指示した。そうはさせまいと立ちふさがるカタクリ。ナミに説得されペドロの傍へ行くことを断念したキャロットだったが、ビッグ・マム海賊団への怒りはおさまらず、カタクリめがけて飛びかかった。

第851話

10億の男 最強の3将星カタクリ
戦いの場をミロワールドへ移し、3将星カタクリへの先制攻撃を開始したルフィ。矢継ぎ早に連続技を仕掛けたものの、格下扱いされたあげく、すべて避けられてしまう。素早い移動も効果はなく、わざと床を砕き、かく乱しようとしたルフィだが通用せずに苦戦する。一方、クー・ド・バーストで窮地を脱出することに成功したサニー号では、アメから解放され喜ぶチョッパーとブルックに、サニー号を脱出させるためぺロスペローを道連れにペドロが自爆し、さらにルフィがカタクリを連れ、ミロワールドへ行ったことが伝えられた。

第852話

激闘開幕 ルフィVSカタクリ
ギアを発動し、カタクリ目掛けて象銃を放ったルフィ。だが、先を読まれて、そっくりな技で手ひどく痛めつけられる。一方、ショコラタウンに向かったサンジたち。表向きはシフォンを脅して無理やりケーキを作らせることになっていた。周囲の目を欺くためとはいえ、姉に手錠をかけることにプリンは心を痛めるが、シフォンはベッジの妻である立場を思えば仕方ないと受け入れる。ショコラタウンが近づき、サンジを意識するあまり舞い上がるプリンを見かねたシフォンは、サンジを救いたいならしっかりするよう言い聞かせた。

第853話

波の部屋 無敵の操舵手ジンベエ
サニー号へ通じる鏡を割り、火矢が放たれるのを防ごうとしたルフィ。しかし、ことごとくカタクリに邪魔されてしまう。そこでルフィは鏡の破片を使ってナミたちに知らせようとするが、サニー号は海上を進撃するビッグ・マム、アマンドの艦隊と応戦中だった。ようやく気づいたナミに、船内すべての鏡を割れと指示するルフィだが、それでは戻れなくなると止められる。すでに火矢により船室は燃え広がり、おどろいたブルック、チョッパーが消火に向かう。そうはさせまいとブリュレは、追加の火矢を放つよう弟妹に指示する。

第854話

土竜の脅威 ルフィ沈黙の戦い!
ルフィの指示に従ってサニー号すべての鏡を壊し、間一髪、ミロワールドからの火矢を防いだナミたち。一方、カタクリを相手に苦戦中のルフィに鏡を使ってチョッパーが呼びかけてきた。カタクリたちに気づかれないようその場を離れたルフィが状況をたずねると、チョッパーはジンベエによってサニー号と仲間たちが救われたことを伝える。全員の無事と船内の鏡が割られたことに安心するルフィに、鏡がなくてどうやって戻るのかと半ば呆れながら、ナミはサニー号がサンジたちのいるカカオ島に向かっていることを説明した。

第855話

死闘決着!? カタクリ怒りの覚醒
カタクリと激闘を続けるルフィだったが、見聞色の覇気によって動きを読まれ、次第に追い詰められていく。反撃のチャンスがつかめず、間一髪、襲いかかる土竜をかわすのがやっとだった。悔しがるルフィに、それは自分も同じ、何度も攻撃を避けられるのはストレスだと言い捨てるカタクリ。ルフィが土竜を奪おうとするのを見抜くと手招きして挑発する。受けて立つルフィだが、圧倒的な力の差を見せつけられ、地面に押さえつけられてしまう。何とか逃れようと必死にもがくルフィにカタクリはここまでだと非常な宣告を下す。

第856話

禁断の秘密 カタクリのおやつの時間
ルフィをモチの中に生き埋めにしたカタクリは、ただちにメリエンダを開始するようパティシェたちに命令した。すでにメリエンダの時間から40分が過ぎ、これ以上カタクリの機嫌を損ねないよう、パティシェたちは大急ぎでおやつを用意する。色とりどりのドーナツを前に、これらは完璧な人間であるカタクリにふさわしく、完璧な材料で作り上げたものだと説明するパティシェたち。消耗したエネルギーを補給するためには糖分が必要だと言うとカタクリはモチで社を作り上げ、誰であろうと中をのぞくなと命令して社にこもった。

第857話

ルフィ反撃 無敵カタクリの弱点!
冷静さを失ったカタクリに攻撃が通じたことで、レイリーとの修行で見聞色、武装色の覇気について教えられたことを思い出すルフィ。見聞色は相手の気配をより感じる力であり、高めれば見えない敵の位置や数のほか、相手の次の動きさえ読み取れる。武装色の覇気は弱点をつくことを除けば能力者に対する唯一の対抗手段で、ロギアの能力者たちの流動する体に触れ、とらえることができるのだ。カタクリの強さはモチでなく見聞色にあると見抜き、ルフィはギア4でふたたび攻撃を開始した。その猛攻に流石のカタクリも後退する。

第858話

危機再び!ギア4VS無双ドーナツ
ギア4でカタクリに挑んだルフィだが、冷静さを取り戻したカタクリには通用せず、身動きを封じられてしまう。一方、ナッツ島のアマンドに食いわずらい状態のビッグ・マムが向かったという報せが入った。すぐさま町の人間を避難させるように指示するが間に合わず、島へ上陸したビッグ・マムはウェディングケーキを求め、町中を破壊、町は大混乱となる。そのころ、ベッジの船を見失い、さらに敵の動きを察知するはずのナワバリウミウシが一匹残らず姿を消したと聞いたモンドールは、原因を突き止めるよう命令していた。

第859話

反逆の娘 サンジのケーキ輸送大作戦
カタクリとの一騎打ちの最中、ギア4の時間切れによって絶体絶命のルフィはブリュレの能力で脱出したものの、ビッグ・マムが大暴れするナッツ島にやって来てしまう。そこでペロスペローに見つかったルフィは、覇気が回復するまで戦っても勝ち目はないとブリュレを抱えて逃げ出す。しかし、後を追うペロスペローはキャンディウォールでルフィを囲い込んでしまった。逃げ場を失ったルフィの前にキャンディを切り裂いてアマンドが出現する。襲いかかる刃をかわし、ルフィはキャンディウォールを飛び越えて外へと脱出した。

第860話

男の生き様 ベッジとルフィ船長の決意
シフォンを囮にベッジをおびき寄せ、港への上陸と降伏を迫るオーブン。艦隊と交戦中だったベッジたちはシフォンが捕らえられたと聞いて動揺する。ベッジたちを死刑にさせまいと、逃げろと叫ぶシフォン。そして、実の母親に忌み嫌われ、虐げられていた自分にとってベッジたちだけが本当の家族だったと胸のうちを明かす。さらに、いつか自分の仇を討ってと別れを告げようとするが、余計なことを言うなとオーブンに手ひどく痛めつけられる。その悲鳴を聞いたベッジは、降伏する代わりにシフォンに手を上げるなと要求した。

第861話

ケーキ沈没!? サンジ&ベッジ逃亡戦
オーブンに一矢報いたベッジと協力して、サンジはノストラ・カステロ号の甲板に荷台ごとケーキを運ぶ。シフォンが無事に戻ったことで船内は喜ぶにわくが、まんまとベッジにだまされたオーブンの怒りは収まらない。こうなれば力づくでも止めると、正面から受けとめるが力負けしてひかれてしまう。騒ぎにおどろいたのか急に泣き出したペッツだが、手をふるパウンドにあやされたちまち上機嫌になった。シフォンから誰なのかと怪しまれながらも、パウンドは一方的にでもシフォンと孫であるペッツに会えたことを喜んでいた。

第862話

月の獅子 キャロット神秘の大変身
前後をビッグ・マムと子供たちの艦隊に挟まれ、サニー号は逃げ場を失った。追撃していたババロアのもとへは前方のダイフクのほか、さらなる援軍としてシトロン、シナモンを乗せた将星スムージーの船が後方に到着する。もはや勝ったも同然だと気勢をあげる兵隊たち。ダイフクは艦隊を左右に展開してサニー号の進路を塞ぎ、集中砲火を浴びせようと狙う。見張りをしていたキャロットは、ダイフクの船の動きに気づいて急いでみんなに報せる。しかし、逃れようにも魔人を操るダイフク相手では活路を開くのは容易ではない。

第863話

突破せよ 麦わらの一味大海戦!
スーロンと化したキャロットにより船の制御を奪われ、ダイフクの艦隊は次々と戦闘不能になっていた。サニー号に残ったナミたちも自分たちで血路を切り開こうと奮闘するが、その背後にはペロスペローとビッグ・マムが迫る。食いわずらいの発作が8時間も続くというかつてない状況に、この先どうなるのか見当もつかないペロスペローだが、プリンがケーキと共に向かっていると報せに救いの神だと喜ぶ。しかし、その船がベッジのものだと知ると一転、暗殺者であるベッジの船で運ばれたケーキなど信用できないと吐き捨てた。

第864話

遂に激突 四皇VS麦わらの一味
合流先であるカカオ島を目指し、三方に別れて行動中の麦わらの一味。海上でケーキの完成を急ぎ、輸送するサンジとベッジ。四皇ビッグ・マムに乗り込まれたサニー号。そしてミロワールドではルフィとカタクリとの一騎打ちが続いていた。必死に心を落ち着け、カタクリの攻撃を読もうとするルフィだが、その隙すら与えられず追い詰められる。集中しなくてはと焦るルフィと反対に冷静さを取り戻したカタクリは正確にルフィの動きを読みダメージを与えていく。ルフィはあらためてカタクリの見聞色のスゴさを認めるのだった。

第865話

冥王直伝 カタクリ戦大逆転開始
ミロワールドで熾烈な戦いを続けるルフィとカタクリ。先を読んで攻撃をかわそうとするルフィだが、よけきれず鏡に次々と激突してしまう。そのため各所でミロワールドと繋がっている鏡が割れる事態が続出、人々からはカタクリにこれだけの時間を使わせるルフィに対して不安の声が上がっていた。そのミロワールドで、カタクリとルフィの一騎打ちを密かに見ていた者たちがいた。ビッグ・マムの36女フランペとその手下たちだ。フランペは最愛の兄、カタクリにほめてもらおうと、ルフィの狙撃をくわだてていたのだった。

第866話

遂に帰還 四皇を止める男サンジ
わずかながらも見聞色により未来を読み、カタクリの攻撃に応戦するルフィ。だが、その確率はまだ低く、どこから攻撃が来るのか確実にはわかっていなかった。カタクリはルフィに無駄な抵抗をやめさせようと、すでに計画は筒抜けで、たどり着く前に他の兄弟たちの艦隊につぶされると動揺を誘う。しかしルフィは動じることなく、必ず自分は鏡の中から現れると言い返す。そのころ、ベッジの船ではケーキ最上段の飾りつけを忘れるという思わぬ事態が見つかったが、サンジのフォローで、ついにウェディングケーキが完成する。

第867話

闇に潜む ルフィを襲う暗殺者!
見聞色を発動させ、カタクリの攻撃をかわしたルフィだったが、フランペのしびれ針に刺され、膝をついたところを土竜に一突きされてしまう。一方、城の爆発がルフィによるものだと聞いたモンドールは全艦隊をカカオ島に集結させ、誰ひとり逃すなと命令する。そして、ケーキを運ぶベッジは言葉巧みにペロスペローの不安をあおり、自分たちに引き寄せることに成功していた。ベッジが暗殺を諦めていないことを確信したペロスペローはサニー号の始末をスムージーに任せ、自分はババロアと一緒にビッグ・マムとベッジを追う。

第868話

男の覚悟 カタクリ命がけ大勝負
フランペの狙撃で隙を作ったところをカタクリに攻撃され、致命的なダメージを受けてしまうルフィ。立つのもやっとなその姿をブザマでカッコ悪いとフランペは手下たちとバカにする。もはやカタクリの勝利は間違いない。ほめてもらえるとカタクリのもとに駆け寄ったフランぺだが、ルフィとの一騎打ちに水を差されたカタクリの怒りを買い、何がおかしいのかと一喝される。さらにカタクリはルフィと対等になろうと、土竜で自らの腹を突き刺す。カタクリの行動におどろき、絶句するフランぺはその返り血を頬に浴びてしまう。

第869話

目覚めろ 最強を超える見聞色!
フランペの加勢に怒り、自らの腹を差し貫き、隠していた素顔を見せたカタクリ。ルフィを格下扱いせず、対等の立場で戦おうというのだ。そのことを喜びながらも勝つのは自分だと意気込むルフィ。見聞色でカタクリの攻撃をかわし、反撃に出たルフィだが、力負けして次第に追い詰められていく。その戦いぶりからカタクリは、だいぶ見えるようになったとルフィの見聞色を評価する。力負けしまいと必死に抗いながら、ルフィの脳裏には2年前、仲間たちと離れ、ルスカイナ島でレイリーと修業した日の事が浮かんできていた。

第870話

神速の拳 新たなるギア4発動!
まさに一進一退、互いに先を読み合うルフィとカタクリ。今度こそ決着をつけるべくギア4を発動させたルフィは、レイリーと特訓していた日々を思い出していた。新たな特訓を前にレイリーにギア4、バウンドマンを披露したルフィだが、一目でその特性を見抜かれ、面白いと評価されたものの、まだ足りないところがあると指摘されてしまう。さらに、説明するより身体で覚えるのが早いと、素早く移動して腹に拳を叩き込まれる。すぐさま反撃に出るが、レイリーには通じず、矢継ぎ早に繰り出す技をことごとくかわされてしまう。

第871話

遂に終結 壮絶カタクリ戦の行方
互いに渾身の一撃を炸裂させ、ルフィとカタクリの動きが止まった。そうとは知らず、縄を切って逃げ出したブリュレは、自分がいなければルフィはミロワールドから出られないとオーブンたちの元へ向かう。カカオ島では、ルフィを捕えようと巨大な鏡の前にビッグ・マムの子供たちが集結していた。しかし、残り時間が迫る中、いまだカタクリからの連絡はない。一方、密かにプリンと町へ入ったサンジは自分たちの置かれている状況を理解し、ルフィが出てきたら一瞬で脱出しなければ命はないとプリンに別れの挨拶を切り出した。

第872話

絶体絶命 鉄壁のルフィ包囲網!
ルフィたちが合流するまであと4分ほど、監視の目をすり抜けてカカオ島に接近していたサニー号だが、ついに発見されてしまう。警報が鳴り響き、カカオ島前方には集結した大艦隊、後方からはスムージー艦隊が接近する。挟まれては最後だと、ナミは島から距離を取るようジンベエに指示した。その動きを見たスムージーは、このまま背後を固めるよう指示を出す。前後を挟まれた状態でカカオ島に上陸したとしても、そこにはオーブンの軍勢が待ち受けており、逃げることは不可能、ここが終着点だとスムージーは言い切った。

第873話

起死回生 最強の援軍ジェルマ!
突如、現れたジェルマ66によって絶体絶命の危機を救われたルフィとサンジ。邪魔するなら一緒に始末するまでだとビッグ・マム海賊団が集中砲火を浴びせたが、ジェルマには傷一つつけられない。ジェルマはヌストルテらに攻略されたはずだと激高するオーブンに、ハエは海に叩き落としたと挑発するイチジ。それを聞いたモンドールはヌストルテたちに連絡を取ったが、すでにジェルマ攻略に送り込んでいた部隊は全滅していた。隙を見たサンジはルフィを背負って空中から脱出を図るが、それをニューイチたちのバズーカが狙う。

第874話

最後の砦 タイヨウの海賊団現る
ジェルマの援護によりサニー号へ帰還したルフィとサンジ。しかし、すぐ近くまでスムージーの艦隊が接近していた。そのころ、ビッグ・マムによりナッツ島が崩壊したことは瞬く間に広がり、周辺の島々では食いわずらいを止めるなど無理だと噂し、避難する者たちにより大混乱となる。一方、ふんわり島までビッグ・マムをおびき寄せたベッジだが、その代償として船を失ってしまう。ただちに脱出を決断し、ベッジは部下たちに体内へ入るように指示する。だが、シフォンは最後まで見届けると言うと、我が子のペッツを託した。

第875話

魅惑の味 幸せのサンジのケーキ
念願のウェディングケーキを目の前にしたビッグ・マム。もはや国の命運はケーキ次第、結末を見届けようとするシフォン、覚悟を決めたペロスペローたちが固唾を呑む。やがてケーキを食べ始めたビッグ・マムが、突然、うめき声をあげ倒れる。毒のせいかとあわてる子供たち。しかし、サンジの甘みの真骨頂に心を奪われただけだった。そしてなおもケーキを食べ続け、ついにビッグ・マムの発作が収まる。プリンのおかげだと賞賛の声を上げる人々。だが、プリンは作ったのは自分ではないと、一人、サンジのことを思い出す。

第876話

仁義の漢 ジンベエ決死の大海流
念願のケーキを平らげ、元の姿に戻ったビッグ・マム。しかし、いまだ陶酔状態から覚めず、ペロスペローの報告も耳に入らない。一方、全滅したかに見えた麦わらの一味だったが、自分たちの船を身代わりにして、サニー号をワダツミの口の中に隠すというアラディンの秘策に救われていた。このまま海中から脱出しようとしたが、すぐに身代わりだと気づかれてしまう。オーブンの熱にたまらずサニー号を吐き出したワダツミ。だが、ルフィに魚人島で敵対したことを詫びると、サニー号を進ませるために盾となって砲弾を防いだ。

第877話

惜別の時、プリン最後の“お願い“
ジンベエたちの身を案じながら、ビッグ・マムのナワバリから逃れようと前進するサニー号。ペドロの死を悼むサンジを、キャロットがなぐさめた。ペドロが自分の意思でやったことで、かつてモコモ公国で救われた恩返しだと言うのだ。そう気丈に振舞っていたキャロットだったが、こらえきれず泣き出してしまう。そんなキャロットの頭をやさしくなでるサンジ。カタクリとの戦いで深手を負ったルフィも、チョッパーの治療で回復してきた。わたあめ雪が降ってきたことで、ナミはあと少しでナワバリから脱出できると確信する。

世界会議(レヴェリー)編

第878話

世界驚愕 第五の海の皇帝現る!
モルガンズによって、ルフィと四皇ビッグ・マムとの戦いは瞬く間に各地へと広まった。その記事を見たシャンクスは幼い頃のルフィを思い出す。海賊に憧れ、一緒に連れていってほしいとシャンクスに頼むルフィだったが、子供だからと取り合ってもらえない。さらに山賊に酒をかけられても気にも留めないシャンクスの真意がわからず、怒ったルフィは、腹立ちまぎれに置いてあった悪魔の実を食べてしまう。それに気づいたシャンクスが吐き出させようとするがすでに遅く、ルフィは泳ぐことのできないゴム人間となってしまった。

第879話

世界会議へ 集結!麦わらの盟友達
四皇ビッグ・マムとの戦いにより、大海賊時代の台風の目となったルフィと麦わらの一味。しかし、ルフィの懸賞金が下がるという不測の事態に大騒ぎとなっていた。一方、世界会議出席の王族たちを護衛するため海軍が同行していたが、その甲斐なくルルシア国のコマネ王女がさらわれる。なんのための護衛かと激怒するサカズキ。新聞記事でルフィの活躍を知り、喜ぶレベッカとレオだが、リク王とエリザベローからルフィのことを話さないよう釘を刺され、ヴィオラの元へ報せに行った。その姿を水中から狙う者たちが見ていた。

第880話

サボ動く 革命軍全軍隊長登場!
世界会議出席のため王族が不在、護衛として優秀な海兵たちが帯同中のルルシア王国を海賊、桃ひげが襲撃した。逃げ遅れた少女・モーダから取り上げたものがミルクだったことに拍子抜けしながら、桃ひげは返してほしければ天上金を出せと要求する。そんなことをすれば天竜人や王族の怒りを買い、自分たちの命が奪われると涙ながらに訴えたモーダだが、その言葉から天上金を隠し持っていることが知られてしまう。海賊たちによる略奪で大混乱となる中、見逃してほしいと桃ひげに懇願するモーダだが相手にされず、手荒く払いのけられる。

第881話

動き出す 執念の新元帥サカズキ
2年前、海軍本部と白ひげ海賊団との頂上戦争の戦場となり、壊滅したマリンフォード。しかし、すでに新たな拠点としてニューマリンフォードが築かれ、サカズキが新元帥となっていた。命令に従わず帰還した藤虎に怒るサカズキだが、理論武装され太刀打ちできないという報告を聞いて、さらに激高する。そして、マリージョアに大将、緑牛がいると聞くと、藤虎を見たら追い返すよう命令する。なおも怒りは収まらず、ルフィの手配書を握りつぶすサカズキ。八つ当たりされた黄猿もまた、ルフィの懸賞金15億ベリーを訝しがる。

第882話

頂上戦争 継がれた海賊王の意思
ルフィの快進撃の記事に苛立ちを押さえきれないサカズキ。センゴクはあの日、ルフィが戦場に乱入した時から、時代は白ひげから新たな時代へと移ったのだと思いをはせる。白ひげは臆することなく、エースを助けるのは自分だと言い放ったルフィを気に入り、死なすなとマルコに命令した。その白ひげに灼熱の拳を叩き込むサカズキ。そんな中、エースのもとにあと少しと迫りながら、ルフィの目の前で処刑の刃が振り下ろされようとしていた。だが次の瞬間、無意識のうちにルフィは覇王色の覇気を発動、海兵たちを気絶させる。

第883話

夢の一歩 しらほし太陽の下へ!
人々から熱烈な歓迎を受け、戸惑いながらも手を振って応えるしらほし。ハンコックに並ぶという噂にたがわぬその美しさにモルガンズも夢中になってしまう。しらほしは初めて見る木にはしゃぎ、ガープにこれが森なのかと尋ね、木だと教えてもらう。しかし、その行く手を塞ぐかのように、サボの義弟で、王族と結婚してゴア王国の王となったステリーが立ちはだかった。ガープに向かってゴア王国が故郷なら、自分の部下のようなものだから従うよう虚勢を張るステリーだが、そんな理屈は通じず逆にくそガキ扱いされてしまう。

第884話

会いたい ビビとレベッカの想い
護衛の兵士になりすまし、王族たちのボンドラに乗り込むことに成功したサボ。まもなくボンドラはレッドライン頂上付近に着港するが、マリージョアまでは前方に続く長い階段を上らねばならず、しらほしたちは歩かずにすむようにトラベレーターの連結棒を渡された。しかし、嫌な気配を感じたフカボシはしらほしが見たがっていた森を理由に、ネプチューンに風景を楽しみながら歩いていくことを提案する。やがて、ほかの王族たちを乗せたトラベレーターが動き出すが、その動力は地下で働かされていた奴隷たちだったのだ。

第885話

聖地の闇 謎の巨大な麦わら帽子
ビビ、しらほしとルフィの思い出話に花を咲かせていたレベッカだったが、思いがけず八宝水軍の統領となったサイと再会する。互いに喜び、話が弾むが割って入った悪ブラックドラム王国の国王ワポルに水を差される。かつてルフィにより倒されたワポルだが、バクバクの能力により新たな国を築き、再び舞い戻ってきたというのだ。ルフィの仲間なのかと尋ねるしらほしに、ビビはワポルは敵だと答える。悪びれずビビの父、コブラをもバカにするワポルだが、かつて部下だったが、サクラ王国国王となったドルトンに止められる。

第886話

聖地騒然 狙われたしらほし姫!
パンゲア城、虚の玉座へと案内されたステリー。その玉座を見て、欲望にかられ座っていいのかと神官に尋ね、厳しくとがめられる。虚の玉座には誰も座ることを許されず、それこそが各国の王が平等で、独裁の欲は持たないという誓いだというのだ。さらに玉座を守る20本の武器はこの世界を創造した最初の20人が立てた誓いを表し、世界最高の権力者である天竜人の最高位が五老星であるように、たった一人の王などいないと説明され、誓いを立てることを促されたステリーだが、王座に座れば支配者になれるとうわの空だった。

第887話

一触即発 ルフィ狙う二人の四皇
ルフィに顔をつぶされた借りを返すため、自らワノ国へ向かうことをカイドウに告げるビッグ・マム。かつてルフィたちによってスマイル工場をつぶされ、能力者だけの軍団を作るという夢を壊されたカイドウは、恨みがあるのは自分だと一蹴すると、来るなら殺すと言い放ち、一報を入れただけだと答えるビッグ・マムと一触即発状態になる。いら立ちが収まらないカイドウはルフィたちのやっていたことは所詮、海賊ごっこだと言うと、檻の中にいる人物に教えてやれと促す。そこにはなんと痛めつけられたキッドが囚われていた。

第888話

サボ怒る 革命軍幹部くまの悲劇
増員の兵に紛れて城内に潜入したサボは、さっそく城内を調べにかかった。一方、騒ぎのあった社交の広場ではマンシェリーの手当を受けたしらほしが回復、意気投合した二人は仲良くなる。ネプチューンから改めてしらほしを救ってくれた礼を言われたミョスガルド聖は自分の身分が役立つならば本望だと、会議の間は自分が姫の傍にいることを申し出た。神である天竜人に逆らってはいけないと教えられていたレオだが、同じ天竜人であるミョスガルド聖の命令なら姫を守るため戦ってもいいのかと尋ね、構わないと許可をもらう。

第889話

遂に開幕 陰謀渦巻く世界会議
奴隷にされたかつての同志、くまを救うべく作戦会議を行うサボたち。すでにマリージョアの地理、城の構造については調べがついていたが、護衛として海軍大将クラスが出動しているため、一筋縄ではいきそうにない。サボは自分が記憶を失っていた間、ルフィを救ってもらった恩があり、シャボンディ諸島では黄猿から逃がしてくれたことをみんなに説明した。その後、頂上戦争が終わり、エースを目の前で失ってルフィは自暴自棄になってしまう。しかし、ジンベエに叱責されて、ルフィはまだ仲間が残っていることを思い出す。

第890話

マルコ!白ひげの形見の守護者
侠客団を率いて白ひげの故郷の島に上陸したネコマムシ。その目的は白ひげ海賊団元一番隊の隊長マルコに会うためだった。ネコマムシは島民たちを怖がらせないよう強面の仲間たちを置き、一人で滝の裏に隠された村に向かう。そこで自分たちと一緒にワノ国に来るよう頼もうとするが、マルコはこの村で医者として傷ついた人々や動物たちの治療に当たっていたのだ。2年前まで白ひげの右腕として最前線で戦ったマルコは、いかなる攻撃を受けようと再生することから不死鳥マルコと呼ばれ怖れられ、頂上戦争でも活躍していた。

第891話

滝登り!ワノ国の海域大航海!
ワノ国を目指して航行中のルフィたちは、新聞記事でビビやしらほし、くれはたちの写真を見つけて懐かしんでいた。カイドウとビッグ・マムに関する記事が気になるナミだったが、すでにサンジとチョッパーに切り抜かれていて内容がまったくわからず怒り出す。一方、しらほしが勇気を出して地上へ出たことに感心したルフィは、世界一周したらまたみんなに会いに行きたいと口にする。やがてワノ国海域まで接近、約束通り錦えもんに連絡を取ろうとするものの、電伝虫が反応しなかったため、ルフィは先へ進むことを決断する。

ワノ国編

第892話

ワノ国!桜舞うサムライの国へ
ルフィたちと別れ、一足先にワノ国へ上陸を果たした麦わらの一味は、錦えもんの指示に従い、ワノ国の住民になりすましていた。フランキーは大工、ウソップはガマの油売り、ロビンは芸者、ゾロは浪人として、その時が来るのを待つ。ある夜、辻斬りの現場に遭遇したゾロは逃げようとする辻斬りを足止めしたものの、駆けつけた役人たちから辻斬りと間違われ囲まれてしまう。やむなく力づくでこの場を去ろうとするが、錦えもんから事件を起こせばカイドウの耳に届く、目立たず任務を果たすよう言われたことを思い出す。

第893話

お玉登場 ルフィVSカイドウ軍
浜辺に打ち上げられたルフィの前に、突如現れた巨大な獅子。さらにそれを追って巨大な狒々が出現した。刀を持った狒々におどろくルフィ。巨大生物同士の激しい戦いを見たルフィは、ケンカはいいがサニー号にぶつかるなと釘を刺すと、これまでのことを思い出していた。鯉を使って巨大な滝を上り、ワノ国まであと少しのところで、大渦に吸い込まれそうになってしまったサニー号。陸地を見つけたサンジはナミ、キャロット、ブルック、チョッパーを自分に捕まらせ、一気にジャンプして上陸することを思いつく。

第894話

必ず来る ワノ国のエース伝説!
何故、狒々に追われていたのか、お玉に理由を尋ねたルフィ。聞けば、町まで買い物に出た帰りにカイドウの手下に見つかり、持ち物をすべて奪われてしまったというのだ。ルフィに助けてもらったお礼をするため、自分の家でごちそうさせてほしいと申し出るお玉。サニー号を岩場へ隠し、ルフィは師匠と二人暮らしだというお玉の家に到着する。

第895話

特別編!最強の賞金狩りシードル
ルフィたち麦わらの一味は、最強と呼ばれる賞金首狩り、シードルに狙われ、突撃隊長ジンジャー率いる部隊の襲撃を受ける。シードルはブエナ・フェスタが主催する海賊万博にロジャー海賊団の一員だった“鬼”の跡目バレットをはじめ、名だたる海賊たちが集まると聞き、海賊全員の首を取ると宣言し、まずは自分たちの前に現れたルフィたちを追い詰めていたのだ。ルフィたちは一丸となって応戦するが、炭酸兵たちのしぶとさに苦戦し、クー・ド・バーストで脱出する。炭酸だらけの島に上陸し、燃料のコーラを探すことにしたルフィだが、またしてもジンジャーたちに攻撃される。炭酸ガスで飛ばされて温泉に落下したルフィの目の前にいたのは、湯あみ中のハンコックだった。ルフィとの再会に大喜びのハンコックだが、二人の前にジンジャーたちが現れる。ジンジャーたちと戦うルフィとハンコックだが、超高濃度の炭酸ガスに危険を感じ、ひとまず退散。その後、ハンコックから今度開催される海賊万博に名だたる海賊たちが集まると聞き、ルフィはがぜん興味を持つが、そこに行く手を阻むかのようにシードルが立ちふさがった。

第896話

特別編!ルフィVS炭酸王
炭酸によるジェット噴射と武器でルフィとハンコックを襲うシードル。能力者の海賊たちが野放しになっている海とこの世界全てを恨み、海賊狩りをすると決意したシードルは、海賊万博に集結する海賊を全滅させようと目論んでいた。戦場を離脱しコーラ工場へと向かったシードルは、最強の装備を装着する。一方、シードルを追って工場に入ったルフィは、島の男たちが家族を人質にされ、強制的に働かされていることを知った。そこに最強武装のシードルが登場し、ルフィに襲いかかる!シードルは因縁のあるバレットをも海賊万博で倒し、賞金をすべて手にいれると勝ち誇る。ルフィは「信念のないお前に負けない」と言うとギア3を発動。ゴムゴムの象銃で勝利し、シードルが持っていた海賊万博の招待状を手に入れた。シールドが敗れたとの報告を受けたフェスタだが、ルフィとバレットがぶつかれば、海賊万博がより盛り上がると声高に笑う。無事にコーラを手に入れたルフィはサニー号へ戻り、みんなに海賊万博の説明をする。フェスタの思惑通り、各地から名だたる海賊が海賊万博の開催地・デルタ島へ向かっていた…!

第897話

お玉救え 麦わら荒野を駆ける!
お玉にご飯を食べさせて貰った恩のルフィは、恩返しのために医者のいる町までお玉を連れていくと飛徹に話す。その姿では町には行けないと、飛徹は、ルフィに着物を着せてやる。着物姿を喜ぶルフィは、欄間に掛かった刀『ニ代鬼徹』を腰に刺してすっかり侍気分。飛徹はいわくつきの妖刀だと止めるが、ルフィはお玉を背負い飛び出してしまう。狛ちよに乗って町へ向かう途中、お玉は目を覚ます。お玉は「エースは死んだ」とルフィから聞いたショックで気絶していて、またルフィをウソツキだと責めて泣きじゃくる。やがて竹林を抜け、人気のない荒野にたどり着くルフィ。そこには巨大なトラやイノシシなどワイルドな動物たちがいるのだが、カイドウの工場から出る汚水を飲むため、食べると人間の体には毒になるという。

第898話

真打ち!魔術師ホーキンス登場
真打ちホーキンスの一団との戦いを開始するルフィとゾロ。次々と襲いかかる部下たちを、ルフィとゾロは余裕で蹴散らしていく。一方、狛ちよの背に横たわるお玉は高熱で苦しんでいた。戦いには直接加わらずカードを引くホーキンスの隙を突き、斬撃を浴びせるゾロ。 ゾロの攻撃で致命傷を受けたかに思えたホーキンスだが、倒れたのは手下だった。ホーキンスはワラワラの能力により部下達を身代わりにすることができるのだ。

第899話

敗北確定 ストローマンの猛攻!
ルフィとゾロを乗せた狛ちよに巨大なストローマンが迫る。ゾロは狛ちよの上で応戦するも、巨大ストローマンはなかなか倒れない。ようやく僅かな隙を突き、『二刀流・登楼砂紋(とうろうさもん)』を放つゾロ。いくつかの傷を受けながらも、巨大ストローマンをどうにか退ける。

第900話

最高の日 お玉初めてのお汁粉
ルフィ、ゾロ、お菊は、腹痛で苦しむお玉をお鶴の茶屋に届けた。そこでお菊の煎じた邪含草を飲み、一命を取り留めるお玉。再び腹の虫が鳴り出したお玉に、お鶴はお汁粉を振る舞った。そしてお鶴はワノ国に暮らす人々の厳しい現実と貧しい暮らしを話しはじめる。カイドウが作った工場は、その煙突から有毒な煙を吐いて空気を汚し、土を汚し、川の水を汚し、人々は絶えず食べ物にも飲み水にも困っているという。そして今、ルフィたちがいるこの「おこぼれ町」が、役人の町からおこぼれをもらって生活している事を知った。

第901話

敵陣突入 役人はびこる博羅町!
お玉を攫ったガゼルマンを追うルフィたちだが、バッドマンが放った矢の雨によって行く手を阻まれ、ガゼルマンを見失ってしまった。お菊はお玉が連れ去られたのは真打ちとその部下が待ち受ける役人街だという。そしてゾロに正体を問われたお菊は、自分は侍だと告白する。そのころ博羅町では横綱・浦島が意のままにならないお菊を力尽くでモノにすればいいと、マウスマンからそそのかされていた。

第902話

横綱登場 お菊狙う無敵の浦島!
攫われたお玉を救出するため、『博羅町』にやって来たルフィ達。目の前に立ち塞がる将軍オロチの部下達を覇王色の覇気で一気に気絶させて、先を急ぐ。狛ちよに乗って町を進むルフィら。町を見渡すと、オロチの部下達が闊歩し、支配された商人達だけが暮らしていた。すると、ルフィ達の前に相撲取りが吹っ飛ばされてくる!町の一角では相撲興行が行われており、ワノ国大相撲“横綱”浦島が、次々と挑戦者力士を倒していたのだった。ルフィたちが辿り着くとすぐ、お菊に気づいた浦島は、恋するお菊が会いに来てくれたのだと勘違いして興奮する。

第903話

相撲決戦 麦わらVS最強の横綱!
お菊へと迫る浦島の彼岸張り手を、ゴムゴムのつっぱりで迎え撃つルフィ。お菊に髷を切り落とされて怒り心頭の浦島に、ルフィは相撲勝負を挑む。互角に見えた両者だが、怒り狂う浦島を徐々にルフィが圧倒し始める。焦って禁じ手を繰り出し、みっともなく叫びだした浦島に、ルフィは渾身のゴムゴムの巨人のつっぱりをお見舞いする。

第904話

ルフィ激怒 ピンチのお玉を救え!
ルフィ、ゾロ、お菊に襲いかかるホールデムの部下たち。お玉を思うお菊も刀を取り、ルフィたちとともに戦う。博羅町のその喧騒は、お鶴の待つおこぼれ町へも伝わっていた。飢えと汚れた水に今なお苦しめられるおこぼれ町の人々。そんなおこぼれ町とは対照的に、博羅町奥の桃源農園では無毒無害な肉、魚、野菜、果物が大量に収穫されていた。戦いが続く中、ホールデムの名を知ったルフィは「玉を返せ!」と叫ぶ。横綱・浦島の激突によって崩壊した屋敷内でその声を聞いたホールデムは、お玉の体を掴んで立ち上がる。

第905話

お玉奪還 激闘!ホールデム戦!
人質にとられたお玉を救うため、ホールデムと相対するルフィ、ゾロ、お菊。そこにスピードとその部下が食糧宝船を運びやって来る。宝船には、おこぼれ町には無い立派な食糧が溢れんばかりに乗っていた。それを食べることができるのはカイドウの一味だけだと知ったルフィの怒りは更に加速。そのころ、町に戻ったホーキンスの前に深編み笠をかぶったローが立ちふさがった。

第906話

一騎打ち 魔術師と死の外科医!
怒りのレッドホークで真打ちのホールデムを一撃で倒したルフィに、部下たちが襲いかかる。ルフィはお玉を連れて逃げる中、馬と勘違いして真打ちスピードにまたがってしまう。お玉のきびだんごでスピードを操ることに成功したルフィたちは、その足の速さを利用して追っ手を振り切って逃げる。

第907話

ROMANCE DAWN
これはもう一人のルフィの物語。小舟で航海をしていたルフィは、突如、空から降ってきたバルーンと言う怪鳥によって船に穴を開けられてしまう。沈没寸前、巨大な海賊船に助けられるルフィだが、そこにはアンという囚われの身の少女がいて、なんでバルーンを連れて来たのかとルフィをなじった。そこへ現れたのは海賊船の船長、六角のシュピール。ルフィはシュピールに「へんなあたま」と言った事で怒りを買い、アンと共に船内の牢獄に閉じ込められてしまう。バルーンはアンの大切な親友で、村を全滅にされ、バルーンと共にこの船に連れ去られていたという。一方、ルフィは祖父が海賊で、自分も将来はピースメインと呼ばれる海賊になるという夢を語るのだった。ルフィが鍵を開け、牢屋を抜け出した二人。アンはルフィにバルーンを助けてと頼むが断られ、一人でバルーンを助け出そうとした。しかし、シュピールの汚い手口に騙され、撃たれてしまう。

第908話

宝船到来 ルフィ太郎の恩返し!
大量の食糧を載せた宝船を百獣海賊団から奪ったゾロ達は、博羅町から脱出しようとしていた。宝船に乗り込んだローは騒ぎを起こしたゾロに怒るが、ギフターズのスピードを手懐けていたお玉を見て驚きの表情を見せる。一方、隣のおこぼれ町ではお腹を空かせた子供が泣き声を上げていた。そこへ宝船を引いた狛ちよが到着。町民達は突然の奇跡に戸惑うも、飛び出した子供達を皮切りに歓喜の声を上げながら宝船の食糧を食べ始める。ギフターズ達が食糧を奪い返そうと現れるが、ルフィが運んできた水桶に潰されてしまう。これはワノ国に対する反乱だとルフィを嗜めるロー。ルフィは構わず、お玉にリンゴを渡す。これはお玉への恩返しの始まりだった。

第909話

謎の墓標 おでん城跡での再会!
おでん城跡へと向かったルフィたち。しかし、その途中、ゾロは何者かの気配を察知して、一旦ルフィとわかれる事に。一方、花の都では、寺子屋で先生が子供達にワノ国の歴史を教えていた。だが、その教育ではワノ国の鎖国を肯定し、光月おでんと赤鞘九人男を愚か者として教え、黒炭オロチ将軍は賛美されていた……。オロチの命令で鎖国こそ正しく、光月家こそが悪、それを正したのがオロチだという歪められた歴史が子供たちに教えられていたのである。同じ頃、ある人物のお座敷に上がっていた芸者おロビ。そこでは、居眠り狂死郎が酒に酔いながら、オロチ将軍にまつわるある逸話を話していた。オロチ将軍は、20年前に死んだ光月家の亡霊達からの復讐を今も恐れているらしかった。

第910話

伝説の侍 ロジャーが惚れた男!
錦えもんはルフィたちに真相を語る。モモの助の父・光月おでんはかつて花の都を追放され、当時は無法地帯だった九里へとやって来た。おでんはならず者たちをまとめ上げ、立派な九里の町を築いた。破天荒ながらも町民すべてに愛されていたおでんの逸話の数々に、興味津々のルフィたち。同じ頃、九里の海岸に到着したイヌアラシもおでんに思いをはせていた。一方、ルフィたちとはぐれてしまったゾロは船着き場を見つける。錦えもんの話は続き、おでんは黒炭オロチとカイドウの陰謀で罪人に仕立てられ処刑されたとルフィたちは知る。

第911話

打倒四皇 極秘討ち入り作戦発動
20年の時を越え、変わりはてたワノ国へたどり着いた錦えもんたち。その無残な変わり様に衝撃を受ける錦えもん達。共に戦うものはいないと思われた矢先、彼らの元に、この日を待ちわび耐え忍んできたと語る侍の一団が現れる。意気を取り戻した錦えもん達は、更なる仲間を求めワノ国を飛び出す。困難な旅の果てに、錦えもんはついにパンクハザードでルフィたちに出会うことができた。皆の協力が今回の策の要と、改めて錦えもんは作戦の内容を語り始める。

第912話

最強の男 盗賊団棟梁・酒天丸!
鬼ヶ島への討ち入りまで2週間。ウソップ、フランキー、ロビンはそれぞれの任務について準備を進めていた。ウソップは反乱の意志のある者――『左足に月の印を持つ者』たちに決戦の日と集合場所を図案にした判じ絵を配り歩き、フランキーはかつてカイドウの屋敷を設計した棟梁から屋敷の図を入手すべく大工の仕事をしていた。ロビンは芸者の稽古を積み、オロチのお座敷へ忍び込んで情報を入手しようとしていた。一方、ルフィたちはアシュラ童子の話を錦えもんから聞く。アシュラ童子はかつて、手のつけられない悪党だったが、おでんによって倒され、おでんの忠実な家来になったという。しかし、おでん亡き後は頭山盗賊団の酒天丸として再び悪事に手を染めているとのことだった。

第913話

全員消滅 カイドウ怒りのボロブレス!
巨大な龍となって九里へ現れたカイドウ。ルフィはおこぼれ町の町民を救う為、山を下りようと駆けだしてしまう。感情で動くルフィを止める為、ローが後を追う。町には妻・お鶴がいると聞いた錦えもんも、お菊と共に、山を駆け下りていく……!!

第914話

遂に激突 猛攻ルフィVSカイドウ
ボロブレスでおでん城跡を消滅させたカイドウに、単身で戦いを挑むルフィ。怒りに燃えるルフィは、カイドウに“ゴムゴムの象銃(エレファントガン)”を食らわせ、博羅町に墜落させる。仲間たちの無事を信じながらおでん城跡へと向かったルフィは、お玉と一緒だったスピードが傷を負い、倒れているところに遭遇した。

第915話

破壊的!一撃必殺の雷鳴八卦!
巨大な龍の姿で現れたカイドウが、仲間達の集うおでん城を破壊した。怒りに燃えるルフィはローの制止も聞かずカイドウを急襲する。博羅町を巻き込んだ両者の激闘の果てに、カイドウは地響きを立ててその巨体を大地へと横たえた。倒壊した家屋の間に倒れていたカイドウの姿が、龍から人型へと戻っていく。怒りのままにギア4となったルフィは再度カイドウへと突撃。嵐の如き猛攻は確実にカイドウを捉え、そして必殺の〝ゴムゴムのコングオルガン〟が反撃の暇を与えぬほど打ち込まれた。

第916話

生き地獄 ルフィ屈辱の大採掘場
カイドウの「雷鳴八卦」一撃により敗れたルフィだったが、気絶しているようで未だ不屈の闘志があり、覇王色の覇気を発して部下たちを気絶させた。その頃、海楼石の釘を撃ち込まれながらも逃げおおせたローの姿が森にあった。おでん城の城跡に残っていたベポ達の命、そしてカイドウにやられたルフィを心配するロー。おこぼれ町には錦えもんの姿があった。そこでは20年前に生き別れた妻のお鶴がケガ人の手当てをしていたが、おでんの志を成し遂げるまでは会えないのだった。

第917話

聖地激動 不敵に笑う四皇黒ひげ
舞台は一時ワノ国から離れ、シッケアール王国跡――。かつてゾロが七武海で最強の剣士ミホークの元で修行を重ねた地だ。古城の王の間で紅茶を飲んでいたミホークの元に、居候していたペローナが手作りのベーグルサンドを持って現れる。ミホークが読み終えた新聞を手に取った彼女は、かつて自分が幹部を務めていたスリラーバーク海賊団の船長であるモリアが襲撃事件を起こしたという記事を見つけて驚愕する。頂上戦争で死んだとされていた船長の生存に歓喜の涙を流したペローナは、世話になったミホークに別れを告げて旅立つのだった。

第918話

動き出す 打倒カイドウ大計画!
ワノ国第二幕が開幕する。酒天丸とイヌアラシは、頭山の頂上でにらみ合っていた。討ち入りのため、酒天丸を絶対に仲間に引き入れたいイヌアラシや錦えもんたち。しかし酒天丸はそれを断る。酒天丸とイヌアラシは刀を抜き、激しい攻防を繰り広げる。終わりの見えない互角の勝負が続き、ついに錦えもんが二人に割ってはいった。

第919話

大暴れ! 囚人ルフィとキッド!
隠密活動をしていたナミとしのぶは、目抜き通りで活況を呈するサンジのそば屋を目撃する。一方、ルフィとキッドが送り込まれた囚人採掘場では、来る日も来る日も石を切り出し、運ぶ作業が続いていた。食事といえば働いた分だけのきびだんごで、一日中働いてもきびだんご一個しかもらえない老人・通称「ヒョウじい」はもう限界だった。そこにやってきたルフィとキッドは大量の大岩を運んできびだんごをせしめる。

第920話

大評判! サンジの十八番そば!
サンジのそばが花の都で大人気となり、町娘たちの長い行列ができていた。ウソップ、ロビン、フランキーもそばを食べていると、狂死郎一家のヤクザ者であるカクさん・クニさん・スケさんが現われ、サンジに因縁をつけてきた。彼らはそば屋の客であるトコのそばを叩き落とし、それを見たサンジの怒りは頂点に!

第921話

豪華絢爛 ワノ国一の美女・小紫
ルフィは採石場で囚人として働き、そこでカリブーと再会していた。カリブーはルフィが脱獄を企んでいる事を知っているらしい。一方、狂死郎は部下が謎のそば屋にやられた事を知り、さらにオロチ城では花魁道中を楽しみにしている将軍オロチが、不気味に蠢いていた。そして、花魁道中が花の都へやって来る!!

第922話

任侠伝! ゾロとトの康二人旅!
来るべき「火祭り」へ向け、錦えもんを中心に極秘任務を遂行する麦わらの一味やミンク達。そんな中、ゾロは船賃を立て替えてくれたやけに陽気な小男、トの康への借りを返すため、賭場で丁半博打に興じていた。ゾロが大勝ちすると、元締め達はイカサマをしようと画策する。一度は敵のイカサマにかかったゾロだったが、その仕組みを暴き、元締め達を一蹴。事態は更に混迷の一途を辿り始めたその時、両者の間に入り、見事にその場を収めてみせたのはトの康であった。

第923話

緊急事態 ビッグ・マム大接近!
花の都のお城ではオロチの宴会が始まろうとする一方、極貧のえびす町では、大人はおろか、子供も老人も腹を空かせていた。しかしなぜか、えびす町の人々は皆、えびす顔であった。そのえびす町までトの康に案内されたゾロは、えびす顔に疑問を持った。だが貧しくとも心優しい人々に触れ、町の娘には貴重な水をもらい、ゾロの心もなごむ。その頃、そば屋の準備をするサンジの元へはローが現れた。カイドウの部下でも真打ちの中の最強の6人『飛び六胞』、そのうちの2人、ページワンとドレークが来るというのだ。

第924話

都騒然!サンジ狙う新たな刺客
突如、ワノ国の近海に四皇ビッグ・マムの船・クイーン・ママ・シャンテ号がカイドウに殴り込みをかけるべく現れた! 上陸を阻止しようとする百獣海賊団は砲弾の雨を降らせるが、ビッグ・マムとその子供達は難なく砲台を破壊し、防衛線を突破。ビッグ・マムの船は捕まえた巨大鯉を使って険しい滝を昇り始める。このままだとビッグ・マムは上陸を果たしてしまう…!

第925話

大活躍! 正義のおそばマスク!
花の都で、サンジはリュウリュウの実の能力者・スピノサウルスの姿をしたページワンと対峙していた。サンジの手には『3』と書かれたジェルマの変身カプセル! サンジはステルスブラックへと変身した。足の裏には浮遊装置、かかとには加速装置、マントは盾となる。さらにサンジは全身に背景を投影することで透明人間となり、ページワンを翻弄する。しかし古代種であるページワンはそう簡単にやられない。ページワンの重い一撃を食らい、吹っ飛ぶサンジ。明らかに致命傷と思われたが、スーツの力もありサンジは無事だった。駆けつけたページワンの部下を蹴散らし、サンジはページワンに一撃お見舞いする。頃合いだと判断し、サンジはその場から去った。

第926話

絶体絶命 脅威のオロチお庭番衆
ロビンは福ロクジュ率いるオロチお庭番衆に包囲された。ロビンの正体と目的を突き止めるため、忍者の技で攻撃するお庭番衆だが、ロビンは体咲き(クエルポフルール)で難を逃れ、大広間へと戻る。お庭番衆はロビンの捜索を始め、城内に潜んでいたナミ、ブルック、しのぶもロビンを守るために動き出す。ロビンはオロチに巧みに接近し、火祭りの日の詳細について聞き出そうとする。

第927話

修羅場!怒れる大蛇 将軍オロチ
九里ヶ浜でビッグ・マムと遭遇したチョッパー一行。記憶喪失らしいビッグ・マムを刺激しないように、チョッパーは急遽「おリン」と名前を与えて手名づけようとする。一方、オロチ城では、光月おでんの死から20年、復讐の年とされる今年をおそれるオロチを、手下達はせせら笑う。おトコは、彼らのそんな小声を聞きつけているうちに、おトコは突然笑い出した。「だって殿様、みんなにバカにされてるー!」オロチはたちまち激昂、おトコに対して抜刀する。止めにはいった小紫は、オロチに強烈な平手!さらに怒り狂ったオロチはついにゾオン系幻獣種ヘビヘビの実・モデル八岐大蛇の姿に。

第928話

花散る! ワノ国一の美女の最期
オロチ城で、オロチ将軍に逆らい、命を狙われる花魁・小紫。城に侵入していたロビンは、おトコを救うために飛び出すが、オロチお庭番衆に追われる。そこに魂状態のブルックが現れ、宴の間は妖怪が出たと大騒ぎに。そんな最中、動き出した狂死郎は、非情にも小紫を刀で斬ってしまう!

第929話

囚人の絆 ルフィとヒョウじい!
花魁、小紫がやくざの大親分、居眠り狂死郎に斬られた。オロチ城を揺るがすその大騒動から辛くも脱出したナミ、ロビン、ブルック、しのぶを追い、雪降る郷『鈴後』へとやって来たのは夕立ちカン十郎である。再会した一同は、オロチ城に潜入して得た各々の情報を交換し合い、おトコの身を案じ、再び花の都へと戻ることに。一方、記憶喪失のビッグマムはチョッパー、お玉、モモの助、お菊と共に兎丼の郷を目指していた。

第930話

大看板! 疫災のクイーン現る!
兎丼の囚人採掘場では、きびだんごの引換券を誰に貰ったか、ヒョウじいに吐かせようとする副看守長のダイフゴー。この囚人採掘場には「看守に逆らったら即死刑」というルールがあり、誰もヒョウじいを救えない中、ルフィは思いっきりダイフゴーを蹴り倒した。そんなルフィに「死刑だ! 死刑だ!」と繰り返す看守たちが、ルフィに襲い掛かった。だが看守たちは、ことごとくルフィに撃破される。その頃、密かに囚人採掘場に潜入していた雷ぞう、副看守長・ソリティアのいる幹部塔から見事に海楼石の手錠の鍵を奪い、ルフィの所へ向かう。

第931話

よじ登れ ルフィ決死の逃走劇!
ルフィはヒョウじいとともに、兎丼の囚人採掘場からの脱出を試みていた。しかし、それはダイフゴーやババヌキを始めとする看守たちによって阻止される。看守たちと交戦するルフィだったが、ヒョウじいを人質に取られ脱獄は失敗に終わった。そしてクイーンの口から、ヒョウじいがかつてのワノ国のヤクザの大親分『花のヒョウ五郎』であると告げられる。

第932話

生か死か クイーンの大相撲地獄
百獣海賊団の幹部クイーンによる絡繰ライブ『大相撲インフェルノ』の土俵にヒョウじいと一緒に上げられたルフィ。自分がクイーンをぶっ飛ばしたら兎丼から逃がしてくれるかと尋ねるルフィに看守たちは爆笑し、ルフィを始末すべく土俵に上がる。看守たちは武器を振りかざしてルフィに襲いかかるが、ルフィは覇王色の覇気で全員を気絶させる。

第933話

牛鬼丸! ゾロおいはぎ橋の決闘
チョッパー、お菊、モモの助、お玉は、記憶を失ったビッグ・マムとともに九里から兎丼へと向かっていた。その頃、兎丼の囚人採掘場では、クイーンの見守る中、大相撲地獄(インフェルノ)が続いていた。ヒョウじいを守りながらバットマンやガゼルマンと戦い、倒すルフィ。ルフィはこの戦いを通じて、かつてレイリーに見せてもらった覇気を会得しようと考えていた。だが、レイリーの言う“見えない鎧”は今のルフィには再現できない。

第934話

大逆転! 死線を越えた三刀流!
おいはぎ橋でゾロと鎌ぞうは激しく交戦する。ゾロは二刀、鎌ぞうは2つの鎌を駆使し互角の戦いだ。一方、兎丼の囚人採掘場では、クイーンが仕切る『大相撲地獄(インフェルノ)』が開幕中。ルフィはギフターズを次々に倒しながら、レイリーが見せた相手に触れずに倒す技を習得しようとしていた。

第935話

ゾロ驚愕 衝撃!謎の美女の正体
ゾロ驚愕 衝撃!謎の美女の正体

第936話

会得せよ ワノ国の覇気・流桜!
ゾロは、偶然助けた女がモモの助の妹・日和だと知った。日和もゾロから兄と錦えもん達が無事だと聞き、「赤鞘九人男」が全員揃うのも夢ではないと安堵する。そして日和は20年前、カイドウの軍勢に城を落とされながらも、「赤鞘九人男」の一人、カッパの河松のおかげで脱出したのだという。その後も河松がいかに優しく自分を守ってくれたか、涙ながらに話す日和は、錦えもん達「赤鞘九人男」と同志たちがオロチとカイドウを討ち取り、見事、父の無念を晴らすことを願っていた。

第937話

トの康 ! えびす町一の人気者
麦わらの一味はえびす町に到着していた。トの康は判じ絵の札から討ち入りの計画を知り、奮い立っている。しかし計画は既にオロチ側に漏れ、反乱の意志を示す逆さ三日月の入れ墨を持つ者の多くは捕らわれてしまった。それでもトの康は希望を捨てていない。忙しくなってきたと席を立つトの康を見て、一同はふと疑問に思う。彼は何者なのか…? その答えを知る者は誰もいない。トの康はえびす町の全員から愛されているのだ。出立を前に、町の人々の様子を伺いにいくと、トの康の顔を見た者は皆幸せそうな笑顔になる。トの康は禿のトコからの仕送りや、自らの食糧を削ってまで、町の人々に食べ物を分け与えていた。トの康は町を一通り見て回ると、一人姿を消す−−−−。

第938話

衝撃走る 義賊丑三つ小僧の正体
花の都を騒がす大泥棒・丑三つ小僧が捕らえられた。その正体は、何とトの康だった。福ロクジュから報告を受けた将軍オロチは、花魁・小紫の葬儀に合わせてトの康を処刑し、見せしめにしろと命令する。その頃、兎丼の囚人採掘場では、小紫の死を知ったクイーンが嘆いていた。

第939話

一味疾る! 救え囚われのトの康
花の都では、亡くなった花魁・小紫の棺を運ぶ最後の花魁道中が行われていた。オロチに逆らった小紫の亡骸は、羅刹町の牢屋敷にて罪人として火葬されるという。一方、兎丼のルフィ達は突如スクリーンに映し出された、牢屋敷の処刑場の中継映像を見ていた。処刑場に姿を見せたトの康は磔台に括りつけられ晒し者にされる。

第940話

ゾロの怒り SMILEの真実!
えびす顔のトの康の正体が白舞の元大名・康イエだと発覚。羅刹町老屋敷前で、大衆の前、康イエは磔にされながらも、オロチ将軍の事を「害虫だ!」と言い切った。康イエは、反乱侍たちの持つ『判じ絵の札』は、イタズラだと大衆に向かって叫ぶ。おでんを裏切って将軍の座に就いたオロチに反抗する為に、子供のようなイタズラを計画したのだと話す。それを聞いたオロチの部下達は、動揺する一方、錦えもんたちは、康イエが自らの命を投げ打って、討ち入り作戦を守ろうと嘘をついていると気づく。

第941話

トコの涙! オロチ非情の銃弾!
処刑されたトの康を笑うトコやえびす町の人々。彼らの異常な行動の原因はSMILEであると、日和がゾロとブルックに語りだした。時を同じくして、兎丼の採掘場から光画タニシでその現場を見て怒りに震えるルフィも、ヒョウじいからあの笑顔はSMILEのせいだと伝えられた。処刑場に辿り着いたナミ、ウソップ、サンジ、ロビン、フランキーは、しのぶの口からSMILEの真実を伝えられる。SMILEとは強力な能力を得るか、失敗して笑う以外の表情を失うかのリスクを持った果実である。そして、その失敗の効果に目をつけたオロチが、はずれのSMILEをおこぼれ町の人間に食わせたというのだ。

第942話

一味乱入!騒然!処刑場の激闘
おトコの命を救ったゾロとサンジ。いつもの如くいがみ合う中、オロチがさらに銃を撃ち、部下の侍たちにもゾロ達を殺すように命じる。ゾロはおトコをサンジに預け、オロチに向かう。そしてゾロの必殺の斬撃「七百二十煩悩鳳」がオロチに炸裂! だがその技がオロチに命中する刹那、狂死郎が間に入り、斬撃を弾き返した。狂死郎は駕籠持ちにオロチを乗せて城に帰るように命じた。おトコを抱いたサンジには悪魔の実の能力で完全にアロサウルス化したドレークが大きな牙を剥いていた。そんな中、ゾロと狂死朗の戦いも始まったーー。

第943話

ルフィの決意 破れ大相撲地獄!
トの康を処刑したオロチは、その場にやってきたトコの命までをも奪おうとする。それを阻止しようとする麦わらの一味。そこへオロチお庭番衆が到着して麦わらの一味と対峙し、ゾロは百獣海賊団・飛び六胞であるX・ドレークと戦い始める。サンジはトコを抱えたまま、スカイウォークでドレークの攻撃をかわしていくが、このままではトコが危ない。その時、お庭番衆のひとりと決着をつけたウソップがトコを連れて、その場を脱出。逃げ出そうとした日和が、風刃と雷刃に襲われたその時、サンジの美女レーダーが発動! 一発でドレークを倒し、サンジは日和の元に駆ける。が、それよりも早くゾロが日和を助け、ショックを受けるサンジだった。

第944話

嵐到来!大暴れビッグ・マム!
イヌアラシとともに酒天丸に会った錦えもんは、これまでホールデムを利用して酒天丸を騙していたと明かし、詫びる。酒天丸は怒り、続けて20年という時の重さを錦えもんたちに語る。そして、亡き康イエの遺志を汲み、錦えもんとともに将軍オロチと戦うことを誓った。同じ頃、チョッパーたち一行は兎丼の囚人採掘場に到着していた。堅牢な門を破壊し、場内に侵入するビッグ・マム。突然のビッグ・マムの出現に、ルフィたちは驚愕する。

第945話

おしるこの恨み ルフィ絶体絶命
リュウリュウの実の能力でブラキオサウルスに変身したクイーンの頭を、問答無用で地面に叩きつけるビッグ・マム。「おしるこぉ〜」と不気味に呟きながら歩き出すその姿に驚愕するルフィと看守たち。起き上がったクイーンは、我を失っているビッグ・マムを踏み潰そうとする。だが、ビッグ・マムはクイーンの全体重が乗った両足を受け止め、更に頭突きを食らわせようとするクイーンの首根っこを脇に抱え込み、その怪力でクイーンを乱暴に振り回す。

第946話

四皇を止めろ! クイーンの秘策
兎丼・囚人採掘場にビッグ・マムが現れ、おしるこが食べられていることに激怒。マムは、犯人のルフィに拳を振り上げる。勢いでヒョウじいが土俵の外に放り出され、首輪が爆発しそうになるが、ルフィは一瞬無自覚に特殊な覇気を発動させ、その首輪を千切って外す!それは、まさしくレイリーがかつて見せた謎の覇王色の覇気・『流桜』だった。

第947話

最凶兵器! ルフィを狙う疫災弾
百獣海賊団大看板、疫災のクイーンの大技『無頼男爆弾(ブラキオボムバ)』がビッグ・マムに直撃する。白目を剥いて立ち尽くすビッグ・マムを見て勝ち誇るクイーン。しかし、ビッグ・マムにダメージは全くなく、それどころか失われていた彼女の記憶を呼び起こしてしまう。覚醒したビッグ・マムはそれまでとは比べ物にならない迫力でクイーンに迫るが、空腹が限界に達した影響でいきなりその場で眠り出す。恐怖に震えるクイーンはビッグ・マムを『鬼ヶ島』へ運ぶと宣言し、囚人採掘場を看守長ババヌキに託して鬼ヶ島へ。

第948話

反撃開始! ルフィと赤鞘の侍!
囚われの身の河松に襲い掛かる看守たち。危機一髪の刹那、雷ぞうが手錠の鍵と河松の愛刀・外無双を届けた。「人呼んで河童流、滅南無川!」河松の必殺剣が看守たちを吹き飛ばす。そして河松は堂々と宣言した。「河童の河松!! 只今参戦!!」さらにヒョウ五郎は菊たちに正体を明かせと言う。「一度心を折られた者、あるいは直接戦い、打ちのめされた者達を奮い立たせたくば……!! ほっかむり越しでは伝わるまい!!」その言葉を受けて、菊、雷ぞう、河松、ルフィは正体を明かした。

第949話

勝ちに来た! ルフィ決死の叫び
採掘場の囚人たちに向かって、ダイフゴーやババヌキ率いる看守たちの疫災弾が放たれる。疫災弾はクイーンが作り出した恐るべき奇病『ミイラ』を発病させるための細菌が仕込まれており、被弾した者は高熱に苛まれ体も変色して全身の激痛にのたうち回り続けてしまうのだ。苦しさから逃れようと周囲の人々にすがれば感染は広がるばかり。感染者は拡大する一方であり、被弾していない囚人たちは異様な姿にかわってしまった仲間に触れることも出来ず、ただ逃げるしかなくなってしまう。ダイフゴーは、囚人どうしで感染しあって滅びてしまえ、とほくそ笑む。

第950話

兵どもが夢! ルフィ兎丼制圧!
ルフィの捨て身の行動により、誇りを取り戻した囚人たち。反逆を決め、ダイフゴーら真打、看守たちを自らの手で倒すのだった。意気揚々と勝どきを上げる囚人たちだったが、ルフィが海賊であることを知り、ルフィから心が離れていく。カイドウに虐げられていた彼らにとって、海賊は信用ならない存在なのだ。そこにモモの助が姿を現すと、囚人たちは感激の涙を流す。モモの助という「希望」を得た彼らは、皆心をひとつにして忠誠を誓う。

第951話

オロチの追手! 忍者軍団VSゾロ
日和を連れて逃走するゾロは、オロチお庭番衆の風刃と彼の手下たちの襲撃を受ける。忍術を駆使して襲いかかる風刃たちを倒し、盗まれた秋水を一刻も早く取り戻したいと考えていた。その頃、花の都には麦わらの一味と仲間達の人相書が貼られ、見廻組の侍達による厳重な警戒が始まった。その様子を目の当たりにしたサンジとしのぶは、以前にも増して不利な状況に陥ったと悟る。

第952話

鬼ヶ島緊迫! 遭遇!? 二人の四皇
えびす町で年老いた町民達に囲まれているカン十郎。その胸に抱いた康イエの亡骸を、責任持って供養とすると町民達に約束する。SMILEの影響で笑いながらも悲しげな町民達の姿を遠くから見ていたナミとフランキーは、討ち入りへの想いを新たに出発する。

第953話

日和の告白!おいはぎ橋の再会
鬼ヶ島はカイドウとビッグ・マムの激しい戦闘に揺れていた。その時、大看板・クイーンの元に、兎丼のババヌキから連絡が入る。通信が遮断されていた〝スマシ〟は復旧し、ルフィやキッドなどは捕え、囚人採掘場は、もう「異常なし」とのこと。この場から逃げ出す口実の為に、「異常あれ」と返すクイーン……。しかし、実はババヌキは、お玉の〝きびだんご〟を食べたことにより、お玉の家来になっていた。お玉の言いなりに、嘘の情報をクイーンに流していたのだ。囚人採掘場は、ルフィを中心に解放された囚人達で活気づいていた。ヒョウじいの元に郷の親分達、綱ゴロー、大マサ、お蝶、弥太っぺが再び集い、彼らは全国に潜む反逆者達を集めに向かう。

第954話

その名は閻魔! おでんの名刀!
おいはぎ橋から逃げ出した牛鬼丸をゾロは追いかけていく。日和と河松は、ゾロの元に向かいながら、自分たちの13年間を思い起こす。鈴後は、かつて大名『霜月牛マル』が治めていた。しかし、カイドウの手によって制圧され、以来、ここは廃墟になっていた。13年前、河松がこの土地を訪れた際、オニ丸が墓荒らしと格闘している場に遭遇する。オニ丸は牛マル亡き後も、たった一人でこの墓を守り続けていたのだ。河松はオニ丸と交流を深めるが、そこで河松もまた刀を掘り起こし始める。河松の意図は、このまま刀を眠らせるより、来たる決戦の日のために、刀を準備する必要があるのだと、涙ながらに話す。以来、河松はオニ丸と共に、墓を守り、刀を集めることになる。

第955話

新たな同盟!? カイドウ軍大集結
日和は父、光月おでんが『大刀二刀流』の剣士で、おでんが処刑される前に兄であるモモの助と日和にその二本の刀を一振りずつ託したと話した。モモの助には『天羽々斬』、日和には『閻魔』。いずれも、かつてワノ国で名を馳せた名工2人が打った由緒正しい刀であった。ゾロは『閻魔』をもらうかわりに『秋水』をワノ国へ返すことにし、その代わりリューマの墓参りをさせろと言うのだった。一方、羅刹町の牢獄の中にある拷問部屋ではローがホーキンスに愛刀・鬼哭を向けていた。ホーキンスはかつて同盟を組んでいたスクラッチメン・アプーに裏切られ、カイドウの部下になったことを告白した。闇の中、ホーキンスを刺したローは牢獄を後にする。

第956話

迫る決戦! 麦わら一味戦闘態勢
ゾロは、ワノ国のかつての英雄、剣豪リューマが使っていた刀『秋水』をワノ国に返すことを日和と約束した。その代わりにゾロは、日和がおでんから受け継ぐはずだった『閻魔』を受け取ることに。おでんは、天をも切り落とす『天羽々斬』をモモの助に、地獄の底まで切り伏せる『閻魔』を日和に遺しており、いずれも『秋水』と同じ名刀だ。『閻魔』を手に取り、試し斬りすると、海岸を地面から丸ごと斬り落としてしまう。そして『閻魔』によって覇気を吸い取られ、ゾロの腕は一瞬にしてやせ細ってしまう。『閻魔』は持ち主の流桜を勝手に放出し、必要以上に斬ってしまうという、いわくつきの刀だった。

第957話

大ニュース! 七武海を襲う事件
ここで物語の時間をいったん巻き戻す。世界会議・レヴェリーが終了し、各国の王達は帰路に着いた。だが同時に、世界の運命を揺るがしそうな不穏な事件がいくつも発生していた。そのひとつは死亡事件、別のひとつは殺人未遂事件であり、それらはアラバスタ王国の存亡やサボの生死に関わるものであった。各地の人々はモルガンズが発行する世界経済新聞によって事件を知り、それぞれの立場での反応を見せる。驚愕する者、うろたえる者、悲しむ者、そして喜ぶ者――。

第958話

伝説の戦い! ガープとロジャー
麦わらの一味がワノ国で冒険をしている頃、新世界の海軍本部では、元帥サカズキが海軍大将の一人、藤虎と七武海の撤廃について話していた。七武海を正義のための必要悪と考えていたサカズキに対し、その為に弱者が切り捨てられる世の中であってはならないと返す藤虎。いずれにせよ、これから世界は予測不能な方向に変わり始めようとしていた……。

第959話

約束の港! ワノ国編第三幕開幕
25年前。世界が、『大海賊時代』を迎える少し前……。ロジャー海賊団は、宴に興じていた。そこで、おでんは、ロジャーに「お前について来てよかった」と、礼を言い、ワノ国へ戻ると言い出す。おでんは、皆の前で盃を掲げて、『ワノ国』開国と20年以上先の〝未来〟を待つと宣言するのだった。時は現在に戻り、火祭りの日。ワノ国の白舞・刃武港では、鬼ヶ島へ向け、オロチが船を出していた……。一方、決戦の集合地である兎丼の常影港に来た錦えもん達。しかし、そこには四千の兵も一隻の船もなかった。さらには暴風雨、大時化の海。とても鬼ヶ島に出航できる状態ではなかった。20年間辛抱し、この決戦の日を待っていた赤鞘の侍達は唖然。一体、たった一日の間に何があったのか……!?

第960話

ワノ国一の侍! 光月おでん登場
決戦前夜。洞窟に隠していたサニー号は爆破され、さらに郷から郷へと繋ぐ橋も次々と爆破されていく。これは討ち入りの当日に誰も集合場所には集まれないようにするオロチの策略であり、実際、嵐となった兎丼の常影港には錦えもん達を除いて誰も現れなかった。それでも錦えもん達は討ち入りを決行しようと船の準備を始める。そんな錦えもん達をモモの助は止めようとするが、錦えもん達の討ち入りにかける思いは強く、また既に錦えもんの妻・鶴が犠牲になっている事もあり、止める事はできない。そして時は39年前の花の都へと移る。平和そのものの通りを歩くのは、ワノ国を出ようと船出したものの、失敗して帰ってきたおでんだった。

第961話

涙の弟子入り おでんと錦えもん
巨大白猪『山の神』が子猪を探し、花の都を破壊している。その子猪を手にした錦えもんは、おでんに「おれによこせ」と言われるものの、金に目がくらみ手放せずにいた。そこへ最初に子猪を攫った不良が現れる。不良は錦えもんに奪われた子猪を取り返すため、お鶴を人質にして花の都へと向かっていたのだが、その道中で山の神に襲われてしまったのだった。お鶴を助けるため、命がけで山の神へと挑む錦えもん。しかし、山の神の巨体に錦えもんの刀は全く通用しない-。錦えもんは、朦朧とする意識の中で必死に遠ざかる山の神へと手を向けるが、遂に力尽きてしまう。と、その時「お前の探し物はコイツじゃねェのか、猪!!!」と叫ぶ男の声が聞こえる。錦えもんが意識を取り戻すと、その目に映ったのは山の神相手に子猪を掲げて仁王立ちするおでんの姿であった。怒り狂い突進してくる山の神に、おでんは必殺の「おでん二刀流・桃源白滝」を放ち、見事一撃で返り討ちにする。

第962話

動く運命 漂着! 白ひげ海賊団!
九里に乗り込んだおでんは、そこを根城にする最強の怪物アシュラ童子とその子分たちと激突。死闘の末にアシュラを打ち倒した。ちょうどそこに駆けつけてきた錦えもん達に、おでんは九里のならず者どもをまとめて、王になる、と宣言する。晴れて九里はにぎやかな市井の町へと変貌を遂げ、街行く人々には笑顔があふれる。アシュラは「平和」を実感して涙するが、それ以上にアシュラをはじめ錦えもん達を泣かせたのは、おでんの「侍になれ!」という言葉。大名になったおでんは、家臣として錦えもん達を迎えたかったのだ。

第963話

おでんの決意! 白ひげの試練!
時は41年前。ワノ国の伊達港には白ひげ海賊団のモビーディック号が座礁していた。それを聞きつけたおでんは港へ向かい、白ひげたちに襲い掛かる。両者譲らぬ戦いになるが、白ひげがグラグラの実の能力を使った一発で、おでんをふっ飛ばす。「最高だ! 外の世界には、お前みたいな奴がいんのか!」と目を輝かせたおでんは、自分を船に乗せて、外の世界に連れて行って欲しいと頼み込む。白ひげはその申し出を断るが、おでんも簡単には諦めない。その後も幾度となく「俺を連れて行け」と白ひげに襲い掛かっては受け流される。

第964話

白ひげの弟! おでんの大冒険!
とある島でおでんが救ったのは、天月トキという女だった。人買いの対象であるトキを再び連れ去るべく、タコトパス海賊団の船長カルマが出現し、おでんと戦う。だがそこに白ひげが現われた。カルマを一撃で倒した白ひげは、おでんを「弟」と呼び、白ひげ海賊団への参加を許す。イゾウ、密航していたイヌアラシ&ネコマムシ、そしてワノ国へ行きたいトキとともに、おでんは白ひげの船に乗り込んだ。

第965話

交える刃! ロジャーと白ひげ!
病の床に伏した将軍スキヤキ。その身を案じる康イエら大名達の前に将軍代理として現れたのは、黒炭オロチだった。黒炭家の汚名返上の為、おでんが即位する準備を務めるというオロチ。スキヤキの推薦もあり、大名達はそれを受け入れる。しかし、オロチは胸の内に腹黒い計画を立てていた。

第966話

ロジャーの願い! 新たな旅立ち
とある島に上陸した白ひげ海賊団は、ロジャー海賊団と対峙する。おでんの前で、激しく薙刀と剣を交える白ひげとロジャー。覇王色の覇気の激しい衝突で、島は揺れ、船員達も吹き飛ばされる。互いの船員達も激しい戦闘に入り、夜の休戦を挟みながら、拮抗する激闘は3日3晩続いた……。戦いを終えた次の日、両海賊団は互いの欲しい物を等価交換でやり取りするプレゼント交換を始める。一方、バギーとシャンクスは、ティーチが生まれてこの方一度も眠った事のない化け物だと噂話をしていた。

第967話

生涯をかけて! ロジャーの冒険
ロジャーの命があと1年と知ったおでん。ロジャー海賊団と共に空島へとたどり着き、黄金の鐘を発見すると、ロジャーの頼みでその黄金の鐘におでんが文字を彫った。そして空島から地上の海へと戻るロジャー海賊団とおでん。ガン・フォールの助けでどうにか無事に着水し、次なるロードポーネグリフを求めて航海を続けたがったが、オーロジャクソン号は着水の衝撃でダメージを受けていた。船の修繕の為にロジャー海賊団はウォーターセブンに向かう。ウォーターセブンでは、オーロジャクソン号を造船してくれたトムとココロが出迎えてくれた。トムとの再会を喜ぶロジャー、そしてシャンクス。そこにはまだ見習のアイスバーグもいた。

第968話

海賊王誕生 到達! "最後の島"
ロジャー海賊団のクルーとなった光月おでん。彼は最後の島の場所を示すというロードポーネグリフを求め、ロジャー海賊団キャプテン、ゴール・D・ロジャーらと共に一路、故郷のワノ国を目指す。と、その道中おでんの妻、トキが倒れてしまう。おでんが船室に向かうとトキは荒い息で寝込んでいた。トキ、そしておでんとトキの子供達であるモモの助と日和はワノ国へ残ることになる。共にワノ国へ残るつもりだったおでんだが、トキに叱咤激励され冒険の続行を決意する。家臣である錦えもんらとの久しぶりの再会もつかの間、ロードポーネグリフの写しを手に入れると、おでんは足早にワノ国を後にした。ワノ国の異変を感じ、後ろ髪を引かれる思いのおでんだが、ロジャー達と共に最後の島を目指す冒険は彼の心を震わせるのだった。

第969話

ワノ国へ! ロジャー海賊団解散
最後の島「ラフテル」を発見したロジャーと仲間たち、そしておでん。シャンクスとバギーが待つ港に帰り着くと、シャンクスは涙を流した。その後、ラフテルを発見したロジャーは「海賊王」と報道され、世界中は大騒ぎとなる。彼が発見したものは全てを総称して「ひとつなぎの大秘宝・ワンピース」と呼ばれるようになった。その矢先、ロジャーは海賊団の解散を宣言する。死を意識しての宣言だった。次に「ワンピース」を見つけるものへの期待を込め、ロジャーは船を下りていく。おでんはロジャーを涙で見送ったあと、ワノ国へと戻ってきた。

第970話

悲しき知らせ 大海賊時代幕開け
長い航海を終え、ワノ国に帰ってきたおでんは、オロチの暴挙を知る。おでんは錦えもんやトキの制止も聞かず、オロチ城へ一人乗り込んでいく。おでんの帰郷も知らずにいたオロチは、突然現れたおでんに驚愕する。おでんは、問答無用でオロチに刀を振り下ろすが、それがオロチに届くことはない。オロチの家臣である黒炭せみ丸のバリバリの術によって防がれてしまう。おでんは、『おでんが帰るまでオロチを将軍代理とする』という父・スキヤキの言葉は、黒炭ひぐらしによる虚偽であったことを知る。更にオロチの口から何事かを聞いたおでんは、苦渋の決断を下す顔を見せる。やがて期待に胸を膨らませる町民たちの前に姿を現したおでんは――ふんどし一丁で、ふざけた裸踊りを披露する。

第971話

討ち入り! おでんと赤鞘九人男
おでんがワノ国に帰還して二年が経った。ゲッコー海賊団と百獣海賊団の戦争、リューマの墓荒らしなど不穏な事態が続く中、相も変わらず花の都で歌と踊りを続けるおでん。“九里のバカ殿”と蔑まれるおでんと接する者は、今や家族と家臣とわずかな恩人達だけとなった。そして五年目に入った時、将軍オロチが九里の郷を訪れ、「九里に武器工場を作る」と告げる。オロチはさらに「ヒョウ五郎はカイドウに捕らえられ、その妻は銃殺された」とも語った。

第972話

決着の時! おでんVSカイドウ!
ついに始まった、おでん達による国を相手取った大反乱。カイドウを討ち取るため、赤鞘衆は百獣海賊団を次々と斬り捨てながら戦場を進んでいく。途中、しのぶも加勢に現れ、勢いづいたおでん達の前に、ついにカイドウとキング、クイーンが現れる。キング達の攻撃を赤鞘衆がしのぐなか、おでんとカイドウは一歩も譲らぬ激闘を繰り広げる。

第973話

釜茹での刑 おでん決死の一時間
釜茹での刑を前に、おでんは、「十人全員で釜に入る」と宣言する。その代わり、皆で一時間耐え抜いたら「解放してくれ!!」とオロチとカイドウと約束を交わす。おでんは、覚悟を決め、煮え滾る油釜に入る。余りの熱さに絶叫するおでん。錦えもん達も急いで後に続こうとしたが、彼らの乗った橋板をおでんは担ぎ上げた。なんと、おでんは、9人の侍達を抱え上げたまま、一人で、熱油の釜に入り続けようとする!!無謀なおでんの行動に動揺し、焦る侍達。しかし、動くこともできない……。その光景を見ていた見物客の町民達は、「バカ殿」と罵る。しのぶはその言葉に怒り、おでんの行動の真意を説明する。

第974話

〝煮えてなんぼのおでんに候〟
かつてオロチを討ちに行ったおでんが、裸踊りをした本当の理由を町人たちに話したしのぶ。しかしそんなしのぶを福ロクジュが捕らえ、その口を封じた。だがその話は町人たちの間で広まり、おでんを助けて欲しいと懇願する者も出て来た。オロチはそんな町人たちに矢を放ち、命を奪うことで黙らせようとする。それでも町人たちはおでんを応援した。錦えもん達はそんな町人たちを「調子のいい奴ら」と言うが、おでんは素直に応援に応えた。そして錦えもん達に言った。「おれの代わりに!『ワノ国』を開国して欲しい!!」と。一方、いつまでたっても死なないおでんに焦ったオロチは釜茹での油の温度をさらに上げる。しかしおでんは耐え続ける。

第975話

燃える城! 光月の一族の運命!
おでん城では、おでんの訃報を聞いたトキが、衝撃に打ち震えながらも有事の際に読むように渡されていた手紙を開封した。そこには20年後にやってくる巨大な戦の主役達こそがカイドウを討つことができる、としたためられていた。読み終えたトキは、その手紙が誰にも読まれることがないように破り捨てる。その頃、博羅町の処刑場から辛くも脱出した錦えもんを始めとする赤鞘九人男は、おでん城を目指して駆け出した。道中襲い来る百獣海賊団を蹴散らしながら進む赤鞘達。傳ジローとアシュラ童子は、錦えもん達を先へ行かせるため、自ら盾となって百獣海賊団と戦い始める。次々と欠けていく仲間達。彼らへの未練を振り切るように、涙を流しながら、錦えもんは全速力でおでん城を目指し駆けていく。そのおでん城は、百獣海賊団の猛攻を受けて遂に燃え始める。天守付近の一室にてモモの助と日和を守るトキだが、そこへカイドウが現れる。カイドウはトキを一撃で気絶させ、モモの助の首に手をかけた。気を失っていたトキが目を覚ますと、城を包む炎は勢いを増し、天守付近にまで迫っていた。モモの助と日和を抱き寄せるトキーーと、そこへ錦えもん、カン十郎、雷ぞう、河松、お菊が駆けつける。

第976話

再び現在! 二十年の時をこえて
オロチは苛立っている。おでんとトキの死後、錦えもんらの屍が見つからないためだ。20年後の再会を胸に秘め、各地に散った侍たち…彼らはそれぞれ主君を思い、雌伏の時を待ち続けた。その一人、傳ジローは古寺にこもって怒りと悲嘆に暮れるあまりついに形相がかわり、総白髪になってしまって別人のよう。そのままの姿で街に戻った傳ジローはチンピラたちと絡み、叩きのめしてこう名乗った。「狂死郎…!」いつも眠そうにしているので「居眠り狂死郎」という通り名もついた。狂死郎の強さにたちまち街のならず者たちが集まり、徒党を組み始めた。その勇名はオロチの耳にも届き、ついにお目通りが敵う。あまりにも見た目が変わったために、オロチは狂死郎の正体が傳ジローとは気づかない。オロチは狂死郎を用心棒に迎え、狂死郎もこれに応えて大量の貢ぎ物を運び込んで取り入ることに成功する。

第977話

海は海賊! 討入り!いざ鬼ヶ島
常影港へとたどり着いた赤鞘一行とモモの助、しのぶ。しかしそこにいるはずの四千の兵は影も形もなく、港は攻撃された跡がある。孤立無援、大荒れに荒れる海を、赤鞘は小舟で渡ろうとする。必死に止めるモモの助だが、もはや退路はない。なぜ、こんなことになったのか。一同は内通者の存在を確信する。果たしてそれは誰なのか――疑心暗鬼になり、互いを睨む赤鞘たち。言い争いの後、ついにその者が正体を現す。内通者は、カン十郎であった!信じられない一同。カン十郎は滔々と自らの生い立ちを語る。夕立カン十郎とは偽の名前であり、その本当の名は黒炭カン十郎であった。黒炭家というだけで、幼い頃から迫害を受けたカン十郎は、かつて目の前で両親を殺された。以来、カン十郎は心を失い、何者かの役を演じることでしか生きられなくなっていた。そんな時、黒炭オロチと出会う。カン十郎はオロチによって夕立カン十郎の役を授かり、ずっと情報を送り続けていたのだ。

第978話

最悪の世代進撃! 嵐の海の戦い
常影港で危機に陥った錦えもん達の前にルフィ、ロー、キッドと彼らの一味が現われた。前夜、カイドウの百獣海賊団の鷲ギフターズ達はオロチの命令でサニー号に爆弾を放ったのだが、宝樹アダムで造ったサニー号は無事だった。焼け焦げた帆の修理に手間取ったため到着が遅れたのだ。しかし、錦えもんの計画はカン十郎を通じて敵に漏れていたため、常影港に他の侍の姿はない。

第979話

強運!? リーダー錦えもんの一計
突如、百獣海賊団の砲塔に刀を向けた狂死郎。赤鞘達を助太刀したいという彼の申し出に赤鞘達も海賊達も驚愕するが、狂死郎曰く、光月家には計り知れない恩があるのだという。さらに40年前、都で起こった山の神事件の真相を語り始める狂死郎に、錦えもんはその正体を悟る。「おぬし……傅ジローか!?」 おでんの家臣であった傅ジローは20年間正体を隠してオロチに仕え続けていたのだった。

第980話

涙の約束! さらわれたモモの助
カン十郎が敵方の内通者であると発覚し、モモの助が攫われてしまう。唖然とする錦えもんらと麦わらの一味。器用に鶴の絵を描き、空に逃げていくカン十郎をスカイウォークで追うサンジ。しかし、カン十郎は、墨雲を吐き出し、大量の〝墨の矢〟を降らせ、海上の反乱侍達と船はその矢に傷つけられていく……!!その様子を見て、「やめてくれ!」と、泣き叫ぶモモの助。カン十郎は、大将であるにも関わらず、高所に怯え、泣く事しかできないモモの助の姿に失望を口にする。モモの助は、ルフィとの出会いから、ルフィの言葉を思い起こしていく……。

第981話

新たな仲間! 海侠のジンベエ!
ついにジンベエがルフィ達の元へと帰ってきた。改めて再会を喜ぶ麦わらの一味。フランキーはサウザンド・サニー号の操舵手の座をジンベエに引き継ぎ、改めて麦わらの一味が勢ぞろいしたことを祝って宴をしようという事になった。だが、サニー号には酒はない。そんな中、ゾロは酒の匂いを嗅ぎつけた。それは鬼ヶ島の手前にある鳥居の岩礁から匂っていた。一方、ローの船にいる錦えもんは、鬼ヶ島へ上陸した後の行動について確認したいとルフィ達に声を掛けるが、ルフィ達は聞いていない。そこへイヌアラシ銃士隊の隊長・全力のシシリアン、元「ワノ国」裏の大親分、花のヒョウ五郎もやって来て、ルフィ達抜きで作戦会議が始まる。

第982話

カイドウの切り札 飛び六胞登場
鬼ヶ島を目指して海を行く侍達の大船団。その先頭を走るポーラータング号の甲板では、錦えもんを始めとする赤鞘衆が決戦の時を心待ちにしていた。と、トラファルガー・ローが船団の中にサウザンドサニー号の姿がないことに気づく。一足先に鬼ヶ島へ向かったかと驚く錦えもんの横で、傳ジローは一同に鬼ヶ島の手前に聳え立つ鳥居について話し始める。鳥居は難攻不落の要塞となっており、しかも火祭りの夜は普段よりも遥かに多くの兵士が集まっているというのだ。もしその兵士達に討ち入りの連絡が入っていたら、ルフィ達は格好の餌食となってしまう……その時、不安が的中したかのように鳥居の砦から大爆発が起こった。ところが、麦わらの一味は兵士達を圧倒して鳥居の砦を制圧していたのだ。砦を制圧して酒や食料を手に入れた麦わらの一味は、ジンベエを歓迎する宴を始めようとするが、ルフィが突如ジンベエ歓迎の宴の中止を宣言した。驚く一味にルフィは「あいつらとやろう!! 宴も!! 乾杯も!! この戦いに勝って!! 今までで一番でっけェ宴をやろう!!!」と叫ぶ。その頃、ルフィ達が目指す鬼ヶ島では火祭りの宴が盛り上がりを見せていた。息子が挨拶に来ないとカイドウが荒れる一方で、クイーン主催の金色神楽が始まり、百獣海賊団の部下達、オロチ配下の侍達は快哉を叫んでいる。

第983話

侍たちの本気! 一味鬼ヶ島上陸
鬼ヶ島に向けて進むサニー号。一方、ローの潜航艇内部も、鬼ヶ島裏の入り口へ向けて潜航開始。それぞれに作戦を確認しあって鬼ヶ島へと到達すると、今全体がお祭りムード、飲めや歌えのどんちゃん騒ぎが聞こえてくる。カン十郎は情報を伝えていなかったのか? 疑惑に揺れる錦えもんだが、この状況はまぎれもなく奇襲の好機! そこで計画通り、侍たちは接岸した船を一斉に破壊し始めた。侍たちの船は破壊され、一隻残らず自沈していく。

第984話

ルフィ暴走!? 潜入カイドウの宴
鬼ヶ島に上陸した一同は、ついに討ち入りを開始。錦えもん率いる東軍、傳ジロー率いる南軍、ローの潜水艦で海中を行く赤鞘、それぞれカイドウを挟み撃ちにする形で進行する。そんななか、カイドウへの報復に燃えるキッド海賊団は、鬼ヶ島に正面から突っ込んでいく。目立って自分たちの存在がバレれば赤鞘の討ち入りにも支障がでると、キッドを止めるべく追うルフィ、ゾロ。

第985話

お玉への思い ルフィ怒りの一撃
キッド海賊団を探すルフィは金色神楽ステージのライブフロアへとやって来ていた。ゾロはルフィを追っていたが、まだ見つけることはできない。同じ頃、カイドウは飛び六胞と顔を会わせ、失踪した息子のヤマトを連れ戻してほしいと依頼する。ヤマトを連れ戻した者には大看板への挑戦権を与えるというカイドウの提示を受け、飛び六胞はヤマト探しを引き受ける。

第986話

戦う音楽! ルフィを襲う能力!
おしるこをこぼした海賊に激怒するあまり、ライブフロアで一騒動を起こしたルフィとゾロ。潜入はあえなく失敗し、二人はすぐさま逃亡を図る。だが彼らに気付いたアプーにより、その正体はフロア中に知れ渡ってしまう。事実と異なる報告をした兎丼の看守長ババヌキに苛立ちながらも、余興を思いついたと冷笑するクイーン。そしてルフィ達を捉えた海賊には褒美として、飛び六胞の椅子を空けてやる、と宣言する。

第987話

夢やぶれる!? サンジを誘う罠!
鬼ヶ島へ潜入を試みるルフィ達。アプーに気づいたキッドは、怒りに任せて殴りかかる。四皇に対抗する為、海賊同盟を組んでいたが、実はアプーはカイドウの情報屋で、キッドは最初から裏切られていたのだ。アプーの攻撃、さらに大勢のギフターズ達に囲まれ、逃げるしかないルフィ達。そこに巨人族よりも大きな怪人・NUMBERS(ナンバーズ)の八茶も現れる。一方、その頃、ビッグ・マムは、家族が迎えに来るのを待っていた。

第988話

援軍到着! 白ひげ海賊団隊長!
カイドウの城の裏口を目指す錦えもん達は、内部から侵入してモモの助を助けるしのぶ、ナミ、サンジ、チョッパー、ウソップ達のチームと、外部から潜入する錦えもんとシシリアンらミンク族、侍達のチームに分かれて進軍を続ける。しかし、誰もいないはずの遊郭から顔を出したのはビッグ・マム。しかも運悪く鉢合わせしたのはブラキオタンクに乗っていたチョッパーだった。一方、カイドウの部下達から逃げていたルフィ、ゾロ、キッド、キラーの4人もゾロとルフィ、キッドとキラーに分かれた。そしてキッドはキラー、ワイヤー、ヒートと共にギフターズ達を倒していく。

第989話

漢の誓い! 激闘ブラキオタンク
水辺の遊郭にて、不幸にもビッグマムと鉢合わせ、追いかけられることになってしまったウソップとチョッパー。その頃、カイドウ、オロチの元に、モモの助を捕らえたカン十郎が到着していた。オロチは赤鞘達の作戦を阻止したカン十郎をねぎらうが、カン十郎から赤鞘達の作戦阻止失敗を告げられる。更に福ロクジュからルフィやキッドが鬼ヶ島に上陸していると報告を受け、侍達が仇討ちに来るとオロチは恐れおののく。一方、カン十郎に痛めつけられ満身創痍のモモの助は、なんとか逃げ出そうともがき始めるが、いきなりオロチに掴み上げられてしまう。仇討の旗印であるモモの助を始末すれば赤鞘達の忠義も滅び去ると考えたオロチはモモの助の処刑を計画を宣言する。

第990話

雷鳴八卦! 登場カイドウの息子
鬼ヶ島にて、麦わらの一味と侍たち、キッド海賊団の戦いは続く。城内は激闘にもうもうと粉塵が立ちこめ、ギフターズ達が騒然となっている。うるティと弟ページワンに遭遇したルフィは「海賊王になる男だ」と宣言、これがうるティの不興を買っていきなり頭突きを浴びせてきた!ルフィも頭突きで迎え撃つが、激突の衝撃波は周囲のギフターズをぶっとばし、床を踏み抜くほどの威力を放つ。うるティの頭突きでも倒れないルフィ。うるティはルフィを「強敵認定」し、ページワンとともに悪魔の実の能力で恐竜形態に変身、襲いかかる。

第991話

敵か?味方か? ルフィとヤマト
ブラキオタンクに乗ったチョッパーとウソップが放った砲弾はビッグ・マムに命中したものの、倒すことはできなかった。怒りの形相で追いかけてくるビッグ・マムに吹っ飛ばれるブラキオタンク。そのとき遊郭の中からプロメテウスの声がすると、ビッグ・マムは遊郭の中へ入って行く。ビッグ・マムはプロメテウスの声に導かれ、ナミ達を追いながら、遊郭の中にある草履や提灯などにソウルを与えホーミーズを誕生させていく。

第992話

おでんになりたい ヤマトの思い
ライブフロアのステージでは、オロチの演説が続いていた。光月おでんが処刑された20年前のあの日、モモの助と赤鞘の侍達がどうやって逃げ延びたのかを。磔にされたままのモモの助はなす術がなく、変装してフロアに紛れ込んでいたロビン達もモモの助のその姿を悔しそうに見つめるだけだ。一方、赤鞘の侍達を乗せたローの潜水艇は鬼ヶ島の裏側に到達し、無事上陸する。そこへ、イゾウとネコマムシを連れたマルコが飛来した。イゾウ達の到着に赤鞘の侍達は喜び、菊の丞は兄・イゾウとの再会に涙を流す。

第993話

爆発!? ヤマトの自由を縛る錠!
とうとう鬼ヶ島の地を踏んだ赤鞘達。ローと別れ、いざカイドウ城へ向かおうとしたその時、首なし侍の襲撃を受ける。その正体が絵であることが発覚し、この先に待ち受ける者の正体を悟る赤鞘達。そして辿り着いた裏口にはカン十郎がいた。モモの助連行の際に自身が働いた残虐行為と、これから始まる公開処刑を得意げに語るカン十郎。しかしおでんに悲願を託された赤鞘達も一歩も引かず、ついに戦いの火蓋が切られる。乱戦の中、共に過ごした時間は本当にすべてが嘘だったのか、とカン十郎に問いかける菊之丞。だがカン十郎は「嘘だった」と断言。それを聞いた菊之丞は戦う覚悟を決めるのだった。

第994話

赤鞘一騎打ち 菊之丞VSカン十郎
鬼ヶ島のカイドウの城に潜入したルフィ達。そこに花魁姿のビッグ・マムが現れ、新たな四皇の登場に唖然とするロビン達。そこでカイドウとビッグ・マムは同盟を組み、古代兵器を手に入れて、ワンピースを獲りに行くと宣言する。さらに、カイドウはワノ国の武器工場を増やし、花の都の人々も労働者にして、鎖国状態のワノ国を海賊達にとって楽園と呼べる〝無法地帯〟にすると言う。それを聞いたオロチらは唖然。カイドウに詰め寄るが――次の瞬間、オロチはカイドウによって首を刎ねられる!! 突然のオロチの死に、辺りは騒然となる……!!

第995話

討入り! 受け継ぐおでんの意志
オロチの首を斬り、新鬼ヶ島計画をぶち上げたカイドウは磔台のモモの助に「お前がもし『光月おでん』とトキの息子じゃねェんなら、すぐに処刑をとりやめよう」と言う。ウソの名前を言えば助かると言われて動揺するモモの助。既に内部に潜入していたヒョウ五郎と親分衆たち、しのぶ、ナミ、キャロット、ウソップ、チョッパー、ロビン、ジンベエが心配しながら見守る。そんな中、モモの助を助けに向かうルフィ、その前にヤマトの錠を外そうとする。ヤマトは外せたら、念のために遠くへ投げて欲しいという。

第996話

鬼ヶ島激動 ルフィ全面戦争開始
赤鞘の侍達は、今まさにモモの助を処刑しようとしていたカイドウへ奇襲を仕掛ける。猛烈な勢いで落下する赤鞘達とカイドウは、ライブフロアの床をぶち抜き地下深くへとその姿を消していった。キング、クイーン、ジャックはカイドウ援護のために地下へと手勢を送り込もうとするが、その前にヒョウ五郎、弥太っぺを始めとする反乱侍衆が立ちはだかる。一矢報いた赤鞘達に胸を熱くするルフィとヤマトが赤鞘達の加勢へ行こうとすると、そこにうるティが現れ行く手を塞いだ。「僕がいよいよ光月おでんになる日が来たんだ!!」と啖呵を切るヤマト。自分はもう百獣海賊団の味方ではなく、カイドウが死んでも構わないと言い切るヤマトに、百獣海賊団の面々は度肝を抜かれる。一方、ヤマトの背を守るように百獣海賊団達と戦うルフィ。すると、その大立ち回りにビッグ・マムが気づき、嬉々としてルフィに襲い掛かる。この機にモモの助を助けに行こうとするロビンに、ジンベエは自分達には頼れる仲間がいるから安心しろと伝えるのだった。

第997話

月下の戦い 狂戦士“月の獅子”
オロチの城内各地に散らばった、ゾロ、ロー、キッド。そこに次々と侍たちが合流し、討ち入りの戦力は確実に大きくなっていく。ルフィはカイドウとビッグ・マムを前に、全面戦争を宣言する。それを聞いたカイドウは龍体へと変化し、赤鞘とともにドームの屋上へと飛翔していく。対峙するカイドウと赤鞘たち。イヌアラシとネコマムシは、夜空に煌々と輝く満月を見上げる。彼らミンク族は満月の夜、月の獅子(スーロン)化する。大幅に身体能力が向上し野獣のように荒々しく戦う狂戦士となるのだ。屋上に身を潜めていた、たくさんのミンク族たちが姿を現す。そこにやってきたのは大看板の一人、ジャックとナンバーズの九鬼、ギフターズ達。ジャックを見て、ミンク族たちと雷ぞうの目に憎しみが宿る。かつて雷ぞうを探しに、ミンク族の住まうゾウへ赴いたジャック。

第998話

ゼウスの反逆 !?ナミ絶体絶命!
赤鞘の侍とカイドウ達の激戦がドクロドームの屋上で繰り広げられる中、ライブフロアでもルフィ達の戦いが続いていた。しのぶは磔にされたままのモモの助を救出しようとするが、キングに見つかってしまう。その時、レイドスーツを身に着けたサンジが駆け付ける。モモの助を解放し、しのぶに託すサンジ。だが、プテラノドンに姿を変えたキングの攻撃を受けてふっ飛ばされ、建物のひとつに突っ込んでいく。ルフィはヤマトにモモの助を守るよう告げると、サンジのもとへ向かおうとする。

第999話

君を守る 邂逅ヤマトとモモの助
ビッグ・マムとの戦いの最中、クロサイFR-U4号で助けに現れたフランキーとブルック。彼らにその場を任せて、ルフィはドーム屋上を目指す。同じ頃、ブラキオタンク5号に搭乗中のウソップとチョッパーは、酔っ払ったナンバーズ達の攻撃を受けていた。奮起したウソップらはナンバーズに反撃するが、健闘虚しくブラキオタンクごと四鬼に捕われてしまう。ライブフロアの一角では、モモの助としのぶがヤマトと遭遇。ルフィは「ヤマトは味方だ」と言うが、光月おでんを名乗るヤマトを信用できず、しのぶは逃走を図る。

第1000話

圧倒的戦力! 麦わらの一味集結
カイドウのいる鬼ヶ島ドーム屋上を目指しているルフィ。そんなルフィを見つけたゾロも合流し、二人で屋上を目指しているとクイーンがブラキオサウルス化して二人に牙を剥いた。クイーンに噛み砕かれそうになるルフィとゾロ、さらに屋上へ向かう上空は、プテラノドン化したキングと翼を持った大勢のギフターズによって守られていた。クイーンはルフィとゾロを下のライブフロアへと落とす。そこではフランキーの攻撃で気絶した四鬼が倒れようとしていたが、その頭部にルフィとゾロが攻撃し、再び目覚めた四鬼。ルフィとゾロが戦う覚悟を決めるとそこへクロサイに乗ったフランキーがやってきて、ここは任せろ、という。フランキーはクロサイとブラキオタンクを合体させ、フランキー将軍になると四鬼を倒した。

第1001話

危険な誘い! クイーン抹殺計画
鬼ヶ島への討ち入りが始まり、城内は大混乱。クイーンやキングは、突如現れた侍達と麦わらの一味の姿に驚愕を隠せない。同じく騒ぎを見ていたドレークは、一緒にいたホーキンスにこの混乱に乗じて裏切るよう勧めるが、一蹴される。そして、キングからは、屋上にいるカイドウの元に向かう奴らを阻止しろと、飛び六胞に指令が入った。ライブフロアでは、ギフターズと侍達の戦いが熾烈を極めていた。その隙を見て、福ロクジュは一人、どこかへと移動する。侍達は、ルフィ達の為に道を作ろうと、十鬼と五鬼に果敢に立ち向かう。

第1002話

新たな因縁!ナミとうるティ!
ルフィはドレークと対峙すると、ドレークは言った。「お前達と共に戦わせてくれ」と。突如百獣海賊団を裏切ったドレークに、戦場にいる者すべてが動揺を隠せない。そんな中で不信感をあらわにするゾロ。しかしルフィはあっさり受け入れ、カイドウを倒すためにドクロドームへと駆け出した。サンジと合流したルフィはドームへと勢いよく進んでいくが、百獣海賊団はルフィをカイドウの元へ行かせまいと次々に襲い来る。

第1003話

悲壮の刃!赤鞘VSカイドウ再び
クイーンの放った銃弾で体が氷結し、鬼のような姿に変化していく侍たち。ドレークは何か知っている様子だ。スーロン化したミンク族の戦士たちは、カイドウの部下のギフターズと乱闘、圧倒しながらもマンモスと化したジャックになぎ倒されて次々と力尽きていく。最後に残ったのはイヌアラシとネコマムシ。ついに二人とジャックが激突した。倒れたジャックにとどめをさそうとしたイヌアラシとネコマムシの前に巨大な龍と化したカイドウが割って入った。錦えもんはミンク族の奮闘に感謝しつつ、カイドウとの決戦になだれこんだ。

第1004話

受け継ぎし技 炸裂おでんの秘剣
雪の降り続ける鬼ヶ島。三味線をかき鳴らすブラックマリアの語りと、赤鞘九人男の戦いが被る。赤鞘は次々と刀をカイドウに振るう。しかしカイドウの硬いウロコを貫くことはできない。カイドウは稲妻を放ち、攻撃する。それを受けきれない赤鞘たちを見て、カイドウは失望したように言う。「しょせんはその程度か。おでんの剣とは似ても似つかねえ」その言葉をきっかけとして、錦えもんの脳裏におでんとの思い出が蘇る。かつておでんは、おでん二刀流を赤鞘に教えようとしていた。しかし赤鞘たちは、ひょんなことから、おでんへの想いが一番強いのは自分であると互いに主張して譲らず、喧嘩となった。喧嘩は決着がつかず、結果、おでん二刀流を受け継ぐ機会を逃してしまったのだ。

第1005話

「氷鬼」の威力! 新たな疫災弾
鬼ヶ島のライブフロアでは、クイーンの疫災弾を受けた光月の侍達が次々と氷鬼に姿を変えていた。敵味方の区別なく攻撃する氷鬼に、ゾロ、チョッパー、ロビン、ブルックは手を出せない…。一方、ルフィとサンジはドーム屋上を目指して城内を駆け上がるが、その前に真打ちのブリスコラが立ちはだかる。ルフィはすぐさま戦おうとするが、サンジはルフィの体力を温存させようと制する。そこにジンベエが駆けつけ、魚人空手でブリスコラを倒した。

第1006話

許さねェ! チョッパーの決意!
キングから部下達へと下った光月モモの助殺害命令。ヤマトの追走をなんとか振り切ったしのぶとモモの助もその言葉を聞いていた。モモの助を守るため、カイドウ城を奔走するしのぶ。だが、待ち伏せていたササキと装甲部隊の激しい銃撃を受ける。しのぶの反撃はまるで歯が立たず、モモの助に迫る敵の刃──その時、駆けつけると同時に敵に一撃を食らわしたのはヤマトだった!

第1007話

ゾロの追撃! 氷鬼in鬼ゴッコ
クイーンの疫災弾・氷鬼に感染した海賊、侍達は、ゾンビのように身近な者達を噛んで、感染を広げていく。感染した大マサは同志を傷つける前に自害しようとするが、ヒョウ五郎に一喝され、思いとどまる。しかし、ライブフロア内は、プレジャーズ、ギフターズまでにも感染が広がり、どんどん強力な氷鬼が増えていく。チョッパーはこのウイルスを作ったクイーンなら抗体を持っているはずだと推理するが、感染者を放っておくと一時間後には死ぬと知り、唖然となる。クイーンは、逃げるアプーに抗体を持たせ、ルール無用の『氷鬼in鬼ゴッコ』を仕掛ける。抗体を持ち、懸命に逃げるアプーを海賊、侍達は必死に追いかける! さらに、アプーを追い込むのは、ゾロとドレークだった!

第1008話

ナミ降伏!? うるティの猛頭突き
疫災弾のワクチンを持って逃げるアプーを追い詰めるゾロとドレークの戦いが始まった。一方、ウイルスに感染した氷鬼と戦うロビン、ブルック、チョッパー。そんな中、ブルックがウイルスに感染し、焦るチョッパー達だが、ブルックは氷鬼化しなかった。それを見たチョッパーは体温が低ければ、感染しないと分析し、治療のヒントを得たが、そのチョッパー自身もウイルスに感染してしまうのだった。

第1009話

ササキの猛攻 装甲部隊VSヤマト
激突するマルコとビッグ・マムの炎。マルコの不死鳥の青い炎がビッグ・マムの炎を飲み込んでいくが、ビッグ・マムに不意を突かれ拘束されてしまう。更にぺロスペローに弓で狙われ絶体絶命のマルコだったが、その場にキャロットとワンダが駆けつけ、スーロン化すると渾身の技を繰り出した。マルコはビッグ・マムの後を追おうとするが、目に飛び込んできたのは氷鬼化した侍が仲間を襲う光景だった。一方、ナミとウソップはお玉や狛ちよ、ひひ丸の力を借り、うるティとページワンの元から逃げ出し、ルフィ、サンジ、ジンベエはカイドウを目指しドクロドームの屋上を目指していた。

第1010話

氷鬼を破れ チョッパーの火策!
ローは鬼ヶ島のポーネグリフを見て、自らのルーツに想いを馳せる。彼の名はトラファルガー・D・ワーテル・ロー。Dの名を持つ者の一人である。かつてそれを知ったコラソンは、Dはまた嵐を呼ぶはずだと言っていた。しかしDが何を意味しているのかを知るには、ロードポーネグリフを集め、ラフテルに向かうしかない。ローはそこに自分の数奇な運命の意味があるはずだと、決意を新たにする。

第1011話

よかねェよ!! サンジを誘う蜘蛛
女の悲鳴を耳にしたサンジは、ルフィとジンベエと別れて単身救助に駆けつける。だがそれは、ブラックマリアの巧妙な罠で、サンジは囚われの身となってしまう。兎丼の採掘場で仲間だった者達の助けもあり、ルフィとジンベエは戦うことなく階上へと到達し、ドーム屋上へ向かってさらに進む。その屋上では、傷だらけの錦えもんがカイドウに必死の抵抗を試みるが、一撃を食らって倒される。

第1012話

逆転の一手! 不死鳥マルコの炎
浮上を続ける鬼ヶ島。そのライブフロアでは、マルコが加勢に現れたことに海賊達が慄いていた。氷鬼に感染し苦しむ人々に、青い炎を浴びせるマルコ。するとウイルスの進行は止まり、自我を失っていた大マサも意識を取り戻す。その間に抗体の量産に取り掛かるチョッパー。彼の『全員救う』という言葉を信じかける海賊達だったが、クイーンにけしかけられ態度を一変。さらにアプーまでもが抗体を奪おうと襲いかかる。チョッパーを守るべく戦う侍達。ドレークも味方として参戦し、その隙にゾロはマルコと共に屋上を目指す。

第1013話

ヤマトの過去 四皇の首を狙う男
カイドウの力により、鬼ヶ島が花の都へ飛び立つ中、城内では一味と飛び六胞が対峙していた。宴会場でブラックマリアに捕えられたサンジは、マリアらの色香に夢中だったが、男衆に触れられたことで目が覚め、一刻も早く一味の元に戻ろうとしていた。しかし、クモクモの実・古代種・モデル「ロサミガレ・グラウボゲリィ」に変化したブラックマリアの蜘蛛の糸に再び囚われ、遊女たちに取り囲まれると、「ここは……天国か」と呟く。一方その頃、しのぶとモモの助の治療にあたっていたヤマト。壊れた龍の像を前に、数年前、鬼ヶ島を訪れたという海賊・エースの話をする。

第1014話

マルコの涙! 白ひげ海賊団の絆
塔の穴の中で疫災弾のワクチンを大量に作っているチョッパー。そのチョッパーを守るヒョウ五郎たち親分衆。その間も氷鬼化は進むがマルコの青い炎が氷鬼化を防ぐ。クイーンの命令でマルコに襲い掛かる百獣海賊団の海賊達。そんな状態でもロビンとブルックを城へ向かわせ、ゾロを屋上へと連れて行こうとするマルコは、思わずエースの事を思い出す。白ひげ海賊団に入り、二番隊隊長を任されたエースはワノ国へ行かせてくれと白ひげに頼んだ。それはお玉、エースとの約束を守る為だった。だが白ひげは「光月おでんに倒せなかった男を! お前に討てるか!!!」と烈火のごとく怒り、エースをボコボコにした。一方、マルコとイゾウは白ひげがワノ国へ行く事を承諾したら一緒に行くと言った。「じゃあもう勝てそうじゃん……」と、そんな事を言ったエースを思い出し、マルコは涙ぐむのだった。

第1015話

麦わらのルフィ 海賊王になる男
ヤマトは己の心の支えであったおでんの日誌をモモの助に渡した。亡き父の日誌を手にして涙をにじませるモモの助にヤマトは語る。白ひげ、ロジャー、おでん……彼らの言う「20年以上先の未来に押し寄せる若き強者達」、その筆頭をエースだと信じていたと。しかし、エースは死んだ。彼が口にしていた弟であり、モモの助が連れてきた男・ルフィこそが、おでんの日誌に書かれていた「次の時代を担い、カイドウを討てることができる海賊」であると。所変わってドクロドーム、その屋上。カイドウ、ビッグ・マムの元へ着々と到着するゾロ、ロー、キッド、キラーそしてルフィ。遂に対峙する最悪の世代達とふたりの四皇。

第1016話

怪物決戦! 意地張りあう三船長
ルフィとカイドウの激突は、熾烈を極めていく。ヒョウ五郎に鍛えられた『流桜』をまとったことで、ルフィの打撃はカイドウに効果を発揮する。しかしこれは、カイドウを追い詰めるどころかさらに昂ぶらせることとなった。この激闘にビッグ・マムも参戦し、二人の「四皇」を相手に、ルフィ、ロー、キッド、ゾロ、キラーは乱戦状態になっていく。この乱戦はまた、おかしな方向へ。ローが、些細なことからルフィと揉め始める。それを嘲笑うキッドとキラー、そんなことをやっているうちにビッグ・マムがプロメテウスで攻撃!結果、意地を張り合ったルフィ、ロー、キッドがその攻撃をまともにくらい、爆発にのまれてしまった。

第1017話

大技連発!最悪の世代の猛攻!
あらすじナシ

第1018話

笑うカイドウ! 四皇VS新世代!
流桜を迸らせ、カイドウを攻撃するルフィ。その拳でカイドウを地上に叩きつけたものの、ルフィ自身も体力を消耗し、ダウンした。ビッグ・マムはルフィめがけて“刃母の炎(ははのひ)”を放つが、ローがカウンターショックで対抗する。その隙に、カイドウにトドメを刺そうとするキッドとキラー。しかし、目覚めたカイドウは空へと上昇すると、龍巻を放った。

第1019話

お玉の秘策!きびだんご大作戦!
クイーンからの預かりものと称してき配られるきびだんごは、実はお玉が作ったものだった。そのきびだんごを口にしたことでお玉に懐いているスピードは、お玉の鬼ヶ島上陸に協力し、さらにガゼルマン、ダイフゴーと共に、島中の海賊達にきびだんごを食べさせて回る。ライブフロアではチョッパーは抗体の量産を急いでいた。だが、感染者達の体力が限界に達したことでマルコの青い炎の効果が失われ、氷鬼ウイルスの進行が再び始まってしまう。

第1020話

サンジ絶叫! 島中に響くSOS
大宴会場で、サンジはブラックマリアや遊女達に甚振られ、蜘蛛の糸の磔に縛られていた。そして、このブラックマリアにロビンをここに呼べと言われる。一方、ライブフロアで、氷鬼に感染し始めたヒョウ五郎は、精神力で堪えようと試みていた。同じ頃、ペロスペローと激闘を繰り広げていたスーロン化したワンダとキャロットだったが、満月の陰りの影響もあり、ペロスペローの一撃でワンダが倒れてしまう。そんな中、赤鞘の侍達を捜していたバオファンは、天守裏二の丸・宝物殿にて遂に彼らを発見する。が、そこには謎の人物もいた……!

第1021話

スパンク炸裂! サンジの女難!
 ブラックマリアに脅されてロビンに助けを求めたサンジ。その願いを聞き、サンジを助けにやって来たロビン、そしてブルック。サンジは二人に礼を言いつつ、「ここには勝機が見えねェ」と、屋上を目指す。バオファンはネズミのサイボーグ、『メモリーズ』によって倉庫に隠れていたモモの助、ヤマト、しのぶの姿を発見した。倉庫にいたヤマトはネズミのメモリーズを破壊したが、ギフターズ達が扉を開けようと集結してしまう。ヤマトは自分の着ている服の中にモモの助を隠し、しのぶと共に、突入しようとしていたギフターズ達を返り討ちにし、倉庫を出て、移動を開始する。バオファンがメモリーズを通して伝える内容からモモの助たちの危機を知ったサンジ、屋上へ向かうか、モモの助達を助けに行くか、迷う。

第1022話

悔いなし ルフィと親分師弟の絆
クイーンのばらまいたウィルス『氷鬼』を止める為の抗体が、遂にチョッパーの手によって完成する。しかし、戦場では、氷鬼によって体が氷と化していき、侍達が暴れ、苦しみもがいている。絶望的な状況の侍達を励ましたのは、全盛期の肉体と力を取り戻したワノ国伝説の大親分、花のヒョウ五郎であった。もしチョッパーの薬が間に合わなかったら自分を斬れと弥太っぺ、大マサ、綱ゴロー、お蝶ら親分衆に伝え、御庭番衆へ戦いを挑むヒョウ五郎。ルフィこそがワノ国に夜明けをもたらす者と確信しているヒョウ五郎は、命の炎を燃え上がらせ、存分に力を振るい続ける。

第1023話

準備OK! チョパファージ霧砲
ルフィたちとカイドウの激闘が続くそのウラでは、次第に氷鬼化していき、子分の弥太っぺに介錯を委ねたヒョウ五郎。だが、斬首を命じられた弥太っぺは涙で大親分の首を落とすことが出来なかった。大政も氷鬼が進行し、彼もまた覚悟を決めた。綱ゴローが介錯を命じられるが、やはり動けない。クイーンは敵味方かまわずに氷鬼をまき散らす。怒りを覚えるプレジャーズ、ウェイターズだが、広がる冷気に成す術もなく、氷鬼化する犠牲者は増える一方だ。ついにハラをくくった弥太っぺがヒョウ五郎の首を落とそうと刀を振り下ろした時、チョッパーが飛びこんできた!

第1024話

おでん現る! 揺れる赤鞘の心!
宝物殿にて、何者かの手当を受けた赤鞘九人男。彼らの前におでんが現れる。思いもよらぬ再会に、我を忘れて感涙する一同。おでんは赤鞘たちそれぞれにねぎらいの言葉をかけ、いざカイドウを討ちに行こうと歩き出す。しかし、アシュラは目の間のおでんが本物であるはずがないと見抜き、おでんを殴り飛ばす。刀を抜いたアシュラは、おでんの顔にかすり傷を与える。するとその傷は紙が切れたようになり、血も出ない。一同の前に現れたのは、カン十郎だったのだ。カン十郎は、おでんを遠くから操りながら、自分自身はモモの助を狙い、廊下をひた走る。

第1025話

最悪の世代全滅!? 四皇の大技!
カン十郎が差し向けたおでんの偽者は、錦えもん達もろとも爆死しようとする。だが、アシュラが間一髪で飛びつくと、身を挺して錦えもん達を救った。錦えもんの怒りは頂点に達し、モモの助の命を狙うカン十郎を討つべく走り出す。しかし、その前に手負いのジャックが立ちはだかった。かつての因縁に思いを馳せながら、イヌアラシはジャックに立ち向かう。その頃、城内の一角では火事が起きていた。それは生きていたオロチの仕業であった。自分を裏切ったカイドウに怒りを燃やすオロチ。オロチは福ロクジュとともに、かつての部下である侍やギフターズ達を次々と惨殺していく。

第1026話

超新星反撃! 四皇分解作戦
偽おでんと相打ちになったアシュラを置いて、モモの助を探す赤鞘達。彼らの前に現れたのは、カイドウ城に火を放つオロチだった。自分を殺して『新鬼ヶ島計画』を遂行しようとするカイドウへの怒りが、オロチを凶行へと駆り立てたのだ。オロチを逃がそうとする福ロクジュに構うことなく、オロチはヤマタノオロチへと姿を変えて赤鞘達に襲いかかる。だが、首を刎ねられたのはオロチだった。残された福ロクジュは主人の仇を討つため、そして長年の因縁に終止符を打つため、雷ぞうとの一騎打ちに挑む。

第1027話

ルフィを守れ! ゾロとローの剣技
ローとキッドの連携で、ビッグ・マムは海へと落下していく。マムの元へ急ぐナポレオンとプロメテウス。そして間一髪、水没直前のマムを救出するのだった。マムは助けに来なかったゼウスに怒る。そんなマムに、プロメテウスは、新しい相方となる彼女が欲しいと懇願する。一方、カイドウは気絶してもなお、睨み続けてくるルフィを見て笑う。そんなルフィに止めを刺そうと動き出したカイドウに、ゾロが立ちはだかり、『鬼気九刀流・阿修羅抜剣・亡者戯』を放つ!

第1028話

四皇を超えろ ルフィ反撃の鉄拳
復活したルフィに、覇王色の覇気をまとった金棒で攻撃するカイドウ。ルフィは流桜から覇王色の覇気へと変化させ、その金棒を蹴り上げる。覇王色の覇気同士の激突は互角で、ルフィの足は金棒に触れていないがカイドウの金棒を弾き返した。一方、ロー、キッド&キラー、ゾロの作戦でカイドウから引きはがされたビッグ・マムは自らのソウルを分け与えて新たな雷雲のホーミーズ「ヘラ」を生み出し、キッドとキラーを『震御雷(フルゴラ)』という技で城の内部へと吹き飛ばす。城の内部ではライブフロアに向かいたいウソップ、ナミ、お玉をページワンが邪魔をしていた。ウソップ、ナミ、お玉は狛ちよに乗って逃げるが、ページワンに取り付かれてピンチを迎える。

第1029話

淡い記憶 ルフィと赤髪の娘ウタ
麦わらの一味が航海中、ふとトーンダイヤルから一曲の歌が聞こえてくる。それは世界的な歌姫、ウタによるものだった。時をさかのぼること10数年。フーシャ村にいたルフィは村の仕事には興味を持てず、毎日野山を駆け回っていた。そんなある日、シャンクス率いる赤髪海賊団がフーシャ村にやってくる。その中には、赤髪海賊団の音楽家であるウタの姿もあった。ルフィは自由を謳歌している海賊たちに惹かれるようになり、入団を申し込む。しかしシャンクスには受け流されてばかりだった。

第1030話

新時代の誓い! ルフィとウタ
10数年前のマキノの酒場。ウタとシャンクスが話している。ルフィのめちゃくちゃな行動の数々にウタが怒っていると、そこへルフィが駆け込んできた。ルフィがいつものようにシャンクスに船に乗せてくれとお願いを始めると即座に止めに入るウタ。そのまま言い合いをしながら、ふたりは外へ遊びに行く。海に来たルフィとウタは競い合って小舟を漕ぎだすとそこで見かけたのは巨大な怪物、近海の主。大慌てで港へと逃げてきたふたりはまたもケンカを始めるが、お互いの夢と野望を語り出す。笑顔を浮かべ、大笑いで話す二人は「作ろう、新時代!」と約束する。赤髪海賊団が航海へと繰り出す日、ウタは船の甲板から、小さくなっていくフーシャ村をいつまでも笑顔で見つめていた。

第1031話

ナミ絶叫 絶体絶命デスレース!
ルフィとカイドウの、覇王色の覇気のぶつかり合いに、鬼ヶ島が震える。その頃、鬼ヶ島城内一階、天井裏の隠し部屋へと辿り着いたモモの助、しのぶ、ヤマト。おでんとしてカイドウを倒したいという思いと、モモの助を守らなければならないという思いに迷うヤマトは、布と針刺しをみつけ妙案を思いつく。城内、二階ではナミ、ウソップ、お玉が、狛ちよに乗ってページワンから逃れようと必死に戦っていた。怯えるお玉を見て、ウソップは彼女を守るために渾身の攻撃を繰り出す。だが、それも足止めほどの効果しかなく、さらに現れたのはまさかのビッグ・マム。ナミとウソップの恐怖は限界に達するが、お玉はまったくビッグ・マムを恐れていなかった。なぜならお玉はビッグ・マムが記憶を失い『おリン』と名乗っていたころ、友情を結んでいたのだ。

第1032話

ワノ国の夜明け 全面対決激化!
錦えもんと菊之丞はカン十郎からモモの助を守るため、河松たちとは別行動をとる。走る河松たちも、それぞれ別方向に散って侍やヤクザたちの助太刀に向かう。こうして散ったネコマムシの前にシシリアンとバリエテが合流する。彼らからペドロの死を聞いたネコマムシは、ペドロの仇・ペロスペローが鬼ヶ島にいると聞いて走り出す。その仇敵ペロスペローは、クイーンとチョッパーが戦うライブフロアに乱入していた。天井裏に潜んでいるモモの助、ヤマト、しのぶ。ヤマトは戦いたくてうずうずし、モモの助から敵の注意をそらすため、外に出ると言う。ヤマトが去ったあと、モモの助は「おでん漫遊記」を読み始める。父・おでんの冒険の全てを学び始める。

第1033話

決着!ルフィ加速する覇王の拳
サンジは包帯ぐるぐる巻きにされたゾロを背負いながら、モモの助の元へ向かうためギフターズを倒していく。ゾロに片腕を塞がれ、動きにくそうなサンジだが、ゾロはそんなことに構う様子もなく、「助太刀ならライブフロアに行け」という指示だけ出して眠り続ける。城内2階では、ナミがクリマ・タクトを放ち倒れたうるティを見下ろしていた。お玉に手を上げたうるティが許せないナミ。続けてトルネード・テンポを放つものの、うるティには効かず、逆に拘束されてしまう。

第1034話

ルフィ敗北!麦わらの一味窮地!?
カイドウとの戦いでダメージを受けたルフィは、意識を失って海に沈んだ。その頃、ナミとウソップはお玉を連れ、ビッグ・マムから逃げようとしていた。ゼウスはナミに裏切りを詫びると、自分を見捨てたビッグ・マムめがけて渾身の一撃を放つ。だがその攻撃は通じず、ヘラに食われて飲み込まれてしまった。ライブフロアでは、チョッパーとクイーンの戦いが続いていた。ペロスペローもキャンディ・シャワーを放ち、侍達に次々と矢を命中させていく。

第1035話

百獣蹂躙!光月家の終焉!
クイーンとの激闘が続くチョッパー。彼が使用したランブルボールは、シーザーの助言を受けて手を加えたもの。それにより巨大化持続時間は30分に伸びたが、重い副作用と引き換えだった。それでもルフィの勝利を信じるチョッパーは、我が身を顧みることなくクイーンに向かっていく。その時、鬼ヶ島中に響き渡るバオファンの声。それはルフィの敗北を知らせるものだった。カイドウは降伏した者の命を助け部下として迎え入れるという。だが麦わらの一味は、ルフィを信じ続けるのだった。

第1036話

闇夜に抗え ワノ国総大将吠える
バオファンによって城内各所にルフィと赤鞘の侍達の敗北が伝えられ、ワノ国の侍達に動揺が走る。そして、時を同じくして空を飛ぶ鬼ヶ島はワノ国本土上空へ到達するのだった。士気の下がった侍達を鼓舞しようとするイゾウと河松だったが、バオファンの情報の真偽を侍達すべてに伝える手段がなかった。クイーンと対峙していたチョッパーは情報を信じ、涙していたが、そこにサンジが助太刀に入る。

第1037話

ルフィを信じろ!同盟反撃開始!
「ルフィは生きておる!!」「だから命の限り戦ってくれ!!」と、カエルのメアリーズを通して鬼ヶ島中に宣言したモモの助、さらにこう付け加えた。「ルフィはカイドウに必ず勝つ!」その声を各所に散らばって戦っていた麦わらの一味、そして百獣海賊団と戦っていたヒョウ五郎や侍達も聞き、士気を上げた。カイドウはモモの助を即座に殺そうとする。しのぶは「熟々の術」で岩を溶かし、モモの助と共に海へと落ちた。カエルのメアリーズを通してそれを目撃したバオファン、敵軍の大将が死んだことを皆に伝えようとする。

第1038話

ナミ必殺!お玉決死の大一番!
クリマ・タクトに宿ったゼウスの力で、必殺の「忍法・雷霆」を放ち、うるティを撃破するナミ。うるティが撃破され動揺したバオファンは、飛び六胞敗北の報告を誤って鬼ヶ島中に流してしまう。それを見ていたウソップは、バオファンを通せばお玉の号令が鬼ヶ島全土に届くと確信し、バオファンを即座に捕らえる。お玉は、きびだんごを食べたギフターズを味方にして戦局を一気に打開する為、激戦の続くライブフロアのステージから叫び声をあげようとするーーが、クイーンの迫力に気圧されその場に倒れ込んでしまった。一方、モモの助と共に鬼ヶ島から落下していたしのぶは、「忍法・大凧」を使い辛くも着地、危機を脱出する。同じく鬼ヶ島から落とされ海中へと沈んでいたルフィは、ハートの海賊団に救助されて海上へと引き上げられる。その頃、鬼ヶ島のドクロドーム内ではジンベエとフーズ・フーが対峙していた。一対一の戦いに見えたが実はフーズ・フーは大量の伏兵を潜ませておりジンベエは無数の銃弾を浴びてしまう。

第1039話

味方激増!麦わらの一味逆襲!
ライブフロアから、きび団子を与えたギフターズに向けてお玉が呼びかけた言葉が、次第に効果を発揮していく。「味方をしてけろ!」その言葉に、ハムレットをはじめ各フロアの戦場でギフターズが続々と反旗を翻す。城内はたちまち敵味方が混戦するパニック状態になり、CP0のもとには続々とその報告が集まっていく。クイーンは事態の混乱を招いたお玉に向けて攻撃すると、そこにサンジが乱入!その間にウソップとナミはお玉を連れて逃げ出し、ダイフゴーらと合流する。

第1040話

操舵手の誇り 怒りのジンベエ!
各フロアで激戦が続くドクロドーム。「きびだんごを相手を自分の仲間にしてしまう」というおたまの能力は強力で、カイドウ軍の真打までもがおたまの仲間として反乱を起こしている。また、ナミもゼウスという力を手に入れた。ビッグマムに追い詰められ、一時はナミを殺そうとしたゼウスだが、ナミに相棒と認められ、意気揚々とカイドウ軍を倒していく。城内4階のキャットタワーではフーズ・フーとジンベエが対峙している。

第1041話

怪獣大決戦!ヤマトとフランキー
激しい戦いを繰り広げるサンジとクイーン。傷が癒えず横たわるゾロの体には、超回復の効果をもたらすという薬が注入される。ドクロドームの右脳塔ではフランキーとササキの攻防が続いていた。トリケラトプス型のササキは手強く、フランキーの体力は消耗する。それを見たカイドウ軍の兵士もフランキーを攻撃しようとするが、お玉のきびだんごを食ったギフターズが駆けつけ、フランキーの味方につく。ドーム屋上では、カイドウとヤマトの親子が戦っていた。両者の溝は埋まるどころか広がる一方で、ヤマトは鋭い目でカイドウを睨みつける。

第1042話

捕食者の罠 ブラックマリアの誘惑
激しい一騎打ちを繰り広げるフランキー将軍とササキ。双方満身創痍ながらも、ジェネラルキャノンとマグナムケラトプスが激突。光が消えたフランキー将軍の瞳に、ササキは勝利を確信する。だが、操縦者であるフランキーは、将軍からすでに脱出していた!フランキーが放ったラディカルビームにより、ササキはとうとう倒れるのだった。

第1043話

悪夢を斬る ブルックの氷の抜刀!
大宴会場でブルックもまたブラックマリアに幻霧を見せられていた。霧の中、ブルックは、死別したはずのルンバ―海賊団の仲間達やヨーキと再会していた。さらに、ラブ―ンも現れ、感傷に浸っていたブルックを背後から刃が襲う。しかし、その事に気づいていたブルックは、仲間のフリをしていたヘビ女達を斬り倒す。ブルックもロビンも過酷な運命を乗り越え、麦わらの一味と出会っているため、ブラックマリアの見せる幻覚に騙されなかったのだ。

第1044話

クラッチ!悪魔の化身 ロビン!
ブラックマリアの「マリアネット」によって動きを封じられたロビン。ブラックマリアはヒガンテフルール・ロビンに「花魁ナックル」で攻撃を加え、それはそのまま本体のロビンにもダメージを与える。一旦はブラックマリアの拘束から逃れたヒガンテフルール・ロビンだったが、「行き止マリア」の糸によって本体のロビンが身動きできなくなり、「炎上マリア」で糸に引火され、さらにそんな本体のロビンを殴り続けるブラックマリア。それを見たブルックが言う。「私がもしあなたなら……そこから逃げますね……!」しかしブラックマリアは非情な拳をロビンに見舞いながら言う。「逃げる? 何のために? こいつにまだ何か隠し玉があるっていうのかい!? じゃあ見せておくれよ!! 何が出来るんだい!? 悪魔の子!!」

第1045話

呪縛!迫る脅威 キッドとゾロ!
カリブーの肉をたいらげたルフィはエネルギーをためこんでついに復活。城内各所での激闘で、雷ぞうは福ロクジュと忍術対決になだれこんでいる。福ロクジュは雷ぞうを嘲笑するも、雷ぞうは折れるどころか、モモの助を将軍にすると高らかに宣言、さらに激しい戦いに突入していく。一方、モモの助はしのぶのジュクジュクの実の能力で立派な青年へと成長を遂げていた。大人になったことで、空中の鬼ヶ島へ戻るという強い決意をみせる。

第1046話

一か八かの大勝負!両翼出陣!
キングに追いつめられたゾロとチョッパーをマルコが守る。だが、クイーンがキングと合流し、マルコは絶体絶命の危機に。その時、超回復の薬によって傷の癒えたゾロが立ち上がり、完全復活した。駆けつけたサンジが“悪魔風(ディアブル)ムートンショット”をクイーンに食らわし、ゾロは“三刀流・煉獄鬼斬り”をキングに放つ。倒れるキングとクイーン。その光景に歓喜するヒョウ五郎たち。だが、大看板で強敵のキング&クイーンは立ち上がり、ゾロ&サンジとの戦いが再び始まる。

第1047話

夜明けへと昇れ!桃色の龍猛る
ゾロやサンジの激闘が続くライブフロア。そこに百獣海賊団が押し寄せてくるが、戦いの邪魔はさせまいと侍達が立ちはだかる。一方、ササキの部下達に囲まれたフランキーの前には、ハートの海賊団が加勢に現れた。お玉を狙う海賊から逃げるウソップは、ビッグ・マムの覇王色の覇気を自分のものだと偽ることで、海賊達から戦意を奪う。三階では気絶したロビンを抱えたブルックが火の手から逃げ惑い、四階ではキッド海賊団の助太刀にジンベエが現れる。そしてドクロドーム屋上では、今なおカイドウとヤマトの戦いが続いていた。

第1048話

未来へ!ヤマトと大剣豪の誓い
ドクロドーム屋上でカイドウに一騎打ちを挑むヤマトは、光月おでんへの憧れを口にし、少年時代を思い起こす……。約20年前。手錠を付けられても大暴れで抵抗していた少年ヤマトは、カイドウの怒りを買い、暗い岩屋の中に閉じ込められる。その岩屋には、おでん亡き後、カイドウに立ち向かったとされる屈強な侍3人も幽閉されていた。空腹で元気のないヤマトと侍達の前にカイドウは、刀と一人分の定食を用意し、殺し合いをさせようとする。しかし、侍達は、「侍は腹など空かぬものだ」と、ヤマトに定食を差し出す。ヤマトは侍達の行動に感謝し、涙ながらにそのご飯を食べる。侍達はカイドウに敗れていた為、名前を名乗らず、『某(なにがし)』を自称する。

第1049話

ルフィ飛翔!百獣へのリベンジ
人獣型・カイドウと大口真神・ヤマトの放った「雷鳴八卦」が激突した。ヤマトは「鏡山」という技で防御したが、カイドウの額からは一筋の血が流れ落ちた。さらにヤマトの「氷諸斬り」が炸裂し、カイドウは顔面を地面に叩きつけられた。だが立ち上がったカイドウは言う。「てめェ、すっかり……『ワノ国』の一員みてェなツラして挑んで来やがって……お前は逃げられねェんだぜっ! カイドウの息子って血筋からはよおっ!!」さらに「お前はこの島でずっと一人で生きて来た」と言われたヤマトは反論する。「友達くらいいる!」とエースの事を思い出した。だがカイドウに「お前に良くした奴らはみんな死んだ!」と、言われたヤマトはさらに思い出す。カイドウから逃げ回っていた幼い頃、食料と毛布を届けてくれたカイドウの部下が処刑されてしまった事を…。そしてカイドウはヤマトを叩きのめす。

第1050話

双竜相搏つ!モモの助の覚悟!
「ゴムゴムのJET大蛇砲」「神速・白蛇駆」ルフィとヤマトの技が、同時にカイドウの顎を打ち抜いた。ふたりが再会を喜んだのも束の間、青龍へ変じ空へと登ったカイドウがルフィに問う「どうやって助かった!? 麦わらァ!!」。「どうやっても死なねェよ!!! おれは海賊王になる男だ!!!」そう不敵に返すルフィへ満足げな笑顔を浮かべたカイドウは、ルフィを乗せて飛ぶ桃色の龍にも同じく問う「その龍は何者だ!!? てめェか、麦わらを助けやがったのは!?」。桃色の龍ーーモモの助は、カイドウにおでん城を襲われた過去を思い出して怯むが、勇気を振り絞りこう答えた「拙者の名は!! 光月モモの助!!! ワノ国の将軍になる男でござる!!!」。その頃、ドクロドーム内の宝物殿ではスーロン化したイヌアラシがジャックを、同じくドクロドーム正面入り口ではスーロン化したネコマムシがペロスペローを、それぞれあと一歩の所まで追い詰めていた。しかし、カイドウとモモの助、二匹の龍が現れたことにより分厚い雲が発生し、月を覆い隠してしまう。月の光が消え、スーロン化が解けたイヌアラシとネコマムシは一転して絶体絶命の危機に陥ってしまう。

第1051話

伝説の再来!天に轟くルフィの拳
カイドウに噛みついたモモの助と、飛び込んできたルフィの大復活に麦わらの一味とサムライたちは一気にテンションがあがり、戦況に大きな影響を与える。ルフィとカイドウの激突は鬼ヶ島を大きくふるわせ、その衝撃は各所で崩落や爆砕をもたらす。上空を覆い尽くす暗雲が二人の覇気によって裂け、ついに満月があらわれた。そしてこの戦いのさなか、ルフィはモモの助に鬼ヶ島の落下をとめにいけ、と戦場からの離脱を命じる。ルフィはカイドウを阻み、モモの助に勇気を与えたのはヤマトだった。

第1052話

風雲急を告げる!鬼ヶ島の末路!
花の都に向かって進行していく鬼ヶ島。モモの助はルフィからもらった勇気を胸に、ヤマトとともに鬼ヶ島を止めるべく奮闘するが、鬼ヶ島は突然、大きな瓦礫を落とし始める。それはルフィと戦うカイドウの力が弱まってきているため、鬼ヶ島全体を覆っているカイドウの焔雲もが弱まり、島を支えきれなくなっている証拠だった。もしカイドウの力が尽きた場合、焔雲は消え、鬼ヶ島が地上に叩きつけられ、花の都や鬼ヶ島の人々も全滅してしまう。それを避けるには、モモの助がカイドウよりも強力な焔雲を生み出し、鬼ヶ島を動かすしかない。

第1053話

サンジの異変 両翼黄色信号!
大量の爆薬を始末するため、ヤマトはドクロドーム地下へと向かう。ヤマトと別れたモモの助は懸命に鬼ヶ島を押し返し、花の都から遠ざけようとする。城の来賓の間では、CP0のメンバーがロブ・ルッチと会話していた。「海賊達の鍵になる存在、ニコ・ロビンを連行しろ」と、告げるロブ・ルッチ。

第1054話

相棒に死を!キラー決死の大博打
体内にキッドの藁人形を仕込んだホーキンスへの攻撃は、キッドのダメージとなってしまう──。不利な状況で防戦を強いられるが、スマイルの実の餌食となり笑い続けるキラーを、ホーキンスは嘲笑する。決して反撃しないキラーにしびれを切らし、自身の頭を柱に打ち付け始めるホーキンス。そのダメージは強烈な頭痛となってビッグ・マムと戦闘中のキッドを襲う。

第1055話

闇の者の暗躍!鬼ヶ島炎上
クイーンの攻撃を受けたサンジだったが、驚異的な外骨格で耐えていた。それは、ジェルマ66が血統因子を操作した科学の影響そのものだったが、その遺伝子が突然覚醒したのは、ワノ国で数度レイドスーツを着たからかもしれないとサンジは疑う。一方その頃、岩戸の間ではアプーが強力なナンバーズを率いて、ドレークに手を組まないかと提案していた。

第1056話

逆襲!ローとキッドの反撃同盟
オロチはカン十郎を使って鬼ヶ島の地下にある爆薬に火をつけさせようとしている。巨大な炎の塊の妖怪・火前坊になったカン十郎はその命令に答えようと地下を目指す。大口真神の姿のヤマトは、鬼ヶ島が花の都に墜落して大爆発を起こす前にその地下の爆薬を処分しようと懸命に走っている。龍の姿になったモモの助も鬼ヶ島を止める為、焔雲を出そうと頑張っている。城内ではビッグ・マムとロー&キッドの戦いが続いていた。キッドは「とっておき使って援護しろ」と、だけ言って、キッドはビッグ・マムに向かっていくがビッグ・マムの攻撃ををもろに浴びて、ライブフロアへと吹き飛ばされる。しかしそこでローが「K・ROOM!(クローム)」で掌にエネルギー体が浮かぶと「麻酔(アナススィージャ)」と、そのエネルギー体を長刀に串刺しにし、その切っ先を降下中のビッグ・マムの後頭部に刺した。さらにキッドが「付与(アサイン)」で、マムに磁力を与えた。するとナポレオンやギフターズ達のライフルや刀、槍などが次々とマムに吸い寄せられていく。さらに塔の表面に亀裂が走ったかと思うと生身の巨大な鉄骨が数本、飛び出して剥きだしになり、マムに向かって飛んでくる。

第1057話

ルフィの為に サンジとゾロの誓い
鬼ヶ島城内、岩戸の間。アプーが手を組もうとドレークに交渉を持ちかけている。最強格のナンバーズ、一美、二牙、三鬼を使って、ルフィとの戦いで消耗したカイドウを倒し、全てをかっさらってやろうと言うのだ。一方、鬼ヶ島の墜落を阻止するため地下の武器庫へと急ぐヤマトは、ドレークとアプーの制止を振り切り猛然と駆けていくが、その前に立ちはだかったのは、二牙であった。その頃、サンジは己の体がジェルマの戦士のように変わっていく不安に苛まれながら、ひとり遊郭の廊下を走っていた。と、その進む先に芸者の女性、お染を見つけるサンジ。いつもの如く声をかけようとするが、そこへクイーンの声が聞こえてくる。「本当は、ジェルマの血が騒いで仕方ねェんだろ!?」。心をかき乱されたサンジはいつしかお染のことを忘れ、考え込みながらひた走るように。

第1058話

火前坊襲来 迫るオロチの魔の手
キッドにとっては武器ともいえる鉄クズがビッグ・マムによって命が与えられ、キッドとローにとっては苦しい戦況になってきた。巨大化したマムのパワーでナポレオンやヘラ、プロメテウスも急激にパワーアップ、その威力はそれまでとは比較にならず、キッドとローは消耗していく。城内を火薬庫に向けて進撃する火前坊の存在を知ったイゾウは、カン十郎だと察し、マルコの力を借りて城内に急ぐ。ヤマトは二牙を説き伏せて火薬庫に急いでいたが、その二牙の頭に上層から逃れてきたロビンとブルックが落下。追ってきたCP0は火前坊の炎を浴びてしまう。

第1059話

逆境のゾロ 怪物!火災のキング
戦いはますます激しくなり、混乱に陥るドクロドーム。ヤマトは、地下にある武器庫へ向かって行く火前坊を発見する。火前坊が触れたものは、みな燃え上がり、城内のあちこちに火の手があがる。このまま火前坊が武器庫へ辿り着いてしまえば、大量の火薬が引火し、鬼ヶ島は空中分解してしまう。それを止めようと、ヤマトは必死で駆ける。一方、ゾロはキングと戦いを続けていた。

第1060話

閻魔の秘密!ゾロに託されし妖刀
激しい戦いを続けるゾロとキング。キングの“刃裏双皇(バリゾウドン)”をかろうじてはね返したものの、ゾロは屋外から屋内へと墜落し、そのまま倒れた。ゾロの脳裏に、故郷のシモツキ村の記憶がよみがえる。村の岬でいつも釣りをしていた“村のジジー”は、ゾロに「スナッチ」という言葉を教えた男だ。さらに、ライバルのくいなを倒すべく稽古に励むゾロにジジーは二本の真剣を与え、刀の恐さを教えた。このジジーこそ、飛徹から聞いた“霜月コウ三郎”であり閻魔の作者だった。

第1061話

魔神の一撃!サンジVSクイーン
ついに激突するサンジとクイーン。クイーンの望みはレイドスーツを着たサンジに勝利し、自分はジャッジよりも優れた科学者だと証明すること。スーツはサンジが破壊したが、クイーンはヴィンスモーク家の子供達の技を次々と再現して自身の科学力を見せつける。一方、科学の力の覚醒によって血も涙もない怪物になる運命を受け入れたサンジは、クイーンの透明化に対し高速移動での消失で対抗する。その時、突如戦いの場に芸者・お染とネズミの忠治が現れた。

第1062話

覇王の三刀流!ゾロVSキング
ゾロはキングと交戦中。キングにダメージが入る時と入らない時があると気づいたゾロは、その違いを見極め、キングの背中の炎が消えた瞬間に、極・虎狩りを放つ! ダメージの入ったキングは、仮面の一部が剥がれ落ち、褐色の肌が露わとなる。仮面をすべて剥ぎ取ったキングの素顔は、褐色の肌に白髪の長い髪、左目の周りには月桂樹を思わせるタトゥーがあり、かなりの美形である。政府に知らせるだけで一億ベリーだと部下達に噂されるキングの正体に、ゾロも少し興味を持つ。そんな中、キングはカイドウとの出会いを回想する――。

第1063話

ルフィ躍動!新時代の分岐点
ついにキングを倒したゾロ。それを見ていたメモリーズからの報告に驚くCP0。地下の武器庫へ向かっていたヤマトは武器庫への扉を守る六鬼に遭遇するが二牙が六鬼を倒し、扉も開け、武器庫へと向かう。ハムレットと共に錦えもん達を助けに来たウソップ、しかしそこへギフターズたちが大群で押し寄せた。その状況を見て、「拙者はいい。菊だけでも」と錦えもん。それを聞いた菊は「いえ、拙者はもう助かりません」そんな二人に怒り叫ぶウソップ。「おれは鼻水たらしても生にしがみつく!! 見苦しくても!! 生きて!! 生きて!! 生き延びて来たから、今生きてんだ!!」さらにそこへイゾウもやってきて言った。「生きろ!! お前達が本当に麦わらのルフィを信じているなら!!」と、背中を見せるとそこには光月家の家紋が入れ墨されていた。

第1064話

酒龍八卦!ルフィに迫る無法の龍
花の都を占拠する為、空を飛んで行く鬼ヶ島。その頃、花の都では町人達が火祭りに興じており、中には飛徹とおトコの姿もあった。火祭りの終わりに打ち上げられる空船に『お父ちゃんに会いたい』と一番のお願い記すおトコ。飛徹は胸が痛む。鬼ヶ島のドクロドーム屋上では、ルフィとカイドウが激闘を繰り広げていた。ルフィとの戦いの楽しさに酒を飲みだしたカイドウはいきなり大笑いを始める。酔っ払い、隙だらけになったカイドウーーかと思いきや、「酒龍八卦!!!」の叫びと共に一気に力を解放する。輪雷上戸、落込上戸、泣き上戸、そして怒り上戸と、酔い方が変わる度に力や覇気が増大していくカイドウ。あまりにも捉えどころのないカイドウの様子に翻弄されるルフィだが、気を引き締め治すとカイドウに渾身の一撃をお見舞いした。

第1065話

同盟壊滅!?燃えろ新世代の意志!
火前坊の炎が城全域に広がり、侍たちもカイドウ兵たちも大混乱に陥っていた。悲鳴と怒号があちこちで響く中、金縛りの術をかけあって身動きできなくなっている雷ぞうと福ロクジュの体にも炎が回り始めている。ベビジジーチョッパーはランブルボールによる巨大化からようやく元の姿に戻り、その副作用に驚くと同時に、同じように超回復の薬を使ったゾロを思う。当のゾロは、副作用による瀕死状態でその命は風前の灯。ついには目の前に死神の幻想を見てしまう。深傷を負いながら戦うイゾウはCP0と出くわし、彼らに銃を向ける。

第1066話

大トリ来る!波動と磁気の大技
キッドの作り上げた巨大牛が、押し合いの末、ついにビッグ・マムをぶっ飛ばす。歓喜するハートの海賊団、キッド海賊団のクルーたちだったが、ローは不満げに言う。「おれの大技の後に……派手な攻撃をして勝者感出しやがって……! おれはてめェの前座じゃねェんだよ!」売り言葉に買い言葉で言い返すキッド。立ち上がったビッグマムは、ケガをすぐに直し再び向かってくる。キッドは、ビッグ・マムと建物に、それぞれSとNの磁極を付与(アサイン)する。ノーガードとなったビッグ・マムに、キッドは巨大牛に乗ってもう一度突っ込んで行く。しかし直撃の寸前、ビッグ・マムは建物を力任せに引っこ抜き、盾とした。ビッグマムは鳴光剣の剣先から、炎と雷が合体したエネルギーを放出させ、『母訪砲 三千里(バホウほう ミザリー)』を出現させる。

第1067話

新時代へ !決着!ガキ共の覚悟
ロー、キッドとビッグ・マムの激闘が続く。ビッグ・マムはソウルポーカスを繰り出すが、ローもキッドも一歩も引かず動じない。ローの『R・ROOM 凪(リ・ルーム サイレント)』によってビッグ・マムは封じ込められ、彼女が放つすべての音も消された。さらにキッドのダムドパンクが炸裂、ビッグ・マムは鬼ヶ島を揺るがしながら降下していく。その間もドクロドーム屋上ではゾロが生と死の狭間で苦闘し、城内三階では雷ぞうと福ロクジュが激しい炎に包まれて対峙していた。

第1068話

月姫が響く!ワノ国最終局面!
モモの助がズニーシャと言葉を交わせると知り、彼こそ世界を夜明けに導く者だと確信するヤマト。しかしモモの助は迷っていた。ワノ国の人々が危険に晒されるのなら開国はしたくない、と。一方、マハにとどめを刺したイゾウだったが、同時に彼も致命傷を負っていた。菊を思いながら静かに目を閉じるイゾウ。生き残った傷の男も重症だったが「今すぐに麦わらのルフィを消せ」と指令が下り、怒りをあらわにする──その背後にドレークが迫っていた。

第1069話

勝者はひとり ルフィVSカイドウ
連絡通路で福ロクジュと対峙していた雷ぞうは炎に焼かれながら辛くも勝利。倒れている雷ぞうの元にジンベエが駆け付ける。一方、五老星の勅令でルフィ抹殺に向かおうとしていたCP-0のメンバーを不意打ちで刺したドレーク。しかし、ドレークは指銃を食らって吹っ飛ばされる。同じ頃、鬼ヶ島屋上ではカイドウとルフィの激闘が続いていた。カイドウは『甘え上戸』で、ルフィに甘えはじめたり、『盗人上戸』でルフィの技を真似て攻撃してきたりした挙句、ルフィの眼前で強烈なボロブレスを放つ!

第1070話

ルフィ敗北!?残された者の覚悟
CP-0の妨害に合い、ルフィはカイドウ渾身の攻撃をもろにくらってしまう。カイドウは鬼ヶ島を揺るがす程の一撃でCP-0を消し飛ばすと、怒りのままに龍に姿を変じた。ライブフロアでは大火事になった城を河松が見つめていたとき、仲間の悲鳴に気づいて振り向くと、煙を裂くように龍態のカイドウが天井から降臨する。今すぐモモの助に降伏を宣言させろと侍達に迫るカイドウ。命の限り戦い抜くと強気に答える侍達に向かってカイドウはこう言い放つ「麦わらのルフィは死んだ!!!」。そこへカイドウに向かって反論するひとりの人物――、それはナミであった。「あんたみたいなウソつきのいう事なんて信じない!!」そう叫ぶナミに向かって、カイドウは非情にもボロブレスを放つ。間一髪でマルコが守り事なきを得るが、ナミは倒れたまま涙を流し続ける。カイドウは侍達に向かってこの国の全員を奴隷にすると宣言するのだった。

第1071話

ルフィの最高地点 到達!〝ギア5〟
ルフィは敗北したが、リズミカルな鼓動がはじまり、意識が戻ってくる。ルフィは大笑いをはじめ、復活する。この事態に五老星がふるえはじめる。ゴムゴムの実のもう一つの名前、ゾオン系『ヒトヒトの実』幻獣種・モデル「ニカ」。空想のままに戦い、人々を笑顔にした〝解放の戦士〟。世界でもっともふざけた能力…ルフィは今、その領域に突入したのだ。瓦礫の下敷きになったオロチは、三味線を奏でる日和の懐柔に必死。しかし日和はオロチの空疎な言葉に怒りをぶつける。そこに火前坊が現れ、オロチに助けを求めてきた。オロチは火前坊を日和に差し向けようとするが、火前坊はオロチにすがり、ついにはオロチを焼き殺す。日和は断末魔のオロチを冷ややかに見下ろすだけだった。

第1072話

ふざけた能力!躍動するギア5
ついにギア5の境地にたどり着いたルフィはトランポリンをするように、地面からボヨーンと飛び跳ねていた。隙だらけに見えるルフィを、カイドウは一口で飲み込んだが、ルフィはカイドウの体内で大暴れする。滑り台のように急降下したり、駆け回ったり、さらにはゴムゴムの風船で巨大化すると、カイドウの腹はまるでツチノコのように膨れ、空中に浮かび上がる。好き放題暴れたルフィは、カイドウの口から外に飛び出す。外に出てからも、ルフィは超巨大な姿になってゴムゴムの巨人(ギガント)を放ったり、カイドウを縄跳びにして遊んだり、トリッキーな戦いぶりをみせる。しかしついに、カイドウの降三世(こうさんぜ)引奈落(ラグならく)をもろにくらってしまう。

第1073話

逃げ場なし!地獄絵図の鬼ヶ島
伝説の戦士“ニカ”の姿になったルフィは、カイドウの凄まじい攻撃をはね返し続ける。ドクロドームの火事は燃え広がり、今や鬼ヶ島全体が炎上していた。ナミ、お玉と再会したチョッパーはたがいの無事を喜び合うが、炎と煙の猛威の前になす術もない。ロビンとブルックは地下を進み、城内三階では傷ついた雷ぞうをジンベエが懸命に支える。サンジは遊女たちを守りながら必死に避難し、ウソップは錦えもん、菊之丞を連れて必死の消火を続ける。そしてフランキーは意識のないゾロを担ぎ、ギフターズたちに慕われながら炎から逃れていた。

第1074話

モモを信じる ルフィ最後の大技
鬼ヶ島の落下を食い止めるため、焔雲を出そうと奮闘するモモの助。だが、どうしてもできない──涙を浮かべたモモの助の脳裏に、20年前自分たちを未来へと送り出したトキの姿が蘇る。今の自分では母に顔向けできない。ワノ国を守るためモモの助は決意を新たにする。一方、ルフィは雷を使ったデタラメな攻撃を次々と繰り出していた。それらすべてを覇気で圧倒し、ルフィを天空へ吹き飛ばすカイドウ。ルフィは分厚い雲の中へ姿を消す……しかし、カイドウの胸ぐらを掴んだ手は、無数のカマイタチで切りつけようとも決して離れないのだった。

第1075話

二十年の祈り!ワノ国を取り戻せ
ルフィに鬼ヶ島をどけろ!と託された龍の姿となったモモの助は、自分を信じてくれるルフィや亡くなった両親、生き別れた妹のことを想って、花の都に向かって飛ぶ鬼ヶ島に体をぶつけ始める。一方、ドクロドーム屋上では、カイドウが、火龍大炬【かえんダイコ】を放つと炎を纏った巨大な龍となり、巨人と化したルフィに対抗する。ルフィは、ゴムゴムの猿神銃【バジュラングガン】、カイドウは、昇龍・火焔八卦【かえんはっけ】を放ち、正面衝突が続く! 

第1076話

ルフィの目指す世界!
激突するギア5のルフィ、火焔八卦のカイドウ、ついに二人の戦いに決着がつこうとしていた。ルフィを見ながらカイドウは思い出す。10歳の時、既にウオッカ王国の最強の兵士として相手の国を滅ぼしていたカイドウ。13歳の時には「『天竜人』って奴らになぜみんな従うんだ……!?」と疑問を抱いたが、「カイドウを海軍に引き渡せば、ウオッカ王国には次回より世界会議・レヴェリーへの参加権を与える」という交換条件によって、国に売られてしまう。その後、脱走したカイドウは腹が減ったら海軍に捕まることを繰り返していたが、15歳の時にたどり着いた海賊島・ハチノスで白ひげにこう言われた。「お前、海賊やる気あんのか!? ロックスが会いたがってた……どうする?」カイドウはロックス海賊団に入った。その後、ゴッドバレーでロックス海賊団は崩壊。紆余曲折を経て、カイドウはキングと出会い、百獣海賊団を結成する。そんなカイドウに黒炭ひぐらしが近寄り、ワノ国へと誘う。カイドウはオロチと共にワノ国を支配した。

第1077話

幕引き!勝者 麦わらのルフィ!
ルフィ渾身の猿神銃がカイドウを貫いた。力を使い果たして意識を失ったルフィは、空から真っ逆さまに落ちていく。同じく意識を失ったカイドウは、大地を砕きながら地中深くへと吹き飛ばされていく。ルフィが地面に激突するその間際、ヤマトが受け止めた。大地の深部にあるマグマだまりへ飛び出したカイドウは、大しぶきを上げてマグマの中へ落ちていくーー。鬼ヶ島のドクロドーム屋上に立ったネコマムシが同盟軍、百獣海賊団に「落下する鬼ヶ島は! 巨大な龍となったモモの助様が受け止めた!!!」と伝え、万感の思いを込めて「おでん様の無念に始まったこの弔い合戦はついに!! わしらの勝利じゃあァ~~~!!!」と叫んだ。喜び、涙を流す麦わらの一味、赤鞘九人男ら同盟軍の面々。その頃、花の都では火祭りが賑やかにその終わりを迎えようとしていた。空船を見つめながら佇むおトコと飛徹。おトコが飛ばした空船には「おとうちゃん ありがとう」と書かれていた。風に乗って夜空高くへ飛んで行く空船。と、どこからともなく康イエの声が聞こえてくる「そうだな、その言葉は……武士として……何よりの誉れでござる……!!!」と。

第1078話

帰還!ワノ国将軍 光月モモの助
花の都の人々の前に姿を現した赤鞘九人男。20年前に死んだと思われていた男たちの突然の出現は、たちまちワノ国全域に「光画」として中継され、情報が伝わった。ヤマトと初めて顔を合わせた麦わらの一味は、彼がカイドウの息子と知って警戒する。ところがヤマトは一味の仲間になりたいと申し出て、さらに驚かせる。お玉はスピードにすっかり懐いていて、技の効力が消えても一緒にいてほしい、と願い出る。スピードも同じ気持ちで、ここにようやく、お玉は安心できる場所が出来た。赤鞘九人男の後方から人影が進み出てくる。その男は堂々と「我が父・光月おでん」と声を上げ、ワノ国の人々にこれからの平安を約束する。

第1079話

朝が来た!ルフィ達の休息!
天上決戦より7日後。ルフィとゾロは、戦いを終え力尽きてから、いまだ目を覚まさない。二人とも体はボロボロで、このまま目を覚まさない可能性もあると心配そうに言うミヤギ。しかしチョッパーは、必ず目を覚ますと確信している様子。一方でモモの助の統治宣言を受けたワノ国は、少しずつあるべき姿を取り戻しはじめる。これまで百獣海賊団やオロチたちに独占されていた桃源農園の作物は、ワノ国に生きる人々に行き渡るようになった。これまでは、寺子屋で光月おでんこそ悪者であり、将軍オロチが正義だと教えられていた歴史の授業も、本当のことが伝えられるようになる。鈴後にある常世の墓では、河松と錦えもん、マルコが話している。河松は、おでんと、国のため戦った者たちを祀るお堂を建てると言う。そこにオニ丸が姿を現す。久しぶりの再会を懐かしむ河松。一同は、ルフィとゾロの無事を祈る。

第1080話

祝祭の宴!新しき海の皇帝達!
四皇のカイドウとビッグ・マムが敗北したというニュースは、新聞を通じてまたたく間に世界を駆け巡った。二人を倒したルフィ、ロー、キッドに対し、政府は30億べりーという破格の賞金を懸ける。ワノ国の花の都では、にぎやかな宴が始まっていた。お祭り広場の櫓ではブルックがギターを、日和が三味線を鳴らし、町人たちを楽しませる。城の地下室を訪れ、ポーネグリフを見つめるロビンのもとへ飛徹が現われる。飛徹の正体はおでんの父・光月スキヤキであり、そこはスキヤキが幽閉されていた部屋だったのだ。古代兵器・プルトンについて尋ねるロビンに、「この国にある」と告げるスキヤキ。

第1081話

世界が燃える!海軍大将襲来!
カイドウの支配から脱し、笑い声を上げる人々の中と共に祭りを楽しむ赤鞘衆の面々。しかし、花の都に近づいてくる不穏な気配を感じ取り、ひそかに郊外へ向かう。歩くたびに地面に草花を咲かせ、花の都に近づいてくる男……その正体は海軍大将・緑牛だった。緑牛の前に立ち塞がる赤鞘衆。緑牛は自分が用があるのはルフィだけだと告げ、赤鞘衆に襲いかかる。モリモリの実の森人間である緑牛は、自らを巨大な植物と化し、赤鞘衆を圧倒する。天竜人こそが世界の神だと語り、世界政府に加盟していないワノ国を見下す緑牛に怒る赤鞘。そこへヤマト、そして龍に変化したモモの助が加勢に現れる。

第1082話

新時代到来!赤髪の皇帝の怒り
平和を取り戻したワノ国で開かれる盛大なお祭りに参加する麦わらの一味。一方、花の都に迫っていた海軍大将・緑牛を食い止めようと龍体のモモの助が挑んでいた。だが、大自然そのものである緑牛の能力に、モモの助も赤鞘の侍達も成す術がない。同じ頃、ロビンとローは光月スキヤキと共に旧オロチ城の地下へと階段を下っていく。地下深くから外を眺めると、そこには800年前のワノ国の町が沈んでいた。現在のワノ国は、後から〝藤山〟の中腹に作られたものだと発覚。そして、地下深くにある洞窟に辿り着いたロビンは、赤い石・ロードポーネグリフを発見する。スキヤキ曰く、さらにこの地下深くには、古代兵器〝プルトン〟が眠っているという。つまり、『開国』とは古くに作られた国の防御壁を破壊し、〝古代兵器を解放〟する事を意味するのだ。

第1083話

動く世界!新組織クロスギルド
宴は終わり、花の都の城では緑牛との戦いで瘦せ細った雷ぞうとしのぶを錦えもんと菊が心配していた。イヌアラシが言う。「悔しいがあの男の言う事は一理ある……カイドウでさえ、この国に敵を寄せ付けぬ抑止力だったのだ」と。そんな中、錦えもんは妻の鶴が生きていたことを伝えた。その後、ミンク族が集まった部屋ではイヌアラシとネコマムシが、キャロットをモコモ公国の新たな王に任命する。一方、モモの助と日和は飛徹が実は祖父のスキヤキであることを知り、感涙するモモの助が言う。「両親を失った拙者達には……肉親がいるだけで心づようございます!!」スキヤキは隠居を宣言し、これからはモモの助達が作る時代だと鼓舞した。城の一室に勢ぞろいした麦わらの一味、そこでロビンはこのワノ国に『プルトン』がある事を告げる。驚愕するフランキーをよそにルフィは全く興味がない。そこへ痩せて八頭身美人になったしのぶとお玉がやってきた。お玉はしのぶに弟子入りして強くなると宣言、ルフィも忍術を使えるようになったら仲間にすると約束した。

第1084話

旅立ちの時 ワノ国と麦わらの一味
話は少し前にさかのぼる。九里・おでん城跡地、おでんの墓の前に赤鞘としのぶ、遠巻きにキャロットを中心としたミンク族も集まっている。傅ジローが中心となって、おでんの墓に勝利を報告すると、そこへルフィ、ナミ、チョッパー、ブルックがやってきた。ここへ来る前に編笠村のペドロの墓標に墓参りしたキャロットは、そこでゾロとも会ったという。編笠村、ペドロの墓の隣には「トの康」の墓があり、そこにおトコとゾロの姿があった。そこへ現れる日和で、彼女もまたゾロ達の旅立ちを察していた。ゾロは手にしていた閻魔を睨み、言う。「おれたちはもっと強くなる」と。一方、フランキーは港友に別れを告げる。花の都の呉服屋では、「でかくて丈夫で黒い布が欲しい」と言うウソップ。ロビン芸者修業したお師匠の所で、舞の稽古をしているお染。そこへ陣中見舞いのサン五郎の屋台、「十八番そば」がやってきた。稽古はいったん中止し、皆でそばをもらうことにした。サンジは張り切って「十八番そば」を作り、お染はそのおいしさに感動。そこへロビンが、もう港へ向かわなければならない事をサンジに告げに来た。サンジは笑顔でお染に別れを告げる。

第1085話

終幕!ルフィとモモの助の誓い
平和を取り戻した花の都に、赤鞘達の活躍を語る浪曲師の声が響き渡る。そんな花の都を後にして、モモの助、錦えもん、ヤマトはルフィ達を探して森を駆けていた。ルフィ達が自分と錦えもんに一言も告げず去って行ったのが悔しいモモの助。出航の準備をしている麦わらの一味、そしてルフィを発見したモモの助は、勢いよくルフィに飛びついた。ルフィに会えて笑顔のヤマトとは反対に、最も長い付き合いの自分と錦えもんに一言もなく出航する気かと怒るモモの助だが……一転、いきなり泣き出した。「行かないでくれ! さみしいィ!!」今までの旅を振り返り、モモの助は麦わらの一味に感謝を述べる。そして、自分はちゃんとした将軍になれるのかと、不安を吐露する。泣きじゃくるモモの助に、ルフィは渡したいものがあったから待っていたと言う。それは麦わらの一味の海賊旗だった。

第1086話

新皇帝!千両道化のバギー!
ワノ国を出航したサニー号に新聞が届けられる。そこには、ルフィたちの手配書も折り込まれていた。今や「四皇」と称されるようになったルフィを筆頭に、ジンベエもくわえた麦わらの一味の賞金額は大きく跳ね上がり、それぞれが金額に一喜一憂している、その頃……。バギーズ・デリバリーを率いるバギーもまた、「四皇」の一人として知られるようになっていた。そのバギーのもとに、クロコダイルとミホークがやってくる。クロコダイルはバギーに貸した大金の取り立てが目的。そして王下七武海がなくなった今、ミホークと組んで海軍も無視できないほどの新たな組織の設立を考えていた。

第1087話

女ヶ島の乱!英雄コビーの一件
少し時間を遡り、ヤマトはワノ国に残ることを決意していた。一緒に海へ出られると思っていたルフィ達は、大いに残念がる。しかし緑牛のような強い敵が、いつまたワノ国を襲うとも限らない。ヤマトがワノ国にいれば、ルフィ達も安心して冒険できる。ルフィはヤマトに説得され、ワノ国を託す。一方、アマゾンリリーには危機が訪れていた。ハンコックを狙う海軍が上陸し、戦士たちとの激戦を繰り広げる。海軍たちの狙いはただひとつ、ハンコックの身柄を拘束すること。そこに同じくハンコックを狙う黒ひげ海賊団が大海原から上陸する。三つ巴の戦いとなり、戦火に包まれるアマゾンリリー。黒ひげの前に、海軍が引き連れて来たパシフィスタが立ち塞がる。

第1088話

〝ルフィの夢〟
数週間前の女ヶ島で繰り広げられた戦い。それは九蛇海賊団と海軍に加え、黒ひげ海賊団も入り乱れての激しい戦闘だった。ハンコックの能力を封じた黒ひげ=ティーチは主導権を握るが、そこに“冥王”レイリーが現われた。ティーチと海軍のコビーに対し、島から出ていくよう告げるレイリー。やげて戦いは終結し、ハンコックはレイリーに感謝する。そして、海軍が放った新型パシフィスタ“セラフィム”に思いを馳せる。凄まじい戦闘能力を持つ彼らの一体は、ハンコックの幼いころにそっくりだったのだ。

エッグヘッド編

第1089話

新章突入!ルフィとサボの針路!
ルフィの夢の果て──それを初めて知った麦わらの一味。海賊王にならなければムリな夢だ。最後のロードポーネグリフを発見できればラフテルに辿り着けると笑うフランキーに、ロビンは、その手がかりが全くないのだと話す。その頃、海軍は、ルルシア王国に潜伏するサボから革命軍の仲間たちへの通信を傍受していた。コブラ王を暗殺したのは自分ではない、と言うサボ。だが、マリージョアでとんでもないものを見たという。「レヴェリーが行われたパンゲア城……その虚の玉座には──!」サボが何かを伝えようとしたその時、ルルシア王国に落ちる巨大な影が…。そして無数の光の柱が降り注ぎ──ルルシア王国は跡形もなく破壊されたのだった。 数日後、新世界の海を航行するサニー号は空中に浮かぶ巨大な暖水渦に遭遇する。その中から聞こえてくる誰かの悲鳴。ゾロが暖水渦を切断すると飛び出してきたのは最悪の世代の一人、ボニーだった。ルフィは強風に吹き飛ばされたチョッパーを助けるのと同時にボニーも救出るが、その直後、サニー号の真下に不気味な影が現れる……!!

第1090話

新しい島!未来島エッグヘッド
新たな冒険へと出港した麦わらの一味は、海上でサニー号を丸呑みするほど巨大なサメと遭遇する。その勢いでルフィ、チョッパー、そして海中から出て来た謎の少女は海に落下してしまう。悪魔の実の能力者は泳げないため、ジンベエはルフィらを救う為、海に飛び込む。その直後、サニー号を襲っていたサメ型のロボットは、魚雷を放ち、船は転覆。一味もまた海へ落ちてしまう。激しい海流に流され、絶体絶命のウソップ達……。一方その頃、海軍本部G‐14支部にある子供部屋では、パンクハザードで救出した巨大な子供達を、大佐たしぎと海兵達が世話していた。そして別の部屋では少佐ヘルメッポと中佐ひばりが、上司である少将プリンス・グルスに黒ひげ海賊団に拉致されたコビーを救出するため、海賊島へと一緒に行ってくれと懇願していた。 しばらく後、とある島へと逃げて来たルフィ、チョッパー、ジンベエは、救出した少女の正体が〝最悪の世代〟のジュエリー・ボニーだと知る。ボニーは辿り着いたこの島が、〝500年後の未来〟と言われるDr.ベガパンクの研究所がある島・エッグヘッドだと教える。同じ頃、海では、海流に流されたはずのウソップ達が、突如現れた巨大ロボに救出されていた。そのロボットから出てきたのは、見た目は可愛らしい若い女性だった!

第1091話

未来満載!科学の国の冒険
サニー号を持った巨大ロボから出て来たのがDr.ベガパンクと知り、興奮するフランキー。ウソップとチョッパーは巨大ロボに興奮し、サンジはDr.ベガパンクが美女であることに興奮する。だがロビンは冷静に活動期間と見た目の年齢が合わないと、戦闘態勢に入っていた。Dr,ベガパンクは本体ではなくPUNK-02、ベガパンク・リリスだと告げ、逼迫した研究費を補充する為に金品をよこせと脅迫。断ると巨大なシービースト・ウエポンが姿を現し、さらに脅迫した。するとリリスにベガパンク・シャカから連絡が入り、ゾロとロビンがリリスを瞬殺できると伝えた。逆にゾロの要求により、ナミ達はエッグヘッドへ上陸する。 一方、一足先にエッグヘッドに上陸していたルフィ、ジンベエ、ボニーは洞窟から地上を目指して移動した。そして地上でルフィ達を待っていたのは未来都市! ここにも巨大ロボがいて、山積みの食べ物もある。ルフィとチョッパーが食べようとして食べ物の山に飛び込むが、すり抜けてしまう。それらは立体映像だったのだ。さらにかわいい女の子の巨大ロボが現れ、ルフィはそれも立体映像と思ってパンチを入れるが、それは実体の伴った巨大ロボで、ルフィは思い切りパンチを食らった。だが吹っ飛んだ先には、食べたい物を何でも出してくれるマシンがあり、ルフィ、チョッパー、ボニーはそのマシンで次々と食べ物を出し、食べまくる。そんなルフィ達を見ながら女の子のロボは「世界に技術が、資金が足りない!」と、怒りを露にする。ジンベエの「お前さん、一体何者なんじゃ?」の問いに女の子のロボはこう答えた。「雇われの…しがない天才科学者、Dr.ベガパンクだ!!」

第1092話

ボニーの慟哭!未来島に潜む闇
世界政府の船がエッグヘッドへ向かっている。船内では、ロブルッチ、カク、ステューシー……サイファーポール・イージス0の三人が話し合っていた。カクがベガパンクについてルッチに説明する。曰く、ベガパンクは自分を『正(シャカ)』『悪(リリス)』『想(エジソン)』『知(ピタゴラス)』『暴(アトラス)』『欲(ヨーク)』の6人に分散したという。それを聞いたルッチは改めて任務を確認する。バーソロミューくまのセラフィムをエッグヘッドへ返し、更にベガパンクを全員消せばいいのか、と。その頃エッグヘッドでは、ルフィ、チョッパー、ジンベエ、ボニーがベガパンクの一人、アトラスと出会っていた。ルフィ達と交流を深めたアトラスは、暴れるのが仕事だからと言って去っていく。 更に街を探検していくルフィ達が未来服に着替えると、そこにやってきたのは警官のような服装をしたバーソロミューくまだった。そのくまはエッグヘッドの警備パシフィスタで、ルフィ達を拘束しようとやってきたのだ。レーザーで攻撃してくるパシフィスタにルフィが反撃しようとすると、そこへボニーが止めに入った。パシフィスタを見つめ、ボニーは言う。「お父さんなんだ……」。自分のたった一人の家族、バーソロミューくまを傷つけないでくれと涙ながらに訴えるボニー。しかしパシフィスタはそんなボニーにも容赦なくレーザーを撃ち込もうとする。ルフィが助けに向かおうとするも、レーザーは発射されボニーは閃光に消えてしまう。一方、新世界のとある海域をロー率いるハートの海賊団が進んでいた。そこへ待ち受けていたのは四皇・黒ひげ。襲い来る黒ひげ海賊団に不敵な笑みを返すロー。黒ひげもまた凶悪な笑みを浮かべ、叫ぶ。「宴の始まりだ!!!」

第1093話

勝者総取り!ローVS黒ひげ!
悪魔の実狩りで次々に仲間たちを能力者に変えてきた黒ひげはロード・ポーネグリフを狙ってローを強襲してきた。シクシクの実の能力者、ドクQは病を伝染させる。ワプワプの実の能力者、ヴァン・オーガーは瞬間移動。リキリキの実の能力者・バージェスは超怪力。さらにウマウマの実幻獣種・モデル「ペガサス」の馬、ストロンガー。ハートの海賊団は彼らの能力に翻弄され、あろうことかローの体がドクQによる「女になる病」にかかって女体化。しかもそのローにふれたクルーも同様の現象がおこり、ポーラーダンク号船内は騒然となる。ローはこの病を破るため、覇気を発動する。過剰な覇気に〝能力〟は通じないのだ。覇気によって元に戻ったローはただちに反撃に移った。 ローは能力を駆使して黒ひげを追い詰め、クルーたちは水中戦を仕掛けて黒ひげの船を攻撃する。海軍でも、二人の激突はサカズキに報告されていた。爆発の衝撃に揺れる黒ひげの船の中には、ホールケーキアイランドから拉致されてきたプリンがいた。その拉致にはなんとクザンが関わっていたのである。そして、勝者島ではついにローと黒ひげの一対一の勝負が始まっていた。

第1094話

深まる謎!エッグヘッド研究層
くまの姿をしたパシフィスタが、ルフィ、ジンベエ、チョッパー、ボニーを捕らえようと襲い掛かって来る。強烈なレーザー攻撃を繰り返すパシフィスタに、ジンベエは反撃を試みる。しかしその時、ボニーが「待て!」と叫ぶ。ボニーは、たとえパシフィスタであっても、自分の父であるくまの姿をした相手が傷つけられるのを見たくない。ボニーが自身の能力で一同の年齢を操作し、たちまち老人となるルフィ達だったが、おかげでパシフィスタの認証をごまかすことに成功。パシフィスタは去っていく。ボニーは、父は暴君ではなかったと主張し、改造人間化は死刑と同じだと叫ぶ。 一方、麦わらの一味はリリスの操縦するベガフォース01に乗り、エッグヘッドの研究層へと降り立った。ブルックとサンジは船に残り、他の者は未来服に着替える。ラボへと繋がる自動階段を登っていきながら、リリスは自らの研究について語った。更に先を進んで行くと、エジソンから連絡が入り、「まっすぐ進め」と命じる。するとその先に厳重な扉があり、その扉の向こうに姿を現したのは子供のようなジンベエ。しかし異様な雰囲気を放ち、褐色の肌と黒い翼という、ジンベエにはない特徴を備えている。それはジンベエの姿をしたパシフィスタだった。パシフィスタは一同に襲い掛かって来る。その頃、廊下でシャカが通話している。そのの通話相手は、ドラゴンであった。

第1095話

天才の頭脳 6人のベガパンク!
セラフィム・Sシャークが、ラボ内部のナミたち五人に襲いかかった。ジンベエそっくりのクローン兵であるSシャークに手を出せないナミたち。だが、攻撃を食らったナミを見て、サンジの怒りが爆発。サンジ、そしてロビン、ウソップ、フランキーは、それぞれ得意技を放って反撃する。その様子を、ドクター・ベガパンクのサテライトであるエジソンたちがモニター越しに見つめていた。ベガパンクは麦わらの一味を相手に、Sシャークの戦闘データを収集していたのだ。個性豊かなサテライト=6人のベガパンクはいがみ合い、言い争い、そして協力しながら作業を続ける。ナミたちとSシャークの戦いは白熱するが、サテライトの一体であるシャカがやって来て制した。 同じ頃、ルフィはチョッパー、ジンベエ、ボニーとともにスクラップ場に来ていた。山と積まれたベガパンクの発明品の残骸。その中に、古くて巨大なロボットの姿があった。シャカによれば、それは900年前に実在した高度な文明を持つ“王国”で建造されたものだという……。

第1096話

禁じられた歴史!ある王国の仮説
ベガパンクのサテライトの一人・シャカは、エッグヘッドのような高い文明を持つ国が900年前に実在していた事をロビン達に語り始める。空白の100年とは現在の世界政府である20の国々とその王国の戦いの歴史であり、世界政府は勝利後、王国のすべてを歴史から消し去ってしまった……。ロビンの故郷であるオハラが壊滅したのも、その王国の存在に気づいてしまったことが理由ではないか? そう仮説を唱えるシャカに、オハラの文献は失われてしまったのにどうやって王国のことを調べたのか、と詰め寄るロビン。 実はベガパンクは事件後に廃墟と化したオハラを訪れており、その湖で、学者達が自らの命と引き換えに守り抜いた大量の文献を見つけていたのだのだと言う。母達の想いが果たされていた事を知り、涙を溢れさせるロビン。文献は今どこにあるのか、と尋ねる彼女にシャカはオハラで出会った者達について語り始めるのだった。一方その頃、スクラップ場で巨大ロボットを発見してはしゃいだルフィ達は、突然の衝撃と共に現れた謎の老人と遭遇していた……。

公式サイトより引用。(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

「ワンピース」の主題歌

アニメ「ワンピース」シリーズのテーマソング

1~47、1000話

↑ きただにひろし「ウィーアー!」

48~115話

↑ Folder5「Believe」

116~168話

↑ ザ・ベイビースターズ「ヒカリへ」

169~206話

公式動画見つからず…
↑ Bon-Bon Blanco「BON VOYAGE!」

207~263話

↑ BOYSTYLE「ココロのちず」

264~278話

↑ D-51「BRAND NEW WORLD」

279~283話

公式動画見つけられず…
↑ 7人の麦わら海賊団「7人の麦わら海賊団」

284~325話

公式動画見つからず…
↑ タッキー&翼「Crazy Rainbow」

326~372話

公式動画見つからず…
↑ 5050「Jungle P」

373~394話

公式動画見つからず…
↑ 東方神起「ウィーアー! 〜アニメーション ワンピース10周年Ver.〜」

395~425話

↑ 東方神起「Share The World」

426~458話

↑ 矢口真里とストローハット「風をさがして」

459~492話

↑ The ROOTLESS「One day」

493~516話

公式動画見つけられず…
↑ 安室奈美恵「Fight Together」

517~590話

公式サイト見つからず…
↑ きただにひろし「ウィーゴー!」

591~628話

↑ 新里宏太「HANDS UP!」

629~686話

↑ AAA「Wake up!」

687~746話

↑ GENERATIONS from EXILE TRIBE「Hard Knock Days」

747~806話

↑ 氣志團ときただにひろし「ウィーキャン!」

807~855話

公式動画見つけられず…
↑安室奈美恵「Hope」

856~891話

↑V6「Super Powers」

892~934話

↑きただにひろし「OVER THE TOP」

935~999、1001~1004話

↑Da-iCE「DREAMIN’ ON」

1005~1027、1031~1073話

↑I Don’t Like Mondays.「PAINT」

1028~1030話

↑Ado「新時代」

1074~1088話

↑SEKAI NO OWARI「最高到達点」

1089話~

↑きただにひろし「あーーっす!」

「ワンピース」の最終話はいつ?

 
2022年6月8日のYouTube特番内で、「エッグヘッド編」が「ワンピース」の最終章になると発表されました!

もちろん変更の可能性も考えられるし、最終話がいつになるかもわかりません。

皆さんも予想してみてはいかがでしょうか(^^♪

これだけ長く続いた作品が終わるのはワクワクと同時に少し寂しくもありますね☆
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん

貴重なYouTube動画


「ワンピース」シリーズには、YouTube公式チャンネルがあります。

公式チャンネルでは、予告編のほか、声優キャスト出演の特別LIVEや期間限定のアニメ無料配信などが公開されています。

↓ONE PIECE 熊本復興プロジェクト ナミ像除幕式

↓様々なプレゼント企画も♪

BD/DVD特典がスゴイ!

アニメ「ワンピース」はTVアニメも劇場版もブルーレイ・DVDが発売されてます。

参考までに「ONE PIECE FILM RED」の購入特典一例を挙げておきます↓

  • ウタのミュージック電伝虫
  • 表裏対戦マグネットリバーシ
  • 「私は最強」ウタのランスボールペン
  • ウタの光るリストバンド
  • リングライト
  • Amazon限定特典
    描き下ろしクリアスリーブ
  • 楽天ブックス
    A4クリアポスター2枚セット

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
購入店によって特典が違うので比べてみるのも楽しいですね☆

こんな可愛い関連グッズも

「ONE PIECE」関連グッズも紹介しておきますね♪

オススメの似てる作品

アニメ「ワンピース」シリーズが好きな方なら、こちらの作品も絶対ハマるハズっ!!

七つの大罪
累計5,500万部突破!マンガ本は41巻+続編も放送開始の人気シリーズです☆当サイトでも紹介中