月曜日, 2月 26, 2024
Big_FeaturedPOPULARシットコムフレンズ海外ドラマ

【2社だけ!】フレンズ配信中の動画サイトはどこ?一覧と特徴

フレンズ DVD
元エンタメ業界歴10年のハリウッドじゅんです!

このページでは、

アメリカの伝説的シットコム「フレンズ」が見れる配信サイトをご紹介します。

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
同窓会スペシャル「フレンズ:リユニオン」の紹介ページはコチラ

海外ドラマ「フレンズ」

どこで見れる?
全10シーズン見たい!
リユニオンも見たい♪

そんなあなたの疑問を、ほぼ全ての人気動画配信サイトを実際に使ってみたエンタメマニアの私が解決!

「フレンズ」が見れるオススメ動画配信サイトを、特徴と共に、わかりやすく一覧にまとめました!

いきなり結論からお伝えすると・・・、

結論:「フレンズ」は…

  • U-NEXTとHuluで配信中
  • 全10シーズン見れる♪
  • リユニオンの配信はU-NEXTだけ!

「フレンズ」を観れるのはU-NEXTHuluの2社だけです♪

さらに、2021年に放送された同窓会スペシャル「フレンズ:リユニオン」も見れるのはU-NEXTだけ

U-NEXTは、映画・ドラマ・アニメ、雑誌・漫画、オトナの動画まで楽しめるのでオススメですよ! [U-NEXT登録方法を簡単解説]

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん





\31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTの詳細 >

「フレンズ」配信中のサイトまとめ

海外ドラマ「フレンズ」が見れるオンライン動画配信サービス一覧です。

配信中サイト一覧

サイト 配信 特徴


U-NEXT
オススメ
見放題
作品数 No.1
アダルトあり

31日間無料
詳細はコチラ

Hulu
Huluhulu
丸
見放題
海外ドラマ強い
Disney+セット
日テレ系に強い
詳細はコチラ
アマプラ
アマプラ
三角
有料配信
コスパ最強!
30日間無料
詳細はコチラ
ネットフリックス
Netflix
バツ
配信なし
オリジナル作品
海外作品多め
abema アベマ
ABEMA
バツ
配信なし
24時間放送中
14日間無料
詳細はコチラ
ディズニープラス
Disney+
バツ
配信なし
キャンペーン中
Huluとセット
J:COM経由で
6ヶ月無料に!
J:COM NET/J:COM TV
J:COM
―――
番外編
超速ネットも
NetflixもDisney+も
詳細はコチラ
スカパー
スカパー!
―――
番外編
初月無料♪
スカパー!なら
録画できる!
詳細はコチラ

※24/1時点。NetflixのロゴはNetflix, Inc.の登録商標です。Disney+のロゴはDisney and its related entitiesに帰属します。

「フレンズ」観るならU-NEXTが最適

一覧まとめ

  • 本編 見放題 … U-NEXTHuluだけ!
  • 同窓会スペシャル … U-NEXTだけ!

さすが、U-NEXT見放題 配信数No.1だけあって、ほぼ何でも観れますね(^^♪

他社にはない、お得サービス満載のため、実はU-NEXTコスパ最強で1番オススメ!

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん





\31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTの詳細 >

なぜU-NEXTがコスパ最強なのか?

「フレンズ」を見ることができる配信サイトの中でも、一押しはU-NEXT(ユーネクスト)です!

理由は、トータルで考えるとお得すぎるからw

どういうことか?説明します(^^♪

U-NEXTのメリット・デメリット

メリット デメリット
見放題 作品数 No.1
雑誌190誌読み放題
毎月1200ptもらえる
ポイントで漫画購入
大人の動画も見放題
月額が他より高い
実際にほぼ全ての主要動画サブスクを使ってみた結果、わかったことがあります。

それは…意外にも、

見たい作品が配信されてないサービスが多い!

動画配信サイト選びで一番重要なのは見放題作品が充実してるかどうかです。

だって、いくら安くても自分の見たい作品が配信されてなければ意味がないですよね?
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
その点、実はU-NEXT、見放題作品数がダントツNo.1!
見放題作品数 比較 グラフ
U-NEXT:31万本以上
● Hulu:14万本以上
● dアニメ:5,500本以上

※3社とも公式情報より(24/2)その他はGoogle生成AI等を参考

作品数No.1だと見たい作品が、ほぼ見れる♪
作品 U-NEXT アマプラ Hulu

VIVANT
丸
見放題
バツ
配信なし
バツ
配信なし
作品 U-NEXT Netflix ABEMA

フレンズ
丸
見放題
バツ
配信なし
バツ
配信なし
作品 U-NEXT dアニメ DMM

ドリカムLIVE
丸
見放題
バツ
配信なし
バツ
配信なし
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
ちなみにU-NEXTはアニメの配信数も、dアニメとほぼ同じで日本最大級です

また、U-NEXTでは190誌以上の雑誌が読み放題

私も映画雑誌「SCREEN」やアニメ雑誌「アニメージュ」などを毎号、無料で読んでます♪

※読み放題の雑誌一例↓


月刊アニメージュ

SCREEN

韓流ぴあ

ディズニーファン


東京カレンダー

CanCam

ゲーテ

日経マネー

漫画や小説などは、購入またはポイント交換可♪

ポイントを使えば実質無料で読めちゃいます!

※漫画・書籍一例↓


ONE PIECE

SPYxFAMILY

推しの子

薬屋のひとりごと

さらに・・・!

U-NEXTでは毎月1,200円相当のポイントがもらえます☆

月額2,189円ですが、ポイントで最新映画やドラマ、アニメ、本を購入・レンタルできるので、

実質的には月額989円

しかも4アカウントまで作成できるため、家族や友達4人で使えば1人あたり実質約250円で使えます♪

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん





自分の好きな時に、好きなだけイッキ見したいなら動画配信サービスが相性抜群☆

特にU-NEXTは 映画・ドラマ・アニメ、雑誌・漫画、大人の動画まで楽しめるのでオススメです!
[U-NEXT登録方法を簡単解説]
\31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTの詳細 >

U-NEXTの5大特典

ユーネクストの特徴を一覧にまとめてみました☆(2024/2現在)
月額料金 税込2,189円/4人
継続特典 毎月1,200ポイントもらえる
(無料期間も600ptプレゼント)
同時視聴 4アカウントまで作成OK
実質1アカウント約250円!
無料期間 31日間
作品数 30万本超!
見放題作品数ダントツNo.1!!
[参考] Amz:1万、Hulu:10万本
コンテンツ 映画・TVドラマ・アニメ・本
◎雑誌 読み放題(190誌以上)
◎漫画・音楽LIVE・スポーツ中継
◎オトナの動画も見放題w
ポイント 漫画・小説・動画と交換できる
1,500ptで映画チケットと交換可
購入特典 最⼤40%ポイント還元
デバイス テレビ / スマホ / PCなどに対応
その他 ダウンロード機能あり
\31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTの詳細 >
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
各動画配信サービスについて、もっと詳しく比較したい!という方は下ページへ☆

「フレンズ」の放送・配信

海外ドラマ「FRIENDS」は、今なお絶大的な人気を誇るアメリカのシットコム!

全236話で、日本では1995年の秋頃から2005年3月26日にWOWOWで放送されました。

2021年には17年ぶりの同窓会スペシャル「フレンズ:リユニオン」も放送☆
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
フレンズの放送情報
米国:1994年9月~2004年5月
日本:1995年秋~2005年3月
リユニオンの放送情報
米国:2021年5月27日に放送
日本:2021年5月31日~配信

もちろん、DVDやブルーレイも発売されています(^O^)

スカパー!なら録画できる♪

ちなみに、日本で「フレンズ」を放送したWOWOW、実はスカパー!に加入して観ることもできます。

動画配信サービスもいいのですが、本当にお気に入りの作品は手元に置いておきたい!

そんな時には、やはりDVDやブルーレイに録画して保存できたら便利ですよね♪

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
私もDVDやブルーレイに録画してコレクションするのが好きです♪

その点、スカパー!は放送番組を録画できちゃうので大変重宝します☆

スカパー!スカパー

スカパー!に加入すると・・・

● チャンネル数80ch以上から選べる
● WOWOWも見れる!
● 海外ドラマやアニメの専門チャンネル
● 新作映画やアカデミー賞の中継も

番組が録画できるエンタメサービスとしては、もうスカパー!一択ですね☆
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん

公式サイトへGO!

>> スカパー!の詳細 <<

「フレンズ:ザ・リユニオン」

 
人気シットコム「フレンズ」の同窓会スペシャルとして、1夜限りの特別番組が2021年に公開されました。

タイトルは「フレンズ:ザ・リユニオン」

「リユニオン」が観れる動画サイト一覧
 
「リユニオン」は日本ではU-NEXTのみが独占“見放題”配信しています!

リユニオン配信情報
<両方「フレンズ」は見放題>

U-NEXT:リユニオンも見放題
Hulu:リユニオンは配信ナシ

なお、特別番組「フレンズ:ザ・リユニオン」は同窓会イベントのロケ&観客を入れてのトークショー形式の番組♪

司会進行役には、イギリス出身でアメリカでも大人気の司会者ジェームズ コーデン。

さらにスペシャルゲストとして、

・ジャスティン・ビーバー
・レディ・ガガ
・ベッカム
・BTS

など超豪華スターも登場します☆

\31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTの詳細 >

「フレンズ」の作品情報

海外ドラマ「フレンズ」の制作メンバーと基本情報です♪

スタッフ&作品情報

シーズン 全10シーズン
放送時期 1994/9/22~2004/5/6
日本放送 1995秋~2005/3/26
話数 全236話
製作総指揮 ケビン・S・ブライト、マーサ・カウフマン、デヴィッド・クレーン
制作 ワーナー・ブラザース・テレビジョン
放送局 米NBC
ジャンル シットコム
放送国 アメリカ
基本情報 公式サイト
Wikipedia
ファンサイト
DVD 日本語字幕版のDVDやブルーレイも発売されています♪
リユニオン 一夜限りの同窓会スペシャル「リユニオン」の配信中サイト一覧はコチラ
ガイド本 ファン必携の25周年記念オフィシャル・ガイドブックなども発売されています♪

「フレンズ」のキャスト

「フレンズ」の登場人物をご紹介します☆

レイチェル・グリーン役(ジェニファー・アニストン)

ブラピの元妻としても知られ、今や映画女優としても人気ですね!

モニカ・ゲラー役(コートニー・コックス)

シットコム「ファミリータイズ」にも出演してますね☆

フィービー・ブッフェ役(リサ・クドロー)

「フレンズ」と同時期にシットコム「あなたにムチュー」にも出演♪

ロス・ゲラー役(デヴィッド・シュワイマー)

シットコム「ウィル&グレイス」にもゲスト出演を果たしました!

チャンドラー・ビング役(マシュー・ペリー)

映画「隣のヒットマン」でブルース・ウィリスと共演☆

ジョーイ・トリビアーニ役(マット・ルブランク)

コメディドラマ「Episodes」ではゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞!

その他のキャスト

・ガンター役(ジェームス・マイケル・タイラー)
・ジャニス役(マギー・ホイーラー)
・ジャック・ゲラー役(エリオット・グールド)
・エイミー役(クリスティナ・アップルゲイト)
・ジル役(リース・ウィザースプーン)
・リチャード役(トム・セレック)

主なゲストスター

 
・ブラッド・ピット
・ブルース・ウィリス
・ジュリア・ロバーツ
・ジョージ・クルーニー
・ロビン・ウィリアムズ
・チャーリー・シーン
・ジェイソン・アレクサンダー
・ショーン・ペン
・ジョン・ステイモス
・ダコタ・ファニング
・ジェイン・リンチ
・チャールトン・ヘストン
・ベン・スティラー
・ヘレン・ハント
・アレック・ボールドウィン
・ラルフ・ローレン

「フレンズ」の各話リスト

海外ドラマ「フレンズ」の全タイトルリストとあらすじ、そしてゲストスターを紹介します!

全話タイトル&あらすじ&ゲスト

あらすじには若干のネタバレも含まれていますので、内容を知りたくない方は飛ばして下さいね☆

※ピンクのタイトルをクリック(タップ)すると開閉できます

シーズン1

第01話 マンハッタンの6人(The One Where Monica Gets a Roommate)
ゲスト:なし

シェフの助手として働くモニカ、俳優志望のジョーイ。ジョーク好きのチャンドラー、シンガー・ソングライターのフィービーが、”セントラル・パーク”カフェでおしゃべり中。そこにモニカの兄で古生物学者のロスが。愛妻がレズに目覚めて離婚したことを嘆いていると、モニカの高校時代の友人レイチェルが花嫁姿で駆け込んでくる。挙式をドタキャンして逃げ出してきたのだが?!
02話 タイトル:ロスの大事件(The One with the Sonogram at the End)
ゲスト:なし

ロスは未練がましくも、別れたばかりのキャロルに呼び出されてノコノコ会いに行ってしまう。何とそこにはキャロルの現在の彼女、スーザンもいた。しかもキャロルのお腹の子の父親はロスだと告げられ、パニックに陥ってしまう。その頃レイチェルも何故か元フィアンセに会いに行くが・・・。
03話 タイトル:モニカの彼はみんなのもの?(The One with the Thumb)
ゲスト:なし

静かに物思う秋という言葉とは裏腹に、ドタバタ続きの6人。チャンドラーはやめていたタバコをまた始め、フィービーのところへは謎の大金が転がり込み、モニカにはまたまた新しいボーイフレンド。これがちょっといい男だった。モニカの男の趣味の悪さはいつも評判だが…。
04話 タイトル:レイチェルの憂鬱(The One with George Stephanopoulos)
ゲスト:なし

レイチェルは昔の友達3人に会うが、全員お金持ちのお嬢様ばかり。しがないウェイトレスの自分と比べてすっかりひがんでしまう。
05話 タイトル:土曜の夜を一緒に(The One with the East German Laundry Detergent)
ゲスト:なし

平凡なはずの土曜の夜。しかし6人には、さまざまな出来事が。フィービーとチャンドラーは、互いに失恋者同士で慰めあうことに。一方ジョーイは別れた恋人と偶然再会し、変わらない彼女の魅力にヨリを戻そうと画策。モニカを彼女の兄に紹介したいと偽って、ダブルデートを計画するが・・・。
06話 タイトル:迷えるチャンドラー(The One with the Butt)
ゲスト:ソフィア・ミロス

ジョーイは憧れのアル・パチーノのスタンドインが決まり、おおはしゃぎ。ただし役はシャワーシーンのお尻の役。はりきりすぎたジョーイは演技過剰を理由に解雇される。一方チャンドラーは、絶世の美女を手に入れたが、何と彼女は人妻。その上チャンドラー以外に二人も愛人がいるらしい。初めは体だけの関係なんて、責任なくて大歓迎と喜んでいたが・・・。
07話 タイトル:マンハッタンが真っ暗!(The One with the Blackout)
ゲスト:ジル・グッドエイカー

ニューヨーク一帯が停電になって大騒ぎ。ライブがフイになったフィービーや、銀行のATMに閉じ込められたチャンドラーは大騒ぎ。モニカ宅にキャンドルを持ち込んで夜を過ごすことに。そんな中、レイチェルは迷い込んできたネコのご縁でセクシーなイタリア人パウロと運命の出会い?だがこの夜、彼女にデートを申し込もうと決心を固めていたロスだけが苦い思いをしたのだった。
08話 タイトル:陽気なお葬式(The One Where Nana Dies Twice)
ゲスト:なし

会社の同僚にゲイだと思われていたチャンドラー。例によって皆で議論を交わしていると、ロスとモニカのおばあちゃんが倒れたとの電話が入る。あわてて病院に向かう二人だが、ほどなくしておばあちゃんは息を引き取ってしまう・・・。
09話 タイトル:感謝祭の大騒動(The One Where Underdog Gets Away)
ゲスト:なし

感謝祭の休日。ジョーイ、レイチェル、ロスはそれぞれの実家に帰るつもりだったが、思わぬ事態が発生する。市の無料検診ポスターのモデルをやったジョーイ。それは性病予防のポスターだったので、実家では彼を性病だと勘違いしていて帰るに帰れない。また、あてにしていた両親が旅行に行ってしまったロスやレイチェルも、急遽帰省をやめる。
10話 タイトル:大晦日の約束(The One with the Monkey)
ゲスト:ハンク・アザリア

ニューイヤーズ・イブのパーティでの恒例のキスの相手がいない6人は、開き直ってデートなし同士団結しようと約束したが、寂しさに耐え切れない脱落者が続出。モニカとチャンドラーは、元彼・元彼女に声をかけ、フィービーは科学者のデビッドと恋に落ち、レイチェルの元にはパウロが駆けつける。ロスだけが、研究所から貰い受けたサル相手の惨めな夜になるはずだったが…。
11話 タイトル:チャンドラーのママ登場!(The One with Mrs. Bing)
ゲスト:モーガン・フェアチャイルド

街で出会った男に、モニカとフィービーは一目ぼれ。だが、二人の目の前で彼は救急車にはねられてしまう!病院に担ぎ込まれ、昏睡状態に陥った男を二人は介抱しようとするが…。一方、チャンドラーのママがNYへ。離婚後、彼女は恋愛小説家となり、今や人気作家。レイチェルと彼のいちゃつきに苛ついたロスはテキーラを一気飲みし、勢いでチャンドラーのママにキスしてしまう。
12話 タイトル:おなかのベビーはどっち?(The One with the Dozen Lasagnas)
ゲスト:なし

レイチェルが夢中になっているパウロが、何と今度はフィービーに手を出してきた!フィービーはじめ、皆の忠告でレイチェルはパウロと別れることに。大喜びのロスは、ジョーイたちに今がチャンスだとそそのかされ、レイチェルにアタックするが、すっかり男嫌いになったレイチェルは…。
13話 タイトル:目には目を、歯には歯を!(The One with the Boobies)
ゲスト:フィッシャー・スティーヴンス

いつものようにモニカとレイチェルの部屋に朝食を食べに来たチャンドラー。ちょうどシャワーから出てきたレイチェルとハチ合わせし、彼女の裸を見てしまう。大激怒したレイチェルはチャンドラーに復讐をたくらむが…。
14話 タイトル:バレンタイン恋愛騒動(The One with the Candy Hearts)
ゲスト:なし

バレンタインデー前日。ジョーイは美女ロレインとのデートの約束を取り付けるが、失恋した女友達のために男友達を紹介するという条件付き。そこでチャンドラーをダブル・デートに誘う。だが当日になってチャンドラーの前に現れたのは…。
15話 タイトル:キャリア・アップ大作戦(The One with the Stoned Guy)
ゲスト:フィッシャー・スティーヴンス

チャンドラーに昇進の話が持ち上がる。ところが本人は、管理職より夢のある仕事がしたいと考え、転職を考え出す始末。一方モニカはフィービーの紹介でレストランのシェフの面接を受けるが、経営者はヤク中だった…。
16話 タイトル:フィービーの双子対決(The One with Two Parts, Part One)
ゲスト:ヘレン・ハント、リーラ・ケンズル

ジョーイとチャンドラーが入ったレストランでフィービーにそっくりだが陰険なウェイトレスが働いていた。それはフィービーと仲の悪い双子の姉アースラーだった。フィービーの心配をよそにアースラーとデートを重ねるジョーイだったが…。
17話 タイトル:ERドクター登場(The One with Two Parts, Part Two)
ゲスト:ジョージ・クルーニー、ノア・ワイリー

クリスマスの飾りをはずしていてバルコニーから落ちたレイチェル。モニカと病院にいくが、健康保険に加入していないため、モニカのふりをして治療を受ける。担当ドクターに一目ぼれしたレイチェルはデートの約束をするが…?
18話 タイトル:ポーカーゲーム必勝法(The One with All the Poker)
ゲスト:なし

男性陣が、ポーカーの仲間に入れてくれないことに腹を立てた女性陣。モニカの叔母の手ほどきを受けて参戦することに!だが、ポーカーとなると俄然シビアなロスに賭け金を巻き上げられっぱなし。ついにはロスとレイチェルの一騎打ちが始まった!
19話 タイトル:マルセルの逃亡(The One Where the Monkey Gets Away)
ゲスト:なし

ロスからペットの猿マルセルを預かることになったレイチェル。しかし目を離した隙に猿は逃げてしまう。みんなでアパート中を捜索するが見つからない。実はマルセルは稀少動物だったため、動物保護管理局に捕獲されそうになるが…。
20話 タイトル:不誠実な婚約者(The One with the Evil Orthodontist)
ゲスト:ジェニファー・グレイ

新しい婚約者ミンディがいるにも関わらず、レイチェルに未練たっぷりの元婚約者バリー。はっきり断りにいったレイチェルだが、逆に彼と過ちを犯してしまう!そんなレイチェルの元にミンディが現れて、バリーが浮気しているらしいというのだ・・・!
21話 タイトル:ニセのモニカ出現(The One with the Fake Monica)
ゲスト:なし

あらすじナシ
22話 タイトル:年下の恋人(The One with the Ick Factor)
ゲスト:なし

自分の年齢を22歳と偽って大学生と付き合いを始めたモニカ。みんなの呆れ顔も気にせず、浮かれていたが、ある夜彼から思いがけない告白が。
23話 タイトル:ベビー誕生!(The One with the Birth)
ゲスト:リア・レミニ、ジョナサン・シルヴァーマン

ロスの元妻キャロルの陣痛が始まり、ロスをはじめとする一同が病院に駆けつける。ところが、キャロルのレズの恋人スーザンとロスの喧嘩が始まった。
24話 タイトル:めぐり逢えたのに?(The One Where Rachel Finds Out)
ゲスト:ローレン・トム

ロスが中国へ出張することになった。レイチェルへの想いを直接言えないまま旅立つロス。しかしレイチェルの誕生パーティでチャンドラーがうっかり口をすべらせてしまう。ロスの気持ちを知ったレイチェルは、帰国の日に空港まで迎えに行くが…。

シーズン2

01話 タイトル:ロスの新しい恋人(The One with Ross’s New Girlfriend)
ゲスト:ローレン・トム

ロスの出張中に、彼の想いを知ったレイチェルは、ロスを迎えに空港へ。しかし彼は新しい恋人のジュリーと一緒だった!いまやロスの事が気になって仕方がないレイチェルは、元彼のパウロと寝てしまうなど、情緒不安定になるのだが…。
02話 タイトル:父とおチチ(The One with the Breast Milk)
ゲスト:ローレン・トム、エミリー・プロクター

ロスの元妻キャロルの留守中、皆でロスの息子ベンを預かることになったが、母乳をめぐって大議論になる。一方、ロスの恋人ジュリーに嫉妬しているレイチェルは、皆が彼女と仲良くすることが許せない。しかし、モニカに説得され、彼女と映画に行くことに。
03話 タイトル:迷惑な遺産相続(The One Where Heckles Dies)
ゲスト:なし

モニカとレイチェルの部屋の下に住む、変わり者の老人ヘッケルスさんが突然死んでしまう。普段は嫌がらせばかりしていた彼だが、なんと2人に遺産を残したという遺言が。ところがその遺産とは、どうしようもないガラクタばかりだった…。
04話 タイトル:フィービーが電撃結婚!?(The One with Phoebe’s Husband)
ゲスト:ローレン・トム、スティーヴ・ザーン

ダンカンという男性が現れ、フィービーの夫だと名乗る。だがこれは彼のグリーンカードのための偽装結婚。フィービーは彼が好きだったが、ゲイと聞いて紙の上だけの夫婦だと諦めていた。しかし彼は「他の女性と結婚したいから離婚してくれ」と切り出した!
05話 タイトル:人生はツラいよ(The One with Five Steaks and an Eggplant)
ゲスト:ブリトニー・パウエル

ロスの誕生日を控えパーティーを企画するモニカだが、その費用が高いことを知り、金銭的な余裕のないレイチェル、フィービー、ジョーイの3人は不満がいっぱい。定職を持ち稼ぎのいいモニカ、ロス、チャンドラーと、意見が合わず対立する。
06話 タイトル:忘れ物にご用心(The One with the Baby on the Bus)
ゲスト:ジョヴァンニ・リビシ、リー・トンプソン、クリッシー・ハインド

ロスが急病で、チャンドラーとジョーイがロスの息子ベンの子守りを引き受ける。女性が子連れの男性に弱いということを狙って、2人はベンを連れてナンパ作戦を決行。しかし女の子に夢中になり、うっかりベンをバスの中に忘れてきてしまった!
07話 タイトル:逃がした魚は大きい!(The One Where Ross Finds Out)
ゲスト:ローレン・トム、アリー・グロス

ロスが新恋人ジュリーに本気なのを知ったレイチェルは、強がって他の男性とデートをしてみるものの、頭の中はロスのことでいっぱい。酔っ払った勢いで、自分の気持ちをロスの留守番電話に残してしまう。そのメッセージを聞いたロスはビックリ!
08話 タイトル:禁断のリスト(The One with the List)
ゲスト:ローレン・トム、マイケル・マッキーン

レイチェルと恋人ジュリーの狭間で悩むロスに、チャンドラーとジョーイは、2人の長所と短所のリストを作ればいい、と言う。しかし、そのリストをレイチェル本人が発見し、短所リストの内容に大激怒!いくら謝っても許してもらえず、失意のロスは…。
09話 タイトル:パパをたずねて(The One with Phoebe’s Dad)
ゲスト:なし

クリスマス。フィービーは、かつて母親と自分を捨てて蒸発した実の父親の居場所をおばあちゃんから偶然に聞き、チャンドラーとジョーイを引き連れて会いに行くことに。しかし、家の前までは行くものの、なかなか会う勇気が出せず、そのまま帰ってくる。
10話 タイトル:二人のロス(The One with Russ)
ゲスト:ローレン・トム

元彼ボビーと付き合い始めたモニカ。彼がアル中状態だと気づいて禁酒を勧める。ところが酒をやめたとたん彼は暗~い男に変身。またまた別れることに。一方レイチェルもロスのそっくりさん、ラスと付き合い始める。だが、彼は性格までロスそっくりで…?!
11話 タイトル:レズビアン・ウェディング(The One with the Lesbian Wedding)
ゲスト:フィル・リーズ、マーロ・トーマス

ロスの元妻キャロルとレズの恋人スーザンが結婚式を挙げることになった。最初は抵抗していたロスだが、結局協力することに。その式で料理のケータリングの仕事を頼まれ大いに張り切るモニカ。だが、直前になって時間が足りないことに気づいて大騒ぎ!
12話 タイトル:スターとデート(The One After the Superbowl:Part1)
ゲスト:フレッド・ウィラード、クリス・アイザック、ブルック・シールズ

昼メロ「愛の病院日誌」でDr.ラモーレ役を演じるジョーイは、エリカ(ブルック・シールズ)という女性から初めてのファンレターをもらい、浮かれ気味。デートの約束までするが、彼女はちょっとキレちゃってる美女で、なんとジョーイをラモーレ本人だと完全に信じ込んでいた!
13話 タイトル:プリティ・ウーマン登場!(The One After the Superbowl:Part2)
ゲスト:ジュリア・ロバーツ、ジャン=クロード・ヴァン・ダム

ロスの元ペットで、いまや芸能界で大活躍の猿マルセルに会うため、6人は撮影現場を訪ねる。そこでチャンドラーは偶然幼なじみのスージー(ジュリア・ロバーツ)に出会う。一方、モニカは憧れのジャン=クロード・ヴァン・ダム(本人)を見つけて大騒ぎ!
14話 タイトル:極秘ビデオ公開!(The One with the Prom Video)
ゲスト:クリス・アイザック

レイチェルに冷たくあしらわれ続け、落ち込むロス。ところが、ひょんなことから高校時代のビデオが見つかり、みんなでみることに。するとそこには、若き日のロスのレイチェルへの一途な想いが。そして、かたくなだったレイチェルの心が一挙に開く!
15話 タイトル:ついに二人は・・・?(The One Where Ross and Rachel…You Know)
ゲスト:トム・セレック、クリス・アイザック

めでたく付き合い始めたロスとレイチェル。だが、友人関係が長かったせいか、いいムードになりかけるとレイチェルが笑い出す始末。一方モニカは、父親の友人で、21才も年上の眼科医リチャード(トム・セレック)と付き合い始めるのだが・・・。
16話 タイトル:ジョーイの家出(The One Where Joey Moves Out)
ゲスト:トム・セレック

ジョーイが舐めたスプーンを引き出しに戻したことが原因でチャンドラーと大ゲンカ。おまけに連続ドラマの仕事が入り、金銭的に余裕の出来たジョーイが1人暮らしをしたいと言い出し、チャンドラーはカンカンに。結局ジョーイは引っ越すことを決心する。
17話 タイトル:新しいルームメイト(The One Where Eddie Moves In)
ゲスト:アダム・ゴールドバーグ

チャンドラーの部屋を出て、オシャレなアパートで1人暮らしを始めたジョーイ。だが、やっぱり以前の生活が懐かしくなり、勇気を出して「戻りたい」と言おうとする。しかし、チャンドラーはすでに新しいルームメイトのエディーと暮らし始めていた!
18話 タイトル:初めてのケンカ(The One Where Dr. Ramoray Dies)
ゲスト:トム・セレック、アダム・ゴールドバーグ

レイチェルとモニカはそれぞれの恋人ロス、リチャード(トム・セレック)に過去の男性関係を問い詰められ、とうとうケンカに。一方ジョーイは脚本家を怒らせて、役を降ろされてしまう。チャンドラーは、ルームメイトのエディーがかなりヤバい奴だと気づき・・・。
19話 タイトル:元のさやに戻ろう!(The One Where Eddie Won’t Go)
ゲスト:アダム・ゴールドバーグ

お互いに寂しくおもっているのに、素直になれないジョーイとチャンドラー。ジョーイは無収入になったため、アパートを出るハメになり、チャンドラーはエディーのイカレぶりに参っている。そこでついに2人は”エディー追い出し作戦”を決行することに!
20話 タイトル:おとぎ話のウソ(The One Where Old Yeller Dies)
ゲスト:トム・セレック

世の中の映画は全てハッピーエンドだと信じていたフィービー。そうではない映画もあることに初めて気づき、大ショックを受ける。一方レイチェルは、ロスが2人の一生分の計画を立てていることを知り、自分の人生にレールが敷かれたような気がしてパニック状態に。
21話 タイトル:ソファーはゆずれない!(The One with the Bullies)
ゲスト:ジョヴァンニ・リビシ

コーヒーショップ”セントラル・パーク”で2人の男にからまれ、ソファーを占領されたあげく帽子まで奪われたチャンドラーとロス。一度は逃げ帰ったものの、勇気を振り絞って立ち向かうことに。ところが今度は別の連中に時計を盗まれてしまった!
22話 タイトル:ダブル・パーティー騒動(The One with the Two Parties)
ゲスト:マーロ・トーマス

レイチェルの誕生日。皆でパーティーを開いて祝おうとするが、離婚寸前のレイチェルの両親を2人とも招待してしまったから大変!2人が鉢合わせしないよう、モニカの部屋とチャンドラーの部屋で二つのパーティーを開いて切り抜けることに。
23話 タイトル:水ぼうそうでおジャン?(The One with the Chicken Pox)
ゲスト:トム・セレック、チャーリー・シーン

フィービーの元彼で、海軍士官のライアン(チャーリー・シーン)が休暇で遊びに来る。久々の再会を楽しみにしていた彼女だが、運悪く水ぼうそうにかかってしまい…。一方モニカは、恋人リチャード(トム・セレック)に自分と同じ神経質なところが全く無いことに悩む。
24話 タイトル:元カレの結婚式で・・・(The One with Barry and Mindy’s Wedding)
ゲスト:トム・セレック

レイチェルは元婚約者のバリーと友達ミンディーの結婚式で付き添い役を頼まれる。バリーを結婚式当日にふった経歴をもつレイチェルは、参列者の好奇のまなざしが恥ずかしくてたまらない。一方チャンドラーは、インターネットで知り合った女性に夢中になるが…?

シーズン3

01話 タイトル:マンハッタンの6人、再び(The One with the Princess Leia Fantasy)
ゲスト:なし

チャンドラーは別れた恋人ジャニスとよりを戻すが、ジャニスのことを嫌いなジョーイはウンザリ。それを知ったジャニスはジョーイと親睦を深めようとする。レイチェルがベッドでの様子までフィービーたちに話しているを知り怒ったロス。逆になんでも打ち明けられる友達がいないのは不幸だとレイチェルからいわれてしまう。そこで、ロスはさっそくチャンドラーとお互いの性的妄想を打ち明け合うのだが……。リチャードと別れたモニカは、不眠症になってしまう。
02話 タイトル:身仕度は大騒ぎ!(The One Where No One’s Ready)
ゲスト:トム・セレック

勤務先の博物館のパーティでスピーチをすることになったロスはみんなを招待して張り切るが、当日パーティに向かう時間になっても誰ひとりとして支度ができていない。ジョーイとチャンドラーはソファのことでケンカを始めるし、モニカはリチャードからの留守番電話メッセージにウジウジしている。ひとり苛立つロスはレイチェルをせかすが、逆ギレされてしまい……。
03話 タイトル:ジャムの味は最高!(The One with the Jam)
ゲスト:デヴィッド・アークエット

失恋のウジウジから脱却をはかったモニカはジャム作りに精を出す。これをきっかけに生活のリズムを取り戻すが、ジャムを売っても割に合わないことに気づく。次にモニカは子どもを作ろうと精子バンクを訪れる。しかし、それを知ったみんなは大反対! しかも、精子提供者のひとりにジョーイがいることが判明する。フィービーは姉のアースラに間違えられてマルコムという男につきまとわれるが、なんとその男とできてしまう!?
04話 タイトル:ジョーイのオーディション(The One with the Metaphorical Tunnel)
ゲスト:なし

ジョーイにオーディションがあると伝言し忘れたフィービーは、責任を感じてエージェント役を引き受ける。しかし、ジョーイは次々とオーディションに落ちていく。チャンドラーはジャニスに同棲話を持ちかけるが、思いがけず拒否される。モニカ達に相談するが、事態は余計深刻に。一方、息子ベンがバービー人形好きなのを心配したロスは、男の子らしいオモチャに興味を持たせようとする。しかし、これをきっかけに子ども時代のロスは女装が趣味だったとモニカに暴露される!
05話 タイトル:彼女はイザベラ・ロッセリーニ?(The One with Frank Jr.)
ゲスト:イザベラ・ロッセリーニ、ジョヴァンニ・リビシ

腹違いの弟が遊びに来て張り切るフィービーだが、風俗嬢の仕事をしていると誤解されてガッカリ。“寝てみたい有名人”リストの作成にやけに真剣なロス。イザベラ・ロッセリーニの名前をあげるが、国際派スターだから会えるわけがないと即却下される。ところが、セントラル・パークに本物のイザベラが現れる。ジョーイは日曜大工に懲り出し、巨大な棚を作ってチャンドラーをビックリさせる。
06話 タイトル:衝撃!暴かれた過去(The One with the Flashback)
ゲスト:なし

仲間同士で付き合った人はいないのかとジャニスに訊かれ、6人は過去を振り返る。3年前フィービーはモニカとの同居生活を打ち切り、チャンドラーはジョーイと同居し始めた。モニカは向かいに引っ越してきたジョーイに一目惚れするが、女ぐせの悪さを知って冷める。一方、当時バーだった“セントラル・パーク”に婚約したばかりのレイチェルが現れ、結婚前に男遊びをしたいと発言。それを聞いたチャンドラーはレイチェルに接近するが、軽くかわされる。ロスはといえば当時妻だったキャロルの‘レズ’カミングアウトに大ショックを受け、フィービーになぐさめられたのだが……。
07話 タイトル:教え子はライバル(The One with the Race Car Bed)
ゲスト:なし

モニカはジャニスの夫ゲリーの店でベッドを買うが、発送されてきたのは違う型だった。返品しようにもフィービーが受け取りのサインをしたためにできない。文句を言いに店へ出向いたモニカとジョーイだったが……。一方、レストランではチップの払い方をめぐってレイチェルの父親とロスがもめる。翌日、もう一度ふたりで食事をすることになったふたりだが、今度は<レイチェル非難>ですっかり意気投合する。ジョーイは演技クラスを受け持つことになり張り切るが、教え子が自分と同じオーディションを受けると知ると、わざとうそのアドバイスをする。しかしー…!
08話 タイトル:フィービーに殺人疑惑?(The One with the Giant Poking Device)
ゲスト:なし

チャンドラーは夫と自分の両方とも好きというジャニスとついに別れることに! 自分が歯医者に行くと人が死ぬと思い込んでいるフィービーは、歯医者に行きたくても行けないでいる。みんなに説得されてようやく行くが、家に帰ってから向かいに住んでいる裸のブ男が寝たまま動かなかったことに気づき、フィービーは自分が殺したのだと言い出す。ロスの息子ベンの子守を頼まれたモニカとレイチェルだったが、モニカが梁にベンの頭をぶつけてしまう。ロスにばれないようにあれこれ策を練るふたりだが……。
09話 タイトル:フットボールは燃えるぜ!(The One with the Football)
ゲスト:なし

感謝祭の日にフットボール中継を観ていた6人は公園でタッチ・フットボールを始める。モニカとロスは子どもの頃それぞれがチームを組んで戦っていたが、いざこざばかり起こし、あげくの果てはロスが鼻を骨折! 以来、ふたりはフットボール断ちをしていた。しかし、ゲームが始まるとふたりはエキサイティング、そしてやっぱりケンカになる。その公園でオランダ人美女と仲良くなったジョーイとチャンドラーは、かっこいいところを見せようと張り切るが、結局ふたりともふられてしまう。最後のプレイ、レイチェルの奇蹟のタッチダウンでモニカチームが勝利したかに思われたが……。
10話 タイトル:レイチェルのトラバーユ(The One Where Rachel Quits)
ゲスト:なし

誤ってクッキー売りの少女サラの脚を折ってしまったロスは責任を感じ、サラの代わりにクッキー売り上げNO.1をめざす。しかし、あと一歩とどかず、売り上げNO.1の副賞「宇宙センター見学」をサラに贈ることができなかった。ジョーイのバイト先で売れ残ったクリスマスツリーが処分されていることを知り、フィービーはショックを受ける。仕方なく、モニカとジョーイは枯れかけのクリスマスツリーを部屋に飾ることに。ウエイトレスの仕事に嫌気がさしたレイチェルは、チャンドラーにそそのかされセントラル・パークを辞めてしまう。ラッキーにも希望のファッション業界で仕事が見つかったのだが……。
11話 タイトル:バースデイ・キッス(The One Where Chandler Can’t Remember WhichSister)
ゲスト:なし

転職はしたものの雑用ばかりで早くもウンザリするレイチェル。しかし、偶然知り合ったマークという男に大手デパートの仕事を紹介してもらうことに。それを知ったロスはマークに下心があるのではと疑う。ジャニスと別れた傷が癒えないチャンドラーはパーティで酔っ払い、ジョーイの妹のひとりと寝るが、どの妹だったのか分からず、ジョーイとその妹達に責められる。フィービーはモニカの上の部屋に住む男とデートする。しかし、自分以外の女を部屋に連れ込んでいると知り……。
12話 タイトル:ジェラシーで大混乱!(The One with All the Jealousy)
ゲスト:なし

レイチェルとマークの仲を疑うロスは、レイチェルの職場に次々とプレゼントを送りつけたり、マークに殴りかかったりして、レイチェルをウンザリさせてしまう。ミュージカルのオーディションを受けることになったジョーイは、「ダンスができる」と大うそをついたためピンチに立たされる。モニカはバイト先のセクシーな同僚フリオから自作の詩を贈られ大喜び! ふたりは急接近する。ところが、フリオはただの女たらしと判明。モニカの仕返しが始まる……。
13話 タイトル:モニカの恋、再び・・・(The One Where Monica and Richard Are Just Friends)
ゲスト:トム・セレック

元恋人リチャードと再会したモニカは、友達として付き合い始めるが、お互い恋人気分に戻ってしまう。しかし、ふたりの人生観に違いがあることにやはり変わりはないと認めあい、再び別れることに。一方、スポーツマンのロバートと交際を始めたフィービーはさまざまなスポーツの手ほどきを受けるが、ロバートが下着を着けないと知るや、一気に恋の炎は冷めてしまう。レイチェルとジョーイはお互いの愛読書を交換しあい、今まで知らなかった読書の世界にドップリはまる。
14話 タイトル:フィービーの歌がCMに!(The One with Phoebe’s Ex-Partner)
ゲスト:エリザベス・デイリー、シェリリン・フェン

以前一緒に音楽活動をしていた幼なじみのレスリーとしぶしぶながらコンビを復活することにしたフィービー。ところが、フィービー作詞作曲の「猫はくちゃい」を、レスリーがCMソングとして売ってしまう! 怒り狂ったフィービーはコンビを解消! 一方、義足の美女ジンジャーと悩んだ末に交際することにしたチャンドラーだが、乳首が3つあることがバレてあっさりフラれてしまう。仕事の忙しいレイチェルにロスは不満だらけ。ふたりは次第にギクシャクした関係になっていく……。
15話 タイトル:恋の行方<前編>(The One Where Ross and Rachel Take a Break)
ゲスト:アンジェラ・フェザーストーン

フィービーは外交官セルゲイとデートするが、セルゲイは英語が話せないので、ふたりの間に通訳が割り込む。フィービーはモニカに邪魔な通訳の相手をさせようとデートに同行させるのだが……。一方、レイチェルはロスとの記念日にも残業することに。それなら食事だけでもとロスはレイチェルのオフィスに押しかけてくる。怒ったレイチェルはロスを追い返し、口論の末、ふたりは別れてしまう! ジョーイとチャンドラーはコピー屋の美女クロエからナイト・クラブに誘われ、大喜びで出かけるが、そこに傷心のロスが現れ、フラれた&酔った勢いでクロエとキスをする!
16話 タイトル:恋の行方<後編>(The One with the Morning After)
ゲスト:アンジェラ・フェザーストーン

酔っていたロスはクロエと一夜を共にしていた。翌朝、レイチェルからの「やり直したい」という留守電を聞き、クロエを追い返したものの、どうすべきか悩みチャンドラー達に相談。クロエとの事はレイチェルに言わないことに決める。が、あっという間に話は広がり、レイチェルの知るところに。ショックを受けたレイチェルは前言を撤回し、やっぱり別れると言いだす。ロスは長時間に渡って食い下がるが……。まさにその頃、モニカ、フィービー、ジョーイの3人は寝室で脱毛ワックスを試していた。状況が状況なだけに部屋から出られず……。
17話 タイトル:5人のスキー旅行!(The One Without the Ski Trip)
ゲスト:なし

別れてしまったロスとレイチェルは顔を合わせればケンカばかり。モニカたち仲間はふたりがカチ合わないようにと気をつかう。仲間とスキー旅行に行けず取り残されたロスは、元妻キャロルの元に押しかけてだらだらとグチリまくる。すると、スキー場へ向かっている仲間から、車がガス欠で立ち往生しているとの連絡が入る。しょうがなく助けに行くロスだったが……。ロスとレイチェルの間で板挟みになっていることに悩むチャンドラーは、なんと禁煙を破ってしまう!
18話 タイトル:愛さえあれば年の差なんて!(The One with the Hypnosis Tape)
ゲスト:ジョヴァンニ・リビシ、ジョン・ファヴロー、デブラ・ジョー・ラップ

フィービーの弟フランクが自分の恩師アリスと結婚したいと家出してくる。あまりの年の差にフィービーは反対し、別れさせようとするが・・・。一方モニカは億万長者ピートに口説かれ、ディナーに招待される。チャンドラーは禁煙を試みるが!?
19話 タイトル:億万長者とデート(The One with the Tiny T-Shirt)
ゲスト:ジョン・ファヴロー、ディナ・メイヤー

レイチェルは就職先を紹介してくれたマークから交際を申し込まれるが、その気になれず断る。ピートとデートを重ねるモニカは、彼に親しみをおぼえていく。ジョーイは俳優仲間のケイトが気になっていたが、脚本家と付き合ってることが分かりショックを受ける。
20話 タイトル:ハートブレイク(The One with the Dollhouse)
ゲスト:ディナ・メイヤー

ジョーイはケイトが自分になびかないため、ほかの女優ローレンと付き合い始める。ところが稽古中にケイトといい雰囲気になり遂にベッド・イン!一方、レイチェルは上司のジョアンナに頼まれチャンドラーとのデートをセッティングするが、板挟みにあいピンチ!
21話 タイトル:モニカの夢、実現?(The One with a Chick and a Duck)
ゲスト:ジョン・ファヴロー

ピートはレストランを買い取り、モニカを料理長にしようとするが、彼に恋愛感情が湧かないモニカはおいしい話を断るが…。テレビの討論番組にパネラーとして参加することになったロスは大ハリキリだったが、ケガをしたレイチェルを病院に運び出演できなくなる。
22話 タイトル:レイチェルの勘違い!(The One with the Screamer)
ゲスト:ジョン・ファヴロー、ベン・スティラー、ディナ・メイヤー

ジョーイの舞台が初日を迎え、仲間で観に行くことに。ロスが女性同伴でくることを知ったレイチェルは負けじとトミーという男を連れて行くが…。一方、迫真の演技を批評家にこきおろされたジョーイは、特に酷評されたケイトを優しく慰める。
23話 タイトル:フィービーはどっちも好き(The One with Ross’s Thing)
ゲスト:ジョン・ファヴロー、ロバート・ガント

お尻に変なオデキができたロスは病院へ行くがあまりの珍しさに研究対象にされてしまう。恋人になったピートに大事な話があると呼ばれたモニカは、もしやプロポーズ?と、すっかりその気に。しかし、話は“アルティメット”という格闘技を始めるということだった!
24話 タイトル:格闘技は男の美学!?(The One with the Ultimate Fighting Champion)
ゲスト:ロビン・ウィリアムズ、ジョン・ファヴロー、ビリー・クリスタル

モニカは、ピートが格闘技の大会に出場しては惨敗し、ボロボロにされるのを見ていられない。チャンピオンになる夢を断念してほしいと頼むがきっぱり断られる。フィービーからロスに友人のボニーを紹介してもいいかと聞かれたレイチェルは許可するが…。
25話 タイトル:渚でロスとレイチェル・・・(The One at the Beach)
ゲスト:テリー・ガー

ピートと別れたモニカにそれとなく言い寄るチャンドラーだが、全く相手にされない。ロスとボニーが付き合いはじめたのが面白くないレイチェルは、思いきって自分の正直な気持ちをロスに告白する。レイチェルとボニー、どちらを選ぶかロスは悩むが…。

シーズン4

01話 タイトル:渚でロスとレイチェル・・・その後(The One with the Jellyfish)
ゲスト:テリー・ガー

レイチェルとよりを戻すことを決意したロスは、レイチェルから手紙を渡される。それは“私たちが別れた原因はすべてロスにあると認めろ”という、脅迫文まがいのものだった!さすがのロスもこれにはブチ切れる。
02話 タイトル:迷い猫に母の魂?!(The One with the Cat)
ゲスト:なし

フィービーは迷子の猫を死んだ母親だと主張して可愛がっている。ジョーイが作った棚を気に入らないチャンドラーは売りに出すことを決めるが、実物を見に来た客にだまされ・・・。一方、ロスとレイチェルは再び冷戦状態に!
03話 タイトル:チャンドラー監禁(The One with the Cuffs)
ゲスト:ペン・ジレット

母親からパーティ料理を頼まれたモニカだが、作ったキッシュの中につけ爪を落としてしまいせっかくの料理をオジャンに。レイチェルの上司ジョアンナと付き合いだしたチャンドラー。彼女のオフィスでエッチしていると・・・。
04話 タイトル:ジョーイのShall We ダンス?(The One with the Ballroom Dancing)
ゲスト:なし

アパートの管理人を怒らせ、立ち退きを言い渡されたジョーイ。何でもするから許してくれと懇願し、渋々ダンスの練習台になるが・・・。フィービーはマッサージに来た客と欲望のままにキスするが、運悪く店長に目撃されクビに!
05話 タイトル:間違いだらけの恋人選び(The One with Joey’s New Girlfriend)
ゲスト:パジェット・ブリュースター

互いにヤキモチを焼かせようと、ロスは未婚の母と、レイチェルは大学生とデートする。一方、チャンドラーはジョーイの新しい彼女キャシーに一目惚れ。これはマズイと彼女を避けるがジョーイから仲良くしてくれと頼まれ・・・。
06話 タイトル:恋人はダーティー・ガール(The One with the Dirty Girl)
ゲスト:パジェット・ブリュースター、レベッカ・ローミン

ロスは新しくできた美人の彼女シェリルとHがしたくてたまらない。チャンドラーはキャシーの誕生日に豪華なプレゼントを用意するが、ジョーイが彼女に買ったモノがあまりにみすぼらしかったので譲ってあげることに。
07話 タイトル:From ジョーイ To チャンドラー(The One Where Chandler Crosses the Line)
ゲスト:パジェット・ブリュースター

キャシーという彼女がいながら、相変わらず女グセが悪いジョーイ。一方のキャシーは優しいチャンドラーに気持ちが傾いていく。そして、ついにジョーイの留守中に熱いキスを交わす。それを知ったジョーイはカンカンに!
08話 タイトル:チャンドラーの箱(The One with Chandler in a Box)
ゲスト:パジェット・ブリュースター、マイケル・ヴァルタン

いまだチャンドラーへの怒りがおさまらないジョーイは、アパートを出ていこうとする。どんな罰でも受けるというチャンドラーに対し、ジョーイが要求したのは!?元恋人リチャードの息子に目を診察してもらったモニカは、一目で彼を気に入る。しかし、近親相姦にも似た感覚を覚え結局それっきりになってしまう。
09話 タイトル:モニカは夢の料理人!?(The One Where They’re Going to Party!)
ゲスト:テイラー・ネグロン

地元紙に「アレクサンドラ」というレストランの批評記事を書いたモニカ。これを読んだ店のオーナーがモニカに怒鳴り込んでくるが、話をしているうちに二人は意気投合、なんとモニカはその店のシェフに抜擢される!
10話 タイトル:ロスは遠距離恋愛がお好き(The One with the Girl from Poughkeepsie)
ゲスト:なし

ロスは遠くに住む超好みのタイプと、近所に住むまあまあの女性ふたりと同時に付き合い始めるが、どちらにも絞りきれずデートはクタクタ。一方、男に飢え気味のレイチェルはチャンドラーから同僚を紹介してもらう。
11話 タイトル:フィービー、ママになるの?(The One with Phoebe’s Uterus)
ゲスト:ジョヴァンニ・リビシ、テリー・ガー、パジェット・ブリュースター、シェリー・シェパード、デブラ・ジョー・ラップ

フィービーの弟フランクが年上の恋人アリスとついにゴールイン。フィービーは子供ができない二人に代わって代理母になる決心をする。ジョーイはロスの働く博物館でバイトを始めるが、職種によって階級意識があって・・・。
12話 タイトル:チャンドラーの仕事は何?(The One with the Embryos)
ゲスト:ジョヴァンニ・リビシ、デブラ・ジョー・ラップ

ついにフィービーは人口授精を受けることに。一方、チャンドラーとジョーイVSモニカとレイチェルの4人は「どっちがお互いのことを知っているかクイズ」をすることに。互いに大事なものを賭けるが勝負の行方は…?
13話 タイトル:レイチェルの恋愛白書(The One with Rachel’s Crush)
ゲスト:テイト・ドノヴァン、パジェット・ブリュースター

勤務先のデパートで顧客相談係に移動させられ不平不満のレイチェルだが、ジュシュアというハンサムが現れた途端、やる気満々に。一方、恋人キャシーが芝居で濃厚なベッドシーンを演じているのを見てショックを受けたチャンドラーは、ジョーイの入れ知恵で彼女が共演者と浮気していると思い込みケンカ別れしてしまう。
14話 タイトル:ジョーイとチャールトン・ヘストン(The One with Joey’s Dirty Day)
ゲスト:チャールトン・ヘストン、ヘレン・バクセンデイル、テイト・ドノヴァン

チャールトン・ヘストンと共演することになり、鼻高々のジョーイだったが、撮影当日寝坊してしまう。あわてて現場に駆けつけるが…。女3人組は失恋で落ち込むチャンドラーをストリップショーに連れていくが自分たちがハマってしまう。
15話 タイトル:チャンドラー、イエメンに行く!!(The One with All the Rugby)
ゲスト:ヘレン・バクセンデイル

元恋人ジャニスと再会したチャンドラーは独身に戻った彼女にベタベタされて大弱り。苦しまぎれにイエメンに転勤だと嘘をつくが…。意中の彼女エミリーの男友達に対抗心を燃やすロスは彼らとラグビー対決することに!
16話 タイトル:レイチェルのラブ・アタック(The One with the Fake Party)
ゲスト:ヘレン・バクセンデイル、テイト・ドノヴァン

ロスはエミリーがイギリスへ帰国する前に、ロマンティックな夜を過ごそうと計画するが、レイチェルがお別れパーティを開こうと言いだし、すべておジャンに。パーティの最中、ベジタリアンだが妊娠したせいで肉が食べたくてしょうがないフィービーに代わり、ジョーイがベジタリアンになると言いだすが…。
17話 タイトル:ロス、イギリスへ行く!!(The One with the Free Porn)
ゲスト:ジョヴァンニ・リビシ、ヘレン・バクセンデイル、デブラ・ジョー・ラップ

エミリー帰国の日。ロスは彼女に告白するが他に恋人がいると告げられる。が、モニカにけしかけられて、ロスは急慮エミリーに会うためにロンドンへ旅立つ。一方、妊娠中のフィービーは、検査の結果3つ子だと判明する!
18話 タイトル:レイチェルのセクシー・ドレス(The One with Rachel’s New Dress)
ゲスト:ヘレン・バクセンデイル、テイト・ドノヴァン、デブラ・ジョー・ラップ

ジョシュアといよいよ初めての夜を迎えることになりそうなレイチェルは大はりきり。しかし、彼の家でデート中、レイチェルがランジェリー姿になったとたん、彼の両親が戻ってきた!最新ファッションだとごまかすが…。
19話 タイトル:ロスのプロポーズ(The One with All the Haste)
ゲスト:ヘレン・バクセンデイル

エミリーは度々アメリカに遊びに来るがすぐ帰ってしまうため、ロスは寂しい。彼女とずっと一緒にいたいロスはついにプロポーズする。なんとエミリーの返事はイエス。仲間たちは驚くが、一番動揺したのはレイチュルだった。
20話 タイトル:マイ・ウェディングドレス(The One with All the Wedding Dresses)
ゲスト:テイト・ドノヴァン

エミリーのウエディングドレスを店に取りに行ったモニカはすっかりドレスが気に入り、フィービーと花嫁ごっこを始めるが虚しさに気づく。ジョーイのいびきに悩まされるチャンドラーは彼を睡眠クリックに連れていくが・・・。
21話 タイトル:二人の思い出、ロスとレイチェル(The One with the Invitation)
ゲスト:ヘレン・バクセンデイル

エミリーとの結婚式の日取りが決まったロスは、レイチェルを招待すべきか悩んでいると、ふたりが付き合っていた頃のことを思いだす・・・。そして、招待状を受け取ったレイチェルもまた、ロスとの思い出に浸るのだった。
22話 タイトル:消えた指輪の行方(The One with the Worst Best Man Ever)
ゲスト:ヘレン・バクセンデイル

新郎の付き添い役に選ばれたジョーイは、張り切ってバチュラパーティを開く。パーティに呼んだストリッパーをベッドに連れ込んだジョーイだったが、翌朝目を覚ますとストリッパーと一緒にロスから預かった指輪が消えていた!
23話 タイトル:ロスの結婚式(The One with Ross’s Wedding)
ゲスト:ヨーク公爵夫人セーラ、ヘレン・バクセンデイル

ロスの結婚式に出席するため、レイチェルと身重のフィービーを残し、ロンドンへやってきた一行は観光したりと大ハシャギ。一方、アメリカに残ったレイチェルはロスをまだ愛していることに気づき、急慮ロンドンへと向かうが・・・。
24話 タイトル:ロスの結婚式(The One with Ross’s Wedding)
ゲスト:オリヴィア・ウィリアムズ、ジューン・ウィットフィールド、ジェニファー・ソーンダース、ヘレン・バクセンデイル、ヒュー・ローリー、トム・コンティ

母からは一生結婚できないと言われ、招待客からはロスの母親だと勘違いされ落ち込むモニカ。これまたスピーチがウケずに落ち込むチャンドラーと慰め合ううちにナント一線を超えてしまう!一方、ロンドンへ着いたレイチェルは・・・。

シーズン5

01話 タイトル:ロスの結婚式、その後・・・(The One After Ross Says Rachel)
ゲスト:オリヴィア・ウィリアムズ、ジェニファー・ソーンダース、ヘレン・バクセンデイル、トム・コンティ

結婚式で花嫁エミリーの名前をレイチェルと呼び間違えたロスは、エミリーからカウンターパンチをくらう!式の前夜、エッチをしてしまったモニカとチャンドラーは帰国したら関係を終わらせようと誓い合う。ロスをまだ想うレイチェルは式で彼が名前を言い間違えたことについて悩む。一方のロスはハネムーン出発時になっても姿を現さないエミリーの代わりに、偶然空港で出くわしたレイチェルを旅行に誘うが、結局自分は乗らずに、レイチェルひとりをギリシャに向かわせてしまう。
02話 タイトル:モニカとチャンドラーのひ・み・つ(The One with All the Kissing)
ゲスト:なし

ニューヨークに戻ったロスだが、結婚式以来エミリーとは会話なし。ロンドンにいるエミリーにバラの花束を贈っても、切り刻まれて送り返される始末。一方、ひとりギリシャから戻ったレイチェルはロスを忘れようとセントラル・パークのクールガイとデートする。チャンドラーとモニカは自分たちが付き合っているということを忘れ、みんなの前で熱?いキスを交わしてしまう!それをごまかすためにチャンドラーはレイチェルやフィービーにまでキスし始めて!?
03話 タイトル:フィービー、ついに出産!(The One Hundredth)
ゲスト:ジョヴァンニ・リビシ、T・J・サイン、イクバル・セバ、サム・アンダーソン、パトリック・ファビアン、デブラ・ジョー・ラップ

ギャンブルツアー直前に破水したフィービーだが、無事3つ子を出産。ところが産んだ子を手放すのが悲しくなったフィービーは3人のうちの1人を自分で育てたいと言い出す。この間ジョーイも突然の激痛に襲われる。当初はフィービーの陣痛に同情しすぎて想像陣痛を起こしたと思われたが、診断の結果、腎結石と判明し、ジョーイも石を産むことになる!
04話 タイトル:ロスが選ぶのはどっち?(The One Where Phoebe Hates PBS)
ゲスト:ヘレン・バクセンデイル、ゲイリー・コリンズ

ジョーイはPBS(TV会社)の番組で電話受付の仕事をボランティアで引き受けることに。ところがPBS嫌いのフィービーから「ジョーイはテレビに出たいだけの利己主義者だ」と罵しられる。チャンドラーとの関係がレイチェルにバレそうになったモニカは職場の同僚と付き合っているとウソをつく。やっとのことでエミリーと話すことのできたロスは、レイチェルと二度と会わないのなら仲直りしてもいいと言われるが・・・。
05話 タイトル:お忍びでラブラブ旅行(The One with the Kips)
ゲスト:なし

ロスはレイチェルにもう会わないと告げる。週末こっそり旅行に出かけたチャンドラーとモニカだが、始終ケンカばかり。ニューヨークへ戻ったチャンドラーは別れを覚悟するが、モニカから「一度のケンカで別れないのが大人の付き合いよ!」と教えられる。ところが、ひょんなことから2人の関係にジョーイが気づいてしまい・・・。
06話 タイトル:雪男に胸キュン!(The One with the Yeti)
ゲスト:ヘレン・バクセンデイル、ジョージ・ニューバーン

ロスを徹底的にレイチェルから離そうとするエミリーは、アパートを引っ越せとまで言いだす。不満がつのるロスだがエミリーの愛を取り戻したいから仕方ない。でも、我慢しきれなかったのがジョーイ。「友達を引き離すなんてエミリーはおかしい」と言い放つ。一方モニカとレイチェルはアパートの地下室でボサボサ頭の怪物と遭遇!2人は殺虫剤で攻撃するが、なんと正体は最近引っ越してきたアンデス山脈帰りのダニーという男性だった!その後髪を切ったダニーは見違えるほどのいい男に大変身!レイチェルの目は輝き出すのだった・・・。
07話 タイトル:レイチェルは恋の法則ガール(The One Where Ross Moves In)
ゲスト:ジョージ・ニューバーン

エミリーに信頼できないとまで言われ、遂に離婚を決意するロス!一時的にジョーイとチャンドラーの部屋に居候することになったが・・・。ダニーとデートしたレイチェルはもう一度デートに誘わせようと頑張るが、ダニーはその行動が理解できない様子。一方フィービーもデートの相手を見つけるが、相手はレストランの調査員で、みんなのお気に入りのお店を次々と閉店に追い込むほどの仕事熱心な男だった!?
08話 タイトル:それぞれの感謝祭(The One with All the Thanksgivings)
ゲスト:モーガン・フェアチャイルド

感謝祭の日。それぞれの最悪だった感謝祭の思い出を語ることに――チャンドラーのホモ父は男の使用人とできてしまい母と別れると言い出し、フィービーは前世で従軍看護婦だった思い出に浸り・・・そしてモニカ。1987年にチャンドラーからデブ呼ばわりされるも翌年すっかりセクシーになって驚かせたが、調子に乗ってチャンドラーに仕返ししようと色仕掛けで迫るうちに誤って包丁を落とし、チャンドラーのつま先を切断してしまったのだった!
09話 タイトル:モニカはエッチ中毒!?(The One with Ross’s Sandwich)
ゲスト:なし

チャンドラーとモニカは男子部屋で自分たちのエッチの様子を録画するためカメラをセッティングしていたがレイチェルに見られてしまう。が、レイチェルはジョーイが新しい彼女とのエッチを撮ろうとしているのだと勘違い。おまけにチャンドラーが隠していたモニカの裸の写真を偶然見ていたジョーイはみんなに見つかってしまい、下手な言い訳をするはめに。2度目の離婚の期日が迫ったロスは機嫌が悪く、しばらく休職することになる。
10話 タイトル:新年の誓い(The One with the Inappropriate Sister)
ゲスト:ジョージ・ニューバーン

ロスの勧めで自分を主役にした脚本を書くことにしたジョーイ。休職中でひまなロスは脚本の監修役を務めるが、チャンドラーは邪魔してばかり・・・。ダニーがセクシーな妹クリスタと異常なほどに親密なのでレイチェル動揺!一方サンタの帽子を被りクリスマス前の募金活動に励むフィービーは道行く人から白い目で見られる!?
11話 タイトル:シスコン男にご用心!(The One with All the Resolutions)
ゲスト:なし

大晦日のパーティで全員が新年の誓いを発表することに。ロスは新しいことにチャレンジし幸せをつかむ、レイチェルは噂話をしない、チャンドラーは仲間を茶化さない、ジョーイはフィービーにギターを習う、そしてモニカは写真を撮りまくり仲間との思い出を残すことに決めるが、実行とともに前途多難。モニカとチャンドラーの会話をたまたま電話で聞いてしまったレイチェルは2人の関係に気づいてしまう!
12話 タイトル:ゴマすりチャンドラー(The One with Chandler’s Work Laugh)
ゲスト:なし

上司のダグのつまらない冗談に大げさに笑い媚びるチャンドラーに嫌悪感を覚えるモニカ。ダグの妻と4人でテニスの試合をすることになり、ここぞとばかりにモニカは敵意をむき出しにする。チャンドラーとモニカのエッチ電話を偶然聞いて以来、レイチェルは2人の関係を知りたくてたまらないが、モニカは隠したままだし、ジョーイは2人のエッチネタしか教えてくれない。一方ロスはエミリーがすでに誰かと再婚目前だと知り、大パニック!何を血迷ったかチャンドラーの元恋人ジャニスと付き合い始める!
13話 タイトル:ジョーイのバッグ(The One with Joey’s Bag)
ゲスト:ボブ・バラバン

フィービーはおばあちゃんの葬儀で行方不明だった実父フランクに出くわす!ジョーイは悲願のオーディション合格を目指し、レイチェルに洗練されたコーディネートを頼むが・・・。モニカ自慢の完璧マッサージ、チャンドラーにはどうやら不評の様・・・。
14話 タイトル:とうとう熱愛発覚!!(The One Where Everybody Finds Out)
ゲスト:なし

遂にフィービーもモニカとチャンドラーの関係に気づき、何も知らないのはロスだけとなる。そんなお気楽ロスはモニカたちのお向かいのアパートにお引っ越し。ホッとしたのも束の間、妹モニカとチャンドラーのキス現場を目撃してしまう!
15話 タイトル:チャンドラーが結婚宣言!?(The One with the Girl Who Hits Joey)
ゲスト:ソレイル・ムーン・フライ

モニカとの関係をみんなから冷やかされるチャンドラーは、モニカが結婚したがっていると思い込み、プロポーズ!管理人への寄付を拒んだロスは周囲の住人から仲間ハズレにされてしまう。ジョーイの新しい彼女は面白いことがあるたびに人をパンチする性癖が・・・。
16話 タイトル:警官バッジは恋の始まり(The One with the Cop)
ゲスト:マイケル・ラパポート

ジョーイはモニカと付き合っている夢を見て、自分はモニカに恋しているのではないかと悩む。“セントラル・パーク”のソファの下で警官バッジを拾ったフィービーは、バッチを知らない人に見せると一目置かれることに気づき・・・。
17話 タイトル:レイチェルの勘違いキス!(The One with Rachel’s Inadvertent Kiss)
ゲスト:サマンサ・スミス、マイケル・ラパポート

「ラルフ・ローレン」の採用面接を受けるレイチェルは、誤って面接官にキスしてしまう!?バッジ騒動で知りあった警官と熱愛中のフィービーに対抗意志を燃すモニカは、しきりにチャンドラーにエッチを要求するが・・・。
18話 タイトル:目指せ!キャリアウーマン(The One Where Rachel Smokes)
ゲスト:ミーガン・ウォード

レイチェルは大ッ嫌いなタバコを吸う振りをしなければならない事態に。ジョーイは仕事を得ようとロスの息子ベンをCMオーディションに連れていくが・・・。フィービーの奇想天外なアイデアでレイチェルのバースデー・パーティは大盛り上がり!
19話 タイトル:ロスのナンパ必勝テク(The One Where Ross Can’t Flirt)
ゲスト:リリアン・ショーヴァン

ピザ屋の女性に気があるロスは大量のピザを注文して気をひく作戦に。刑事ドラマに出演したジョーイだが、全出演シーンがカットされていた!楽しみにしていた祖母をガッカリさせたくないジョーイは急遽ニセのシーンを撮影しようとするが・・・。
20話 タイトル:まさかの臨死体験!?(The One with the Ride-Along)
ゲスト:ヘレン・バクセンデイル、マイケル・ラパポート

ジョーイら男3人組はフィービーの恋人・警官ギャリーのパトロールに密着。しかしそこで思わぬ事態に遭遇!!忘れ物を取りにロスのアパートに戻ったレイチェルだが、偶然元妻エミリーからの留守電を聞いてしまい・・・。
21話 タイトル:フィービーが同棲?(The One with the Ball)
ゲスト:マイケル・ラパポート

恋人ギャリーと同棲を始めたフィービーだが、ギャリーがうるさく鳴く鳥を撃ち殺すのを見て、怒り爆発!キャッチボールの記録に挑むジョーイたちだが10時間経過したころには・・・。レイチェルは高価な毛のない猫を買って後悔する。
22話 タイトル:ジョーイ悲願の大ブレイク!(The One with Joey’s Big Break)
ゲスト:なし

ジョーイは奇跡の映画初主演!?でもロケ地のラスベガスに到着した途端、なんと撮影延期に!フィービーはロスに怒っているが、原因が思い出せない。モニカは目をいじられることを異常に嫌がるレイチェルに創意工夫かつ力づくの方法で目薬をさす!
23話 タイトル:恋人たちのベガス(The One in Vegas)
ゲスト:トーマス・レノン

チャンドラーとモニカはラスベガスに旅行。それを知ったフィービーや、後からロスとレイチェルも参加することに。一人で裸ダンスを楽しんでいるレイチェルを向かいの部屋から偶然見てしまったロスは、自分を誘っていると思い込み・・・。
24話 タイトル:恋人たちのベガス(The One in Vegas)
ゲスト:トーマス・レノン

ラスベガス行きの飛行機の中で寝ているレイチェルの顔にロスはこっそりヒゲを描く。依然バイト中のジョーイは自分とそっくりな手の男を発見。「手の双子」コンビを結成しようするが・・・。到着早々泥酔したロスとレイチェルは、なんと……!?

シーズン6

01話 タイトル:ベガスの夜が明けて・・・(The One After Vegas)
ゲスト:なし

泥酔のため、案の定、結婚したことを覚えていなかったロスとレイチェル。早速、婚姻無効の手続きと思いきや、また結婚に失敗したことになるのが嫌でたまらないロスは、レイチェルに無効手続きをしたと嘘をつく。ロスとレイチェルの姿を見て、衝動的な結婚はやめようと思い立ったチャンドラーとモニカは、同棲に変更。一方、ジョーイとフィービーはNYへ戻る車の中でドタバタ劇を繰り広げていたのだった。
02話 タイトル:愛に目覚めるとき!?(The One Where Ross Hugs Rachel)
ゲスト:ロン・グラス

結婚無効の手続きをしたとレイチェルに嘘をついているロスは、フィービーに「まだレイチェルを愛しているから無効にしたくないんだ」と言われてしまう。チャンドラーとモニカから“同棲”の報告を受け、それぞれの同居人ジョーイとレイチェルの反応は対照的。すっかり落ち込むジョーイと意外にもあっさりしているレイチェル。レイチェルの態度が面白くないモニカは、なんとか悲しませようとするが――。
03話 タイトル:ルームメイト獲得大作戦(The One with Ross’s Denial)
ゲスト:なし

いっこうに部屋探しがはかどらないレイチェルに、ロスが一緒に同居しようと誘いをかける。その申し出をレイチェルは喜んで受けるが、チャンドラーとモニカが同棲を辞めようとしているらしく、引越しはなくなりそうに。そこで、レイチェルと住みたいロスは急いで2人を仲直りさせる。万時OK!と浮かれ気分のロスだが、レイチェルに彼氏ができたら部屋に連れてきてもいいか?と聞かれ……。
04話 タイトル:ジョーイ、迫真の名演技!(The One Where Joey Loses His Insurance)
ゲスト:ロン・グラス

ロスはニューヨーク大学で講義を任されるが、緊張のあまり「?でござる」を連発してしまう。一方、役者業が芳しくなく健康保険がきれてしまったジョーイは、最悪なことにヘルニアに! 手術費用の全額負担をしたくないジョーイは、何が何でも役を得ようと激痛をこらえオーディションへ。やっと手に入れたのは瀕死の重病人の役だった。婚姻無効をしたというロスの嘘に気づいたレイチェルは、ロスの授業に怒鳴り込む!
05話 タイトル:炸裂!3つ子ちゃんパワー(The One with Joey’s Porsche)
ゲスト:コンチャータ・フェレル

ロス&レイチェル夫妻(?)は弁護士事務所に行って婚姻無効手続きをとろうとするが、論拠不十分で、”無効”は無効に。結局”離婚”することに。一方、弟に頼まれて子守りをすることになったフィービー。チャンドラーとモニカに助けを求めるが、さあ、大変!チャンドラーがおもちゃを飲み込んでしまう!一方、ポルシェのキーを拾ったジョーイは持ち主に内緒で乗り回すが、これがサイコーにいい気分!が、それも束の間、持ち主が現れて・・・。
06話 タイトル:最後の夜は荒れ模様(The One on the Last Night)
ゲスト:エル・マクファーソン

レイチェルの引越しを翌日に控え、昔の楽しかった思い出に浸るモニカとレイチェル。 フィービーはそんな2人を見て、互いの悪いクセを思い出させようとする。すると仲睦まじかった2人はみるみる大喧嘩に!レイチェルは自分ではなくモニカが出て行くべきだと言い出す。一方、仕事もお金もないジョーイを残して越すことに罪の意識を感じているチャンドラーは、ジョーイのプライドを傷つけることなく、大金を渡す方法を思いつく??!?
07話 タイトル:同居人はスーパーモデル?(The One Where Phoebe Runs)
ゲスト:エル・マクファーソン

ジョーイの新しいルームメイトは、SEXYなダンサー、ジャニーン。同居人に手を出すなと仲間から忠告されるジョーイだが。一方、チャンドラーはモニカを驚かせようと部屋の大掃除を決行。しかし、極度に几帳面なモニカのこと、少しでも家具がずれていると激怒するはず、とロスに脅される。同居を始めたフィービーとレイチェルは2人でジョギングを始める。ところがフィービーがあまりにもヘンテコな走り方をするので、レイチェルは恥ずかしくてしょうがない。
08話 タイトル:キスの相手はラルフ・ローレン!?(The One with Ross’s Teeth)
ゲスト:ラルフ・ローレン、ミッシー・パイル、エル・マクファーソン

ロスはデートの前に歯を白くする歯磨き粉を使いすぎ、きらきら輝く真っ白い歯に。モニカの女っぽいインテリアの飾り付けを手伝うことに飽きたチャンドラーは、男らしさを求めジョーイの元に。しかしそこでチャンドラーが見たものは、編み物をしているジョーイの姿だった!?我が目を疑ったチャンドラーはロスのアパートに向かうが、そこでもまた、お化粧中のロスがいて・・・。一方、レイチェルの勤務先ラルフ・ローレンにコピー機を使いにきていたフィービーは、そこでラルフ・ローレンにキスされたというけれど??!?
09話 タイトル:チャンドラーは嫌われ者?(The One Where Ross Got High)
ゲスト:エル・マクファーソン

感謝祭の日。モニカの両親を招き、みんなでパーティーを開くことに。ところが、モニカの両親はなぜだかチャンドラーのことが嫌い。そこで2人に好かれるために努力をすることにしたチャンドラーだが。ロスとジョーイはジャニーンのダンサー仲間の飲み会に誘われ、パーティーを抜け出そうと計画。家事が苦手なレイチェルはデザート作りを担当するが、ケーキに牛肉と豆とオニオンをサンドしてしまう。宴もたけなわになったころ、それまで謎だった、チャンドラーをモニカの両親が嫌う理由が明らかにされる!
10話 タイトル:夢のカウントダウン・パーティー(The One with the Routine)
ゲスト:エル・マクファーソン

もうすぐクリスマス。大晦日恒例のディック・クラークのカウントダウン番組でダンスを踊ることになったジョーイ、モニカ、ロスの3人。張り切るロス&モニカの兄妹だが、あまりのアホダンスにスタッフから全く相手にされず。ジャニーンを他のダンサーに取られたジョーイは、仕返しに相手のズボンに水をひっかける。今年こそモニカのクリスマス・プレゼントの隠し場所を見つけようと必死のレイチェルとフィービー。それを見たチャンドラーは、楽しみがなくなるといいつつも、モニカからのプレゼントが浄水器だと知ると・・・。
11話 タイトル:対決!モニカ対ジャニーン(The One with the Apothecary Table)
ゲスト:エル・マクファーソン

ダンス収録の夜、熱いキスを交わし、遂にジャニーンへの想いが通じたジョーイ。気分はもちろんウルトラ・ハッピー!チャンドラー&モニカとダブルデートを楽しむジョーイ&ジャニーンだが、アパートに着いた途端、ジャニーンはカンカン!チャンドラーのバカっぽさとモニカの大声が気にくわないらしい。親友と恋人の板挟みになり大弱りのジョーイだが、思わぬところでジャニーンの本心がモニカたちにバレる。チャンドラーたちとの友情か?ジャニーンとの関係か?ジョーイは選択を迫られる??!
12話 タイトル:ジョーク泥棒はどっち?(The One with the Joke)
ゲスト:なし

エロ雑誌「プレイボーイ」にロスのジョークが掲載される。大喜びのロスにチャンドラーの思わぬ一言が。「そりゃ面白いさ、俺の作ったジョークだもの」。どちらも譲らない。ところが最後に判定を煽いだモニカから、「くだらないジョークだ」と一蹴され、今度は互いに押しつけあう始末。「女同士で恋人になるなら誰がいいか」という話になり、フィービーは思わず「レイチェル」と言ってしまう。それを聞いたモニカの反応はというと・・・。
13話 タイトル:妹はライバル(The One with Rachel’s Sister)
ゲスト:リース・ウィザースプーン

レイチェルの妹ジル(リース・ウィザースプーン)は甘やかされて育った気まぐれなお嬢さん。父親におこづかいを打ち切られ、悩んでいるジルに、レイチェルは一緒に住もうと提案。でも妹の職探しと自立を手伝おうとするレイチェルの好意を、ジルはことごとく裏切る。その上、ロスとジルがあやしいというフィービーの勘違いにレイチェルは過剰に反応してしまい、逆にそれが2人を急接近させることに。ロスは初デートでジルを家に連れて帰るが…?
14話 タイトル:泣けないチャンドラー(The One Where Chandler Can’t Cry)
ゲスト:リース・ウィザースプーン

ロスがジルを部屋に連れ込み、カーテンを閉めた現場を見たレイチェルは、ロスに説明を求める。レイチェルはロスにジルとのデートをやめるように頼むが、それを知ったジルはかえって対抗意識を燃やし、積極的にロスに迫る。一方、モニカとフィービー、ジョーイはチャンドラーが泣けないという事実にびっくり。彼を悲しませようといろいろ試みるがチャンドラーは全然泣けない。しかし、ロスとレイチェルの会話を耳にしたチャンドラーは、感動して涙が止まらなくなってしまう。
15話 タイトル:空想世界でつかまえて?Part1(The One That Could Have Been)
ゲスト:クリスチャン・アルフォンソ、コール・スプラウス

フレンズの皆は今とは違う全く別の人生について空想の翼をはばたかせる。もしもレイチェルの結婚相手がお金持ちだけど浮気っぽかったら?もしもロスがレズの元妻キャロルと離婚していなかったら?もしもモニカが昔のように太ったままでバージンだったら?もしもジョーイが昼のドラマ「愛の病院日誌」を降ろされずにいたら?もしもチャンドラーが売れないジョーク作家だったら?もしもフィービーが大手証券会社でばりばり働いていたら?爆笑間違いなしの、オープニングも必見!
16話 タイトル:空想世界でつかまえて?Part2(The One That Could Have Been)
ゲスト:ポール・グリーソン

フレンズたちの想像の世界はまだまだ続く。フィービーにそそのかされ、ロスはキャロルに実験的なセックスを提案する。意外にもキャロルは3P要員の候補者リストを作り始める。キャロルは友達のスーザンとセックスしてしまい、自分の妻はレズビアンだと知り、ロスは愕然とする。一方、レイチェルは警戒しながらもジョーイの家に行くが、酔いすぎてセックスできない。目が覚めて、夫のバリーが他の女と寝ているのを目撃すると、罪の意識が怒りに豹変する。ジョーイのところへ戻ろうとするが、代わりにロスに会ってしまう。互いの伴侶について哀れみ合い、妙な結束を深める2人。モニカは処女を捨てたがっているが、あの退屈な医者ではこれ以上の進展は望めそうもない。モニカをチャンドラーが慰め、セックスで寂しさを埋め合わせようとする。思いのほか、セックスの相性がよかったので、2人は付き合うことにする。フィービーは入院していることが耐えられないず、病院を抜け出し、精力的な株の世界へ戻ろうとする。巨額な損失のためクビになったと知リ、また心臓発作を起こし、フォーク・ミュージシャンへ転身する。
17話 タイトル:バレンタインは手作りギフトで(The One with Unagi)
ゲスト:なし

少し遅れたバレンタインデー。チャンドラーはモニカと交換するロマンティックなプレゼントが思いつかずパニックに陥る。仲間に相談してもいい案は浮かばず、やけっぱちで引き出しの中に眠っていたカセットテープを彼女に贈る。モニカの方も忙しすぎて実は手作りのプレゼントを用意していないので、豪華な食事と刺激的なセックス、高価なプレゼントでごまかす。モニカはチャンドラーが自分のためのラブソングだと信じこんでいたが…。一方、昔空手を習っていたロスは、レイチェルとフィービーに武道の心得を伝授しようとするが、2人はロスをあざ笑いながらロスに勝ってしまう。鍛え直したロスは町で2人に襲いかかるが、レイチェルとフィービーではなく痛い目に合う。製薬会社が研究のために一卵性双生児に多額のお金を支払うと聞いて、ジョーイは自分にそっくりな男を雇うが、誰も双子だと信じてくれない。
18話 タイトル:ロスと教え子の禁じられた恋(The One Where Ross Dates a Student)
ゲスト:アレクサンドラ・ホールデン

レイチェルとフィービーの外出中、アパートで火事が発生し寝室がだめになる。フィービーのろうそくが原因とされ、フィービーはジョーイの汚い部屋で、レイチェルがモニカの豪華な客間へ引き取られる。その後、レイチェルの電気ごてが原因とわかり、フィービーとレイチェルは部屋を交換するが…。一方ジョーイは、オーディションの口を得ようとチャンドラーに協力を頼む。チャンドラーは友情に応えるために、誤解を受けながらも、昔の恋人で映画監督のデイナにとりはからってもらうが、ジョーイはオーディションに行くのを忘れてしまう。ロスは大学の教え子エリザベスとデートをして、初めはその関係を内緒にするが、しばらくして同僚たちに彼女を紹介する。そんなロスの行為にエリザベスは心を打たれる。ばれればクビになりかねないと聞いても、ロスは気にする様子がない。
19話 タイトル:やきもち焼きのロス(The One with Joey’s Fridge)
ゲスト:アレクサンドラ・ホールデン

ロスは公然と教え子のエリザベスとデートを続ける。彼女が大学の友人とバカンスをフロリダで過ごすと知り、ロスは酔っ払った男達とワイルドなセックスをする彼女を勝手に想像する。ロスはフロリダまでつけていって、エリザベスを見張ることにする。一方、レイチェルはチャリティ舞踏会の相手を紹介してくれと仲間に頼むが、周りばかりが張り切りすぎて、レイチェル本人と候補者たちは腹を立ててしまう。結局レイチェルはジョーイと出かける。ジョーイは壊れた冷蔵庫を買い換えるために、居候のレイチェルと元ルームメイトのチャンドラーに請求する。が、断わられたので新たに出資者を探さなければならなくなる。
20話 タイトル:ジョーイ再び大ブレイク!の予感(The One with Mac and C.H.E.E.S.E.)
ゲスト:なし

メジャーなテレビアクションシリーズの主役のオーディションに合格一歩手前のジョーイ。仲間たちと芸歴を語り合う。2回目のオーディションのお呼びがかかり、それぞれが昔の緊張の一瞬を思いおこす。しかし、チャンドラーがオーディションの日程が早まったという伝言を伝え忘れ、お互いの失敗を並べたて泥仕合になってしまう。困ったチャンドラーは仲間たちに助けを求め、みんなこれまでの自分たちの喧嘩を思い出す。プロデューサーからかかってきたジョーイの電話を、またしてもチャンドラーがとってしまうが…。ジョーイは主役をつかみ、再びブレイクすることができるのか!?
21話 タイトル:彼女のパパはブルース・ウィリス(The One Where Ross Meets Elizabeth’s Dad)
ゲスト:ブルース・ウィリス、アレクサンドラ・ホールデン

テレビの新シリーズで共演するロボットがあまりにも安っぽかったので、ジョーイはおどおどしたロボットの生みの親ウェインをばかにする。しかしウェインの計らいでジョーイが役を降ろされる。ジョーイが謝ってもウェインは耳を貸さなかったが、ジョーイに女との遊び方を教わり、2人は打ち解けるようになる。一方、エリザベスとの年齢の差を気にするロスは、タフな父親ポール(ブルース・ウィリス)に気に入られようと必死だ。不幸にも、ロスのぎこちない不器用な努力と仲間の善意から出た行為が空回りして(特にレイチェル)、逆効果の結果を生む。しかし、場面は急展開!レイチェルはハンサムなバツイチのポールと…。そんな中、フィービーは本を執筆中のため、チャンドラーとモニカの行動を観察し、いちいち書き留めるので、2人はすっかり参ってしまう。
22話 タイトル:秘密の週末旅行(The One Where Paul’s the Man)
ゲスト:ブルース・ウィリス、アレクサンドラ・ホールデン

エリザベスの厳しい、独身の父親ポールは、娘とは一切つきあうなとロスに言い渡す。その言葉を無視して、2人はロマンティックな週末を過ごすため、山奥のポールの山小屋に出かける。そうとは知らないポールは、レイチェルを口説こうとその山小屋に到着する。今さら逃げることができずに、ロスはエリザベスとレイチェルの力を借りて身を隠す。寝室のドアの後ろに隠れていると、ポールが鏡に向かって自分を奮い立たせている現場を目撃してしまう。レイチェルに自分がどう映るか自信がないのだ。ロスを捕まえたポールは、教え子と付き合っていることがばれればクビになるぞとロスをおどす。逆にロスは自分が目撃した事実をポールにつきつけ、ポールの弱みにつけこんで、エリザベスとのデートを続ける。一方モニカは全くの気まぐれで、美術館主催のユニークな結婚式の2年待ち予約リストに登録する。美術館員(メリン・ダンジー)がモニカの留守電に残したメッセージをチャンドラーが聞いてしまう。2人の関係を誤解したチャンドラーがモニカをどなりつけ、混乱したまま出て行ってしまう。モニカはチャンドラーを探し回り、必死に謝る。しかし、チャンドラーは怒ったふりをしただけで、フィービーにはモニカのプロポーズの決意をうれしそうに語っていたのだ。ジョーイは、役者としての自分を売り込むために、店に自分の写真を貼らせてもらえないかと、クリーニング店の経営者を説得する。
23話 タイトル:ポールは泣き虫(The One with the Ring)
ゲスト:ブライアン・ダンクルマン、ブルース・ウィリス

チャンドラーのプロポーズ計画を知っているフィービーは結婚指輪選びに付き合う。2人はクタクタになるまで探し回って、やっと理想の指輪に出会う。チャンドラーがクレジットカードをとりにいっている間、フィービーは指輪のガードを任される。しかし、他の宝石に目がいってしまい、別の客(ブライアン・ダンクルマン)に買われてしまう。その客のプロポーズの場所を盗み聞きして、チャンドラーをそこへ連れていく。2人がかりでその男を説得し、チャンドラーが買ったもっと高価な別の指輪と交換してもらう。一方、チャンドラーがコソコソ動き回っているので、ロスとジョーイは疎外感を感じる。チャンドラーがレイチェルを含め仲間たちに婚約のプランを打ち明けるまで、2人はチャンドラーをなじり続ける。レイチェルはポールにセックス以上のものを期待している。ポールに感情をさらけだしてもらおうとするが何度も失敗。やっと子供の頃の話を引き出すと、ポールは何時間も泣きじゃくり、一人で抱えてきたトラウマをレイチェルに打ち明ける。それらの感情に押しつぶされそうになったレイチェルは、セックスでポールを楽しませることさえできなかった。
24話 タイトル:チャンドラーのプロポーズ大作戦!Part1(The One with the Proposal)
ゲスト:トム・セレック、アレクサンドラ・ホールデン

上司の印象をよくするために、レイチェルはチャリティ・オークションでフィービーとジョーイに金持ちのパトロンのふりをしてもらう。豪華なボートがオークションに出ると、ジョーイは自分なりに値踏みし、一番の高値をつけてしまった。レイチェルはこっそりジョーイに手を引くようしむけるが、ジョーイは本気でそのボートが欲しくなってしまう。一方、エリザベスの寮にでかけたロスは、酔っ払って友人たちと水風船を投げ合うエリザベスを目撃。年齢の差がいたく身にしみる。顔に水風船をぶつけられ、ロスはとうとう別れを決意する。ついに、チャンドラーがモニカにプロポーズする計画をみんなに発表する。指輪はポケットに入れ、高級レストランで食事をしながらプロポーズ、という段取りだ。しかしモニカは元彼のリチャード(トム・セレック)に出くわして取り乱し、計画は台無しになってしまう。
25話 タイトル:チャンドラーのプロポーズ大作戦!Part2(The One with the Proposal)
ゲスト:トム・セレック

モニカの店に現れたリチャードは、プロポーズするが、そうとは知らないチャンドラーは、「結婚する気はない」という芝居を続け、モニカを激怒させる。今さらリチャードの元に戻る気にもなれず、モニカは悩む。ジョーイから事情を聞いたチャンドラーはあわててリチャードの部屋に行くが、モニカは帰ったあと。男同士の話し合いのあと、リチャードがいい人ぶりを発揮して身を引く。チャンドラーが部屋に帰ると、モニカが部屋いっぱいにロウソクを並べて待っていた。そしてついに…。一方、何となく焦りを感じるレイチェルは、「40になっても独身なら結婚しよう」というバックアップを持ちたくなる。フィービーがロスとジョーイの2人をキープしていると知って抗議。抽選の末、ロスをバックアップ用に獲得する。

シーズン7

01話 タイトル:チャンドラーのプロポーズ・・・その後(The One with Monica’s Thunder)
ゲスト:なし

遂に、夢にまで見たチャンドラーとの結婚ができるとあって、モニカは大はしゃぎ。みんなで祝杯を上げることになったが、自分だけ結婚できないと胸中複雑なレイチェルは、思わずロスにキスしてしまう! これを機にみんなの話題はレイチェルに集中し、モニカは「今日の主役の座を奪われた!」と、かなりのお怒りモード。一方、チャンドラーはなぜか不能になり悩み、フィービーは結婚式で自作の歌を歌おうと勝手に大張りきり、ジョーイはオーディションで19歳の役を受けるようで……。
02話 タイトル:モニカの結婚式プラン(The One with Rachel’s Book)
ゲスト:なし

モニカの両親が海辺にある別荘を購入。ところが、その費用に当てたのはモニカの結婚資金だった。ということで、モニカは大ショック! 貯金を貯め込んでいるチャンドラーに式の費用を出してもらおうと懇願するけれど、なんだか乗り気じゃない様子……。一方、ジョーイはレイチェルの部屋でエッチな本を見つけて大はしゃぎ。登場人物のマネをしてレイチェルを口説こうとすると、レイチェルも負けじと娼婦のように振る舞い、ジョーイを怯えさせる!?
03話 タイトル:秘伝のクッキー・レシピ(The One with Phoebe’s Cookies)
ゲスト:なし

モニカの婚約祝いに、フィービーは祖母が遺した秘伝のクッキーレシピを贈ることに。でも、そのレシピが火事で燃えてしまったため、モニカはフィービーが冷凍していた最後のクッキーからレシピを割り出そうとする。何度も焼き直した末、遂にそのクッキーは完成するが、それは市販の素に書かれたレシピと同じだった……。一方、ジョーイにセーリングを教えるレイチェルだが、やけに傲慢で……。モニカの父親ジャックとサウナに入ったチャンドラーは、誤ってジャックの膝の上に座ってしまう。
04話 タイトル:レイチェルのアシスタント(The One with Rachel’s Assistant)
ゲスト:エディ・ケイヒル

ラルフ・ローレン「ポロ」の責任者に昇進したレイチェルはアシスタントを雇うことに。さっそく、素晴らしい経歴を持つ有能な女性と、若くてセクシーな男性タグのどちらを採用するかで大いに悩む。結局、みんなのアドバイスを無視して、タグを雇うことにするのだが……。一方、チャンドラーがロスの「ウンチもらし事件」をバラしたことを発端に、モニカも巻き込んだ3人の暴露合戦が始まる! ジョーイは、かつてクビになった昼メロドラマ「愛の病院日誌」への復帰話が持ち上がるが……。
05話 タイトル:素敵な婚約写真?(The One with the Engagement Picture)
ゲスト:エディ・ケイヒル、デヴィッド・サトクリフ

地元新聞でモニカたちの婚約が発表されることに! でも、チャンドラーは写真が大の苦手。ジョーイからスマイルの特訓を受けるものの、カメラを前にするとやっぱり顔が硬直。結局、チャンドラーの代わりにジョーイが写真に写ることになる。一方のレイチェルはアシスタントのタグに夢中。でも、ジョーイと一緒に夜遊びに出かけたタグはナンパの極意を覚えてしまったようで……。フィービーとロスがそれぞれ付き合いだしたお相手は、なんと離婚前の夫婦だった!
06話 タイトル:ブライドメイドはゆずれない!(The One with the Nap Partners)
ゲスト:なし

レイチェルVSフィービー!? モニカたちの結婚式でどちらが花嫁介添人にふさわしいかジョーイとロスがオーディションをして決めることになった。その結果、フィービーに決まるが……。チャンドラーに昔、太ったという理由だけで振った彼女がいると知り、元デブのモニカとしては黙っていられないず、わざわざその彼女に謝りに行かせる。ビデオを観ているうちに抱きあって眠ってしまったロスとジョーイ。あまりの寝心地の良さに、その後もふたり一緒に眠るが、みんなにバレてしまって、大変なことに!
07話 タイトル:SEX AND THE ジョーイ(The One with Ross’s Library Book)
ゲスト:クリスティン・デイヴィス

ロスは勤務する大学の図書館に自分の博士論文が置かれて有頂天! でも、その本棚があるのは学生たちがエッチを楽しむひとけのない場所。なんと、けしからん!というわけで、さっそくエッチを阻止すべく見張りを始めたロスだが、自分の論文を読んでいた女学生とついついエッチをしちゃって……。チャンドラーの結婚が元彼女ジャニスに知られてしまった!強引なジャニスはすっかり式に参列する気だが……。ジョーイは一夜の恋人エリンと真剣交際しようと心変わりする。
08話 タイトル:感謝祭の1日(The One Where Chandler Doesn’t Like Dogs)
ゲスト:エディ・ケイヒル

レイチェルはモニカ主催の感謝祭ディナーに、セクシーな男性アシスタントのタグを招待する。彼女と別れたばかりで落ち込むタグをデートに誘いたいレイチェルだが、それは規則違反。でも、ジョーイの勘違い発言のおかげで事態は思わぬ方向へ! 一方、犬嫌いのチャンドラーに内緒で友人の犬を預かっていたフィービーは、ディナーには連れていけないからと、ロスのアパートに置いてくることに。それを知ったチャンドラーは罪の意識から、ロスのアパートへと向かうが……。
09話 タイトル:フィービー夢の自転車(The One with All the Candy)
ゲスト:エディ・ケイヒル、コール・スプラウス

子供の頃、家が貧しく、自転車がなかったフィービー。同情したロスはフィービーに自転車をプレゼントするが、実はフィービー、自転車に乗れないらしい。そこで彼女を特訓することにしたロスだが、全く上達する気配がないので、こっそり補助輪をつけてやることに。スイスイ自転車が乗れるようになって大喜びのフィービーを見て、ロスもホッと一息つくのでした。一方、モニカはご近所と仲良くしようと、ドアノブに手作りキャンディを入れたかごをぶら下げておくが……。タグとつき合い始めたレイチェル。社内恋愛は禁止なのでスリル満点の日々に大興奮!
10話 タイトル:アルマジロ・クリスマス(The One with the Holiday Armadillo)
ゲスト:コール・スプラウス

クリスマス間近。ロスは可愛い息子のために、クリスマスの扮装をしようと決心するが、あいにく衣裳はどれも出払っていて、結局手に入ったのはアルマジロ(アリクイやナマケモノと同種)の衣裳。渋々着替えるロスだが、そこへサンタ姿のチャンドラーとスーパーマンの格好をしたジョーイが乱入してきたものだから……。火事になったフィービーとレイチェルのアパートの修理が終わった。レイチェルとの同居を再開させたいフィービーだけど……。レストランで延々と待たされたモニカ&チャンドラーは、賄賂を渡して早く席に案内してもらおうとするが、なかなかうまくいかなくて……。
11話 タイトル:魅惑のチーズケーキ(The One with All the Cheesecakes)
ゲスト:ハンク・アザリア

間違って配達されたチーズケーキを食べ、その味に夢中になるチャンドラー。本来の受取人である階下の住人に返すようにと勧めるレイチェルだが、味見をして同じく虜になってしまう。あげくの果ては、床に落ちたケーキまで食べちゃう始末……。ジョーイとディナーの約束をしていたフィービーは、昔の恋人と偶然再会。でも、その日のうちにロシアへ帰ってしまうらしく……。いとこの結婚式にひとりだけ呼ばれず怒るモニカ。強引に出席するが、新郎はかつての恋人だと分かり、招待されなかった理由に納得する。
12話 タイトル:オールナイトは大騒ぎ(The One Where They’re Up All Night)
ゲスト:エディ・ケイヒル

みんなにとって眠れない夜となる・・・。レイチェルとタグは翌日までに提出しなければならない書類の在りかをめぐり会社に戻って探し、ロスは屋上に閉じ込められ、フィービーは部屋の火災探知機のベルが鳴り響くのをとめるのに四苦八苦。モニカとチャンドラーもお互いの睡眠を妨げあって…。
13話 タイトル:愛されてるのはどっち?(The One Where Rosita Dies)
ゲスト:ジェイソン・アレクサンダー

ジョーイご愛用のイスを壊してしまったレイチェル。だが、何を勘違いしたのか、自分が壊してしまったと思い込んだチャンドラーが、こっそり別のイスと取り換えようとする。それがとんだ大混乱が巻き起こし……。両親が家を売りに出すことを知ったロスとモニカは、思い出の品々を実家に取りに行く。しかし、モニカの物だけが父親の愛車ポルシェの水よけに使われていたため、カビだらけのボロボロになっていた……。悲しむモニカだったが、反省した父親から代わりにポルシェを譲ってもらって大満足!
14話 タイトル:30歳のバースディ(The One Where They All Turn Thirty)
ゲスト:エディ・ケイヒル

ついに、30歳を迎えたレイチェル。落ち込む彼女を励ましながら、みんながそれぞれの誕生日を振り返る。今後の人生を考えたレイチェルはタグと別れる決意を固める。
15話 タイトル:ジョーイの脳は大女優?(The One with Joey’s New Brain)
ゲスト:スーザン・サランドン、エヴァ・アムリ

ジョーイ感激!昼メロ「愛の病院日誌」のドレイク・ラモレーが脳移植手術を受けて昏睡から目覚めることになった!でも、移植される脳の主は20年間出演している超ワガママ女優のジェシカ(スーザン・サランドン)。今後はラモレーの体で彼女の役柄を演じなくてはならないためことを聞いたジョーイは、ジェシカに演技指導を頼むけれど……。いい男が忘れていった携帯電話を拾い、新たな恋の予感を感じたフィービーとレイチェル。どちらがこのチャンスをつかむかで、醜い争いが始まった!?
16話 タイトル:ロンドンの夜の真実(The One with the Truth About London)
ゲスト:コール・スプラウス

結婚式の司祭を誰に頼むかで悩むモニカ&チャンドラーは、ジョーイにインターネットで資格を取らせ、彼に依頼する。が、陳腐でくどい挨拶しか考えられないジョーイに、不安がつのる。さらに、ふたりがはじめて結ばれたロンドンでの運命の夜にモニカが狙っていたのはジョーイだったことが発覚。チャンドラーとジョーイの友情がひび割れそう!?
17話 タイトル:理想のウエディングドレス(The One with the Cheap Wedding Dress)
ゲスト:ガブリエル・ユニオン

高級ブライダル店で理想のウェディングドレスを見つけたモニカ。浮かれるモニカは居合わせた客の一人、メーガンに結婚の計画についてあれこれ話し、おまけにディスカウントストアで同じ商品が買えることも漏らしてしまう。いざディスカウントストアへ行くと、そこにはメーガンの姿が! さて、ドレスを手にするのはどっち!? 一方、新しく越してきたセクシーなクリスティンにロスとジョーイはもう夢中!
18話 タイトル:ジョーイの授賞式(The One with Joey’s Award)
ゲスト:アリソン・スウィーニー

昼メロの賞にノミネートされ、大喜びのジョーイ。たとえ受賞を逃しても“綺麗な負け顔”ができるようレイチェルにアドバイスされる。だが、いざ授賞式で、他の俳優の名前を挙げられると、ジョーイはプンプンに! 挙げ句トロフィーを持ち逃げしようとする!? 一方、新しい恋に浮かれるフィービーを見たモニカは、自分はもう初デートの時のような初々しい気持ちは抱けないのだと思い寂しくなる。
19話 タイトル:いとこはボンド・ガール(The One with Ross and Monica’s Cousin)
ゲスト:デニス・リチャーズ

モニカのゴージャスなイトコ、キャシー(デニース・リチャーズ)に惹かれるチャンドラー。困ったモニカは、キャシーをロスのアパートに泊まらせる。が、親戚なのに彼女にキスしたい衝動をロスは抑えきれず!?一方、レイチェルとフィービーは、モニカが結婚前のパーティーを当然開いてくれると期待していることに、いまさらながらに気づく。そして、大急ぎでサプライズ・パーティーの準備をするが、当のモニカを誘うのを忘れてしまい……。
20話 タイトル:レイチェルとウィノナ・ライダーの秘密(The One with Rachel’s Big Kiss)
ゲスト:ウィノナ・ライダー

レイチェルの学生時代の友人メリッサ(ウィノナ・ライダー)がやって来た。当時、酔っぱらったレイチェルがメリッサにキス!実はそれ以来、メリッサはレイチェルのことが好きだった……。レイチェルの口利きで、ロスとチャンドラーはラルフローレンのタキシードをレンタルすることに。しかも、以前に有名人が着ていたということを知った瞬間、ふたりは争うようにタキシードを選びはじめる。一方、ジョーイはモニカたちの結婚式に自分の両親も招待して“ショー”をやると意気込みモニカを困らせる。
21話 タイトル:思い出は美しすぎて!?(The One with the Vows)
ゲスト:なし

結婚式を1カ月後に控え、誓いの言葉を考えるチャンドラーとモニカ。ふたりの交際期間を中心にみんなで思い出を振り返る。ふたりの結婚で今後のつき合いに変化が訪れると知りながらも、みんなは懐かしく思い出を語り合う。モニカは感情に訴える文句を、チャンドラーはあくまでも陽気な文句を書き上げるが……。
22話 タイトル:パパはキャスリーン・ターナー(The One with Chandler’s Dad)
ゲスト:キャスリーン・ターナー

疎遠になっているチャンドラーの父親(キャスリーン・ターナー)を結婚式に招待したいモニカは、嫌がるチャンドラーを説得してラスベガスへ出発。チャンドラーの父親はヘレナ・ハンドバスケットという芸名でニューハーフショーに出演中だった。一方、モニカのポルシェに自分だけ乗ったことがないと知ったレイチェル。ロスに無理矢理運転させるが、スピード違反で警官に止められてしまう。なんとか違反キップを逃れようと、レイチェルの色仕掛け作戦が始まった!?
23話 タイトル:ベスト”フレンズ”ウエディング Part1(The One with Monica and Chandler’s Wedding)
ゲスト:モーガン・フェアチャイルド、キャスリーン・ターナー、ゲイリー・オールドマン

チャンドラーとモニカの結婚式の前日、ふたりの親戚が集まった。両家の食事会は驚くほど穏やかに進むが、結婚を前にパニックに陥ったチャンドラーが失踪騒ぎを起こす! 一方、スターのリチャード(ゲーリー・オールドマン)と共演することになったジョーイだが、セリフをしゃべりながらツバを吐くリチャードの癖が気になってしょうがない。でも、「名優は皆ツバを吐く」と言われ、納得する。
24話 タイトル:ベスト”フレンズ”ウエディング Part2(The One with Monica and Chandler’s Wedding)
ゲスト:モーガン・フェアチャイルド、キャスリーン・ターナー、ゲイリー・オールドマン

結婚式当日。ロスとフィービーがパニック状態のチャンドラーをオフィスで発見し、準備をさせるために説得して連れ帰る。ドラマの撮影現場から式場へと急ぐジョーイは第一次世界大戦時の兵士の格好で現れ、皆を唖然とさせる。チャンドラーはモニカに感動的な誓いの言葉を述べ、無事式は終了するが、レイチェル、モニカ、フィービーの中の誰かが妊娠していることが判明し……!!

シーズン8

01話 タイトル:ベスト”フレンズ”披露宴(The One After ‘I Do’)
ゲスト:モーガン・フェアチャイルド、コール・スプラウス、ボニー・サマーヴィル

チャンドラーは披露宴でダンスを踊るために密かにダンスレッスンを受けていたが、とうとう技を発揮できずに終わる。妊娠したのはレイチェルだということが発覚。父親の名はまだ教えない。将来のことを不安に想い悩むレイチェルは、確認のためにもう一度妊娠を検査する。フィービーが結果を偽り、妊娠していないと告げると意外にもレイチェルはショックを受ける。そのおかげで、自分が子供を望んでいると知ったレイチェルは出産を決意する。ロスは披露宴でモナというモニカの同僚と知り合い、今後交際を始める。
02話 タイトル:探せ!赤いセーターの男(The One with the Red Sweater)
ゲスト:エディ・ケイヒル

子供の父親に妊娠を告げるまでは、誰にも名前を明かさないとかたくななレイチェル。忘れ物のセーターから父親はタグ(第7シリーズでレイチェルの部下だった年下の男性。2人は一時つきあっていた)ではないかと予想されたが、それはフィービーの早とちり。最後にセーターの持ち主はロスであったと判明する。結婚式の写真を撮ったカメラを紛失したチャンドラーはニセの写真を撮ってごまかそうとするが、あっさりモニカにバレる。一方モニカはチャンドラーがいないうちに我慢できずお祝いの品を全部開けてみてしまう。
03話 タイトル:衝撃のロス(The One Where Rachel Tells…)
ゲスト:なし

新婚旅行に出かけたモニカとチャンドラーは、行く先々で出会う別の新婚カップルに「ハネムーンの特典」をタッチの差で奪われやきもきする。モニカたちの留守中、モニカのアパートに入りたくなったフィービーとジョーイ。2人ともモニカたちから信用されておらず、合い鍵を没収されていた。それならば管理人に開けさせようと、ガスもれだとウソをついて管理人を呼ぶが、結局ドアをぶち破られてしまい、こっそり侵入することはかなわなかった。レイチェルはロスに子どもを身ごもったことを遂に告白。ロスは大ショックで固まってしまう。その後、気を取り直しレイチェルに結婚を切り出すが、「愛し合ってもいないのに結婚はしない」とレイチェルは反発し、子どもを1人で育てると言い出す。
04話 タイトル:セックスと嘘と二人のビデオテープ(The One with the Videotape)
ゲスト:なし

モニカとチャンドラーは、新婚旅行先で知り合ったカップルと友達になってご機嫌で帰宅。その様子を見て、フィービーとジョーイはそのカップルに嫉妬を燃やす。ところが、モニカがカップルの連絡先に電話してもつながらず、フィービーたちはニンマリ。モニカはムキになって何とか連絡をとるが、向こうはモニカたちをさほど大事な友達だと思っていなかったことが判明する。レイチェルがどういういきさつで妊娠することになったのか、仲間たちが質問するが、ロスもレイチェルも、お互い相手が誘ってきたと言って譲らない。その一部始終がたまたまビデオに収まっていることがわかり、すったもんだの末、全員で鑑賞することになった。その結果、ジョーイの必殺口説き文句を使ってレイチェルの方から先に迫っていたことがわかり、ロスの無実が証明される。
05話 タイトル:チャンドラーは誰?(The One with Rachel’s Date)
ゲスト:ジェフ・ピアソン、ボニー・サマーヴィル

自分の子供を妊娠したレイチェルがハンサムな俳優キャッシュとデートすると知って、ロスは大ショック。しかしデートは不調に終わる。フィービーは、キュートだが不器用なシェフのティム(ケビン・ラム)と交際を始め、彼をクビにしようとする上司のモニカに抗議する。しかし結局、自分も彼を振ることに。チャンドラーは、会社の別の階にいるボブの異動を妨害する。ボブはチャンドラーの名前をトビーだと思い込み、5年間もそう呼び続けていた。それを訂正するのに気後れしたからだったが、あとで後悔することになる。
06話 タイトル:恋の相手はショーン・ペン(The One with the Halloween Party)
ゲスト:ショーン・ペン、ボニー・サマーヴィル

モニカ主催のハロウィン・パーティー。フィービーは、いい加減な双子の姉アースラのフィアンセで、感じのいい男性エリックと出会う。人を疑うことを知らない彼に対して、姉がウソを並べたてていると知ったフィービーは心配になり、自分も彼に惹かれていると気付く。キャットウーマンに扮したモニカは、フィービーの「スーパーガール」に対抗意識を燃やす。ピンクバニーの衣装で現れたチャンドラーは、ソ連の人工衛星“スプートニク”を模したロスの巨大な衣装を、鼻でバカにする。また、キャンディを全部配ってしまったレイチェルは、後ろめたさを感じつつ、お菓子をもらいに来た子供たちに小切手を書いて渡す。
07話 タイトル:ロスは”エーゼル”?(The One with the Stain)
ゲスト:ショーン・ペン、アーデン・マイリン

ロスは妊娠中のレイチェルが部屋を探していると知って、自分のアパートの空き部屋を勧める。だがロスが死んだものと思っていたその部屋の年老いたオランダ系住人はまだ生きていた。ロスは取り入るためにオランダ語まで勉強し、老人の死後その部屋を確保するが、レイチェルのルームメイトであるジョーイは、彼女を引き留めようと赤ちゃん用のスペースを作る。ジョーイの優しさにうたれたレイチェルは引っ越しを取りやめる。一方、エリック(ゲスト・スターのショーン・ペン)が双子の姉アースラと別れ、デートに誘ってくれたので、フィービーは有頂天。ところがエリックはフィービーが留守中に間違えてアースラと寝てしまい、2人の恋はあっけなく終わる。モニカはチャンドラーが雇ったメイドが、ジーンズなど自分の持ち物を盗んだのではないかと疑い、それを確かめようと奇怪な行動をしてしまう。
08話 タイトル:お騒がせバチェラー・パーティー(The One with the Stripper)
ゲスト:ボニー・サマーヴィル

レイチェルは、短気な父ドクター・レナード・グリーンに、ロスの子供を妊娠したと恐る恐るうち明ける。それを聞いたドクター・グリーンが抗議のためにロスの部屋に押しかけると、ちょうど彼は新しいガールフレンドのモナとイチャつき始めたところだった。ロスはレイチェルの父とモナの板挟みになり説明に四苦八苦。「ロスとは結婚する意思はない」とレイチェルから2人に説明してもらい、一応は丸く収まる。一方モニカは、チャンドラーにバチェラー・パーティーをさせなかったことを反省し、遅ればせながら開かれたパーティーにストリッパーを手配する。しかし、パーティーに現れたのはストリッパーではなく、娼婦だった。
09話 タイトル:ブラピの「ヘイト・クラブ」(The One with the Rumor)
ゲスト:ブラッド・ピット

感謝祭のエピソード。スペシャルゲストとしてブラッド・ピットが登場、モニカの高校時代の友人ウィルを演じる。彼は昔ただ一人、モニカより太っていたが、今ではすっかり色男に変身。モニカは仲間との感謝祭ディナーにウィルを招待する。だが実は彼、高校時代レイチェルを嫌って「レイチェルを嫌う者の会(ヘイト・クラブ)」をロスと一緒にやっていた。そのことでロスは責められ、過去の汚点まで暴露される。キッチンでモニカの手伝いをしたくないチャンドラーとフィービーは、テレビ中継のフットボールの試合に夢中なふりをする。ジョーイは一人で七面鳥を丸ごと食べきってやると宣言し、見事完食する。
10話 タイトル:モニカのブーツ(The One with Monica’s Boots)
ゲスト:トゥルーディー・スタイラー、コール・スプラウス

大枚はたいて高価な黒のブーツを買ったモニカをたしなめるチャンドラー。セクシーな新しいブーツを履いて足を痛めるモニカだが意地でも履き続け、チャンドラーの言い分が正しかったことを認めようとしない。一方フィービーは、ロスの息子ベンがロック・スターのスティングの息子と同じ学校に通っていると知る。俄然張り切り、何とかスティングに会って次のライブのチケットを手に入れようともくろむフィービーだが、彼女の前にスティングの疑り深い妻、トルーディ・スタイラー(本人)が立ちはだかる。また、ジョーイは妊娠した妹ディナと大喧嘩。レイチェルはそんな2人の間に入り、仲直りをさせようとする。
11話 タイトル:クリスマスカードはまだ早い?”[脚注 7(The One with Ross’s Step Forward)
ゲスト:ボニー・サマーヴィル

ロスの新しいガールフレンドのモナが、2人の写真入りの可愛いクリスマスカードを皆に送りたいと言い出し、思わずビビるロス。妊娠によるホルモンの影響で、レイチェルは性欲を満たす相手を探し回り、セックス大好きのジョーイにも声をかける。新婚ホヤホヤのチャンドラーとモニカは、離婚の痛手をひきずるチャンドラーの上司に振り回される。
12話 タイトル:ジョーイの新しい恋(The One Where Joey Dates Rachel)
ゲスト:コール・スプラウス

大事なデートを明日の夜に控えたジョーイは、そのリハーサルも兼ねて、妊娠したせいでデートができないレイチェルと食事にでかける。そしてお互いのデートテクニックを披露し合ってなごやかな時を過ごすうち、ジョーイは今まで知らなかったレイチェルの魅力に気付く。これを機に、2人の関係は予想外の展開を見せることに。一方チャンドラーは、結婚祝いにもらったミズ・パックマンのゲームマシンで最高得点を出し、スコアの名前欄に卑わいな言葉を並べて得意顔。だがベンがこのゲームをやりにくることになり何とか名前欄を消そうと大騒ぎになる。ロスは上級クラスを教えることになり喜ぶが、上級クラスの校舎は町の反対側にあった。そこで授業に間に合うよう、猛スピードで移動する羽目になる。
13話 タイトル:素敵なバスタイム(The One Where Chandler Takes a Bath)
ゲスト:なし

ジョーイはレイチェルへの秘かな思いを抱えて悩む。その様子を見たモニカとチャンドラーは、彼が恋している相手はフィービーだと思い込む。モニカがそのことをフィービーに暴露したため、ただでさえややこしい状況がよけい混乱する。最後には恋の相手はレイチェルだとモニカたちは知る。一方、ロスとレイチェルは生まれてくる子供の性別を前もって知るのはやめようと決めるが、レイチェルは担当医のファイルをのぞき見る。結局ロスも医者から聞き出して、子供は女の子だと判明する。お風呂嫌いのチャンドラーに、優雅なバスタイムの楽しみを教えようとするモニカ。すっかりハマったチャンドラーは、バスタブを独占したがる。
14話 タイトル:見てはならないモニカの秘密(The One with the Secret Closet)
ゲスト:なし

妊娠中のレイチェルが痛みを訴えたため、心配したジョーイは彼女を病院に連れて行く。レイチェルに熱い思いを抱くジョーイだが、このままではロスから父親としての喜びを奪うことになるのだと気付き、本心とは裏腹に、ロスとレイチェルが一緒に住むことを提案する。2人は迷った末同居を始める。一方、チャンドラーはモニカが鍵をかけて開けようとしないクローゼットの中に、何が入っているのか見たくてたまらない。ようやく開けたところ、中はあのモニカとは思えないゴチャゴチャの状態だった。モニカは嫌々ながらフィービーのマッサージを受けるが、あまりの気持ちよさにあえぎ声を連発。フィービーはやらなければよかったと後悔する。
15話 タイトル:バレンタインに心乱れて(The One with the Birthing Video)
ゲスト:ボニー・サマーヴィル

モニカはチャンドラーのためにスペシャルなバレンタイン・デーをと考え、セクシーなランジェリー姿で夫の前に登場。だがチャンドラーは、レイチェルに渡るはずだった出産シーンのビデオを知らずに見てしまい、あまりのショックに甘い気分など吹っ飛ぶ。一方、ロスはレイチェルが自分の部屋に越してきたことを、ガールフレンドのモナに言えないでいた。完璧なバレンタインデートを演出してモナのご機嫌を取ろうと考えたロスだが、モナが予告なしに突然部屋に来てしまい、計画をぶち壊しに。モナに振られてしまう。また、フィービーは落ち込むジョーイを元気づけようと、世界で一番陽気な犬を連れてくる。恋に悩むジョーイに、ロスは事情をよく知らぬまま「そんなに真剣な恋なら自分に正直になれ」とアドバイスする。思い詰めたジョーイはロスにレイチェルを好きだと告白する。
16話 タイトル:レイチェル?レイチェル!?レイチェル!!(The One Where Joey Tells Rachel)
ゲスト:なし

罪悪感にかられたジョーイは、ついにレイチェルへの思いをロスに打ち明けた。ロスは驚愕するがジョーイと話し合い、ジョーイはたとえ結果がどうなろうとも、レイチェルに気持ちを伝えることにする。そしてレイチェルをディナーに誘い、ついに告白。レイチェルは予期せぬ告白に衝撃を受けるが、答えはノー。2人は泣きながらいつまでも抱き合うのだった。一方モニカは、フィービーの新しいボーイフレンドでハンサムなドンと共通点が多いことを知り、すっかり意気投合。その様子を見たチャンドラーはやきもきする。
17話 タイトル:紅茶占いの人(The One with the Tea Leaves)
ゲスト:アレック・ボールドウィン、ジェームズ・レグロス、ボニー・サマーヴィル

レイチェルに思いを告白した後、ジョーイは気まずさを感じて彼女を避けていた。友情を取り戻したいレイチェルは、話題づくりのために「上司がお腹の子を買いたがってる」とジョーイにウソをつく。怒ったジョーイはレイチェルの会社に怒鳴り込み、レイチェルは大焦り。結局、訴訟を過度に恐れている会社から産休を余分にもらえることになり喜ぶ。一方、お茶の葉占いで、もうすぐ夢の男性に巡り合えるというお告げが出たフィービー。最近よく見かけるジムがその人ではないかとデートするが、ジムが変態だとわかって逃げ出す。その後、別の出会いがある。ロスは別れたガールフレンド、モナの部屋から、お気に入りのピンクのシャツを取り戻そうとして、散々な目に遭う。
18話 タイトル:ロスはスピーチ上手”[脚注 8(The One in Massapequa)
ゲスト:アレック・ボールドウィン

ロスとモニカの両親の結婚記念パーティーで、乾杯のスピーチをやると張り切るモニカ。毎年ロスがスピーチをして会場を涙に包むのに対抗するため、死んだおばあちゃんや犬の話までもちだして涙を誘おうとするが空回りする。フィービーの新しい彼氏パーカーは根っからのポジティブ人間で、どんなことにも大げさに感動しては、周りを寒くさせる。フィービーも次第に疎ましくなり、早くも別れる。 ロスの父母の体面のために結婚したことにしてくれと言われたロスとレイチェルは、調子に乗って夢のような結婚式話をパーティー会場で吹聴する。話しているうちに2人はお互いその気になりかけるが…。
19話 タイトル:ジョーイのインタビュー大作戦!(The One with Joey’s Interview)
ゲスト:なし

お昼のメロドラマ「愛の病院日誌」に復帰したジョーイは、“ソープ・オペラ・ダイジェスト”誌のクロスワード・パズルに自分の名前が使われたので大喜び。実は取材の申し込みまで受けていたがジョーイは乗り気でなく、いったん断わっていた。というのも、前回のインタビューがトラブルの元となって、番組を降ろされた過去があるからだ。自分の名前を雑誌に載せてほしいレイチェルは、インタビューを受けて自分の話をしてほしいとジョーイを説得する。ジョーイは、今度こそ問題発言をしないよう、お目付役としてみんなもその場にいてくれとせがみ、仲間たちは不審者のようにそばで聞き耳を立てることに。インタビューを受け、ジョーイは自分のおバカな行動を回想していく。
20話 タイトル:赤ちゃんが生まれたら?(The One with the Baby Shower)
ゲスト:マーロ・トーマス

レイチェルの出産激励会をモニカとフィービーが開いてくれた。しかしレイチェルはパーティーの最中に、出産後の育児に関する準備を何もしていなかったことに気付き愕然とする。そこで仕方がなく、イライラを承知で母サンドラに産後しばらく同居してもらうことにしたため、ルームメイトのロスはうろたえる。自分には育児経験があり、助けは必要ないとロスは力説し、結局サンドラは同居をあきらめる。一方、サンドラをパーティーに招待し忘れていたモニカは、当日急きょ連絡を取り、何とか説得して彼女に出席してもらったが、サンドラはおかんむり。モニカは彼女のご機嫌を取ろうと必死でおだてあげるが効果なし。そのサンドラの態度にモニカは逆ギレして、抗議するが、最後の最後で気の弱さが出て、サンドラに平謝りする。クイズ番組の司会のオーディションを受けることになったジョーイ。チャンドラーとロスはジョーイに協力してややこしいゲームの稽古につき合い、意外にも盛り上がる。
21話 タイトル:モニカの料理バトル(The One with the Cooking Class)
ゲスト:レナ・ソファー

モニカのレストランの料理が新聞で酷評された。そこでモニカは意見を撤回させるべく、記事を書いた批評家が講師を務める批評クラスに乗り込むが、またもや料理をけなされる。だがその後、初心者のクッキング・セミナーに紛れ込んだモニカは、料理の天才として賞賛される。一方、ロスとベビー用品を買いに行ったレイチェルは、キュートな店員のケイティー(レナ・ソファー「ジェネラル・ホスピタル」)がロスと仲良くするのを見て怒る。また、大事な就職面接を控えて落ち着かないチャンドラーは、フィービーからいささか怪しい手ほどきを受ける。
22話 タイトル:カモン!ベイビー!(The One Where Rachel Is Late)
ゲスト:なし

出産予定日を過ぎても一向に生まれる気配がなく、イライラが募るレイチェル。そこで彼女は、分娩を早めるため様々な方法にトライする。一方、モニカとフィービーは出産の日がいつになるか賭けをする。ジョーイが出演した第一次大戦の映画のプレミアが開かれるが、彼が招待できるゲストは一人だけ。ジョーイはチャンドラーを選ぶが、チャンドラーが上映の最中で眠り込んでしまったため、激怒する。
23話 タイトル:ママにプロポーズを Part1(The One Where Rachel Has a Baby)
ゲスト:エディ・マクリントック

レイチェルは病院の陣痛室で、気をもむロスと一緒に出産の時を待つ。だが、レイチェルが陣痛に苦しんでいる間に、同じ部屋に妊婦が次々とやって来ては、先に分娩室へ運ばれていきレイチェルは世の中不公平だと怒り出す。そこにやってきたのはジャニス。彼女もなんと妊婦だった。ロスは母親のジュディーにレイチェルと結婚しろと迫られ、おばあちゃんの形見の指輪を渡されて困惑する。自分たちも子供を作ろうと思い立ったチャンドラーとモニカは、病院内で二人きりになれる個室を探す。一方、ハンサムな患者クリフ(エディー・マクリントック)に心を奪われたフィービー。彼女はジョーイに、ドラマで演じているドレーク・ラモレー医師のふりをしてクリフに関する情報を聞き出してくれと頼み、ジョーイは間抜けな質問をする。
24話 タイトル:ママにプロポーズを Part2(The One Where Rachel Has a Baby)
ゲスト:エディ・マクリントック

モニカとチャンドラーは空き部屋で子作りしようとするが、看護婦に見つかってしまい、結局、掃除用具倉庫でコトを済ます。フィービーはクリフといい雰囲気になっていたが、ジョーイが偽医者だったことがバレて、この恋は早くも終わる模様?待ちに待った分娩の時がレイチェルにも訪れ、難産ながらもとうとう出産、レイチェルは母となり、子供の名前もエマと決まる。しかし出産の感激から覚めると今度はレイチェルに産後の鬱が襲いかかり、何を見ても泣き出す始末。そんな不安定な精神状態に加えて、ジャニスに「ロスは当てにならないから一人で子供を育てる覚悟をしろ」とアドバイスされて、どっぷり落ち込んでしまう。そんな時、病室にジョーイが現れ、ロスの上着から落ちた指輪をたまたま拾う。その姿をプロポーズと誤解したレイチェルは「いいわ」と思わず返答してしまう。ロスの方はフィービーと話すうち、レイチェルとの結婚に傾いたかに見えるが、果たして…。

シーズン9

01話 タイトル:プロポーズの行方(The One Where No One Proposes)
ゲスト:クリオ・キング

プロポーズされたと思い込むレイチェルに、ジョーイは誤解だと説明しようとするが、その度に邪魔が入ってなかなか言い出せない。一方、フィービーはレイチェルの婚約を知り、てっきり相手はロスだと思い、ロスにおめでとうを言う。慌てたロスはレイチェルに自分はプロポーズしてないと言うと、レイチェルからジョーイがプロポーズしたのだと聞かされ驚く。そこでジョーイはようやく、あれはレイチェルの勘違いだと言い出すことができ、とりあえず行き違いは解消した。しかし、レイチェルがジョーイのプロポーズを1度は承諾したという事実にロスは傷つく。子供が欲しくなったチャンドラーとモニカは、清掃用具室でまたも子作りに励むが、その様子をモニカの父ジャックに目撃されてしまう。ジャックもショックを受けるが、二人が真剣に子作りを始めたことを知って大喜び。張り切って妊娠しやすい体位を指南する。
02話 タイトル:ホントに泣きたいのは誰!?(The One Where Emma Cries)
ゲスト:なし

エマを連れてレイチェルが晴れて退院してきた。ところが、泣き止まないエマにレイチェルは四苦八苦。たまたまモニカが抱いたところ、ピタっと泣きやみ、モニカは泣き声ストッパーに任命される。大事な会議の最中、居眠りしていたチャンドラーはオクラホマの田舎町への転勤話を引き受けてしまう。これにはモニカが大反対だが果たして・・・・・。レイチェルへのプロポーズ事件を未だに面白く思っていないロスはジョーイの謝罪を受け入れようとしない。困ったジョーイは「俺を殴れ」と言うが、運動神経の鈍いロスのパンチは柱に当たって指を骨折。泣きっ面に蜂となる。
03話 タイトル:ジョーイの怪しいダブル・デート(The One with the Pediatrician)
ゲスト:ポール・ラッド

娘エマのことで何度も電話をかけたために、レイチェルはかかりつけの小児科医から診察を断られてしまう。仕方なく代わりの医者を探すことになり、ロスが子供時代にお世話になっていた先生を訪ねるが、実はロス自信、まだその小児科医のお世話になっていた。オクラホマのタルサに転勤することになったチャンドラーに、いったんは付いて行くと言ったモニカだったが、NYにあるいいレストランにヘッドハンティングされて、チャンドラーはあっさり単身赴任の身となる。ジョーイとフィービーはお互いの友達を連れてダブル・デートする約束をした。だが連れて行く友達を探すのを忘れていたジョーイは、見ず知らずのマイク(ポール・ラッド 『サイダーハウス・ルール』)を友達として連れて行き、フィービーのひんしゅくを買うが、マイクとフィービーは意気投合して交際をスタートさせる。
04話 タイトル:サメフェチ”チャンドラー(The One with the Shark)
ゲスト:ポール・ラッド

フィービーはマイクと初デートするが、その直前ロスに「君は今まで1度も真剣な交際をしたことがない」と言われたことにショックを受けて、デートは散々な結果に。責任を感じたロスはマイクに下手なウソをついてなんとか仲を取り持とうとする。結局フィービーはマイクに真実を話し、怪我の功名で交際がスタートする。モニカは週末も仕事でタルサにいるチャンドラーを驚かせようと、突然ホテルの部屋に押しかけるが、チャンドラーを「サメを見ると興奮してしまうサメフェチ」だと勘違いして心配する。一方ジョーイはヘイレーという女の子とデートするが、実はその子とは昔エッチしたということを思い出す。しかし、彼女はその事を覚えていなかったため、ジョーイは「何で覚えてないんだ」と怒りをぶつける。実際は、彼女のルームメイトと過去にエッチしていたのだった。
05話 タイトル:フィービーのハロウィンな誕生日(The One with Phoebe’s Birthday Dinner)
ゲスト:なし

フィービーの誕生日を久しぶりに6人揃ってお祝いすることになり、フィービーとジョーイは先にレストランで待つが、約束の時間に他の4人は現れない。モニカ&チャンドラーはチャンドラーがまた喫煙したことでケンカしたり、排卵日のため子作りに励んで大遅刻。レイチェル&ロスはエマをうちにのこしていくことでもめるうちに、部屋から閉め出されてしまいこれまた遅刻。すったもんだの末やっと6人が揃ったところで、フィービーに新恋人マイクから呼び出しの電話が入り、誕生会はあっさり終わる。
06話 タイトル:キュートなベビーシッター(The One with the Male Nanny)
ゲスト:ハンク・アザリア、フレディ・プリンゼ・ジュニア、ポール・ラッド

新しいレストランに転職したモニカが、「店に誰よりも面白い人がいる」とチャンドラーに報告したため、対抗心を燃やしたチャンドラーは寒いジョークを連発する。マイクとの交際が順調なフィービー。お互いの家のカギを交換していよいよ本格的なおつきあいになった日に、元恋人デビッド(ハンク・アザリア 『GODZILLA ゴジラ』)がミンスクから一時帰国する。デビッドにも未練があるフィービーは、一瞬二股をかけそうになるが、思いとどまりデビッドとは別れる。エマのベビーシッターを探しているロスとレイチェル。レイチェルはサンディー(フレディ・プリンズ,Jr.『スクービー・ドゥー2 モンスター パニック』)という心の優しいベビーシッターをいたく気に入り、彼を採用する。ところが、ロスが大反発し結局サンディーはクビにすることになる。
07話 タイトル:フィービーの”ミート・ザ・ペアレンツ”(The One with Ross’s Inappropriate Song)
ゲスト:ポール・ラッド

ジョーイは投資目的で、モニカの元彼リチャードが売りに出しているアパートを買うことを検討する。一緒に部屋を見に行ったチャンドラーは、ラベルに「モニカ」と書かれた古いビデオテープを見つけて驚く。もしかしたらモニカと元恋人のセックスシーンが映されているのかも!?一方ロスは、エマを笑わせるのに唯一効果的な歌がエッチな歌詞のラップであることを偶然発見。そのことを知った事な娘に聴かせる歌じゃない」と怒るが、結局自分もエマの笑い声が聞きたくてロスと共にノリノリでラップを歌う。フィービーはマイクの両親に紹介され、緊張のあまりミスを連発。高級住宅地に住むお上品なマイクの親とはなじめなかったが、怪我の功名でマイクから初めて愛を告白されて感激する。
08話 タイトル:感謝祭に悪魔降臨!?(The One with Rachel’s Other Sister)
ゲスト:クリスティナ・アップルゲイト

感謝祭の日、レイチェルの妹エイミー(クリスティナ・アップルゲイト 『クリスティーナの好きなコト』)がやってくるが、彼女のわがままでせっかくのディナーは台無し。レイチェルとロスが、「自分たちが死んでも娘のエマをエイミーに託す気はない」と言ったことにエイミーは怒りだし、チャンドラーまでも「自分にもエマを任せてくれないのか」と怒る始末。そんな中、モニカは執拗に大切な食器を守ろうとする。ジョーイはテレビドラマの出演者たちと感謝祭のパレードに参加するはずだったことをすっかり忘れていた。
09話 タイトル:モニカの浮気発覚!?(The One with Rachel’s Phone Number)
ゲスト:ポール・ラッド

久しぶりに夜遊びに出かけたレイチェルとフィービー。バーで知り合った男につい電話番号を渡してしまったレイチェルだが、もし彼からの電話をロスがとったらどうしようと心配になる。彼女たちの留守の間、フィービーの恋人マイクは、エマの子守りをするロスの所に遊びに来るが、共通の話題が見つからず困ってしまう。しかも、男からかかってくる電話をロスが取らないようにしてくれとレイチェルに頼まれて、マイクは散々な目に。一方、バスケの試合を見に行こうという誘いを断ってしまった手前、ジョーイと顔を合わせられないチャンドラーは、ジョーイに隠れてこっそりタルサからニューヨークに戻り、モニカの部屋を訪ねる。
10話 タイトル:離ればなれのクリスマス(The One with Christmas in Tulsa)
ゲスト:セルマ・ブレア

仕事でクリスマスもタルサに残らなければならないチャンドラー。そのチャンドラーが美人の部下ウェンディーと二人きりでいることを知ったモニカは、悪い想像ばかりしてしまう。仕事をしながら、チャンドラーは仲間たちと過ごしたクリスマスの思い出を振り返るうち、ニューヨークに帰りたい気持ちがわきあがり、ついには会社を辞めて家に戻ってきてしまう。
11話 タイトル:レイチェルの復帰バトル(The One Where Rachel Goes Back to Work)
ゲスト:ダーモット・マローニー、フィル・ルイス

エマのお披露目に職場へ行ったレイチェルは、産休の間彼女の仕事を引き継いでいたギャビンに会い、彼にこのままポストを奪われるのではないかとあせり、職場復帰を急いでしまう。ジョーイはフィービーに「愛の病院日誌」のエキストラの仕事を紹介するが、フィービーは女優気取りで撮影現場をめちゃくちゃにしてしまう。一方仕事を辞めたチャンドラーは、広告業界への就職に興味があるが、当分は家族を養えないため子作りをためらう。
12話 タイトル:ベビーシッターを守れ!(The One with Phoebe’s Rats)
ゲスト:ポール・ラッド、ダーモット・マローニー、メリッサ・ジョージ

レイチェルは自分のバースデー・パーティーに意地悪な同僚ギャビンが招待されてしまい嫌がる。現れたギャビンはレイチェルにプレゼントを渡し、なんとキスをする。その二人を向かいの窓からロスが見ていた・・・。そのロスはエマの新しい美人ベビーシッター、モリーに手を出そうとするジョーイを、彼女から遠ざけるのに必死になる。しかしモリーはレズだと判明し、心配は消える。フィービーは恋人のマイクを説得して、自分の家の戸棚で生まれた子ねずみたちの世話をはじめたが、子供が増えていくことに気づき、養子に出すことを決心する。
13話 タイトル:モニカ 大人気の秘密(The One Where Monica Sings)
ゲスト:ポール・ラッド、ダーモット・マローニー、メリッサ・ジョージ

ハンサムな同僚ギャビンとキスして気まずいレイチェルは仮病で欠勤する。しかしギャビンがお見舞いに来て仮病はあっさりバレてしまう。しかし、ロスとの複雑な関係を知ったギャビンは身をひくことに。ロスは恋愛を楽しむレイチェルに怒りを感じ、ナンパしまくるが不発に終わる。最後にミッシェルという変な女をようやく家に連れ込むが、それがきっかけでケンカになり、レイチェルはロスの家を出てジョーイの所に居候することになる。フィービーはモニカをマイクのピアノバーに連れて行くが、喝采を浴びてすっかり喜ぶモニカを見て連れてきたことを後悔する。客の男たちが盛り上がっていたのは、モニカのドレスが透けていたからだったが、モニカはすっかり勘違いしていた。ジョーイは写真撮影のために痛いのを我慢して眉毛を整える。
14話 タイトル:仕組まれたブラインド・デート(The One with the Blind Dates)
ゲスト:フィッシャー・スティーヴンス

レイチェルとロスをまた元のようにくっつけたいジョーイとフィービーは、よりを戻したいと思わせるために、2人にそれぞれ最悪のデートをセッティングする。レイチェルのお相手は元レストランオーナーの情けない男スティーブ。ロスの方はデートの相手が現れず待ちぼうけを食らう。一方、排卵日のモニカはチャンドラーと子作りに励みたいが、エマを預かっているのでそうもいかない。1人にするとエマはすぐに泣き出してしまうため、寝付くまで我慢する。
15話 タイトル:強盗フィービー(The One with the Mugging)
ゲスト:ジェフ・ゴールドブラム、カイル・ガス、フィル・ルイス

ジョーイは有名俳優レナードが演出する舞台のオーディションを受ける。見込みナシかと思いきや、トイレに行きそびれてオシッコを我慢しながらの演技がレナードに気に入られ、役を獲得する。一方ロスは、子供の頃に強盗された犯人がフィービーだったと知って大ショック。でも当時大事にしていた自作の漫画をフィービーに返してもらうことができて喜ぶ。会社を辞めて無職の身になってしまったチャンドラーは広告代理店のインターンとして研修を受けるが、周りは若者ばかりで自分がとても年を取っているように感じてしまう。
16話 タイトル:すれ違う二人(The One with the Boob Job)
ゲスト:ポール・ラッド

フィービーは恋人マイクと同棲することになり大興奮。ところが結婚を意識したことで2人の関係はギクシャクしてしまう。いつかは結婚をしたいフィービーと結婚は懲り懲りのマイクは意見の食い違いから結局、別れることになる。チャンドラーが会社を辞めてしまったため、お金に困ったモニカは、内緒にする約束でジョーイから多額の借金をする。何も知らないチャンドラーも同じく借金をジョーイに頼むが、その時にモニカもお金を借りていたことを知り、ショックを受ける。ジョーイはその場を取り繕うために、思わず「モニカは豊胸のために借金した」とウソをつき、騒動になる。ハイハイを始めたエマのためにレイチェルは部屋中に安全器具を取り付け、ジョーイを困らせる。
17話 タイトル:間違いだらけの掲示板(The One with the Memorial Service)
ゲスト:ポール・ラッド

大学の同窓会のウェブサイトに、チャンドラーはロスの名で勝手に「恐竜が恋人だ」とウソの近況を書き込む。それを知って怒ったロスは、チャンドラーはゲイになったとウソを書き込む。今度はその仕返しにチャンドラーが「ロスは死んだ」と書き込んだが、反響ゼロ。寂しくなったロスは自分の葬式を開いてみるが、現れたのはチャンドラー目当ての男1人とコーリという同級生だけ。しかし、コーリが自分を好きだったと知り喜ぶロスだった。フィービーに、「別れた恋人マイクに連絡してしまいそうになったら止めて欲しい」と頼まれたモニカは執拗にフィービーを見張るが、結局フィービーとマイクは我慢できずに会ってしまう。大事なハグジーをエマに取られたジョーイは、取り返そうと必死になる。
18話 タイトル:マネー!マネー!!マネー!!!(The One with the Lottery)
ゲスト:フィル・ルイス

6人は大当たりを夢見て、お金を出し合い宝くじを買う。しかし当たったら賞金をどう使うかでもめたうえに、モニカが自分とチャンドラーのためだけに宝くじを余分に買っていたことがみんなにバレて大騒ぎに。怒ったフィービーは宝くじをバルコニーから捨てると脅し、鳩に驚いて本当に宝くじを下に落としてしまう。慌ててみんなでクジを探したが見つかったのは半分だけで大当たりは叶わなかった。会社からの採用の連絡を心待ちにするチャンドラー。一時は絶望的かと思われたが、結局ジュニア・コピーライターに採用される。ロスはエマに言葉を教えるため、レイチェルをママと呼び始める。レイチェルはエマが初めて言葉をしゃべったのを聞いたと主張し譲らない。
19話 タイトル:シュガー・ハイ・ジャーニー(The One with Rachel’s Dream)
ゲスト:なし

昼のドラマで女に夢中の演技をしなければならないジョーイは、レイチェルを相手に練習。そして感情のこもったシーンの収録を見たレイチェルは、その夜、ジョーイにキスを迫る夢を見て、ジョーイのことを意識し出す。チャンドラーはモニカを驚かせようとバーモントのホテルを予約するが、モニカは忙しくて休みが取れない。返金はできないので、チャンドラーは仕方なくロスを連れてロマンチックなホテルへ。一方モニカは、フィービーが自分のレストランの前で歌うのをやめさせようとしてフィービーとケンカする。
20話 タイトル:ジョーイのシークレット・パーティ(The One with the Soap Opera Party)
ゲスト:アイシャ・タイラー

ロスは同僚の美人古生物学教授、チャーリー・ウェラーに会って興奮。しかし彼女の昔の恋人のリストにビビっているうち、チャーリーをジョーイにとられてしまう。ジョーイに恋心を抱き始めたレイチェルも振られることに。一方ジョーイ主催の「愛の病院日誌」パーティーにすっかり舞い上がったモニカは、ハンサムな俳優を追いかけたり、バカな振る舞いを見せる。チャンドラーは女優の一人舞台を見に行って「じわじわと死んでいくような苦痛」を覚える。
21話 タイトル:不妊検査にドッキドキ!(The One with the Fertility Test)
ゲスト:アイシャ・タイラー

美人教授チャーリーが同じ古生物学者の自分ではなく、ジョーイと付き合うことに複雑な気持ちのロスだが、チャーリーに嫌われないようにインテリのふりをしたいジョーイにデートの指南をする。緊張しつつ不妊治療院に行ったチャンドラーとモニカ。チャンドラーの元恋人ジャニスと遭遇して余計に居心地の悪い状況になってしまう。検査の結果、2人は自然妊娠ができないと分かり落胆する。フィービーの嫌うマッサージ・チェーン店に行くことを止められてレイチェルはウンザリ。こっそりとその店に行ってみるとなんとそのフィービーが勤めていた。
22話 タイトル:求む!精子提供者(The One with the Donor)
ゲスト:ハンク・アザリア、アイシャ・タイラー、ジョン・ステイモス

自分たちには子供ができないと知り落ち込むモニカとチャンドラーは、何とか子供を持つための方法を考える。そして精子提供者候補として、チャンドラーがディナーに連れてきたハンサムな同僚ザックに目をつけ、”面接”を始める。一方フィービーとチャーリーの3人で嫌々買い物に出かけたレイチェル。試着室で「ジョーイを好きになってしまった」とこっそりフィービーに打ち明けるが、そのことがジョーイの恋人チャーリーの耳に入ったか入らないかで一騒動起こる。フィービーはマイクの妹のパーティーに呼ばれ、思い切りオシャレして行ってマイクに別れたことを後悔させようと計画するが、その前に昔の恋人デビッドに再会し、彼との交際を始める。
23話 タイトル:運命のカリビアンナイト Part1(The One in Barbados)
ゲスト:ハンク・アザリア、ポール・ラッド、アイシャ・タイラー

ロスはバルバドス島で開かれる古生物学会で基調講演をすることになり、みんなを招待して興奮気味。バルバドス島では俳優である自分よりもロスの方が人々の注目を浴びていてちょっと面白くないジョーイ。一方、フィービーはバルバドスにデビッドを連れて行き、モニカは雨の湿気で頭が巨大になる。一行到着後、チャンドラーが誤ってパソコンからロスのスピーチ原稿を消してしまい、原稿を作り直すハメになるロス。それをチャーリーが手伝うが、そのうちに2人は仕事以外の面でも互いに共通点が多く、一緒にいると楽しいことに気づく。薬剤師のふりをしてフリー・ドリンクの集会に潜り込んだジョーイとレイチェルは揃って酔っ払うが、こちらもやはり楽しい時を過ごす。フィービーはといえば、デビッドと付き合いながらマイクのことを忘れられずに悩む。その状況を打開しようとデビッドは思い切ってプロポーズすると宣言。その情報を知ったマイクがバルバドスまでやってきてデビッドよりも先にプロポーズし、フィービーはもう一度マイクと交際することになる。
24話 タイトル:運命のカリビアンナイト Part2(The One in Barbados)
ゲスト:ポール・ラッド、アイシャ・タイラー

島にやってきて初めて天気に恵まれた日、みんなでロスの演説を聞きに出かける。そのスピーチに学者たちは熱狂的な大喝采。ロスはチャーリーに深く感謝し、2人はますますいい雰囲気に。そのあと白熱の卓球勝負を始めたモニカとマイクにチャンドラーは困惑。フィービーは大喜び。ジョーイとの交際に無理を感じたチャーリーはついに別れを切り出し、その後ロスに「好きになったみたい」だと気持ちを告げる。一方ジョーイはレイチェルの気持ちに初めて気づき、嬉しい反面大いにとまどい、ロスの手前付き合えないとレイチェルに告げる。ところが、ロスとチャーリーがキスしているところをジョーイは目撃してしまい、一転レイチェルの部屋へ向かい、彼女と情熱的なキスを交わすのだった・・・・・。

シーズン10

01話 タイトル:ジョーイとレイチェルのキス・・・その後(The One After Joey and Rachel Kiss)
ゲスト:ポール・ラッド、アイシャ・タイラー、アン・デュデック

バルバドス島のホテルの壁が薄く、モニカ、チャンドラー、フィービーの3人は、レイチェルとジョーイ、ロスとチャーリー、それぞれのキスのことを知ってしまう。罪悪感を感じたロスはジョーイを探しチャーリーとのことを打ち明ける。ジョーイもロスにレイチェルへの思いを打ち明けようとするが言えずじまいに終わる。一方、ニューヨークに戻ったフィービーは、マイクの彼女をうまく丸め込んでマイクと別れさせることに成功する。
02話 タイトル:ダブルデートは楽しい?(The One Where Ross Is Fine)
ゲスト:ジョヴァンニ・リビシ、アイシャ・タイラー

レイチェル、ジョーイ、チャーリーの3人はロスのアパートでパーティに出席。いつになくワインを飲みまくり、ハイテンションのロスを心配する。モニカとともにかわいい男の子の養子を持つ夫婦を訪ねていたチャンドラーは、その家の子オーエンに養子だということをバラしてしまい大失敗。一方、過去に代理母として弟の三つ子を出産したフィービーの元には、その弟フランク.Jrが「3人も子供を育てられない」と相談を持ちかけてくる。
03話 タイトル:レイチェル&ジョーイの甘い夜(The One with Ross’s Tan)
ゲスト:ジェニファー・クーリッジ

ジョーイはレイチェルとの初エッチの準備を万端に整えて自信満々。しかしいざその時になると柄にもなくぎこちない様子で、レイチェルもいまいち乗り切れない。そんな2人は、チャンドラーとモニカが付き合ったときは、すんなり友達から恋人になれたのかと疑問に思い、チャンドラーに質問するが「すんなりいった」と返事をされて困惑する。ロスはスプレー・タンニング・サロンへ行くが、うまくいかず体の表側だけ真っ黒になる。
04話 タイトル:エマのファースト・バースディ(The One with the Cake)
ゲスト:なし

エマの1歳の誕生日。レイチェルは、前から予定していたバーモントへの旅行を延期して誕生パーティに来るよう、モニカとチャンドラーを説得する。エマが昼寝から起きなかったり、変な形のバースデーケーキが届いたりでパーティはめちゃくちゃに。ケーキを取り替えに行く途中、スピード違反で捕まったレイチェルを、ロスが迎えに行く。「ケーキを取って戻ってくるまでみんなを帰らせるな」とロスに頼まれたジョーイだが…。
05話 タイトル:フィービー&マイクのアニバーサリー(The One Where Rachel’s Sister Babysits)
ゲスト:クリスティナ・アップルゲイト、ポール・ラッド、アイシャ・タイラー

レイチェルはわがままな妹のエイミーを一人前の大人にさせようと決意。責任感を持たせたいと、ロスの強い反対を押し切ってエイミーにエマのベビーシッターを任せるが、すぐに後悔することに。マイクとの交際一周年の記念日にウキウキのフィービーだが、マイクのプロポーズ計画を知らずにけなし、最悪な結果に終わってしまう。モニカとチャンドラーは、2人のために養子斡旋機関への推薦状を書くというジョーイに気をもむ。
06話 タイトル:ロス、恋の面接審査(The One with Ross’s Grant)
ゲスト:アイシャ・タイラー、グレッグ・キニア

古生物学の研究費助成に申し込んだロスだが、不運にも選考委員のホバートはチャーリーの元彼で、彼はロスに「チャーリーと別れるなら助成金を出す」と持ちかけてきた。もちろん断ったロスだが、チャーリーは彼とよりを戻してしまい、ロスはあえなく振られてしまう。フィービーは嫌がるモニカとレイチェルに、自分の描いた不気味な絵をあげようとする。一方、ジョーイが日本のCMに出演していたことが発覚する。
07話 タイトル:フィービーのウェディングプラン(The One with the Home Study)
ゲスト:ポール・ラッド、マリア・ピティロ

モニカとチャンドラーは、養子斡旋機関のローラが適性を見に面接に来るといって、徹底的に家をきれいにする。しかしローラは、「昔このアパートに住むジョーイという男に捨てられたことがある」と言い始める。モニカたちはジョーイが友達だということを必死で隠すが、面接官とジョーイが鉢合わせしてしまう。一方、フィービーとマイクは、結婚式はささやかなものにして、残ったお金を恵まれない子供たちに寄付しようと思い立つが・・・。
08話 タイトル:感謝祭にリベンジ!(The One with the Late Thanksgiving)
ゲスト:なし

感謝祭のごちそうを用意していたモニカだが、みんながパーティーに遅れてきて怒り心頭。ロスとジョーイはホッケー観戦、レイチェルとフィービーは赤ちゃんコンテストにエマを連れて行ったのだ。お腹をすかせて帰ってきた4人だが、遅れてきたみんなを部屋に入れることをモニカが拒んだ上、ジョーイがドアに頭を挟んで料理がめちゃくちゃになってしまう。しかし、モニカとチャンドラーに養子縁組の話が舞い込み、一転してハッピーな雰囲気に。
09話 タイトル:ウソは真実のはじまり?(The One with the Birth Mother)
ゲスト:アンナ・ファリス

モニカとチャンドラーは、妊娠中で里親を探しているエリカ・シモンズに会うためにオハイオを訪れる。しかし、エリカは、モニカが牧師でチャンドラーが医者だと勘違いしていたため、モニカとチャンドラーは本当のことを言えずに悩む。ジョーイはフィービーの友達サラとデートするが、ジョーイの食べ物に手を出すサラにキレてしまう。一方、ロスはレイチェルの見立てで服を買い、新しいガールフレンドとのデートに備えるが・・・。
10話 タイトル:チャンドラー 空白の45分間(The One Where Chandler Gets Caught)
ゲスト:なし

フィービーとレイチェルは、仕事中に美人女性と車で出かけていくチャンドラーを目撃し、跡をつける。チャンドラーは彼女と一緒に郊外の大きな家に入っていった。チャンドラーが浮気をしていると思った2人はモニカに報告するが、実はその女性は不動産会社の担当者だった。チャンドラーとモニカは子育てのために郊外の戸立てを購入する予定だが、引っ越しのことを親友たちにどう打ち明けようかと悩んでいたのだ。
11話 タイトル:ゴージャスすぎるストリッパー(The One Where the Stripper Cries)
ゲスト:ダニー・デヴィート、エレン・ポンピオ、ダニー・オズモンド

クイズ番組に回答者として出演することになったジョーイ。だが頭の弱いジョーイのせいでパートナーは賞金を逃してしまう。モニカとレイチェルはフィービーのバチェラレット・パーティにどんな人かも知らないまま見苦しいストリッパー、ロイを呼んでしまう。チャンドラーとロスは大学の同窓会に出席して、2人ともデートには誘わないと約束した美人同級生に再会。それがきっかけでモニカとロスのとんでもない過去が明らかになる。
12話 タイトル:フィービー 夢のブルー・ウェディング(The One with Phoebe’s Wedding)
ゲスト:ポール・ラッド

モニカはフィービーの結婚式のコーディネートを任されるが、あまりの神経質ぶりに周りをイラだたせ、フィービーに役を降ろされてしまう。しかも注文した品物が間違って届いたり、吹雪に見舞われたりで、結婚式には暗雲がたれ込める。刑務所にいる父親の代わりに父親役を任されたジョーイはすっかり勘違いしてパパ気取り。一方、急遽花婿の付添役候補に挙がったチャンドラーとロスは、人選を任されたレイチェルに必死のアピールをする。
13話 タイトル:ロスのセックス禁止令(The One Where Joey Speaks French)
ゲスト:アンナ・ファリス

モニカとチャンドラーは、養子になる予定の赤ん坊を妊娠中のエリカにニューヨークの街を案内。赤ん坊の父親が、自分の父親をシャベルで殺して服役中の男かもしれないことを知りショックを受けるが、エリカの誤解と分かり一安心。一方、レイチェルの父、ドクター・グリーンが心臓麻痺で倒れロスとレイチェルは病院へ。動揺したレイチェルは一人になりたくないとロスにエッチを迫る。ロスは断るものの、これを機に2人は再び親密に。
14話 タイトル:レイチェルの華麗なる転身(The One with Princess Consuela)
ゲスト:ポール・ラッド、ダコタ・ファニング

レストランで内密にグッチの面接を受けることになったレイチェルだが、隣の席で偶然、今の会社の上司が食事をしていて面接は不合格に。しかもラルフ・ローレンもクビになってしまう。一方、結婚したフィービーは名前をもっとエキゾチックなものに変えたいと考えるがマイクの説得で撤回。チャンドラーとモニカが家を買おうとしていることで寂しがっていたジョーイは、その家の持ち主の、8歳の娘マッケンジーに慰められる。
15話 タイトル:ジョーイに教えるな!(The One Where Estelle Dies)
ゲスト:ジェイン・リンチ

レイチェルがフランスに行くという話を聞いたロスは、彼女の前の会社の上司に働きかけて、もう一度雇うよう裏で手を回す。最近、仲間たちに大きな変化が訪れ、動揺しているジョーイ。フィービーはそんなジョーイに、エージェント、エステルの突然の死を知らせまいとする。モニカとチャンドラーは、新居の隣の家が売りに出されたと聞き様子を見に行くが、そこでジャニスが隣を買おうとしていることを知り、彼女に購入を断念させる。
16話 タイトル:Good-bye レイチェル(The One with Rachel’s Going Away Party)
ゲスト:アンナ・ファリス

レイチェルがフランスに行くという話を聞いたロスは、彼女の前の会社の上司に働きかけて、もう一度雇うよう裏で手を回す。最近、仲間たちに大きな変化が訪れ、動揺しているジョーイ。フィービーはそんなジョーイに、エージェント、エステルの突然の死を知らせまいとする。モニカとチャンドラーは、新居の隣の家が売りに出されたと聞き様子を見に行くが、そこでジャニスが隣を買おうとしていることを知り、彼女に購入を断念させる。
17話 タイトル:グランド・フィナーレ Part1(The Last One)
ゲスト:ポール・ラッド、アンナ・ファリス

別れの挨拶をした夜、レイチェルとロスは最後の一夜を共にする。レイチェルと離れたくないと悟ったロスは彼女に告白しようとするが、機会を逃してウジウジする。一方、エリカがついに出産。モニカとチャンドラーは感動するが、直後にもう1人生まれると聞いてチャンドラーはパニクる。モニカたちが赤ちゃんを連れて帰ったのと入れ替わりに、レイチェルがパリへ旅立ってしまう。ロスは告白を決意し、空港へレイチェルを追う。
18話 タイトル:グランド・フィナーレ Part2(The Last One)
ゲスト:なし

ロスはフィービーの運転で空港へ到着するが、なんとそこは別の空港だった。一方、ジョーイはチャンドラーとモニカへの新居祝いにアヒルとヒヨコを贈ろうとするが、2匹がフーズボールの台に入り込んでしまう。ジョーイとチャンドラーは泣く泣く思い出の詰まったフーズボールの台を壊す。なんとかレイチェルの飛行機に間に合ったロスは、「愛してる、行かないで」と告白するが、レイチェルは泣きながら飛行機に乗ってしまう・・・。

 
※あらすじはワーナー・ブラザース公式サイトより引用。© 2018 Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

「フレンズ」の主題歌

人気シットコム「フレンズ」のテーマソングを紹介します♪

OPテーマ

● The Rembrandts「I’ll Be There For You」

DVD・ブルーレイ

人気シットコム「フレンズ」の日本語字幕版DVD・ブルーレイを紹介しますね♪

全1~10シーズンのセットBOXと、各シーズン2枚ずつの販売形式で発売されています!

私は↓コチラのDVD版を全巻持っていますが、日本語字幕の他にも英語字幕モードへ切り替えもできますので英語学習の教材としても使えます(^^♪

25周年ガイド本

海外ドラマ「フレンズ」の25周年記念を紹介します♪

2019年にアメリカで出版された25周年記念オフィシャル・ガイドブックの日本語版です!

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
「フレンズ」は1994年~放送スタートしました♪

ガイドブックでは、キャストインタビューはもちろん、ゲストたちとの相関図や、感謝祭(サンクスギビング)爆笑レシピなども掲載されていて面白いですよ(^O^)

「フレンズ」続編はある?

海外ドラマ「フレンズ」の続編シーズン11は製作されるのでしょうか?

ここでは、続編の制作可能性について、大胆予想しちゃいます!

可能性は低そう?

海外ドラマ「フレンズ」は、その人気ぶりから、これまでファン達の間では何度も続編の復活や映画化を願う声が挙がってきました。

ですが、2023年9月現在、続編や映画化の実現はされていません。

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
SATC」みたいに映画化でもいいから見たいですよね~!

続編が作られない理由としては、キャストインタビューなどから考えると、ドラマが完璧な形で終わったから、これ以上なにも付け足したくないという感じでしょうかね?

ただし、2021年に1夜限りの同窓会スペシャルとして、特別番組「フレンズ:ザ・リユニオン」が放送されました。

 
こちらは、現在U-NEXTでのみ独占配信中です!

超豪華なスペシャルゲストも登場した、豪華すぎるトークイベント&ロケ番組になっていますよ☆

\31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTの詳細 >

私の感想

個人的な感想としては、シットコム「フレンズ」は最高に笑えて共感できる元気をくれる海外ドラマ作品!(#^.^#)

特に大好きなキャラはロス・ゲラーです♪
ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん

何度も観ては笑わせてくれて、エールをくれる爆笑シーン厳選して5つだけ、ご紹介しておきますねっ!!

 

 

 

 

日本リメイク版ならキャストは?

 
2023年9月現在、「フレンズ」の日本版リメイクは製作されていないようですが、

もし、日本でリメイクされるとしたら、主演は誰が適役だと思いますか?w

私なら、今田美桜さんや吉高由里子さんあたりの女優さんというキャストで観てみたいなぁ♪

男性陣のキャスト…コメディもうまいイケメン俳優って誰だろ?松本潤さんとか??^^

全然関係ないですが、一度「フレンズ」と「フレイジャー」のクロスオーバー・エピソードが観てみたい!!(>_<)w

オススメの類似作品

伝説の大人気シットコムシリーズ「フレンズ」が好きな方なら、こちらの作品も絶対ハマるハズっ!!

↑「スピンシティ
マイケル・J・フォックスがニューヨーク市長補佐として主演♪笑えて泣ける最高のシットコムですよ☆

↑「フレイジャー
「フレンズ」のライバルとして有名な11年も続いた伝説的シットコム!脚本が本当に素晴らしくて好き♪

↑「ジ・オフィス
イギリスの人気作品の米国リメイク版です!おバカ作品と思いきや感動もできちゃう最高のコメディ作品!

↑「サインフェルド
アメリカ人の4人に1人が観たと言われている伝説的人気を誇るシットコム!ウィットに富んでます☆

↑「ハーパーボーイズ
なんだかんだチャーリー・シーンは面白いですw12シーズンも続いた長寿人気シリーズ♪

まとめ:「フレンズ」配信中の動画サイトで一押しはU-NEXT!

 
この記事では、海外ドラマ「フレンズ」が見れる動画配信サイトをご紹介しました。

結論:「フレンズ」は…

  • U-NEXTとHuluで配信中
  • 全10シーズン見れる♪
  • リユニオンの配信はU-NEXTだけ!

「フレンズ」を観れるのはU-NEXTHuluの2社だけです♪

さらに、2021年に放送された同窓会スペシャル「フレンズ:リユニオン」も見れるのはU-NEXTだけ

U-NEXTは、映画・ドラマ・アニメ、雑誌・漫画、オトナの動画まで楽しめるのでオススメですよ! [U-NEXT登録方法を簡単解説]

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん





\31日間無料キャンペーン中/
U-NEXTの詳細 >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA