月曜日, 2月 26, 2024

当サイト管理人のご紹介

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
はじめまして!ハリウッドじゅんです☆

このページでは、当サイト「エンタメ・エールBlog」を運営している管理人についてご紹介しています。

私の大好きな映画やドラマも紹介しますが、あなたはいくつ知ってるでしょうか?^^

Q.このサイトを運営している管理人は誰?

・名前:ハリウッドじゅん
・映画・TVドラマ・音楽・文学などエンタメをこよなく愛する人
・幼い頃から物語が好き♪
・ホラーは苦手
・ハッピーエンドが大好き
・基本的にミーハー

Q.大好きな映画監督ベスト3は?

・フランク・キャプラ
チャールズ・チャップリン
・スティーヴン・スピルバーグ

Q.大好きな女優ベスト3は?

マリリン・モンロー(アメリカ)
イングリッド・バーグマン(スウェーデン)
ジュディ・ガーランド(アメリカ)

Q.大好きな俳優ベスト3は?

・トニー・シャルーブ(アメリカ)
・渥美 清(日本)
・ジェームズ・スチュワート(アメリカ)

Q.大好きな洋画ベスト50は?

・「素晴らしき哉、人生!」(1946)
・「殺人狂時代」(1947)
・「ニューシネマパラダイス」(1988)
・「恋はデジャ・ブ」(1993)
・「オズの魔法使」(1939)
・「ライムライト」(1952)
・「キッド」(2000)
・「ザ・エージェント」(1996)
・「人生は、奇跡の詩」(2005)
・「マイ・ガール」(1991)
・「恋愛小説家」(1997)
・「ビッグ」(1988)
・「悪いことしましョ!」(2000)
・「トゥルーマンショー」(1998)
・「心の旅路」(1942)
・「若草の頃」(1944)
・「風と共に去りぬ」(1939)
・「青髭八人目の妻」(1938)
・「或る夜の出来事」(1934)
・「スミス都へ行く」(1939)
・「マイ・フェア・レディ」(1964)
・「ラ・ラ・ランド」(2016)
・「恋とニュースのつくり方」(2010)
・「ワーキング・ガール」(1988)
・「パーム・スプリングス」(2020)
・「アバウト・タイム」(2013)
・「エリン・ブロコビッチ」(2000)
・「レインメーカー」(1997)
・「スパイ・ゲーム」(2001)
・「雨に唄えば」(1952)
・「交渉人」(1998)
・「エネミー・オブ・アメリカ」(1998)
・「グッド・ウィル・ハンティング」(1997)
・「グレイテスト・ゲーム」(2005)
・「サウンド・オブ・ミュージック」(1965)
・「ハンコック」(2008)
・「不機嫌な赤いバラ」(1994)
・「わすれた恋のはじめかた」(2009)
・「我が家の楽園」(1938)
・「ペーパー・ムーン」(1973)
・「ペイ・フォワード」(2000)
・「奇跡のシンフォニー」(2007)
・「三十四丁目の奇蹟」(1947)
・「ナショナル・トレジャー」(2004)
・「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)
・「メン・イン・ブラック」(1997)
・「ダ・ヴィンチ・コード」(2006)
・「ライフ・イズ・ビューティフル」(1997)
・「ドライビングMISSデイジー」(1989)
・「カールじいさんの空飛ぶ家」(2009)

Q.大好きな邦画ベスト7は?

・黒澤明 監督のほぼ全作品
 特に
  「生きる
  「まあだだよ
  「赤ひげ
  「用心棒
  「七人の侍
・山田洋次 監督のほぼ全作品
 特に
  「男はつらいよ」シリーズ
  「学校」シリーズ
・「ラヂオの時間
・「菊次郎の夏
・「ドラえもん」劇場版大長編シリーズ

 (特に 鉄人、魔界、創世、恐竜、竜の騎士、大魔境)
・「ルパン三世 お宝返却大作戦!!
・「ヒーローインタビュー

Q.大好きな海外ドラマは?

・シットコム全般
 特に
  「スピン・シティ
  「フレンズ
  「フレイジャー
  「ザ・オフィス
  「サインフェルド
・推理モノ全般
 特に
  「刑事コロンボ
  「メンタリスト
  「Psych(サイク)
  「シャーロック
・「24 -TWENTY FOUR-
・「シェイムレス

Q.大好きな日本ドラマは?

・三谷幸喜さんのほぼ全作品
 特に
  「王様のレストラン
  「警部補 古畑任三郎
  「今夜、宇宙の片隅で
  「総理と呼ばないで
  「合い言葉は勇気
・「リーガル・ハイ」シリーズ
・「ビギナー
・「HERO
・「GOOD LUCK!!
・「拝啓、父上様
・「優しい時間
・「人間・失格
・「ラストプレゼント
・「離婚弁護士

Q.サイト運営理由とユニークな特徴

そもそも、このブログを運営している1番の理由は、僕自身、映画やドラマが大好きだからです(笑)

落ち込んだ時、寂しくなった時、気づきをもらいたい時等、折にふれエールや元気をもらってます。

そして膨大な数の大好きな作品を整理したいと考えたことと、エンターテイメントに対する感謝の気持ちを今度は僕からたくさんの人へ紹介することで恩返ししたい!という想いを込めてサイトを作っています。

他に「リプレイ」というWEBサイトも運営しているのですが、名前の由来は、その恩返しからきています。つまり、僕が受け取ったような気持ちを今度は皆さんが受け取れますように☆ということです。

そして、‘最新’というだけで面白くもない映画やドラマを紹介したりは絶対にしません!本当に素晴らしいものだけを、時代や人気に関係なくオススメしています。

なぜなら管理人自身、落ち込んだ時や寂しくなった時には、いつでもこのサイトへ戻ってきてエールをもらいたいと想っているからですヽ(´▽`)/そういう意味ではハズレなしです♪

 
ところで質問です。

僕等にいったい誰が100年前の素晴らしい作品を教えてくれるのでしょうか?

誰が同時代の監督同士の関連や影響といった文化的な背景をつなげて教えてくれるのでしょう?

作品数に比べて、それらを文化的なつながりとして体系的に伝えてくれているサイトがあまりにも少ないと感じています。

そこで自ら興味ある作品や人同士をつなげて紹介してみようと思い至った訳です。

 
例えば、Wikipediaのこの写真を見てください。

右から2番目の人がチャップリンだということは、普通の人でもわかると思います。

しかし、右端に座っているのがアメリカ映画最初の超大作「國民の創生」を制作した有名な監督D・W・グリフィスだということは、たぶん多くの人が知らないことでしょう。

また、チャップリンの左の女性が「アメリカの恋人」と呼ばれた大スターで、年間100万ドル稼ぐ最初の女優となったメアリー・ピックフォードであること、

さらにその左の男性も大スターだった映画俳優で映画芸術科学アカデミーの初代会長、ピックフォードの元夫で名実共にアメリカ映画界のトップに君臨していたダグラス・フェアバンクスだったことなども、ほとんどの方はご存知ないかもしれません。

グリフィスはピックフォードとダグラス2人の師匠格にあたる人物で、2人はチャップリンの親友でもありました。

 
さて、ここからが面白いところです。

そんな4人が、なぜこの写真で一緒に並んでいるのかというと、実はこれ、「ユナイテッド・アーティスツ」という映画会社を1919年に設立した際の写真なんです。そうですこの4人が発起人なんです。すごい会社ですよね(笑)

そしてこの会社、今も存続しています。MGMという企業傘下になっていますが、さらに2022年現在はMGMをAmazonが買収しましたからアマゾン傘下の企業ということになります。

また、実は一時期、実質的な経営者として、この「ユナイテッド・アーティスツ」の経営に携わっていた俳優がいます。

誰だと思いますか?なんと、あの映画俳優のトム・クルーズなんです。驚きでしょ?

こんな形で、昔のスターと現代のスターがつながりました。

さらに興味深いのは、メアリー・ピックフォードと言えば、忘れちゃいけない功績の1つに、あのエルンスト・ルビッチ監督を見出し、ドイツからハリウッドに招待したということがあるんです。

なにせ、ピックフォードに招かれて渡米したエルンスト・ルビッチの弟子として有名なのは、かのビリー・ワイルダー監督ですからね。で、ワイルダー映画「七年目の浮気」等に出演し一躍、伝説的スターとなった女優が、あのマリリン・モンローなのです。

 
さあ、これであなたは写真1枚から少なくとも4人の映画監督と5人の映画スターの名を知り、さらには、それらを文化的に結びつけることができました。

ここから、チャップリンと2人の親友達とのことを再現した伝記映画「チャーリー」を観ても面白いでしょうし、ユナイテッド・アーティスツ社がどんな映画を発表してきたのかを調べて観るなんていうのも楽しいでしょう♪

こういう背景や知識が増えるにしたがって、どんどんと映画やドラマを観ることが楽しくなってきます。

監督らの意図するオマージュや遊び心が次々と理解できるようになるからです。

僕はこういう知識の共有こそが「文化的に知る」という事だと考えていて、それこそがまさに、このサイトで実現したい事なのです。

では最後に、なぜ「文化的に知る」ことをオススメするのか、その理由を単純明快に説明してくれている、美輪明宏さんの言葉に託して管理人の紹介ページを締めくくろうと思います。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

文化の重要性について

人間は肉体と精神とでできています。

肉体を維持するためのビタミン剤や栄養補助食品は過剰なくらい出回っているし、それらのものに関しては、あなた方もとても敏感に反応する。

なのに、もう一方の精神を健やかに維持するものに対してあまりに無頓着です。

では、精神におけるビタミン剤や栄養補助食品に匹敵するものは何か?

それこそが「文化」なのです。

ですから、それが欠ければ、当然精神的栄養失調が起きます。

いたずらにイライラしたり、焦りを覚えたり、落ちこんでみたり、自信をなくしたり、理由のない怒りがフツフツと湧きあがってきたり・・・

そんな経験があるとしたら、あなたの心が飢えている証拠でしょう。
 

美輪明宏さんの公式サイトより引用 (関連書籍:『天声美語』)

ネタバレについて

このブログは、多数の映画やドラマなどのネタバレを含んでいることがあります。

基本的に自分が観た映画の内容を忘れないようにと書いているためです。

ネタバレするのがイヤだという人は、当サイトは推奨できかねます。ご了承下さい<(_ _)>

たくさん映画やドラマを観たい人へ☆

ここで紹介した映画や海外ドラマなど、たくさんの作品を観たいけれど、全部のDVDやブルーレイを購入していては部屋がスゴイことになりますよね?(笑)

また、膨大な量の作品を購入すると、それなりのお金もかかってきます。。。

そこで、オススメなのが、Amazonプライム・ビデオや、U-NEXTといったサービスになります☆

全てオンライン上で完結しているために部屋のスペースを占領することもなければ、定額制なので経済的にも非常にお得です。

アマプラに関しては、貴重なクラシック映画なども観れる上に、アマゾンプライム会員になってしまえば他にもAmazonMusicやPrimeReadingなどで1億曲が聴き放題、対象本が読み放題等のサービスなどもあります。もはや加入しておかないと損するレベルですよ(笑)

\今すぐ30日間無料体験/
Amazonプライムの詳細 >
ちなみに、私はU-NEXTとアマプラの2つを愛用しています♪

実はU-NEXT、見放題作品数がダントツNo.1!

見放題作品数 比較 グラフ

ユーネクストが29万本以上なのに対し、Huluが10万本、Amazon Prime Videoは1~5万本程度と言われていますw

U-NEXTでは映画・ドラマ・アニメ等が見放題なのはモチロン、約200誌の雑誌も読み放題で、毎月1,200円相当のポイントまでプレゼントされます♪

ハリウッドじゅん
ハリウッドじゅん
私もU-NEXTを愛用中!
見放題の作品数がNo.1!
雑誌読み放題!無料漫画も
毎月1,200ptもらえる!
アダルト動画も見放題w

自分の好きな時間に、好きなだけ作品をイッキ見したいならVOD(動画配信サービス)が相性抜群☆

特にU-NEXTは 映画・ドラマ・アニメ、雑誌・漫画、アダルト動画まで見放題なのでオススメです!
[U-NEXT登録方法を簡単解説]

\今すぐ31日間無料体験/
U-NEXTの詳細 >

また、
・DVDやブルーレイに録画しておいて保存したい!
・アカデミー賞やグラミー賞などを生中継で観たい!
・最新の映画や海外ドラマもたくさん見たい!

という方は、スカパー!や、WOWOW(ワウワウ)がオススメです。

チャンネル数も100チャンネル以上ありますし、逆に1chから選べますよ☆